「処女」一覧 (1611件)

制服と妹

2019/06/17

大学生になって初めての夏休み。世間がお盆休みになったのをきっかけに、敏夫は実家に帰ってきていた。家から大学までは2時間ほどで、無理をすれば通えない距離ではないのだが、早起きが嫌な敏夫は一人暮らしをさせてもらっていたのだ。帰ってきた息子を両親は喜んで迎えてくれたが、今日から親戚の家に行く予定になっているという事で、午前中に出かけてしまった。せっかく帰ってきたのにいきなり寂しい状態になったが、連絡をしなかったのだから自業自得といえる。敏夫は仕方なく、居間でテレビを見ながらゴロゴロと過ごしていた。「あれ?お兄ちゃん帰ってたんだ」突然声がして振り向くと、そこには妹の奈美が立っていた。「あ…

続きを読む

親子丼を食べる

2019/06/15

人生にはいろんな事があります、私も喜んだり悲しんだり悔しい思いもした事が多々あり人を憎みもしました、でも人生とは捨てたもんではないようです。今から書いて行こうと思うのは、悔しい思いをして今は満ち足りた時を過ごしている自分に付いてです。私は今年45歳の既婚者です。5年前から続いている不倫と親子丼に付いて書きます。彼女に久し振りに逢ったのは、私が家族と一緒に買い物に出掛けている時でした。彼女は幼馴染で同級生で中学卒業以来久しぶりの再会でした。彼女の名前は由美子と言い中学時代はマドンナ的な人気者でしたが、同級生の中の嫌われ者だった奴と高校を卒業してから結婚をして娘が一人いるそうです。由…

続きを読む

酔った妹

2019/06/15

辛いものを食べた中2の妹に、酔っていた父親が水と間違って渡したコップの中身がはじまりだった。 辛いのが大嫌いな妹は父親からもらったコップの中身を辛さをまぎらわすために一気に飲み干した。 「変な味するぅ……」と妹がいい、それが水割りの焼酎ということに気づいた母親にどつかれる父親。 妹の様子が変化しはじめたのは、水割り焼酎を飲んで30分くらいたったころだと思う。 いつもは22時に寝る妹が、それより早い時間に「ねむい?」と言ってアルコールで赤くなった顔をひきずって部屋に行った。それから少したって僕も眠くなったので両親におやすみと言って部屋に行くことにした。 僕と妹の部屋は摺りガラスの戸…

続きを読む

口が裂けても言えない

2019/06/14

主人には口が裂けてもいえないけど,学生の頃に内緒で,すいぶん長い間,ずっと年上のひととつきあってたの。時々思い出すけど,今でもあそこがかっと熱くなるの。ほんとうにすべて仕込まれたって感じ。いくってことをはじめて教えてもらった。おぼれてたわ,その人とのセックスに。あのころ,情けないけど,あとで主人になるあのひとのことが好きでも,その人とのセックスは別で,したくてしたくて,どうしようもなくなってたの,ふっとしたときに。私のアパートのベッドで,昼間から一日中してたこともあったわ。ベッドの中で裸で一日すごしてたの,ほんとうに。何度も何度も私がねだってセックスしてたわ。これで1年留年ま…

続きを読む

初めて

2019/06/12

私は沖縄で生まれて、18歳で上京、本当は女優になりたくて、タレント養成所に6歳から通っていたのです。現在は20歳です。14歳の時に、演劇を教えている先生に誘われて、お休みの教室で抱きすくめられて、その後アパートで処女を奪われました。先生のことは最初から好きだったので、レイプではありません。私は14歳で身長が165?50?で、B75、W52、H76ありました。オッパイも大きく運動会で、胸を揺らせて走ると、男の子によくからかわれました。ママに言ってブラジャーをつけました。もちろんメンスもありましたし、タンポンを使っていました。オナニーも友達に聞いて初めてクリトリスを触って、快感を知…

続きを読む

夫の従弟と子作りセックス

2019/06/12

私は鮎子といいます。人妻で、家族は5歳年上の夫と子供が3人おります。もっとも今は夫は海外に長期に出張中で、夫の従妹の美由子ちゃんと従弟のまさるくんが同居しており、6人で暮らしています。子供たちは実の母である私をあーまま、育ての母である美由子ちゃんをみーままと呼び、まさるくんをぱぱといっています。でも、その呼び方は決して間違ってはいないのです。なぜなら3人の子供の本当の父親はまさるくんなのですから。私が夫ではなく、まさるくんとの間に子供を作ったのは理由があります。夫は会社の社長の息子で、事務員で入社した私は会社内では一番の美人という事で夫に見初められました。しかし、田舎の夫の祖母…

続きを読む

酒乱の妻の困った性癖(酒乱の妻!ver.2)

