「看護婦」一覧 (249件)

看護士との体験談

2022/09/06

先日、反目の組との抗争で負傷し、入院した時の話です。その日の夜は悔しさでなかなか寝つけられませんでした。精神は昂ぶっているような状態で、うとうとしていたらギンギンに勃起していました。その状態を、1時間ごとの巡回の看護婦さんにしっかりと見られてしまいました。人の気配で気が付いて、薄目を開けて見ていたら、その看護婦さんがしばらく私のアレを見つめていて、硬さと大きさを手で確かめるように、軽く触れてきました。チャンスと思って、思わず看護婦さんの手を握ってしまいました。一瞬気まずい空気が流れて彼女が取り繕うように「起こしちゃった、ごめんね」と言ったので、私は「看護婦さ…

続きを読む

最高の彼女、但しセックスに限る

2022/08/30

俺が23歳の時のこと。社会人になって始めて彼女が出来た。彼女の名はアキ(仮名)アキは顔こそ十人並みだがスタイルは抜群だった。そして付き合い始めると俺はアキの体に溺れた。発想は単純だった。「同棲すれば毎日セックス出来る」アキに同棲を持ちかけると彼女は喜び、すぐに同棲生活が始まった。最初のうちは順調そのものだった。当時の俺は、出社7:30・退社22:00、休みは1ヶ月に2日という少しブラック系企業に勤めていた。毎日毎日帰りは遅いし休みも少ない。そんな生活でも毎日のようにセックスをしていた。俺は帰宅すると簡単に食事を済ませ風呂に入って布団に入る。アキは攻め好きだった…

続きを読む

看護婦妻

2022/08/27

先に投稿された人で奥さんが看護婦をしていて患者との出来事を聞かされて興奮したとの記述を読み、散々迷いましたが、私も書くことにしました。数年前のことですが、実は私の妻も看護婦でまだ結婚前の付き合っているころからエッチな患者がいる等々、聞かされているうちに、いろいろなイメージを膨らませ、だんだんと本当にエッチに協力するよう指示するようになってしまいました。そこは個人の整形外科病院のため看護婦は少なく特に夜勤のときは一人だけとなるためよほどのことがないかぎりほぼ何をやっても問題はないとの事だっだため、まず手始めは、患者の体を拭くときにベッドに肩ひざをつきパンチラ等で挑発することからはじめタッ…

続きを読む

今日はいい思い出作りしてあげる

2022/08/26

去年足を骨折して一ヵ月ほど入院したときの話しです。担当の看護婦さんにしてもらいました。 気さくな看護婦さんで、話しも合い、すぐに仲良くなったんですが、ある時検診してもらうときにふざけた感じでお尻をさわってみたところ「もう、だめですよ?」「じっとしててください」という感じで怒るそぶりもなかったんです。それで、「これはいけるかも」と思い、その後はもっとエスカレートしておっぱいさわったり、太ももを触ったりしてたんですすが、「まあ、触るくらいなら」みたいな感じでやたらオープンで、触らせてくれ放題。俺は毎日それをネタに寝る前にずりってたというわけ。…

続きを読む

巨乳がポロリ

2022/08/20

僕は京都のある予備校に通っている浪人生です。昨日、浪人生全体の身体検査がありました。浪人生は2年目を過ぎるとなぜか身体計測の項目が増えます。通常の内科検診に加えて胸のレントゲン、心電図、胸囲および腹囲の測定などなどです。項目が増えて嫌というのに加えて他の人は予備校でやってもらえるのに、2浪以降の人たちは自分で検診を受けに行かなければなりませんでした。ぼくはクラスの2浪の友達2人(あつしとかなこ)と一緒に近くの開業医のところに受けに行きました。医者に言って受付をすますと看護婦さんに、「順番にお呼びするんで待合室でまっててください」といわれた。待合室は空いていて僕た…

続きを読む

バイト最終日に2人組の女の子ゲット!

