「小学校」一覧 (158件)

布団の中、妹と裸で

2022/09/25

布団の中、妹と裸で子供のころ歳の離れた妹のお願いやおねだりは何でも聞いていたので、妹に凄く慕われていた。兄妹仲が良いというより、妹がやたら俺に懐いていたという感じ。もちろん俺も色々とつきまとってくる妹にまんざらでも無く、親のおつかいなんかでも二人そろって買い物に行ったりしてたので近所でも評判の兄妹だった。妹も小学生になり、俺も中学校へ上がり、俺は思春期に突入し性に目覚め、父親が持っていたエロ本やAVをこっそり拝借する内にオナニーを覚えた。射精の快感を覚えてからというものは、トイレや自室、はたまた下校中などしばらく一人になる時間さえあれば、ちんこを扱いては射精の快感を味わっ…

続きを読む

深夜妹に悪戯

2022/09/24

子供の頃、小学校3年生で精通を迎える前からオナニーを覚えた僕は数年後物心ついた時から4つ下の妹に興味が湧いてきました。まだ小学校中学年の妹の葉子への性的悪戯。まだ分け隔て無く家族川の字で子供同士が同じ部屋で寝てた頃、布団を1人づつ川の字にして葉子と寝るまでふざけたり笑わせたり普通の子供の寝る前の振る舞いでした。そして葉子が寝てから最初は体を少しずつ触って起きないか確かめては少しずつ葉子の布団に入り込みまだ膨らんでない胸や柔らかなお腹を触っていました。親より子供は早く寝るのでチャンスがあれば悪戯をし、徐々に親が横で寝ていても触れるように慣れてきました。葉子…

続きを読む

フェラ好き

2022/09/16

初めてのフェラは僕のモノを咥えられたんじゃなくて、僕が咥えるのが初体験だった。僕は18歳の時まで女の娘に間違えられたくらいの女顔。ニューハーフになってたら売れっ子だったろうと思う。小学校6年生の時、何故かイジメっ子軍団にいた。小学校時代のイジメと言えば、女子にからかわれるくらいで、男子にはイジメられなかった。それは学年で一番のイジメっ子の雄太くんが幼馴染で友達だったから。6年生の時、何故かイジメっ子軍団にいたのも、その雄太くんが友達だったから。雄太くんはいつも僕にはやさしかった。6年生になったばかりの時、彼の家が一戸建ての新築になってお泊りに…

続きを読む

すっちーとの体験談

2022/09/15

僕が小学校6年生のときでした。いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。母が正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。また奥さんはもと国際線のスチュワーデスでものすごくきれいな32歳くらいかな、松嶋ななこのような背が高くて目が…

続きを読む

女子校生の処女をいただく

2022/09/08

一学年下の後輩である由香は、高校生の割には子供っぽく天然なところがあり、たまにとんちんかんなことを言うが、そんなところも彼女の魅力のひとつだった。色白の童顔で、大きくぱっちりとした目に、華奢な体つき、小さな背。中身も外見も実年齢より幼く見える、俺好みのロリ系の、自慢の彼女だ。 俺たちは付き合い始めて二週間目、二回目のデートのときに初めて手をつなぎ、一ヵ月半、五回目のデートで初めてキスをした。近づくほどに由香の小ささ、儚さを実感し、より強く守ってやりたいと思った。俺にとって由香は初めての彼女だし、由香にとって俺は初めての彼氏。つまりお互いの初めてを捧げあいなが…

続きを読む

自業自得友子とその仲間私子の世間知らずな行動

2022/09/06

ここ読んでたら、はるかバブルの頃の出来事を思い出した。修羅場といっても恋愛はないし、ここ的にはしょぼいと思うが書いちゃおう。私:会社員 第三者的立場、21才友子:大学生。私子の高校からの友人 21才A子:大学生。私子と友子の高校の同級生 21才 高校の頃は清純派っぽかったが、大学デビューでイケイケに。ある土曜の朝、私子が惰眠をむさぼっていると、友子が泣きながら電話をかけてきた。何事かと話を聞くと、見も知らぬ男と一夜を共にしてしまった、どうしよう、と言う。私子も友子もミッション系女子高出身、特に友子は神父の娘で、小学校からのエスカレータ式であがってきた純粋培養。高校を…