2019/06/10

私の妻を紹介します。妻は36歳で、女ざかりの一番きれいなころだと思います。身長は165センチで、少し大柄ですが太ってはおらず、巨乳のほうです。ウエストも細めでヒップは大きめと、めりはりのある体型です。音で表現すると「ボン・キュッ・ボン」でしょうか。顔もまあまあ良いので、繁華街に買い物に行くと、おじさま風の中年男性や重役風の初老の紳士から良くナンパされると自慢げに言っています。結婚して12年経ちます。子供は9歳の女の子で、あまり手がかからなくなってきました。文句の付けどころのない妻で、夫婦仲も良い方なのですが、夜の夫婦生活はめっきり回数が減って、年に数回程度になっていました。妻…

続きを読む

ひきずりこまれた

2019/06/09

私が中学一年の時のことです。私はわりと学校にちかい家で、私の家の周りにも同級生がたくさん住んでいました。その日は日直だったので、仕事を終えたのが五時半くらいでした。帰り道に、私の嫌いな嫌みな同じ所に住む同級生の男子が遊んでいるのが見えました。私は関わりたくなかったので、早く帰ろうと思って、早歩きで進みました。17階が家だったのでエレベーターをまっていると誰かの足音が聞こえてきました。私は結構人見知りだったので、顔を上げることも挨拶することもしませんでした。エレベーターがおりてきたのでさっさとのり、17階のボタンを押して一歩さがると前の人は3階のボタンを押しました。「え?」とおも…

続きを読む

深夜の奇癖

2019/06/09

私が露出に目覚めたのは、小学校二年のときでした。今でも、そのときのことは、はっきりと覚えています。近所の子どもどうして遊んでいたとき、いっしょにいた男の子たちが、公園のすみに走って行きました。私たち女の子は、それを追いかけて行きました。するし、公園のすみの植え込みに隠れるようにして男の子たちは、オシッコしていたのです。まだ、オチンチンに対する特別な感情はありませんでした。その数日後、同じ場所で遊んでいた私に、男の子たちがオシッコするようにと要求してきたのです。自分たちのも見たのだからというのが、男の子たちの言い分でした。たまたま、そのときにいた女の子が私ひとりだったから、そんな…

続きを読む

家庭教師で性教育

2019/06/09

私がK君と付き合い始めた頃の体験です。もちろん処女じゃありません。友人の弟(D)の家庭教師をすることになりました。高校2年生の男の子でカワイイ。勉強し始めたけれど、私に「Mは彼氏いるの?」とか勉強以外の質問をしてきたりしましたが、ちゃんと家庭教師してきました。何回かしたある日、Dの家を訪ねるとお母さんが出てDはまだ眼医者から帰って来ないけど部屋で待っててと言われたので、部屋に入るとごみ箱にはティッシュの山で……。本棚には隠すようにHな本があり、見てみると…、裸の女性が色んなポーズやSexをしてる写真がありました。やっぱり男の子だと思いました。Dが帰ってきて、勉強を始めると、お母…

続きを読む

しばらく、私たちに桃子さんを預けない?

2019/06/08

私38歳、妻31歳どこにでもいる夫婦だと思います。妻を私が見初めて結婚してちょうど丸6年になります、超美人ではないですがそこそこいい女と思います、このサイトはいつから見始めたか覚えていませんが結婚して数年後に偶然知りました。ここを愛読するようになって、いつも興奮していました。皆さんが書いてある文章を読み、それを妻と私に置き換えて読んでいます。しかしどこかで本当に妻にさせたいという思いがあるのは私だけではなく、ここにいる殆どの方がそうなのでしょう。しかし勇気のない私は妻にここを読んでいることさえ言えません。それでも願望だけはどんどん膨らみ妄想が妄想を呼んでいました。時々ここを読んで…

続きを読む

妹の裸

2019/06/08

司郎は部屋でオナニーをしていた。布団に横たわり、目を瞑ってある光景を思い出しながら一物をしごく。(真奈美ぃっ……真奈美ぃっ……)心の中で呼びかけているのは妹の名前だった。数日前、偶然妹の裸を見てしまったのだ。洗面所に入った時に、風呂上りの全く何も身につけていない状態を見てしまったのである。それは今まで見た何よりも白く、そして美しかった。来年中学に上がる妹。一緒に風呂に入らなくなって何年経つのか忘れたが、その頃とは体付きが全然違っていた。胸がプクッと膨れ、全体的に肉が付き、抱いたら凄く柔らかそうだった。何と言っても肌の白さが美しく、長い黒髪が体にかかっているためその白さが際立…

続きを読む

思わぬ出会い

2019/06/08

仕事の帰り地元の駅に着き改札口を出ようとした時、20代前後の女の子とぶつかり転びそうになりかけました。「ごめんね、大丈夫ですか?」「あっいいえ、こちらこそすいません。」とその場を離れました。その彼女の爽やかさが妙に心に残りました。駅前にある喫煙場所で煙草を吸っていると、さき程のぶつかったあの女の子が前を通り過ぎました。彼女は私が行こうとしている店と同じ方向に歩いているので、後をついて行くかっこうになりました。彼女は私の目的の店の3?4軒手前にあるモダンなダイニングバーの店に入って行きました。こんなお洒落な店に来るんだなと思いました。私はそのまま行きつけの店で1時間ほど飲んだので…

