「痴漢」一覧 (403件)

それを初めて見た時は、興奮していた

2018/12/10

2つ隣の駅に住む、嫁さんの友達の早苗が痴漢されていた。結婚式にも出た後、うちにも家族連れでたまに遊びに来ることもあり、朝、いつも同じ電車に乗って、目で挨拶をし、距離が近くなれば会話をするのが日常だったから、俺が電車に乗れば、早苗を探すのは当たり前の行動になっていた。その時は早苗に前後から密着するサラリーマン風の男2人がいた。早苗の様子がおかしく、俺から目を背けようとすらしていたと思った。駅からの人の流れに合わせて、早苗との距離感を詰めていくと、男たちのバッグが早苗の下半身を左右から隠すようになっており、男たちの体で前後を隠すような感じになっていた。目を凝らしてみると、バッグの取っての…

続きを読む

めっちゃカッコいい男教師をノーブラ、紐パンで誘惑した私のエロ話

2018/12/09

先生に抱かれてしまった生徒の話はダメなんでしょうか・・・もう3年位前の話になっちゃいますけど。私が通ってた高校はごく普通の共学だったんですが、2年の春に化学の教師が転勤してきました。26歳で、顔はB’zの稲葉さん系のめっちゃカッコいい男教師w当然皆大騒ぎでしたが、わりと彼氏のいる子も多かったんで、本気で狙うとかそういう事を考える子はうちのクラスに限っては私くらいでした。その頃私は彼氏がどうこうより部活に夢中でしたし(何部かは控えますがw)先生が来るまでは本当に異性に興味がありませんでした。同年代の男子を幼く感じていた私は、あっというまに先生に夢中になりました。最後…

続きを読む

痴漢体験談

2018/12/08

T海道線S駅でいつもの通り獲物を物色していると、まさに常盤貴子という感じの女の子を発見。上はタンクトップに薄手のカーディガン。下は紺のパンツルック。カーディガンから透けて見えるタンクトップとブラの肩紐がまぶしい。少し前に狙いをつけていたおブスなミニスカ娘を同業者と取り合うより断然良いと思い後をつける。因みに、露骨なミニスカ生足娘よりもこのパンツルックタイプの方は競争は少ない。ホームの中ほどで、列車待ちの列に。すかさず後ろについて並ぶ。後ろに数人が列ぶも、同業者及び刑事らしき人影はなくまずますのコンディション。電車に乗り込む瞬間に、彼女を逃さないように両腕を彼女の腰に廻し、股間…

続きを読む

高校の時

2018/12/06

電車で通学してた高校の時です。電車の中では良く痴漢にあいました。多分同じ人にされてたような気がします。高校のスカートを短くしてた私は後ろからスカートをめくり上げられパンツの中に手を入れられおしりを揉まれました。そこまでされたのは初めてだったので私はかなり頭にきてしまい、次の駅に着く直前にかなり抵抗してたら、駅に着いた瞬間痴漢はドアから出て走り出しました。私も思わず走り捕まえてやろうと思いました。逃げる痴漢が私に気付きホームを上がりトイレの方に駆けてきました。私は意図にも気付かず追い掛けてしまいました。障害者用のトイレに入るのが見えたので私は駅員を呼びに行こうと駅員室に向かいまし…

続きを読む

メチャクチャに混んだバスは、ある意味ではパラダイスです

2018/11/28

当時俺は駅から高校まで、学校が手配している学生専用の直通バスを使って通学していた。通っていたのは中高一貫校で、男女共学だがクラスは男女別だった。1学年1000人を超えるマンモス校なんでバスはいつもギリギリの満員。体が密着するのが当たり前だが、お互い学生なんで気にしてなかった。触りを試した。例えばマンスジを触っても嫌がらないので、徐々にエスカレートしていき、ある日俺はついに我慢できなくなる。大胆にも、俺のモノを彼女の柔らかい素肌に押し付けて射精したいと思うようになってくる。日々妄想が進み、ついに計画を実行に移すことを決断する。まず、この計画で両手が自由に使えるように、鞄一式は…