続きを読む

従妹との淡い記憶

2022/09/05

あれは中2の夏のことだった。蝉の鳴く声を聞いたらいまだに頭に浮かぶ。横浜に住んでいる従妹(小6)が京都に引っ越した友人と遊ぶ、とのことで滋賀にある我が家に泊まりにきた。横浜と滋賀、ということで従妹といえどあまり会ったことなく、おそらく3年ぶりのことだった。駅に母親と迎えに行って予定の時間の電車がくる。どちらかといえばうちの実家の近くは田舎の駅なので、すぐに彼女を見つけることができた。「あら??Aちゃん??大きくなったわね??」母親がお決まりの台詞を吐く。以前の記憶があまり残っていなかったものの。確かに大きくなった。小学校低学年から小学校高学年の間が飛んでいるか…

続きを読む

オバサンとの思い出

2022/09/03

私は小学校6年のとき同居していた親戚のオバサン(といっても30台半ばくらいかな?)からエッチを教えられていました。そのオバサンとの体験ですが、私の両親が出かけてオバサンと私だけになったある日曜日の昼頃のこと、オバサンの変な声がしたのでオバサンの部屋に行きました。少し開いた襖の向こうでオバサンは仰向けになって寝転んでいるようでした。しかし、何か様子がおかしいのは小学生の私にも分かりました。オバサンは仰向けになって左手で自分の右側の胸を揉んでいました。そして右手はスカートの中に入れて何かゴソゴソと動かしていたのです。オバサンは目を瞑ったまま気持ちよさそうに「ウウ?ンンッ」と…

続きを読む

小学校の頃の相撲大会

2022/09/02

先日田舎に帰って昔の写真を見ていて一気に思い出したことを投稿します。それは僕が小学校の時のことです。僕の生まれ育った町は普通の田舎です。小学校は一学年20人くらいしかいません。田舎はどこでも同じようなものだと思います。小学校の時6年の時でした。その年から相撲大会というものが始りました。それも運動会や学芸会と同様、父兄も見に来るようでした。朝っぱらからトーナメント形式で一学年ずつ試合をするもので、試合の数週間前から体育の時間は相撲の練習をしていました。小学校の時は、体育の時間は男女とも同じ時間で、先生は担任の先生がそのまま教えていたと思います。…

続きを読む

水泳部の実はエロかった先輩との出会い

2022/08/27

俺と友人のTは小学校からの悪友で、共にソフトテニス部でした。そんなTとTの彼女との出会いがエロかったので投稿します。8年前、まだ中2だった夏休み、8月のお盆の時の事です。3年生は部活自由参加になっていたし、その日はお盆期間だったので、練習もお休みでしたが、俺達ふたりは県大会を狙っていたので、先輩から部室の合鍵をもらい、秘密の自主練をすることにしていました。その日は朝から試合形式でずっと練習を続け、昼過ぎには汗まみれ。夕方を待たずに、午後3時前には二人ともフラフラになってしまいました。そんな時、Tが「プールに入ってさっぱりしねぇか?」と、持ち掛けてきました。なんというグッドアイディア…