続きを読む

大家に寝取られた

2019/06/08

山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのですが、それでも月々十万以上の出費が必要で、家計には痛い出費でした。私達夫婦は結婚5年めですが、子供はいません。私は30歳、妻は25歳です。妻とは学生時代からの付き合いで、妻が短大を卒業するとすぐに結婚しました。細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて、美形です。処女でゲットできたのは、たぶん田…

続きを読む

文化祭に招待されて・・・ 2

2019/06/07

昨年の9月初旬、2年前と同じように俺が卒業した高校から「学校へ寄付をした方を文化祭に招待します」という内容の招待状が郵送されてきた。2年前、文化祭へ招待されて特別なサービスをしてくれたSから「来年も来てくれますか?」と聞かれて「また来るよ」と答えた俺は招待状が来たら文化祭へ行くことにしていたので仕事があっても「予定が入っている」ということにして文化祭へ行くことにした。俺が卒業した高校の文化祭は9月の第3土曜日と日曜日の2日間で、1日目は学校関係者(PTAなど)と招待者だけが出入りできて2日目は一般公開となっていた。招待状を持って高校の正門から校内へ入ると前年と同じように受付があり、招待状…

続きを読む

妻の受精現場

2019/06/07

最近、妻の裕子が綺麗になった。洋服もしぐさも以前に増して女らしく、フェロモンを出しているというか・・。妻は37才だが5才は若く見え、夫が言うのもなんだが上品で貞淑な感じの美人である。そんな妻が最近は牝の匂いを発散しているように感じ、不審に思い始めたのだ。娘も中学2年になり手が離れている今、妻はテニススクールに通っている。もし妻に男がいるとすればそのスクールの関係者ぐらいしか考えられない。そう思っていた矢先、近所に住む会社の同僚から気になる噂を聞いた。「あのテニススクールに松木っていうコーチがいるらしいんだけど、とんでもない人妻キラーなんだって。スクールの経営者が本業らしいんだけど…

続きを読む

従姉の中にドピュドピュー

2019/06/02

俺の初体験は中2のとき。相手は姉の同級生です。ゴールデンウイークの最後の日、自分の部屋のベッドで本を読んでいると姉貴が突然入ってきて、従姉の家へ遊びに行こうと誘われた。姉貴と同い年で同じ高校へ通っている従姉はすぐ近くに住んでいた。従姉の家へ行くと、従姉のほかに会ったことのないお姉さんが4人いて、姉貴が俺を連れてくるのを待っていたようだった。空いていた従姉のベッドに腰掛けるといきなり従姉と初めて会ったお姉さんに押し倒された。気がつくとあっという間にパンツ一枚にされていた。割と小柄だった俺の上にかなり大柄な従姉がのしかかると俺は身動きがとれなかった。その間に誰かが俺のパンツをスルリ…

続きを読む

2019/06/01

俺が中3の頃、実家を建て替えるとかで狭いアパートに仮住まいしたときがありました。そのアパートは親子4人で住むには狭すぎるので、2部屋借りていました。部屋の間取りはいわゆるワンルームマンションで1〜2ヶ月の辛抱だからと父母・姉俺で1部屋ずつあてがわれていました。食事は父母の部屋でしていました。俺たちの部屋には最低限の荷物しか持ち込んでいないつもりだったのですが、有効スペースは3畳程度、布団が2組ギリギリ敷ける程度でした。姉は高2、俺の中では異性の対象。そんな姉が隣で寝てるとなるとこちらはぐっすり眠れません。数日は我慢したのですが、とうとう我慢できず姉に抱きついておっぱいをもみました…

続きを読む

熟女

2019/06/01

駅のソバの賃貸でアパートを借りるお店に入りました。岩手県の盛岡市から出てきて、私立大学に入学したばかりです。実家は両親ともに共働きで、父は農協、母はコンビニで働いて仕送りをしてくれています。毎月15万円なので、学費と住居費、食費で消えてしまいます。アルバイトで、家庭教師を2軒受け持っています。女子校生で2年生が二人で、かなり有名な大学を狙っています。アパートは1DKで、6畳の和室がついて、入り口は6畳のフローリングの台所と食堂、小さなトイレ、お風呂もいまだにタイル張りなんです。でもベランダには洗濯機も置けるし、洗濯物も干せます。築34、5年なので、壁も薄くお隣さんの物事も全部聞…

続きを読む

コンパ

2019/06/01

わたしはずっと真面目で地味な女の子でした。遊びとかも知らないし、男性とお付き合いしたこともありません。もちろん処女です。ていうかキスの経験もないんです。お酒を飲んだのも大学に入って、クラブの新歓コンパが初めてだったんです。そんなわたしの秘密は、左足の太腿の付け根、内側にちいさなチョウテョの刺青があることです。親元を離れて下宿生活を始めてから、すぐに彫りました。ささやかな反抗だったんです。だって、同級生たちの話をきいてると、わたしって本当にいままで真面目なだけで、なんにもなかったから。髪もそめて、お化粧も少しだけ派手にして。服もかわいいのや色っぽいのやらを買い揃えました。家…

続きを読む