2022/08/16

これは去年の話。知り合いの友達がいて居酒屋でバイトしてたんだけどその日が最終日だったんだ。それでおれとそいつで飲もうって話は前からしてたんだ。当日友達から電話が来たんだけどその時に「カウンターで飲んでた女の子2人組ゲットしたぜ!!」って連絡きたからおれはテンションウハウハで店に向かったんだよ。そんで着いたらスレンダー系のかわいい子(栄子)と巨乳系の子(麻美)がいたんだ。電話で看護婦ってこと聞かされてたからおれは会って早々「ナース服持ってきて」と言っちゃったんだ。でもそれでガン引きされることも無くおれらは楽しく飲みおれ→麻美、友達→栄子って感じになった…

続きを読む

産婦人科で・・・もうイッテもいいかも

2022/08/07

妻は当時20代の半ばで、私の仲間内でもとても評判のきれいな女です。タレントで言うと上原多香子をおとなしく?したような感じです。当時子どもが欲しいと思っていた私たちは、妻のひどい生理不順に悩んでいました。そこで、市内でも有名な産婦人科への通院を私が勧めました。最初の診察は私も付き添いました。妻は産婦人科への通院は初めてということで、かなり恥ずかしがっていましたが、「相手はプロなんだからなにも気にすることはないだろう。」と私がなだめていました。診察が始まりしばらくして待合室へと帰ってきた妻の顔は、本当に真っ赤になっていました。何か様子が変な感じでしたが、かなり恥ずかしかったのだ…

続きを読む

大切な患者さん

2022/04/22

個人病院に勤める看護婦です。私の大切な患者さんについてお話します。彼は14歳、生まれつき右足が不自由なうえに、交通事故でその足を骨折してうちの病院に運ばれてきました。外来で時々きていたので、全く知らない訳ではありませんでした。入院してからしばらくして、傷口の治療のため1階の診察室へ運ぶことになりました。個人病院ですから看護婦も3人しかいないので、彼を運ぶのに2人とはいかなくて、おんぶして連れて行こうと思い立ちました。障害があるせいか身長も普通の14歳よりは小さく145cmほどしかないので大丈夫だと思ったのです。治療が終わり病室へ戻るときも当然おんぶでした。病室へ…

続きを読む

小学校の身体検査、女子保健委員

2022/04/13

小学校の身体検査、女子保健委員小学校で男女ともパンツ一枚の身体検査の話はよく聞きます。知り合いの教師(女性、以後「彼女」と呼称します)によれば、パンツ一枚の児童の身体測定に先生が立ち会うことは、いじめや虐待、家庭内暴力の早期発見につながる重要なことだというのです。高学年の女子や保護者に最初は抵抗があっても目的や意義を説明すると納得してくれたそうです。女子低学年への性器検査は性的暴行の有無を調べるのが主たる目的(あるいは半陰陽の検査も?)とのことでしたが、さすがにこれはやり過ぎだと語っていました。実際に行われたのは事実のようですが、極めて稀なケースとのこと。時代や地域、…

続きを読む

パートの人妻1

2022/04/10

初めまして、私は、某県の工場でコンビニに出している惣菜工場の工場長をしています。今から話す事は、10年前から働きに来ている、久美子と言う人妻が、性処理玩具に堕ちた話です。まず、久美子の事から話します。彼女は、私の工場がある場所の隣の市に住んでいます。彼女の家は、その市の土地成金で、言って見れば、金持ちです。久美子は、看護婦をしている時に、知り合った今の旦那と23歳の時に結婚し、現在は、2人の子供の母親をしています。さて、出会いからですが、今から10年前、当時、私は、まだ工場長では無く、課長を務めていた時に、求人広告を見て働かせて欲しいと電話をして来た、久美子が面接に来ました。当時…

