「痴漢」一覧 (578件)

姉 痴漢電車

2021/10/16

井の頭線上り渋谷ゆきは今日も通勤通学客でいっぱいだ。「しょうがねえナア」と舌打ちしながらも、俺は最先頭車両へ急ぐ。混雑度合いが更に激しい1番前のドアに乗り込む。これ以上乗れないよ、という状況から俺の後ろに一人乗り込んできた。「ちっ…」悪態をつこうとしたが背中越しに若い女性らしいことがわかり「まぁ、いっか」という気になる。乗り込んで来た女性はドアのほうを向いており、丁度俺とは背中あわせになったような感じだ。次の駅で反対側のドアから乗車がありさらにその女性と密着した形になってしまった。俺のお尻に女性のお尻がぴったりとくっ付いている。かなり薄手のスカートらしくヒップの…

続きを読む

思い出したら眠れない・・・

2021/10/11

おはようございます。埼玉に住んでいるのですが。昨日、帰りの途中の電車で痴漢されてしまって思い出したら眠れなくなってしまい、ふとんから出てきました。気付いたらもう朝方だし…。昨日されたことを書きます。そのとき私は学校の帰りで疲れていて、電車のドアに身をまかせるような感じで立ってました。混んでいるの何時もの事でした。でも気付いたらお尻のところに違和感を感じたんです。ギュウギュウだったので、はじめはカバンがあたってるだけかなって思っていたんですがだんだん当たっているのが少しずつ動いて、お尻をなでられているんだとわかりました…。凄く嫌だったのに怖くて声もあげられなくて、しかも壁に押…

続きを読む

バイト中に集団で

2021/10/08

先日、バイト先で痴漢されてしまいました。バイトはスーパーや酒屋などで試飲を勧めたり宣伝する仕事です。 その日はお酒のディスカウントストアで試飲を勧めていました。お昼の人が少なくなったときに野球のユニホームを着た人たちが最初5人くらいお店に入ってきました。私の方に来たので「良かったら、どうぞ」と勧めました。最初は感想を聞いたりしていましたがだんだん「彼女かわいいねー」「これから一緒に飲まない?」とか言ってきて、気がつくとその人たちに囲まれる感じになっていました。少し怖かったのですが仕事なので愛想良く調子を合わせていました。そのとき一人が「おっぱい大きいねー」と言いました…

続きを読む

姉にしてやれなかったことPART1

2021/10/02

隣の部屋から笛の音色がする。姉が下手な笛で『翼をください』を繰り返し吹いていた。姉の部屋に入り俺「姉ちゃん、もう遅いし、笛吹くのやめたら?」そう言うと、姉「もうちこっとぉ」床に座っていた姉は、笛を口にくわえ上目使いで謝ってきた。数分後、笛の音色は途絶えて、俺も、いつの間にか寝ていた。次の日、学校へ行き、朝のホームルームが終わると、突然姉が俺の教室へ入ってきた。姉「ごめ?ん。笛家に忘れて来たから、貸してよぉ」クラスの数人がこちらを見て、クスクス笑っている。俺「な、なんでだよ。いやだよ。」恥ずかしくて逃げたかった。姉「今日、笛のテストなのぉ。おねがしいしますなのぉ。」おね…

続きを読む

担任が私の部屋へ来て

2021/10/01

私は中学2年生の女の子です。自分で言うのもなんですが体はもう大人の女になっています。よく、学校の男子からもスタイル良いから興奮するって言われて、その時にはなによお。ってごまかしています。でも、本当は襲ってほしい。体を見せたいし、触ってもらいたいんです。いつも痴漢に襲われることを夢見てオナニーしてます。この前、私が悪いことをして自宅謹慎になっていたとき担任の先生が家に様子を見に来ました。本当はどっさりある、罰の宿題をやらなくてはいけなかったのに手を付けていませんでした。はっきり言って、その先生はちょっと気持ち悪い系のおっさんってかんじです。でも、痴漢願望が…