続きを読む

隠れ巨乳の彼女にハイパーミニを穿かせて電車でいたずら

2018/11/28

俺は大学2年の学生で、今日は平日だけど、彼女と遊園地に遊びに行くために結構早く起きた。彼女の有美は俺とタメで、20歳になったばかりだ。地味な見た目で、眼鏡女子だけど、眼鏡を外すと美少女というタイプだ。そして最近AVでジャンルとして確立しつつある、地味系女子の隠れ巨乳と言うヤツだ。性格は地味な見た目そのままの大人しいタイプで、俺の言うことなら結構何でも聞いてくれる。とは言っても、俺も有美にべた惚れなので、変なことをさせたりはしないが、ちょっと露出の高めの服を着させたり、大人のオモチャを使う程度だ。今日も、「こんなの、電車乗るのに恥ずかしいよぉ」と、顔を赤くしながらモジモジ言う有美は、…

続きを読む

様子がおかしいので妻の通勤電車に尾行すると複数人で痴漢されていた

2018/11/26

私は35歳、32歳になる妻と一人息子の3人で暮らしている平凡なサラリーマンです。妻は結婚以来ずっと専業主婦でしたが、今年に入ってから不況の関係で私の収入が減った為、子供を保育園に預けて独身時代同様派遣者社員として働き始めました。この不況のさなか、すぐに働き口が見つかったのは奇跡的でした。通勤に電車で1時間以上も掛かる会社ではありましたが、高望みはできません。ありがたく務めさせていただく事にしました。妻も、初めの内は久し振りの仕事に・・・というか外出する事自体に喜びを感じている様子で、毎日楽しそうに出勤をしていました。しかし。ある日を境に、以前の嬉々とした雰囲気は影をひそめ憂鬱そう…

続きを読む

痴漢少年サルの生態観察録[中編]

2018/11/26

小学生の痴漢少年に興味を持った僕は、あの少年が大人の女性にどうやって痴漢行為を行ない、かつ感じさせているのか一度間近で見てみたいと思い、会社帰りの際は常に少年の姿を捜すようになりました。しかし少年は結構不定期に現れるようで、見かける時と見かけない時があります。また見かけても、ターゲットとなる女性が居ないのか、痴漢行為を働かない日々がしばらく続きました。ある会社帰り、僕はその少年がいるかどうかを確認する為、ホームを一通り見て回りました。が、見当たりません。(む、今日も外れかな?)僕は諦め、まだ電車が来るまで若干時間があった為、本でも立ち読みしようと駅内の書店に立ち寄りました。すると…

続きを読む

痴漢少年サルの生態観察録[後編]

2018/11/26

サルのように2人の女性に向かって駆けていくエロガキの後ろになんとかつく事ができました。ホーム上では、以前と同じく『2人の女性→クソエロガキ→僕』の順番で電車を待っています。2人の女性を改めて見ました。2人ともかなり背が高く、168cmの僕よりも高いので、少なくとも170cm以上は確実にあります。プロポーションも抜群にいいので、本当に雑誌のモデルか何かをやってるのかもしれません。とにかく2人とも、ものすごくセクシーな女性でした。この2人を区別する為に、僕の勝手なイメージで仮名をつけますが、お姉さん的な美人を『美咲さん』、妹的な可愛いコの方を『愛美さん』とします。愛美「ねぇ!今日どこ…

続きを読む

清楚な女子大生を

2018/11/26

「あの子・‥」横浜から東京行きの満員電車に乗ると、痴漢常習の俺の前に窓の外を向いて立っている清楚な女子大生風の女性がいた。彼女は昨日もこの電車で見かけた。品川駅で下車し山手線の外回りに乗り換え五反田で降りたので、おそらくS女子大に通っているのではないかと思った。彼女は白い薄手のブラウスに紺のフレアスカート姿といった清楚な服装で身長は155cmくらい。乳房は良い形に隆起しウエストは細く、お尻はやや大き目でとてもそそられる体つきだ。フレアスカートから覗いているストッキングを履いていない生脚のふくらはぎや締まった足首の白い肌が艶めかしい。髪は後ろで結ばれていて顔やうなじも抜けるように白い…

