最新の投稿

テニス部顧問のK先生

2018/12/11

私が高校3年生の時の話です。当時、私はソフトテニス部に所属していました。顧問はK先生と言って、32歳の美術教師でした。若かりし日の中村雅之をもっとスマートにした感じで無口。女子には「暑苦しい、くっつくな!」とか平気で言う人でしたが、人気のある先生でした。特に直接指導を受けていた部員には大人気で仲間はみんなファンでした。もちろん私もファン。だけど、バレンタインの日に「いつ渡すー?キャー☆」なんてみんなで固まって相談してる感じが、当時純過ぎた私には恥ずかしくて「K先生よりハイド君の方がいい♪」なんて強がった発言をしていました。本当は授業中も顔も見れないし、話しかけられてもモ…

続きを読む

部活の後に体育館で…

2018/12/11

うちの高校は進学校だったんだけどバスケ部だけは強かった俺の代は県2位で俺はプレーは地味だが根性を買われてキャプテンだったそしてうちの高校から300mの所に女子高があったここは高校でバスケやってた人なら名前言えばわかるような高校全国でも準優勝になった事あるし、県内では女子に敵はいなかったあまりに強くて練習試合の相手がいなくて時々、うちに来て15点ゲームを何本かやったりしてた女子とはいえ、3点シュートがめちゃくちゃ入るので何本かは負けたこともあったで当然、高校生同士だから仲良くなっていく向こうは女子高でしかも練習ばっかりで出会いがないから当然だったしばらくしてうちのガードとエース…

続きを読む

小学校教師 慶子

2018/12/11

慶子は27歳でバスト95の小学校教師、小さい男の子が大好きなのでこの仕事をしている今日も5年生のおとなしいA君を屋上に呼び出し、Hなことを・・・「先生、用って何ですか?」「あなた最近成績が落ちてるわね、きっといやらしい事を考えてるからでしょ」「そ、そんなこと・・・」「じゃあ先生がA君がHかどうか試してあげる」そう言うと慶子はスカートを脱ぎ、ブラウスと下着だけになった「どお、Hじゃないなら先生のパンツを見ても、オチンチンが固くならないはずよ」A君の視線は慶子の履いている白のパンツに釘付けであったパンツの上から、うっすらと卑らしい茂みが透けてみえる「A君、もしかして硬くなっちゃ…

続きを読む

立ち飲み屋で知り合ったスレンダーな女子大生をお持ち帰り

2018/12/11

最近の出張時の話。地方の代理店へ出張し、仕事を終えてホテルにチェックインしてから、晩飯がてら軽く飲もうと今流行のバル・・立ち飲み屋・・へ行ってみた。オープンしたばかりで結構混んでいた。自然と相席というかひとつのスタンドテーブルを共有する形に。その相手が一人で来てたリカちゃん。20歳の女子大生でスレンダーな娘だった。茶系のダボッとしたケーブル編みのニット・セーターにデニムのミニスカートに黒のニーハイにインヒールブーツという服装で可愛かった。世間話から始まり、酔いが進むにつれて打ち解けていった。何気なく自然な感じで、「ホテルの部屋で飲まない?」と誘ってみると、「いい…

続きを読む

仲の悪い妹からセックスを誘われた

2018/12/10

俺には中二の妹がいる。そんで俺は大学二年生。すっげぇ仲の悪い兄妹だ。大学が終わり俺が家に帰ると家には妹しかいなかった。「おやじとおふくろは?」「知るか。」冷たい妹だ。取りあえずは腹が減ったから俺は大好物のベイクドチーズケーキを食べることにした。そんで冷蔵庫を覗くと俺のチーズケーキがない!こういった時はたいてい妹が犯人だ。「おい、みさき!おめぇ俺のチーズケーキくったろ?!」リビングのソファでくつろいでる妹をキッチンから怒鳴りつけた。空腹の俺は優しさのかけらもない。兄妹の不仲の原因は大方俺にある。「だいちのなんて食べてませんけど?!」くつろぎながら逆ギレする妹。「お…