続きを読む

愛ちゃん痴漢

2021/09/27

毎日の事とはいえ、うんざりするのも無理はない。疲れて座りたくとも、座るどころか、一度乗車したら、足を曲げることも出来ず、目的地まで直立不動のままマネキンの様に立っているしかないほどの満員電車だ。そのサラリーマンも毎日面倒な上司と生意気な部下に挟まれ、鬱々とした気分で満員電車に乗っていた。「はぁ…溜め息しかでねぇ。揚げ足取りだけは一人前のバカ上司、口だけの生意気な後輩」などと考えていたら、自分の胸部に柔らかい長い黒髪をたたえた女性の頭部が当たっているのに気がついた。その女性は小柄で華奢な作りの体に似合わず豊満なバストだった。疲れきっているらしく女性自身も気づかぬまま、サラリーマン…

続きを読む

同級生の里美とお風呂 その1

2021/09/13

小学校の5年の終わりだったか6年になっていたか、ちょっと覚えてないが、近所に住んでいた同級生の里美(仮名)って女の子とすごくエロい思い出がある。里美はわりとボーイッシュな女の子で、髪の毛は別にお決まりなショートカットというわけでもなく、性格も乱暴というわけではなかったが、うちの中で遊ぶより、男子と外で遊ぶほうが好きな、活発な女の子だった。俺とは小学校入学時から同じ登校班で気心が知れていたが、彼女は背がかなり高く、女子ではクラスで一番で、俺もチビというわけではなかったが、それでも十センチは差をつけられていて、一緒にいると、いつも俺の方が弟に見られがちだった。そんなある日、ごく近所の公園でふ…

続きを読む

三角関係

2021/09/10

高校2年のときの話です。長くなるので簡単に人物の紹介をしておきます。ひろし:俺。部活で左腕を骨折して入院してしまいます。陽子 :小学校からずっと一緒で同じ高校に通う俺の彼女。由佳 :小学校からずっと一緒で陽子の仲良し。俺のことを異常に思いを寄せている。高沢 :病院の担当看護婦26歳。事務的で性格が悪く、俺の嫌いなタイプの人。俺は由佳に何度も告白されていたが、俺は陽子のことが好きだったので断り続け、そして高2の夏についに告白して陽子と付き合い始めた。エッチはしたかったが嫌われるのが嫌でなかなか機会を作れずにいた。夏休みが終わって・・・金曜日:俺は部活で左腕を骨折してしばらく入院す…

続きを読む

教え子の乳首拝見

2021/09/09

当時私は、近所にあった個人経営の塾で、講師のアルバイトをしていました。個人経営といっても、2階建ての建物に教室が3つ事務室が1つあって、それなりの規模でした。対象生徒は小学校4~6年生と中学生です。面白いことに、この塾の生徒の男女比は1:9くらいで女子が多かったのです。これは塾の経営者が女の子ばっかり集めていたわけではなく(笑)友達に誘われたとか、友達に紹介されたとかでだんだん女子が多くなってしまったそうです。女子生徒が多くなればなるほど男子生徒が入塾しにくくなり、ますます女の子ばかりになるわけです。こんな環境のなかで、氷魚は中学生の数学を担当していました。やっぱりみんな数学嫌い…

続きを読む

満員電車でパフパフ

2021/08/29

これは氷魚が小学生(12歳)の時のお話です。今回のエピソードは今から10年以上も前の出来事です。この年の夏、氷魚は都内の某学習塾の夏季講習に通っていました。塾に行くには山手線や中央線を利用するのですが、この路線は非常に混む!この時、生まれて初めて『ラッシュアワー』というものを体験したのですが、小学生だった氷魚は毎回本気で死ぬかと思いました。まあ数週間で慣れることができましたが、やはり体が小さいと大変です。さて、ある日のことです。いつものように電車に乗ろうとしたところ、なんと通常よりもさらに1.5倍くらい車内が混み合っていました。(近隣の駅で人身事故があったようでした)さすがに乗る…