続きを読む

痴漢少年サルの生態観察録[前編]

2018/11/26

僕は都内の会社に勤めるサラリーマンです。僕が出会ったある小学生の少年について書きたいと思います。その少年に初めて会ったのは、僕がいつも帰る電車のホームでした。おそらく塾の帰りのでしょうか。勉強用のかばんを持ってホームのベンチに腰掛け、プラプラと足を振りながら電車を待っていました。その少年はかなり小柄な体型の小学生の子で、まるで子ザルのように目がぱっちりした愛嬌のある顔で、なんとなく印象に残りました。ちょうど帰宅ラッシュの時間帯で、電車はいつも満員電車です。(まだあんな小さいのに。よりによってこんな時間の電車に乗るなんて小学生も大変だなぁ)僕はその時、その少年に同情していました。…

続きを読む

妹にセックスの指導をしてあげた結果

2018/11/25

俺には3歳離れた妹がいる。俺と妹は小さい頃は比較的仲が良く、どこかに遊びに行くときは大体連れていっていたし、妹も楽しそうに付いてきていた。それはお互い小学生になっても続いたが、高学年にもなると同級生から「いつまで妹とひっついてんだ」とからかわれ、俺から自然と距離を取っていった。妹も俺が離れたがっているのを察したのか、しつこくは絡んでこなくなった。そのままおれは中学高校と進学し、妹も時期に中学生になった。すると妹は今までお互い無口だったのに、急に俺に、というか家族に悪態をつくようになった。まぁ中学生といえば無意味に親に反抗したくなる時期でもあるので、俺は逆に「妹もここまで大きくなった…

続きを読む

弱みを握られた絶世の美女2

2018/11/24

伏し目がちに下を向く恥ずかしげな顔が堪らない。自らスカートをたくし上げて太腿も露わに、下着を晒すゆずりさん。その日も米山から没収したゆずりさんの画像をネタにシコシコと独り仕事を終えた後だった。もう何度も見ているというのに見る度に、股間が激しく疼く。なぜ、今更?既にゆずりさんの全裸さえ、存分に見た後だというのに。。なぜ?ただのパンチラを毎日のネタにしているのだろうか。そんなことを考えていると、ふと閃くものがあった。そういえばかつてそう遠くない過去に同じような感覚に陥ったことがあった。そうあれは、コーチの清水がゆずりさんを無理やり口説いてるのを見…

続きを読む

図書館で痴漢に

2018/11/23

平日の図書館って、結構空いてる。大体、本を読もうと思ったのも久しぶりだし。大きな書架の間をぶらぶら歩いてみる。ふと、数年前にベストセラーになった小説の背表紙が目に止まった。映画化もされたっけ…かなりエロいって話題になったような…ぱらぱらめくってみると、いきなりそういう場面だった。人妻が、窓ガラスに手をつかされ、お尻を突き出させられ、スカートを捲くられる。『やめて…』うめくが、後ろに座った男はショーツをゆっくりと引きおろして…うわ、かなり激しいんだ。両足の奥が熱く膨らむのを感じて、慌てて本を閉じようとした。その時初めて、私のすぐ右横に若い男が立っているのに気づいた。恥ずかしい、…

続きを読む

弱みを握られた美女

2018/11/19

父の親友である正和オジサンは、俺が通っているテニスクラブの理事長をしている。三度の飯より将棋が好きだというオジサンは暇さえあれば我が家に指しに来ていた。聞いたところによると将棋同好会時代から、オジサンが唯一勝てるのが、父だったのだそうだ。大抵は父と二人でパチッパチッとプロも顔負けするくらい良い音を響かせているのだが、時々、俺も相手をさせられることがあった。「ねえ、オジサン!新しいコーチって未亡人って聞いたけど、旦那さんとは離婚したの?旦那さんって、どんな人だったの?」「そんな個人情報をぺらぺら教えられるわけないだろ」「オジサン、さっきの”待った”で何回目だったっけ?」「なに、今日…

