「看護婦」一覧 (259件)

同じマンションの可愛い奥さんの意外な本性 1

2023/01/12

禿しくスレ違いかもしれませんが。漏れの住むMSに30+くらいの可愛い奥さんが居るのです。が、年上だし人妻だし、無関係と思っていました。ひと月以上前、ある画像掲示板でその奥さんのあられもない画像を見るまでは。「ンなことありえない」と思いつつ、でもどう見てもその奥さんだし・・・。以来、膨大なコレクションは無価値となり、保存した奥さんの画像で抜きまくってまつ。もう奥さんじゃないと逝けません。1度でいい、画像じゃなく、本物の奥さんとしたい。もしできたらそのまま死んでもいいかも。これって恋じゃろか?やったよ!奥さんと会話できました!みんなありがとう!!と言ってもほ…

続きを読む

妻の交通事故

2022/12/08

私、43才・妻、40才になる夫婦です…というかもう夫婦とは名乗れないかもしれません。先月のことです。仕事が終わり家に帰りました。この日は妻は残業があるから帰るのは遅くなるから夕飯は外食で済ましてほいいといった日でした。仕事帰りにファミレスでもと思ったのですが気が乗らず近所のコンビニで弁当を買って帰宅しました。時間は午後6:30を過ぎた頃でした。家に入りふとリビングの電話を見ると赤いランプが点滅し電話に留守の伝言が残っていることを知らせていました。用件を再生すると「こちらF県F北署交通課〇〇と申します。佐藤ゆりさんのけでお伝えしたいことがあります。×××?〇〇〇?□□□□に至急ご連絡く…

続きを読む

これで暖かくなったでしょ

2022/11/25

低学年までは、結構自由に遊びまくってた物だけど、中学年の終わり頃になると、もう何か塾や習い事に行かなきゃいけませんって雰囲気になってくる。とはいっても、その雰囲気に一番敏感なのは母親っていうのに相場は決まっていて、本人の意思とは無関係に勝手に決めてきてしまい、果ては家計を圧迫するだのなんだの好き勝手言い始めて、家庭内がぎくしゃくしたりもするもんだ。それまで、友達と全力で遊んでいた立場としては、たった週二日とはいえ、大事な時間を無駄に消費しているような気がして、正直かなり不機嫌だ。かといって嫌な事ばかりかといえばそんな事は無く、それなりに新しい楽しみも見出していた。”塾での居…

続きを読む

忘れられない入浴介助

2022/11/23

19才のとき。運悪く両手を骨折してしまい入院することに。両手の骨折だったが、若くて回復も早いし、短期間の入院だった。その間、3人くらいの看護婦の人にいろいろな世話をしてもらっていた。世話をしてもらうと言っても、よくAVなどであるような展開はない。羞恥心への配慮はあるし、看護婦さんたちも暇ではないので、短時間で世話をすませる。その3人の看護婦さんの中で、20代後半くらいのわりと綺麗な芝崎さんという看護婦の方と、なんとなく波長が合い、すごく仲良く世間話などをする間柄になった。とても清潔感がありスタイルのよい方で、テキパキと作業を手際よく進めるタイプの看護婦さん。ある日、芝崎さんに…

続きを読む

昔の出会い系であったオイシイ話

2022/11/08

今出会い系と聞けばおそらくほとんどの人がサクラなどの詐欺的なことを想像するでしょうが、一昔前のまだ年齢制限など無かった頃は業者などが入り込む隙間も無いくらい多くの人が利用し、また実際に出会えていました。スタビ、フリーペ、エキサイト、Mコミュ…今思えばまさに出会い系の黄金時代と言っても過言では無かったでしょう。いつからか暗く、陰湿なイメージが強くなった出会い系ではありますが、昔はそれなりに可愛い子が普通に出会いを求めて使うといったことも多々ありました。高校生でも普通に使えましたしね。そういうことで今日は皆さんに数年前実際に私が体験した出会い系でのオイシイ話の中から一つ抜粋しようと思いま…

続きを読む

尿管結石の治療2

2022/11/06

実は、2回目がありました。1回では完全に砕けないこともあると聞いてはいましたが、まさか自分がそうなるとは…この分では、3回目…なんていうことにも、なりかねません。破砕をやった1週間後、まずは検査。さっき撮ったレントゲン画像を見ながら「うーん、大きさは最初の半分ぐらいですけど、ココに残ってますね。もう1回やっときましょう。」エラく簡単に言ってくれるな、医者。ま、2回目以降は無料らしいから、いいようなモンだけど。要領もわかってるんで、サッサと破砕室に行く。看護婦さんは前とは違う人で、歳はもう少し上、俺と同じぐらいか。スラリとした、気さくで上品なおばさんと…

続きを読む

尿管結石の治療1

2022/11/06

最初に断っておくが、あんまりエロくもないし、萌えどころもない。尿管結石の治療で、体外衝撃波砕石術ってのをを受けた。保健的には一応手術の扱いだが、別に麻酔をして腹を切るわけじゃない。超音波エコーのデカいヤツみたいなのをお腹にあてて、小一時間、パチパチ…と衝撃波をあてると、腹中の結石が砕けるというシカケらしい。なんでも、潜水艦攻撃用の兵器として研究したが、そっちは失敗におわり、医療機器として実用化されたとのこと。平和利用の典型みたいな話だが、潜水艦→結石とはまた随分と縮小したものだ。まずレントゲンで結石の位置を確認してから、破砕室に入る。泌尿器科外来の部屋とは違…

