「葬式」一覧 (57件)

怖いくらい、女の子が好きな私たちです

2020/10/16

私には未婚の母と双子の姉がいます。母は18歳で二つ年下の高校生と付き合っていて、その年に私たち双子の女の子を宿し、私たちは生まれました。母はその彼と一緒になることをせず、彼(私たちの父)の前からいなくなったと、小さな時から口癖のように言っていました。若かった母は、水商売で得たお金で私たち姉妹を育ててくれました。今も思い出すのは、小さなアパートに男の人を呼んで隠れるようにして、身体を売っていました。厭らしスナックの雇われママと売春婦、そんな母でも私たちにとっては唯一の肉親です。母には両親・兄弟・姉妹が居ると聞いていますが一度も会った事はありません。だから、母は私たちにどんなことがあ…

続きを読む

三十路の母親と小学生の娘

2020/08/30

マジな話、書くけど良いかな?結構鬱になるけど今は俺は田舎でのんびり暮らしているがそのとき、10年くらい前だったけどさ・・・俺ある事情で大もうけできた。詳しくは書けないがとある地域の土地の買収に関しての調査をまかされて、そのときに知った情報で、そこに咬んでいたデベロッパーとゼネコンがさ銀行から金が借りられないからヤバい組織、まーヤーコーだな。から金を引っ張っていた。あと一件の地権者を落とせば土地がまとまり、それを大手に転売しそれを地方自治体に売れば完成って所まで来ていたんだが、その地権者が見つからなかった。生きているのは間違いないが、どこにいるのか分からないから完全お手上げ…

続きを読む

思い出

2020/08/24

美恵子と言います。今50歳代後半に入ってしまったバツ1の独身です。サイズは157、65キロ、B89、W78、H92,のおデブちゃんです。好きそうな顔らしいです。今は田舎の小学校の近くで食堂をしながら半分実家の農家を手伝っています。特に淫乱人生だったので恥ずかしくて人様の前には出せない事ばかりで気が狂いそうになる事があります。もう狂っているのかもしれません。小さい時から従姉弟同士で中学から同じ田舎の学校に通う同級生の純ちゃんという頭のいい男の子がいたんです。この子の叔母さんは田舎旅館の女将をしていて、この叔母さんから仕込まれて今の私があるんです。私が食堂を経営出来るのもこの叔母…

続きを読む

夏合宿で36人もの男に・・・

2020/06/23

先月ハタチになったばかりの大学生です。この夏の体験から最低でも3P以上の輪姦でないと感じないようになってしまいました。きっかけはラグビー部のマネージャーをしていた女友達が、そのラグビー部に所属している彼氏と喧嘩をして、夏の合宿を嫌だから代わってと言い出した事でした。そのラグビー部は監督も部員も熱心で、夏の合宿には全員参加で、田舎の、広いグラウンドをいくつも持つ廃業した保健センターを10日間合宿所に借り切って行うのが例年の伝統だとか。今年は36人の部員と監督夫婦、卒業間近の先代女性マネージャー(Aさん)と私の友達の現女性マネージャー(B子)と私の41人参加でした。しかしいざ合宿が始まっ…

続きを読む

亡主婦の思い出

2020/06/02

昔の話です。40代の頃、二つ年上の主婦と付き合っていました。可愛くは無いし、やきもち妬き。良いところは、特に無かったけど、男好きで、パイパンでした。・・・関係ないか・・・どうでも良い女だったので、友人との3Pの話を持ちかけた、いやいや言ってるのを何とか説き伏せて同意を取る。ホテルに着くまでしきりに恥ずかしい、恥ずかしいの熟女の連呼。ホテルに着いてから3人仲良く風呂に入り、その後、アダルトビデオのように前後ろ、チンコ二本舐め、二本テコキとか後忘れたけども色々とさせました。終わった後。主婦を家の近くで車から降ろしましたが、別れ際に主婦が”次はいつ、3人でしようか?”と・・・・適当に…