続きを読む

小5の娘が隣にいるのに痴漢の指でイッてしまった私

2018/11/17

先日、私は初めて痴漢に遭いました。地元の小さな公民館で映画を上映する企画があって、小学5年生の娘と一緒に公民館へ出掛けました。前の席はシートが敷いてあり、中央から後ろは椅子が設置されていました。既に満席だった中、壁際の一番後ろの席が1つ空いていたので娘を座らせ、私は椅子の後ろに立って見る事にしたんです。館内は照明が消され、上映が始まってからも次々と館内へ入って来るお客さんで立ち見席も混み合っていました。映画が始まって20分程が過ぎた時でしょうか?私の身体に触れる感触に気づきました。(こんなに込んでいるんだから仕方ないか?)そう思い、気にしない様にしていたんですが、明らかに触られ…

続きを読む

無防備妻

2018/11/09

食事が終わって、子供がゲームをしたいと言ったので、妻と子供はゲームセンターに向かっていった。私は妻に「ちょっと本見てからそっち行くわー」と言いゲームコーナーに向かう妻と子供を見送った。歩く度に揺れる胸、後ろから見ていると、歩くたびにお尻が交互にワンピースに張り付くので、その度にパンテイーも交互に透けていた。すると、歩いている途中で、手を洗う所があったので、妻は子供と一緒に、手を洗い始めた。しかも、わざわざ子供供用の低い洗い場で思いっきり屈んで子供と手を洗っている。私は向きを変え妻達のところへ向かうことにした。案の定妻の後ろには、二組の子連れのお父さんがいて、妻の突き出されて透けてい…

続きを読む

痴漢にアナル責めまで許していた妻

2018/11/07

半年前、妻の綾(34歳)が仕事を始めました。息子も中学生になり手が掛らなくなった事が一番の理由だったと思います。高校卒業後、数年OLをしていた妻でしたが、結婚・出産で仕事を辞めて専業主婦をしている妻。今さら仕事が出来るんだろうか?すぐに音を上げるだろうと思っていました。自宅近くの駅から4駅先に私の会社はあります。妻が働き始めた会社は更に2つ先だと聞いていました。出勤は私が先に出掛けるので、妻が乗るのはたぶんその数本後。帰りも妻は定時で上がるので、会う事はありませんでした。その日は珍しく上司が定時で帰宅するらしく、「打ち合わせ資料は明日でいいや」と言い残し帰って行きました。私…

続きを読む

タクシードライバーの懺悔

2018/11/01

私は個人タクシーの運転手をしています。妻も成人した息子もいる、どう見ても中年と言う年齢の私ですが、ゴールデンウィークの夜、神様に感謝したくなるような思い出と、懺悔しなければならない行為をしてしまいました。私は自分で言うのもおこがましいですが、真面目一辺倒でお客様第一ををモットーにしておりました。話は4月27日の金曜日まで遡ります。折からの不況でタクシー業界もかなり厳しく、特に個人タクシーの私は殆ど休み返上でタクシーを走らせていました。夜の10時くらいだったか、繁華街の大通りを空車で流していたところ、10人くらいの団体の1人が大きく手を振って呼んでいました。見た所、かなり若い団体に見…

続きを読む

若い男を逆ナンしてる欲求不満気味の人妻。筆おろし体験

2018/10/31

夫と職場結婚し、5年目になる主婦です。今も部署は違うものの、夫と同じ会社で働いています。見かけは地味でとても大人しそうに見えるのですが、胸がFカップと大きいため、よく痴漢やセクハラをされていました。それを助けてくれたのが、今の夫なのです。でも、どんどん私の体は開発されてきてしまったようです。真面目一筋で子作り以外のSEXにはまったく興味ない夫。全然満足しなくて毎日、物足りない感じです。不倫をしようにも、夫がいる同じ会社の人とでは絶対無理。かといって三十路もすぎるとなかなか新しい出会いもありません。出会い系の男性もいまいち信用できないし。ですから、通勤で使う電車の中でかわい…

続きを読む