続きを読む

遠距離彼女の寝取られプレイ-4

2018/12/10

彼女の部屋での件から1ヵ月後、高司さんに呼び出されて2人で会いました。「あれから咲子とは会ったか?」「いえ、会ってないです」「そうか、これ見てみるか」高司さんは小さいノートパソコンを開いて、動画ファイルを再生しました。ドキッとしました・・・そこには下半身丸出しでオナニーをしている彼女が映っていました。「おまえの知らない姿だな」ズボンの中ですぐに勃起してしまいました。いつもの彼女からは想像できないスケベな指使いでアソコを弄っていました。「何度かおまえには言わず連絡とっててな、カメラの前でオナニーするよう言ったんだよ」-----自分の知らない所で彼女は高司さんの言うことを聞いていまし…

続きを読む

男を気持ちよくするための人形になった私

2018/12/10

あるきっかけで知り合った大阪の男性と待ち合わせ。「俺のデカいのを気持ちよくしてくれ」の一言に惹かれ、ついて来てしまいました。人気のない夜の公園の死角、小さな椅子を指差し、「ここに座れ」の指示に恐る恐る座った瞬間。手を縛られ、足も縛られてしまいました。「フェラしたいんだろ?デカいので叶えてやるよ」そう囁かれたかと思うと、アイマスクを着けられてしまいました。(えっ!?なに!?何も見えないよ・・・)「お前は今夜は3人の男たちの性処理玩具だからな、覚悟しろよ」(何も聞かされてないよ、3人ってどういうこと?)恐怖で身体が震えました。これから何が起ころうとしているのか、私の身に何が起ころう…

続きを読む

結構な割合でタダマンに性交

2018/12/10

金に目がくらんだ女子大生を、文字通りハメるの楽しすぎる。結構な割合でタダマンに性交、じゃなくて成功。てことで、最近の成果を発表する。なんだ、まぁ、その、自慢させてくれやwwひとりめーまゆちゃん21歳。どっかの教育学部に在学中。色白巨乳。肌の色が白すぎて、脇毛の剃りあとが際立ってた。おっぱいがデカいのに、全然垂れてない。前にドンっと張り出した感じ。顔は中の上。ぽってりとした唇と、切れ長の目がセクシーだった。過去に50代のパパが居たそうで、5万とか10万とかもらってたそうな。とりあえず信用させてホテルに連れ込んだ。もうね、胸のもみごこちがハンパ無い心地よさ。すごい重量感…

続きを読む

童貞でリードができないため、熟女がいる性感エステマッサージに行ってみた

2018/12/10

僕は魔法使いになりましたはい、ヤラハタととっくに超え、33歳の真性童貞なんです。しかし、そんな僕も絶頂体験をした事はあるんです仕事では、生の女性と話す機会が数週間に1回程度。そんな僕でも、そろそろ風俗に行って童貞は捨てないまでも女性の身体を知っておかなくてはと思い、初風俗でもハードルの低いマッサージのお店を選びました。すぐにPCで京都の風俗を調べました。さすがに風俗で童貞を失うのには心理的に抵抗もあって、性感マッサージをしながら最後にはヌイてくれるお店にしたんです。お店に電話して大丈夫そうなところを選びました。そのお店は障害者や外国人の方でも遊べるお店という…

続きを読む

可愛い人妻OLにフェラしてもらったら気持ち良すぎて即射精

2018/12/10

職場の後輩の主婦28歳のSとの先週金曜日の出来事。ちなみに彼女は子供二人アリ、ショートカットのスレンダー系。年末のこの時期、忙しくて二人で残業をしていた。息抜きに雑談をしていたとき、ちょうど大学の痴かん事件の話題になった。男としては、みんなしたいという欲望はあるが、理性で抑えている。彼女としては、それはわかるが、男のひとは大変ですね。そんな話題だった。もしかして先輩もそういうことしたいという欲望はあるの?私に対しても?「ないといったらうそになる。でも仕事中だしそんなことはありえないけど。」「こんなおばさんでも?」「ぜんぜんまだ十分女性としての魅力は備えているよ。誘惑されたらど…