続きを読む

看護師にしてもらいました

2019/12/18

私36歳男独身昨年事故のため両手右足骨折で入院しました。その時の出来事です。バイクで事故をした私はとある病院に搬送されました。そこは片田舎でそれほど大きな病院ではありませんでした。先生2~3名看護師5名くらいだったと思います。入院してからのある夜私は尿意をもよおし看護師さんに尿瓶でしてもらう。36にもなって結構情けない感じでしたが仕方ありませんでした。まぁ大の方はオムツ・・・ふぅ~・・・そんな生活にも少しずつ慣れてきましたが、収まらないのが性欲。私は個室だったので彼女が来たときフェラとか手コキでたまに抜いてもらっていました。しかし彼女の親戚の葬式があったので実家に帰るとのこと…

続きを読む

交姦日記

2019/12/10

1月21日(日)娘が我が家にやってきた。今年で5才になるそうだ、今日から日記を付けることにする。あまりにかわいくて心を奪われそうだ。洋子との間に出来たこの子は、今考えるとやはり洋子が不倫していたからなのだろうか。毎日、少しずつ事情を書き記していこうと思う。1月22日(月)娘の名前は、さなえ。音から来た名前で由来も何もない。名付けたのは確か洋子の方だったと思う。さなえを今日から幼稚園に通わせることにした。単身赴任だった俺が洋子と暮らしたのは一年足らずだった。初めは経済的事情だったが、後々には会う理由もなくなっていったのが本音かもしれない。娘を引き取ることになった理由は、…

続きを読む

夏期講習上京物語

2019/11/27

東京で1人暮らしをしていたオレのところに従妹のミカがやって来た。大学受験に備えて都内の予備校でやってる短期夏期講習を受けるために田舎から上京してきたのだ。彼女の親戚で都内に住んでいるのはオレだけだったので、オレのアパートから予備校に通うことになっていた。ミカの滞在期間は2週間、オレは待ち合わせの新宿駅まで彼女を迎えに行った。数年ぶりに会う高校の制服姿のミカは驚くほど可愛くなっていた。紺のブレザーに白いブラウス、襟元にはエンジ色の大きなリボン、グリーンチェックのスカートからは紺のハイソックスが見えていた。まるで「三井のリハOス」のCMに出てくるような黒髪の細身美少女がそこにいた。「シ…

続きを読む

おかまいなしに従兄弟の子を制服レイプしたった

2019/09/26

俺は次男大1で大3の兄貴がいる。兄貴ははっきりいって邪魔な存在だ!まず、イケメン・伸長高い・頭良い方・優しいどこを探しても悪いところがない。それに比べて俺は中の中・172・頭良い・服装ダメ出しされた。兄弟比べられると本当に腹が立つ。本題に入っていくおばあが他界した。ので葬式があるから従兄弟がくる。ちさちゃん高2目当てに帰ってきた俺。ちさちゃんとにかく可愛い。少しロリ顔。セミロングで158くらい。細身なのに胸けっこうある。帰るといつもはいない兄貴がいた。マジでムカツク。夜に従兄弟到着母家と2つあるので俺母家にダッシュ。俺「あっお疲れ様です。」従兄弟「もうすぐごはんやけ…

続きを読む

妹を覗いてみる

2019/07/18

あれは小生が高2ぐらいだったと思います性欲で頭がおかしくなるぐらいの若かりし頃です性の対象は誰でもよかった。一番身近にいるのは妹でした。妹の部屋は俺の隣でベランダでつながっていてます妹の当時スペックは当時中3身長155ぐらい体重40kgぐらい胸Cぐらいはある顔まぁまぁ性格大人しいが気はつよいっていったところでしょうか今でもそうだが風呂上りはノーブラ夏になるとタックトップでもノーブラなので乳首がたまに覗けたりしちゃいます小生はなんせ性欲のかたまりみたいなもんですから妹とエッチしたいとは思わないが、裸はみてみたいその願望に負けてしまってました妹はいつもお風呂あがりはバスタオルだけまいて自分の部…