続きを読む

依存症系のメグミちゃん2

2022/08/25

依存症系のメグミちゃんの続き俺は会社から与えられたミッションをこなすべく、○○駅のタクシー乗り場で取引先の担当者とタクシーを待っていた。ある物件を確認し、プレゼン用に写真を数枚撮影するのが今回のミッションです。{あーあ、何で田舎のタクシー乗り場にはタクシーが待機してないんだろ}と思っていたその時、後ろから俺の左腕を力強く引張る人が・・・そう、メグミちゃんです。{そういえば、この駅を最初に待ち合わせ場所に指定したっけ・・・でも実際に待ち合わせに使った場所はココじゃないし、何で何で??}完全にパニックに陥っている俺にメグミちゃんは大きな声で訳の解らない事を話し始めた。いや・・・訳…

続きを読む

妹と一緒のお風呂

2022/08/17

親から「妹をお風呂に入れるのは、お兄ちゃんの仕事のひとつ」と躾けられていたので小学校の頃はよく妹とお風呂に入れさせられていました。よく、というよりほぼ毎日一緒にお風呂に入っていました。妹もお風呂は兄ちゃんと入るものと思っていたため、観たいテレビがあって早めにお風呂に入り、早く出ようとしても僕がお風呂に入っていることに気づくと、妹が入ってきてお風呂の世話をさせられテレビに間に合わないということが多々あり、風呂場で妹に悪態をついたりもしていました。それは僕が小学校高学年になっても続いて、いい加減妹とお風呂に入るのが嫌になっていました。姉や妹を持つ同級生が、「まだ一緒に風呂入って…

続きを読む

従姉妹15歳

2022/08/14

年に何回か、従姉妹が家に遊びにやってくる。昔はなんとも思わなかったが、彼女が小学校の高学年になったあたりから状況が変わった。その体つきが急激に「女の子」という可愛らしいものから、しっかりとした「女」になっていった。会うたびに成長していくその発育の良さに、いけないとは思いつつも性的な興奮を覚えた。お互いを小さい頃からよく知っているので、俺がそんな目で自分の体を見ているなんて彼女は全く気づいていないだろう。ある日、彼女が久しぶりに泊まりに来た。挨拶をしに玄関へ行くと、かがんで靴を脱いでいるところだった。緩い胸元からは、ブラに包まれた谷間がチラリと見えている。しばらくその中学生にして…

続きを読む

姉に惚れられてしまったんだが1

2022/08/03

姉に惚れられてしまった。大好きだった彼氏に浮気された上に、相手の女に彼氏を寝取られた姉姉は仲間由紀恵似の美人で今時珍しくクソ真面目で一途な感じ自慢の姉なだけに可愛そうで、弟としてちょっとした悪戯心とサプライズの気持ちで慰めるパーティーをしたんだよね姉が居ない間に俺の部屋を掃除して飾り付けしてケーキを買ってきてさプレゼントも用意したりして変な気持ちは一切無いの本当、照れ隠しというかね振られた姉を茶化してすこし元気をつけて欲しかったからさ初恋の相手は姉だったけどソレは小学生低学年の時の話しだし女性として性的に意識した事は一切無い実際下着姿とかで歩かれると微妙な感じさえす…

続きを読む

住めばみやこ

2022/07/31

私は32歳になります主婦です。子供達が小学校へ行くようになりましてから、時間に余裕が取れるようになりました。それを切っ掛けにパートに出ることにしました。そこで知り合った40歳の女性と意気投合してしまい、プライベートでも買い物へ行ったりなど数ヶ月後には、家族ぐるみのお付き合いにまで発展する関係になりました。私達の子供がいることもあり、いつもは外が明るい時間帯でのお付き合いだったのです。ところが彼女(みやこさん)から「たまにはお酒を飲みながら夜までゆっくりと過ごさない?」と誘われました。帰宅した夫に「西岡さんから、飲みに来ないって誘われいるんだけど…」夫からは「たまには息抜きも…