続きを読む

娘にオナニーグッズをあげるキチガイママ

2018/12/10

この間、友達の家でこのHな体験談サイトを開いてみんなの告白にびっくりした友達と一緒の時は、笑いながら読んでたんですが、家で一人のときに頭の中がもうH関係のことでいっぱいになっちゃって、自然と思い出しながらオナニーをしてしまいました前置きがながくなったけど、私の告白もよんでください。私は今は処女ですが、オナニーは毎日のようにやってしまいます。初めて、オナニーしたのは小4のとき。お兄ちゃんの部屋でHな本をみつけて、そこにやり方がいろいろとかいてあったの。さすがにモノを入れるのは怖かったんで、やっぱり最初は指でいじってみました。それまではただ、おしっこをするだけのオマンコが、…

続きを読む

近所に住んでたお姉さんとの話

2018/12/10

血は繋がってないけど本当の姉以上に大事な人、その人の名前はみどり子姉ちゃんという本人は今でも「今時色の名前なんて・・しかもみどりなんてどう思う?」というが僕はずっと大好きだ、だって凄く優しそうな名前で彼女にピッタリだから・・姉ちゃんは僕が生まれた時に向かいの家に引っ越してきて僕とは10歳離れたお姉さん一人っ子で兄弟が欲しかった姉ちゃんは俺がまだ言葉も喋れないうちから毎日のように遊んでくれて、姉と弟みたいにして育った。実際僕は小さい頃は本当に姉のように思っていた。良くお互いの家に泊まって、小学校低学年まで一緒に寝たりお風呂にも入った。毎日優しく僕の髪や背中を洗ってくれるし、いっぱ…

続きを読む

ふてぶてしい寝取り

2018/12/10

もうかれこれ十数年前。同じ職場にその女は私の部下として入ってきた。外見は観月ありさと常盤貴子を足した様な感じ。髪は肩より少し長く、身長は167,8cmくらい。出るとこは出て、締まるところは締まってると言う体型だった。胸はFカップだった。職場はホテルだったので、部下と言っても、直属の部下ではないのだが近いセクションだったので、毎日の様に顔は合わせていた。ある日、彼女が早番で、私が遅番の日があった。私が、仕事の準備を始めていると、丁度彼女が帰るところだった。「○○さん、今からですか?お疲れ様です。」と彼女から声を掛けてきた。準備をしながら、彼女をボックス席に誘い、色々と話してい…

続きを読む

まだ中2だけど、同級生のレズ友と駅のトイレでエッチ

2018/12/10

私にはレズ友がいます。今、私は中2で、年齢にそぐわないことをしてるなとは自覚していますが、私も彼女もそのような知識は元から豊富で、あまり躊躇いはありません。私が今まで経験した中で一番気持ち良かったのは公衆トイレでのエッチです。私は基本タチで、その日は朝からやろうと約束していました。なので、授業も全く身に入らず、やるところを想像しては下を濡らしていました。彼女(Aちゃん)と私は違うクラスで、授業が終わると私達は部活をサボって最寄り駅まで行きました。Aちゃんはとても淫らな子で、キスをしただけで、下のお口に指が3本も入ってしまうくらい濡れちゃうんです。いつもより感じているっぽいAちゃん…

続きを読む

忘年会の帰りにレイプされた結婚2年目の若妻

2018/12/10

私は26歳になる、3月で結婚2年目の主婦です。昨年の春に高校時代から付き合っていた主人と結婚し、子供はまだいません。そんな全てに平凡な私がレイプされたのは今月の忘年会の帰りだったんです。当然不注意だった自分にも責任がありますが、もう取り返しがつきません。私たちの新居は都心から乗り継いで約45分ぐらいのすごく便利な新興住宅街で、主人の貯金と私の貯金、そして主人のお義父様の保証で銀行からお金を借り、今の住宅を購入しました。主人の実家に近いこともあり、賃貸よりは将来は楽になると二人で悩んだ末、思いきって購入したんです。私も通信関係の今の仕事を続けるため、主人と話し合って2年間は子供は避妊…