続きを読む

女子校生二回イカせる

2021/08/23

先週の事、いつものようにタ?ゲットはいるかな・・等と考えつつ自宅から駅についた所、何と激込みで滅多に女性がいない先頭にJKを一人発見!しかも身長165位とかなり背が高くスカ?トもミニスカ?トなので簡単に手を入れられそうな感じです、僕は興奮気味に迷わずそのJKの後ろに並びました。その際Jkが僕の方をちらりと確認したのを僕は見逃しませんでした、痴漢暦の長い僕に「OK女だ!」・・そう感じさせる視線でした。電車が来るとJKの後ろにぴったり密着しながら乗車、同時にお尻に手を密着させ「痴漢ですよ・・」の合図、OK女でなければここで反転したりして抵抗する事が多いのですがそのまま素直に乗車、この時点で予感…

続きを読む

初めての痴漢体験

2021/08/08

私が高校生だったときの痴漢体験を書きたいと思います。私は背が高い方です。168センチで、髪はショートボブ、まじめに見られるほうだと思います。制服はセーラー服です。初めて痴漢にあったのは、高1の春、まだ入学して間もない頃でした。中央線で通学していたのですが、通勤快速だったのですごい混みようでした。いちばん端の車両に乗り込むとき、すぐ後ろにぴったりとついて、小柄な男の人が乗ってきました。あれ?と思うまもなくぐいぐいと押され、車両の隅に追いやられてしまいました。ちらりと振り返ると、小柄で色黒なやせた男の人で、年は40台くらいに見えました。しばらくすると、お尻のあたりが温かくなりまし…

続きを読む

痴漢の彼

2021/08/01

二週間以上前から朝、同じ人に痴漢されてる。昨日、初めてHしちゃった。相手は20代後半か30ちょっとのリーマン。いつも乗ってる電車がすごく混んでいて、乗ったら身動きできない状態。初めて痴漢された時は、ジャケットの下にニットを着てたんだけれど、ジャケットのニットの上から胸を揉まれてから、「あっ」と思ったら、次にお尻をなでられた。「誰?」と思っても、後ろを振り向けなくて。。うつむいてたら、両足を彼の足で広げられて、スカートの上から太ももをサワサワと撫でられた。緊張してたんだけれど、すごく感じてしまって、、うつむいたまま。駅に止まって、人が少し動いてホッとしたら、その人が私の正面に来…

続きを読む

最終痴漢電車

2021/07/31

彼女にあったのは少し寒くなり始めた10月の終わりか11月の初め頃だったと思う。通勤で使ってる電車は降車駅に近づくにつれて混雑度を増していった。僕が乗った次の駅から彼女は電車に乗ってきた。意識したのはその日が初めてだったが次の日も、その次の日も彼女は同じ時間、同じ車両、同じドアに乗ってきた。いつも先頭で。彼女は飛び抜けてスタイルが良い訳ではないが、スリムな体にしては胸が大きかった。顔は切れ長の目から冷たい印象を感じ、女優の葉月里緒菜によく似ていた。その後いろいろな事があったが、結局最後まで名前を聞くことはなかった。その日は彼女が乗り込んで来た時に一瞬目があった。彼女は…

続きを読む

いつもありがとう2

2021/07/22

お昼も食べ終わって部活がないので早めに兄さんと帰宅しました。きょうは帰宅ラッシュでもないのにまた痴漢に会いました。兄さんが気づいて私を後ろにして「やっぱりね!」といい次の駅でおりました。私は驚きを隠せませんでした。痴漢してた人は同じ学校の生徒でした。兄「なんでこんなことしてたん?」痴漢「スミマセン!許して下さい」兄「俺は聞いてるねん」痴漢「私ちゃんのことが好きで・・でも話す勇気もなくて」 私「・・・」兄「だから痴漢したん?」痴漢「はい。本当にスミマセンでした。」私「あのもうかかわらないで下さい。」兄「いや、俺は許さんで!一回警察いこか」痴漢「(つい出来心で!と言って泣…