続きを読む

ラッシーと私

2019/06/21

名犬の「条件」にはいくつものヴァリエーションがあるけれど、名犬の「義務」はたった一つ。それは強靭な繁殖能力。優れた能力や美麗な容姿は、次の世代に受け継がせることで、さらに磨かれもするし、具体的な姿で現実に保存されるわけです。というわけで、名犬の名犬たる個々の資質が遺伝されない繁殖は意味がないから、その辺にブリーダーの苦労とやりがいがあるわけですね。私もそんなブリーダーの一人です。高校を出て普通の四年制の大学に入学しましたが、ちょっと嫌なことがあってやめてしまいました。その嫌なことは私にとっては降って沸いた不幸の部類で、それまで「四年制の大学はちゃんと卒業しなさい」と言っていた両親も…

続きを読む

お葬式の夜に・・・

2019/06/19

僕がスカウトされて、相撲部屋に入ったのは16歳の時でした。実家は秋田市内で、郷土料理店「秋田藩」を開いていました。両親も相撲好きで、僕は小学生のころから相撲の選手で、15歳で背も165cm近くあり体重も80キロはありました。が、その頃にはもう童貞を失っていました。うちの店で働く仲居さんが、小学校の頃から物凄く気に入られて、オモチャやお小遣いなどをよく呉れたのです。バツ一で、41歳で独身でお店の近所のアパートに住んでいました。学校から帰るとお菓子やおもちゃの誘惑に負けて、毎日オバちゃんの家に遊びに行っていました。夏休みでお昼ごろから遊びに行き、汗でビッショリの僕を見て二人で「お風呂…

続きを読む

葬儀

2019/06/17

中学2年を終えた春休み祖父の葬式に参列する為、関西から東北まで行きました。まだ新幹線も開通しておらずかなり昔です。大勢の人が集まり大人達は話が弾みなかなか寝そうになく促されて言われた部屋に入りました。若い女の子が一人向こうを向いて寝ていましたが豆灯の灯りでは顔は判りません。真冬のように寒く、布団に入っても震えが止まらずにいると「寒い?」と声が掛かりました。「うん、寒い、そっちへ行っていい?」。うんとうなづいたので彼女の布団にもぐり込みました。浴衣の寝巻の下は素肌でした。(昔の東北では素肌の方が温まると言って祖父はすっぽんぽんで寝ていました)背中に体を擦り付け乳房に腕を回している…

続きを読む

私の今朝の夢

2019/06/16

先日私の田舎で葬式があって、二日ばかり実家に帰った。葬式が終わって実家でみんなで飲んでいた。タバコでも吸おうと外に出ると、なんだか物置の裏あたりで(家は田舎なのでわりと大きい物置がある)ごとごとと物音がする。ネコでもいたかと覗いてみると、妹と従兄弟がなにやら抱き合っている。私の妹は35歳で小学校の子供が2人いる。夫は私と同い年の38歳で夫婦仲もいいと思ったが。こっそり身を隠して見ていると、ふたりはキスをしたり抱き合ったりを繰り返している。妹は喪服姿のままで、従兄弟はワイシャツに黒いズボン。妹を後ろから抱きしめ自分の大きくなったペニスをお尻の辺りに押し付けている。両手を腰にあて…

続きを読む

いなかでの葬式

2019/06/16

先日ぼくの田舎で親戚が亡くなったという事で葬儀があった。ぼくの父方の兄弟の奥さんとかでよく知らない人だった。めんどくさいと思いつつも、久しぶりに妹に会えるという事で田舎まで帰省した。ぼく(29歳独身)と妹(25歳既婚子供なし)は妹が高一のときからセックスの関係がある。関係は長く妹16歳、ぼく20歳の時からなのでもう9年である。妹が23歳で結婚してからはさすがに少なくはなったが、それでも何回かはこっそり合ってセックスした。妹が高校時代はしょっちゅうやっていて何度か親に見つかりそうなやばい時があったが、二人とも上手くごまかしながらばれずに関係を続けていた。妹はとてもスケベで(ぼくもス…

続きを読む

いなかでの葬式(続き)