続きを読む

整体に来ていた主婦・A子さん

2022/07/26

今は違う仕事やってるんだけど、昔整体をやってた事がある。リラクゼーション何ちゃらとかはまだあんまり無かった頃。 このスレ来る人なら判ると思うけど整体師ってのは結構ニッチな部分に嵌まった職業でやるのに特に資格が要らないのね。何故かというと資格が必要な按摩さんとかっていうのは結構門戸が狭いんだよね。資格を取れる学校が少ない訳。何故かって言うと基本按摩さんっていうのは眼が悪い人がなる職業だったからあんまり門戸を開いて誰でも出来るって事にしちゃうと目の悪い人の就職機会を奪っちゃう事になっちゃうから。整体師ってのはその隙間をついた職業でこれはマッサージではないですよ按摩…

続きを読む

性知識の無い、純粋無垢なロリ彼女との初エッチ

2022/07/23

由香と付き合い始めて三ヶ月になる頃。一学年下の後輩である由香は、高校生の割には子供っぽく天然なところがあり、たまにとんちんかんなことを言うが、そこも彼女の魅力のひとつだった。色白の童顔で、大きくぱっちりとした目に、華奢な体つき、小さな背。中身も外見も実年齢より幼く見える、俺好みのロリ系の、自慢の彼女だ。俺たちは付き合い始めて二週間目、二回目のデートのときに初めて手をつなぎ、一ヵ月半、五回目のデートで初めてキスをした。近づくほどに由香の小ささ、儚さを実感し、より強く守ってやりたいと思った。俺にとって由香は初めての彼女だし、由香にとって俺は初めての彼氏。つまりお互いの初めてを捧…

続きを読む

パンツなんか見たくない

2022/07/21

小学校6年生で11才だった時のこと。幼稚園からの幼馴染のまゆみも一緒にお風呂に入ったりしていた幼さから、立派の女になりつつも子供っぽく、スカートめくりなんかしてた。まゆみもマセた娘で活発でエッチだった。良くオイラがオッパイ触ったり、スカートめくったりしてりと、ズボンんの上からタマやチンコを痛いくらい握られたり。ある日まゆみにちょっかい出してたら突然キレて『そんなに見たいのかよ?』って言って自分でバッとスカート捲り上げて『ホラ見なよ?』って挑発して来た。可愛いイチゴのパンツだった。でもオイラも負けじと『そんなカギのパンツなんか見たかねぇよ?』って照れ隠しで言った。そし…

続きを読む

ほぼ実話・チンコの大きさよりキンタマが大事

2022/07/18

ドSな彼女あい(20)彼女は安達祐実に似てる。似てるし似てると言うと喜ぶ。にMな俺はいつもイヂメられてる。先日も、あいの友達(20)ガッキー系の顔とその彼氏(21)キンキの光一似と飲んだがハイペースで二時間程飲むとあいが下ネタを言い出した。あいが友達に今までシタ人で一番チンコ大きかった人ってどのくらい大きかったか聞いた。友達は「こんな感じかな?」と両手で大きさをあいに教える。あいは笑顔で「えーーーおっき?♪」と喜んだ。あいの友達は彼氏を指差して「そいつのっ」って笑った。彼氏は笑いながら「やめなさい」とか言ってるけど嬉しそうだ。あいは「エッチするならチンチン立派な男の子がいいよ…

続きを読む

ヒッキーの俺が勇ましく脱童貞する話

2022/07/15

中島「あーちんちんシコシコしてえ」俺はちんちんをシコシコしたドピュドピュ…精子が出てきた中島「ちんちんシコシコ気持ちいい」満足した俺はちんちんシコシコした努力の賜物である精子をティッシュで拭き取った中島(ああ今日もシコシコだけで1日が終わるのかな…)中島「でもやっぱりちんちんシコシコだけじゃ終わりたくない!!」俺はおもむろにプレステ2を引っ張り出した。そう、まるでちんちんを引っ張るかのように中島「やっぱりプレステ2を見ると安心するわ」中学時代はプレステ2オナニーをよくしていたからな。プレステ2はいってみればオナペットのようなものだ気がつけば俺は心の安定剤と…

続きを読む