続きを読む

若いママ達の痴漢パトロール

2021/07/14

私が住んでいるR町では、小中学校の子供を持つお母さんたちが、毎夕、自転車パトロールを実施しています。というのも、団地に面する森林公園に、よく痴漢が出るためだそうです。実際に、彼女たちの通報によって、一流私大四年生の痴漢が逮捕され、新聞の地方版に載ったそうです。ちなみに、森林公園は駅前に出る近道となっており、私もよく利用するのですが・・・夜の七時ぐらいに駅前のBOOK○FFへ買い物に行き、帰りにお母さんたちの痴漢パトロールに遭遇したときは、正直どきどきしました。・・・もちろん、彼女たちに咎められるようなことは、何もしてないですが。お母さんたちといっても、だいたいが二十後半~三十後半ぐら…

続きを読む

人妻Mの告白3

2021/07/10

Hとの恋人生活の中で色々な体験をしました。最初の頃はエッチに大して少し罪悪感があった私も、Hが喜ぶならと思ってやってきましたが、いつしか自分がHとのエッチな行為を楽しく喜びに感じるようになっていました。付き合いだして初めての夏に2人で海に行った時の帰りにラブホテルに初めて入りました。初めて入るラブホテルは緊張と興奮で2人ともいつもより感じていたと思います。一緒に広いお風呂に入り、そこでセックス。お風呂から出てベッドで2回目のセックス。ソファーで3回目。そのとき初めて立ちバックという体位でしました。ソファーに両手をつきHにお尻を抱えられ、後ろから突かれるのです。いつも正常位か騎…

続きを読む

私って変・・・?2

2021/07/10

それからは完全に彼らのペースになってしまいました「犯され願望ってやつか、まったくたいしたもんだよ」「おとなしそうな顔して、何てスケベな女だ、そうやって建さんを誘惑していた訳か」「違う…そんなんじゃない…」「何が違うんだ、そしたらはっきり説明してみろ」半ベソをかいている私に容赦なく男達は追求してきます「自ら犯される事を望むとはな、旦那さんが知ったらさぞ…」「やめて…」私は夫と聞き瞬間的に反応しました冷静に考えれば非は間違えなく彼らにあるのです、しかしこの時の私は頭の中がぐちゃぐちゃでとても物事を冷静になんて考えられなかったとにかくその場から逃げ出したかった…

続きを読む

私って変・・・?1

2021/07/10

私は結婚して長男が誕生したのを期に仕事を辞め主婦業に専念していたのですが働きたくて二年程前から市内の歯科医の受け付けを週に三回程度始め、それと同じく週に三回くらいフィットネスクラブで運動して身体を鍛えている毎日ですいくら子供がいて年齢を重ねてきても女性としての美は失いたくない私はそんな意識を強く持ち続け食事にも気を配り、現在も若かった頃の体型を維持していますしかし夫はそんな私の気も知らずセックスはいつも淡泊、ワンパターンな行為に私はつねに不完全燃焼「もっと乱れたい、もっと私を責めてよ」心ではそう思っていてもそんな言葉を口にも出せずもやもやした日々を送っていましたやさしい夫にかわいい…

続きを読む

超天然で無防備な叔母

2021/07/06

今年は最悪の夏だと思っていた。でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。男子高に通っており、彼女いない歴17年、もちろん今どきキスすらさえしたことのない、チョイ悲惨な人間。性欲だけは人一倍ある。唯一の趣味は、部屋でエロビデオを見ながら、ひたすら右手を使うこと。オナニーを覚えたのがけっこう遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。そんな自分でも夏は楽しみだった。夏休みが楽…

続きを読む