続きを読む

スッチー事情

2022/11/02

セフレ(セックスフレンドの略です。昔は妾であったり、2号という呼び方が多かったですね。まぁ妾と言われたのは戦前のまだ妾を持つことが法律で認められていた時代のことですけどね。戦前は貧富の差が激しかったですから、お金持ちの妾になれることはやはり嬉しいことでした。例えば「備中聖人」と言われた山田方谷にも愛人がいたようですね。おじいさんになってから、若い女の子の世話をしていたようです。山田方谷と言えば、大前研一が大尊敬するという河合継之助の師匠ですね。方谷は管仲か諸葛孔明みたいな人です。佐藤一斉の教える昌平黌の塾頭を務め、佐久間象山といつも議論していたようです。象山は方谷に一度も議論で勝てなかったよう…

続きを読む

乳癌検診がエロかった

2022/10/31

嫁(32)が乳癌検診を受けた…というか、受けさせた。結果はもちろんシロだったんだが、この検診がエロかった。嫁は、ものすごく怖がりで、一人では何もできない人なので、俺も診察室に一緒に入った。普通なら入れてもらえるわけがないのだが、視診、触診のやり方を教えてほしいと頼んだところ、それは早期発見のためにも望ましいということで、許可が出た。診察室に入り、最初に乳癌についての説明のあと、問診があった。痛みや引きつるような感覚、その他、違和感はないか等、嫁自身に一通りの質問をした後、触った時にシコリがないかという話になった。これ、嫁だけじゃなくて、俺にも聞いている。「ご主人…

続きを読む

背が高くて

2022/10/20

背が高くて目立つせいか中学2年の頃から同性に告白されるようになりました。最初はバスケ部の後輩、3年のレギュラーに代わって2年の私が1年を面倒見る事が多かったからかもしれません自分で言うのも可笑しいですが、顔はソニンちゃんに似てるってよく言われます。あだ名もそのままずばりソニンです。最初は意識していませんでした。というか当時の私は部活が楽しすぎて、そういう恋愛沙汰にまったく興味が無く周りが男の子と話をしてるときも、天気予報を聞いてるような気持ちで聞き流していました。勿論告白されても適当に断っていました。相手もそんな真剣にってわけでもなかったと思います。ありがちな恋に恋する…

続きを読む

看護士との体験談

2022/09/06

先日、反目の組との抗争で負傷し、入院した時の話です。その日の夜は悔しさでなかなか寝つけられませんでした。精神は昂ぶっているような状態で、うとうとしていたらギンギンに勃起していました。その状態を、1時間ごとの巡回の看護婦さんにしっかりと見られてしまいました。人の気配で気が付いて、薄目を開けて見ていたら、その看護婦さんがしばらく私のアレを見つめていて、硬さと大きさを手で確かめるように、軽く触れてきました。チャンスと思って、思わず看護婦さんの手を握ってしまいました。一瞬気まずい空気が流れて彼女が取り繕うように「起こしちゃった、ごめんね」と言ったので、私は「看護婦さ…

続きを読む

最高の彼女、但しセックスに限る

2022/08/30

俺が23歳の時のこと。社会人になって始めて彼女が出来た。彼女の名はアキ(仮名)アキは顔こそ十人並みだがスタイルは抜群だった。そして付き合い始めると俺はアキの体に溺れた。発想は単純だった。「同棲すれば毎日セックス出来る」アキに同棲を持ちかけると彼女は喜び、すぐに同棲生活が始まった。最初のうちは順調そのものだった。当時の俺は、出社7:30・退社22:00、休みは1ヶ月に2日という少しブラック系企業に勤めていた。毎日毎日帰りは遅いし休みも少ない。そんな生活でも毎日のようにセックスをしていた。俺は帰宅すると簡単に食事を済ませ風呂に入って布団に入る。アキは攻め好きだった…

続きを読む

看護婦妻

2022/08/27

先に投稿された人で奥さんが看護婦をしていて患者との出来事を聞かされて興奮したとの記述を読み、散々迷いましたが、私も書くことにしました。数年前のことですが、実は私の妻も看護婦でまだ結婚前の付き合っているころからエッチな患者がいる等々、聞かされているうちに、いろいろなイメージを膨らませ、だんだんと本当にエッチに協力するよう指示するようになってしまいました。そこは個人の整形外科病院のため看護婦は少なく特に夜勤のときは一人だけとなるためよほどのことがないかぎりほぼ何をやっても問題はないとの事だっだため、まず手始めは、患者の体を拭くときにベッドに肩ひざをつきパンチラ等で挑発することからはじめタッ…

