若い頃本気になった人妻と再会したら、指輪がありませんでした

2018/01/01

半官半民の職場に就職したばかりの23歳の頃、隣の建物にいるアルバイトの奥さんに恋をして、大真面目に口説いた事があります。
美貌の奥さんは絹代さんと言って当時29歳、慎み深い上品な女性でした。
何とか飲みに逝く機会を作りました。
「今時、絹代って名前、古臭いわよね。」
「いいえ、素敵です。綺麗な絹代さんにお似合いですよ。俺、好きになっちゃいますよ。」
「私、旦那と子供いるのよ。こんなおばちゃんじゃなくて、若い子口説きなさい。」
なんて言っていましたが、真剣に口説いたら、
「1回だけよ。誰にも言っちゃダメよ。」
と言って、ラブホに入りました。
細身だと思っていましたが、実際の裸体はメリハリがある良いスタイルでした。
「クンニリングスさせて下さい。」
「してくれるの?じゃあ、お願いね・・ア・アア・・・・・・・イ・イイ・上手ね・・・・」
人妻だけに、陰唇が変色して伸びかけていましたが、開けばピンクの綺麗な膣口と淫核が見えました。
淫核をチュルチュル軽く吸いながら、舌先で舐めると、絹代さんは淫汁を滲ませ、肢体を震わせました。
人妻を妊娠させるわけには行かないので、コンドームをして挿入しました。
「か、硬い・・・若いから硬いわぁ・・・・・アウ、アウン・・・アア・・・アン、アン、アアーーー」
いつの慎み深く上品な絹代さんが、素肌を上気させて痴態を披露しました。
私に抱きつき転がって、上下を入れ替えると、騎乗位の体勢をとって、腰をクイクイと動かし、
「アアン、アアン、アアン、アン、アン、アン、ア、ア、ア、アーーーーーー」
髪を振り乱して、淫欲が滲んだ膣穴を自ら陰茎に跨り蹂躙すると、肢体を捩って淫らに喘ぎました。
「き、絹代さん、出ます。出ちゃいます。あ!」
コンドームいっぱいに精液を出しました。
この浮気貫通は1回で終わらず、2回、3回と続きました。
不倫餌食となった私と絹代さんは、ついに、本気で愛し合うようになって、それまで禁じられていたキスも許され、舌を絡めた濃厚なキスで交わるようになりました。
やがて、コンドームの隔たりさえ撤廃し、粘膜同士を直接擦りつけ、淫欲に満ちて蕩けていきました。
職場で見る上品な絹代さんと性乱に悶える淫らな絹代さん、二人の絹代さんが私を虜にしました。
淫情に狂う関係が2年近く続いた頃、
「敏幸君、そろそろ、終わりにしようか。っていうか、終わらないとなんだ。旦那、転勤になった。」
「え?どこに?」
「遠いところ。ね、いつまでも続けるわけには行かない関係なのは、わかってるわよね?」
「・・・・は・・・い・・・」
「来週、子供を実家に預けて、転勤先の社宅を見て手続きしてくるのよ。旦那はそのまま残って私だけ一旦帰ってくるの。電気、ガス、水道・・・やることいっぱいあるから。でも、最後の一晩だけ、自由なの。お友達とお別れして来いって、旦那が・・・敏幸君の部屋にいくから・・・」
絹代さんと最後の夜、私の部屋の狭いユニットバスでシャワーを浴びる絹代さんが出てきました。
見納めの裸体を見つめ、見納めの陰唇を開き、見納めの淫核を啜りました。
一つになって抱き合い、唇を重ねて舌を絡め、最後の結合を楽しみました。
「アアン・・・ハアン・・・ハアーーーー」
いつになく吐息系の喘ぎが艶めかしく、
「敏幸君、中に、そのまま出していいわよ。今日は、大丈夫だから・・・」
「絹代さん・・・」
絹代さんの膣の奥に、我慢していた精液を解き放ちました。
ゆっくりと萎えていく陰茎を感じて、ティッシュをあてがって抜きました。
逆流する精液が、人妻の陰唇を一層淫らに飾りました。
「そろそろ、お別れ会もお開きの時間ね。」
絹代さんは玄関に佇むと、
「いい事、この先ずっと、どこかで私と再会しても無視するのよ。私も無視するから。私がここを出た瞬間から、私達は見知らぬ赤の他人。わかったわね。」
そう言うと、玄関から出て、
「じゃあ、元気でね。さようなら。」
「付き合ってくれて、ありがとうございました。さ、さようなら・・・」
パタンとドアが閉じられ、私達は赤の他人になりました。
あれから20年の歳月が流れ、私は45歳、42歳の妻は絹代さんに似たタイプで結婚して17年になります。
先日、家族でファミレスに行ったとき、妻の後ろの席で一人で食事している女性がいました。
間違いなく絹代さんでしたが、51歳の絹代さんは少しやつれた感じでした。
食事を終えて妻が伝票を持って子供達と会計しに向かい、最後尾に私が歩いて絹代さんの前で立ち止まると、絹代さんは俯いて無視しました。
そして、絹代さんがフォークを持つ左手の薬指には、昔あった銀の指輪がありませんでした。
私は、一礼してその場を離れました。
絹代さんの20年に思いをめぐらせると、胸が苦しくなりました。

他のサイトのエッチな体験談もどうぞ