続きを読む

産婦人科の元カノ同窓生に無理矢理中出し

2022/03/18

だいぶ前に中学校の同窓会があった時の体験談を話したいと思います。久しぶりに中学の同窓会と言う事で、私もワクワクしながら会場に向かいました。なぜなら同じクラスの中にも3人程元カノがいたので、何か面白い事があるかもしれないと思っていました。会場の居酒屋に到着すると半分ぐらいは集まっていました。私は幹事に出席者を聞くと、元カノの3人の内一人しか来ない事が分かりました。しかもその一人は、元カノと言っても中一の時に付合っただけなのでキスしかしていません。せっかくだからその続きでもしてやろうと的を搾りました。元カノの名前は「夏美」で顔は少し「長澤ま○み」に似ていて、童顔…

続きを読む

実験台

2022/02/25

入院してました。4日間です。とても暇なので(内臓系の検査の為体調はいたって好調)チンポはびんびんです。病室で検査の為チューブをつけられて動けず確認に看護婦が来る時間になるとチンポをしごいてびんびんにしておきます(いく寸前にしておきます)。腎臓のためチンポのすぐ上です。下半身にかけてある布を取るとびんびんチンポがぴくぴくいっています。看護婦は顔を真っ赤にしてチューブを調整しています。「すいません」と言うと、「生理現象ですから」と言ってゆるしてくれます。初日5回程それをやっていたら見習の準看からベテランの30中盤の正看護婦に変わりました。2日目もそれをしていたら2回目はチュ…

続きを読む

エロ写メと輪姦話

2022/02/09

俺はあんまり関わってないんであんまりこう、興奮するような描写はないんだがもう数年前のマジ話。高校2年の時だったんだが、俺らの学年でエロ写メが出回った事があった。場所は車の中みたいで座っている女の子の両足が思いっきり広げられて所謂M字開脚させられてる感じの写メ。画面の両脇から違う男と思われる手が女の子の両足を押さえてる感じ。スカートは履いててパンツは穿いていなかったからモロ見え。毛は薄かった。女の子の口の上から途切れてたから顔はわからないけどスレンダーで結構可愛い感じ。エロ写メ程度はまあインターネットで色々見れるわけだし、学校じゃそういうのも流行ってたが、その…

続きを読む

看護婦を院内でハメ倒す

2022/01/31

入院中に看護婦(あえて看護士とは呼ばない)に性処理をしてもらうのは全ての漢(おとこ)の夢だろう。ベッドに横たわりながら、フェラで抜いてもらったり、騎乗位でイカせてもらうような妄想を誰もが抱くはずだ。実際、脚の骨折などで動けなくともチンポはビンビンな若者が、男日照りのナースと入院中だけデキるという話はよく聞く。オレも、入院中ではないが、それに近いことを敢行したことはあった。オレは都内の大学に通っていたので東京近郊に一人暮らしをしていた。そして夏休みや年末年始に時々帰省するという、ごく普通の大学生活を送っていた。それは大学2年の冬休みに実家に帰った時の話だ。家に帰った途端、オレ…

続きを読む

看護婦の中に中学校のときの同級生Yがいた

2022/01/18

膝の手術で入院したときの事。看護婦の中に中学校のときの同級生Yがいた。しかも元カノ。元カノといってもキスもしたこともない付き合いで、別々の高校入って自然消滅した以来だった。手術当日、腰椎麻酔のための浣腸をする看護婦がYだった。俺「なんでお前が担当なんだよ!」Y「知らないよ?、私だってやりにくいんだから?」などと言いながら仕方なく2人でトイレに。事務的に淡々と浣腸の準備をするY。Y「下脱いで待ってて下さ?い」俺は点滴をしていない方の片手で病衣を下ろす。若干変な興奮を覚え半勃起になってくるのがわかる。Yが浣腸をもって近づいてくる。片手で点…