2019/06/04

久しぶりに妹と会ってホテルでのセックスを書きたい。昨日妹と別れた後にぼくは直ぐにメールをして会う約束をした。妹夫婦が住む社宅から車で30分位の公園で待ち合わせをした。朝8時に待ち合わせ、妹は夫に仕事の講習会と嘘をついて出てきたそうだ。ぼくの車に乗り込みどこのホテルにしようかと聞いた。「こないだ行ったとこにしようよ、安いし空いてるし」半年くらい前に行ったホテルだ。人妻が実の兄とホテルへこれも不倫だろう。浮気の相手が兄は珍しいが。「昨日は声が出そうでもうやばかったんだからー前にうちの旦那はいるし。」「いやぁもう辛抱出来なくて、それに黒の礼服姿がまたもう。」「もう・・かんべんして…

続きを読む

私と妹

2019/06/01

嘘みたいな本当の話ですが、私と妹は私が高2(16歳)妹高1(15歳)から私が21歳、妹20歳までほとんど毎日のようにセックスしていました。妹が生理や何かで出来ない日もありましたがほとんど毎日です。計算すると年間30日しないとして336×5年間で1680回になります。その後回数が減っていきましたが、まぁ2000回はしたと思います。よく飽きずにしたものです。親に見つかりそうになったり、隣に住む引きこもりの男に見られたりしましたが(何回も)、せっせとセックスしました。そんな僕らですので高校時代はお互い恋人は作らずに兄弟でセックスばかりの毎日、しかし二人ともに大学、短大に行くようになるとし…

続きを読む

かなり天然な一家に警鐘を

2019/04/09

かなり天然な友達一家。俺が小学生の頃、その友達から盗んだゲームソフトをいつの間にか無くしたみたいと他人事。そいつの家に招かれるの俺くらいしかいないのにそいつの親達俺が夏休みの間、一週間ほど泊まっててもなにもいってこないの。親から許可もらったの俺の言葉信じてるの。ほんとは家出。バカじゃないの?そいつの妹こいつかなりバカ。俺の差し出したカルピスとチューハイと俺の精液混ざったよくわからん液体をごくごく飲んでんの。普段からなついてたから、警戒しなかったのか?こいつの親達が親戚の葬式かなんかで泊まりがけで出掛けた時にこいつ深夜のバイトが急に入って中学生の妹ひとりにする…

続きを読む

リア充になったぜと思った途端に人生変わった話

2019/03/20

リア充になったぜwwwと思って高校入学したら最悪な展開になった中学卒業も近くなり俺は好きな人に告白しようと思ったそして卒業式終了後俺は彼女に告白をした・・・結果は成功俺は最高にうれしくなり気持ちよく高校デビューするぜ!!と思ってた。しかしすぐに最悪なことが起ころうとはまだ俺は知らなかったそしておれは高校に入学した。まぁ結構な不良高校だったけどなんとかやってけるかなーと思って高校に通っていたそして高校入学三日後いつもと同じように彼女とメールをしながらウキウキ気分で通学していた何事もなく授業も終わり自宅へ帰宅しようと外に出たらいきなりの豪雨。俺は傘も持たずにダッシュで家へと帰宅…

続きを読む

無邪気な少女 番外編

2019/03/18

『お客様に最高の癒しとくつろぎの空間を』そう書かれている招待券を手に持ち、塚田は近所のスーパー銭湯にやってきた。新聞販売店に勤めている同級生に頼まれて、普段あまり読むことのない新聞を取ることにしたのだが、サービス品の中にココの入浴&食事1000円分の招待券が5枚綴りで入っていた。塚田は若い頃に俳優としての成功を夢見て上京し、舞台を中心に活動して、チョイ役だがテレビドラマにも出演した事があった。エンドロールに自分の名前が映るとテレビの前で大騒ぎし、実家の両親にも胸を張って電話で伝えた。しかし芸能の世界は甘くなく、演技としての評価以前に人間関係のいざこざに疲れ、志し半ばで俳優としての道を諦め…

続きを読む