続きを読む

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と3

2018/12/10

妻の真希との結婚式は、私の立場を思い出させるものでした。真希は、私などでは釣り合いが取れないと自覚するほど、美しい女性でした。私なんかと結婚してくれたのは、本当に奇跡のようなものだと思います。私がプロポーズした時、真希は私に二つの条件を出しました。それは、一生彼女を離さないことと、彼女が私以外の男性と自由にセックスをすることを認めるというものでした……。でも、それは彼女の照れ隠しのようなもので、本気だとは思っていませんでした。でも、結婚式の当日、それが本気だったことを思い知らされました。まさか、これから式を挙げる直前の控え室で、元カレの巨根に狂わされる真希を見ることになるとは、想像すらして…

続きを読む

かなり男に飢えてたド変態ナースをセフレにしたった

2018/12/10

お話するのは看護婦のゆかりさん。隣県に住んでたにもかかわらず私の家まで車で泊まりに来たり、かなり積極的な女性でした。5,6回メールをやり取りしただけでもう「電話しようよ」と言って来て、私が番号を教えた途端に間髪入れず電話をかけて来ました。私自身断る理由は無いのでそれに応じましたが、なんとビックリその電話一本が終わる頃には私は彼女の恋人になっていました(笑)。どうやらかなり男に飢えていたようです。というよりはやはり寂しかったのでしょう。彼女は社会人2,3年目でその間はずっと彼氏は居なかったそう…働く女性は毎日の仕事の疲れと単調さから人一倍恋愛欲求は高いです。私の経験か…

続きを読む

それを初めて見た時は、興奮していた

2018/12/10

2つ隣の駅に住む、嫁さんの友達の早苗が痴漢されていた。結婚式にも出た後、うちにも家族連れでたまに遊びに来ることもあり、朝、いつも同じ電車に乗って、目で挨拶をし、距離が近くなれば会話をするのが日常だったから、俺が電車に乗れば、早苗を探すのは当たり前の行動になっていた。その時は早苗に前後から密着するサラリーマン風の男2人がいた。早苗の様子がおかしく、俺から目を背けようとすらしていたと思った。駅からの人の流れに合わせて、早苗との距離感を詰めていくと、男たちのバッグが早苗の下半身を左右から隠すようになっており、男たちの体で前後を隠すような感じになっていた。目を凝らしてみると、バッグの取っての…

続きを読む

遠征妻

2018/12/10

以前、\で「●●●スタイル」というサイトで31歳の人妻のゆかりと出会ってすばらしいひと時を過ごさせていただいたのですが、それから1ヶ月か1ヶ月半ほど経った頃に偶然、ゆかりさんと街で再会しました。ゆかりさんとは体の相性もよくて、セフレの1人にでもと思ったのですが、遠方から来ていたようで、頻繁に会えないようなので泣く泣く別れたことを覚えています。そんなゆかりさんがどうしたのかと思っていると、彼女の方も僕に気付いて「久しぶりね」って声をかけてきました。ゆかりさんは「ちょっとすっぽかされちゃったみたいで」と少し照れながら言いました。僕は、まだ出会い系とかしてるんだと思い、とっさに「「私もです」…

続きを読む

転勤する友達の彼女と

2018/12/09

友達の彼女との事です。友達が転勤になり、彼女はかなり落ち込んでいました。友達と言っても、年は7つ下で、私の事を「先輩」なんて呼んでました。さて、彼女の話ですが、或る日彼女から電話が有り、相談があるとの事。居酒屋で待ち合わせました。彼には内緒にしてくれとの事だったので、多少後ろめたい気にはなりましたが・・・・。相談と言うのは、彼が転勤が決まってから冷たくなった、何か心当たりはありませんか?と言う物でした。私にはある程度の事情は分かっていましたが、知らないと答えました。彼はもう彼女に対する気持ちが冷めていたんです。むしろ、転勤に対する期待の方が大きくなっている事を、私には打ち明け…

続きを読む