続きを読む

巨根の友人1

2021/12/30

大学一年の頃、ボロボロの学生寮の隣の部屋にTという奴がいた。四国の山奥から出てきた、身長185センチ体重85キロ、村の相撲大会で無敵を誇った男だったが、中学から一番近くの町にある全寮制の男子校に放り込まれ、親族以外の女性と話すと顔が真っ赤になってしまうかわいい奴でもあった。そんなTがある日、BMWに吹っ飛ばされて右手と右足骨折の大けがをした。運転していたのはお金持ちのおばさんで、後で状況を聞いたらTじゃなきゃ死んでたんじゃね?という感じだった。おばさんはもう半泣きで、連絡を受けて上京してきたTの両親に、ご主人と2人でもう土下座して謝っていた。「こいつは末っ子だし男ももうぎ…

続きを読む

後輩の嫁に・・・

2021/12/12

もう、数年前のことですが・・・ある年の冬、俺はスノーボードをしていて、大怪我をしてしまった。腰と片脚の付け根と右肩を怪我してしまい、とても帰れる状態でなかったため、スキー場近く(といっても遠いが)の市民病院での入院を余儀なくされた。いたって健康だった俺は始めての入院。しかも寝たきりで動けない。勝手がわからない俺にベテラン看護婦さんが小便、大便の仕方を教えてくれた。小便は「尿瓶」、大便は「差込便器」というものを看護婦さんに股の間に入れてもらってその中にするとのこと。そして恥ずかしいことに、その尿瓶の口にち○ぽを差し込むのだが、怪我してない左手を使おうとしても腰と背中に激痛が走…

続きを読む

カラオケBOXで

2021/12/06

看護学生だった頃友達(2回だけHしちゃったが…)だった女に町でばったり会った。お互い時間もあったので、飯しながら話しをした。今はこの町の産婦人科に勤務しているらしい。彼女には結婚を内緒にし、病院内でいい子いないか聞いてみたら、自分も彼氏いないからコンパにということに。後日俺のツレと看護婦3vs3の合コンが。場も盛り上がり2次会へ。お決まりのカラオケBoX。ツレの一人は都合で帰り、元友の女ともう一人が途中二人でどこかへ。俺とナース二人、オールで延長となった。歌にも飽きて飲みながら色んな話を聞いた。病院が産婦人科だけに、病院にくる男は幸せ一杯の妻子もちばかりで、浮いた話にならないこと…

続きを読む

巨乳の友達

2021/12/02

僕は京都のある予備校に通っている浪人生です。昨日、浪人生全体の身体検査がありました。浪人生は2年目を過ぎるとなぜか身体計測の項目が増えます。通常の内科検診に加えて胸のレントゲン、心電図、胸囲および腹囲の測定などなどです。項目が増えて嫌というのに加えて他の人は予備校でやってもらえるのに、2浪以降の人たちは自分で検診を受けに行かなければなりませんでした。ぼくはクラスの2浪の友達2人(あつしとかなこ)と一緒に近くの開業医のところに受けに行きました。医者に言って受付をすますと看護婦さんに、「順番にお呼びするんで待合室でまっててください」といわれた。待合室は空…

続きを読む

本物の人妻の艶気

2021/11/26

俺も大学1年の時に隣の奥さん(38歳2児の母親)とエッチしたよ。ちょうど夏休みで帰省していた時だったけどね。その日は、中学時代からの悪友3人でナンパを兼ねて街に飲みに行ったのだけど、まったく成果がなくて、ダチもう1人呼んで麻雀にでも切り替えようと話していたら不意に後ろから「○○○ちゃん」って声を掛けられたのが、関係の始まりだった。振り向くと、そこにはお隣の奥さんが。俺も反射的に「おばちゃん」と間抜けな顔して答えてしまった。(お隣の奥さんのことは、俺はガキの頃から「おばちゃん」と呼んでいた)実は正直言って、簡単な会釈・会話はしても話し込むのは、その日が始めてだった。しかし厨房…

続きを読む