続きを読む

今日はいい思い出作りしてあげる

2022/08/26

去年足を骨折して一ヵ月ほど入院したときの話しです。担当の看護婦さんにしてもらいました。 気さくな看護婦さんで、話しも合い、すぐに仲良くなったんですが、ある時検診してもらうときにふざけた感じでお尻をさわってみたところ「もう、だめですよ?」「じっとしててください」という感じで怒るそぶりもなかったんです。それで、「これはいけるかも」と思い、その後はもっとエスカレートしておっぱいさわったり、太ももを触ったりしてたんですすが、「まあ、触るくらいなら」みたいな感じでやたらオープンで、触らせてくれ放題。俺は毎日それをネタに寝る前にずりってたというわけ。…

続きを読む

巨乳がポロリ

2022/08/20

僕は京都のある予備校に通っている浪人生です。昨日、浪人生全体の身体検査がありました。浪人生は2年目を過ぎるとなぜか身体計測の項目が増えます。通常の内科検診に加えて胸のレントゲン、心電図、胸囲および腹囲の測定などなどです。項目が増えて嫌というのに加えて他の人は予備校でやってもらえるのに、2浪以降の人たちは自分で検診を受けに行かなければなりませんでした。ぼくはクラスの2浪の友達2人(あつしとかなこ)と一緒に近くの開業医のところに受けに行きました。医者に言って受付をすますと看護婦さんに、「順番にお呼びするんで待合室でまっててください」といわれた。待合室は空いていて僕た…

続きを読む

バイト最終日に2人組の女の子ゲット!

2022/08/16

これは去年の話。知り合いの友達がいて居酒屋でバイトしてたんだけどその日が最終日だったんだ。それでおれとそいつで飲もうって話は前からしてたんだ。当日友達から電話が来たんだけどその時に「カウンターで飲んでた女の子2人組ゲットしたぜ!!」って連絡きたからおれはテンションウハウハで店に向かったんだよ。そんで着いたらスレンダー系のかわいい子(栄子)と巨乳系の子(麻美)がいたんだ。電話で看護婦ってこと聞かされてたからおれは会って早々「ナース服持ってきて」と言っちゃったんだ。でもそれでガン引きされることも無くおれらは楽しく飲みおれ→麻美、友達→栄子って感じになった…

続きを読む

産婦人科で・・・もうイッテもいいかも

2022/08/07

妻は当時20代の半ばで、私の仲間内でもとても評判のきれいな女です。タレントで言うと上原多香子をおとなしく?したような感じです。当時子どもが欲しいと思っていた私たちは、妻のひどい生理不順に悩んでいました。そこで、市内でも有名な産婦人科への通院を私が勧めました。最初の診察は私も付き添いました。妻は産婦人科への通院は初めてということで、かなり恥ずかしがっていましたが、「相手はプロなんだからなにも気にすることはないだろう。」と私がなだめていました。診察が始まりしばらくして待合室へと帰ってきた妻の顔は、本当に真っ赤になっていました。何か様子が変な感じでしたが、かなり恥ずかしかったのだ…

続きを読む

大切な患者さん

2022/04/22

個人病院に勤める看護婦です。私の大切な患者さんについてお話します。彼は14歳、生まれつき右足が不自由なうえに、交通事故でその足を骨折してうちの病院に運ばれてきました。外来で時々きていたので、全く知らない訳ではありませんでした。入院してからしばらくして、傷口の治療のため1階の診察室へ運ぶことになりました。個人病院ですから看護婦も3人しかいないので、彼を運ぶのに2人とはいかなくて、おんぶして連れて行こうと思い立ちました。障害があるせいか身長も普通の14歳よりは小さく145cmほどしかないので大丈夫だと思ったのです。治療が終わり病室へ戻るときも当然おんぶでした。病室へ…

続きを読む

小学校の身体検査、女子保健委員

2022/04/13

小学校の身体検査、女子保健委員小学校で男女ともパンツ一枚の身体検査の話はよく聞きます。知り合いの教師(女性、以後「彼女」と呼称します)によれば、パンツ一枚の児童の身体測定に先生が立ち会うことは、いじめや虐待、家庭内暴力の早期発見につながる重要なことだというのです。高学年の女子や保護者に最初は抵抗があっても目的や意義を説明すると納得してくれたそうです。女子低学年への性器検査は性的暴行の有無を調べるのが主たる目的(あるいは半陰陽の検査も?)とのことでしたが、さすがにこれはやり過ぎだと語っていました。実際に行われたのは事実のようですが、極めて稀なケースとのこと。時代や地域、…

続きを読む

パートの人妻1

2022/04/10

初めまして、私は、某県の工場でコンビニに出している惣菜工場の工場長をしています。今から話す事は、10年前から働きに来ている、久美子と言う人妻が、性処理玩具に堕ちた話です。まず、久美子の事から話します。彼女は、私の工場がある場所の隣の市に住んでいます。彼女の家は、その市の土地成金で、言って見れば、金持ちです。久美子は、看護婦をしている時に、知り合った今の旦那と23歳の時に結婚し、現在は、2人の子供の母親をしています。さて、出会いからですが、今から10年前、当時、私は、まだ工場長では無く、課長を務めていた時に、求人広告を見て働かせて欲しいと電話をして来た、久美子が面接に来ました。当時…

続きを読む