「浴衣」一覧 (579件)

爆乳先輩

2019/10/23

高卒後…初めての就職先での出来事。俺は某印刷会社に無事就職した。(当時19歳)そこには社内では噂の巨乳女子社員がいた。総務課の敦子さん(当時24歳)何しろ物凄い爆乳で伊藤沙織(北陽)似でぽっちゃりした感じ俺は工場の人間で部署も違うのであまり彼女との面識も少なかった。たまに給料明細や書類関係を届けてくれる程度で軽く話す(用件だけ)くらいだった。その度に制服の上からでもハチ切れんばかりの胸元に俺も釘付けだった。正直…顔はタイプではなかったし特別可愛くもなかったけど次第に俺は彼女の爆乳が気になって、気になって頭から離れなくなり次第に虜になっていた。彼女と接した日は必ずと言っていい…

続きを読む

楓も俺もパイパンになってしまった。

2019/10/23

歌舞伎町の上海クラブの美人ホステス、楓。その楓のマンコと体中の産毛を剃ってツルツルのパイパンにしてしまった俺。でもその楓が、「あんたの毛も剃ってよ。」仕方なく楓が髭剃りでもって、俺のチンポの周りの毛を綺麗に剃ってしまった。俺は「男パイパン」になってしまった。お互いにツルツル、スベスベした肌を重ねあい、挿入し込む、艶かしさを楽しんでるのはいいのだけど。困った事がある。健康ランド、温泉の大風呂、銭湯、サウナ風呂などの人目に付く浴場には恥ずかしくて入れない。この連休、楓と伊豆下田温泉に行ったのは良いけど、部屋に露天風呂が付いた高級な部屋でなければ。部屋では楓とスッポンポンになって露…

続きを読む

私たち夫婦のNTR体験

2019/10/21

皆さんのようにうまく書けるかどうか心配していますが、私は自分のことをNTRだと、最初から思っていた訳ではありません。妻とは結婚して5年になります。あ、私は34歳、妻の由紀は28歳です。妻と私とは会社で知り合いました。職場結婚です。会社は通信関係の大手です。私は技術職、妻は事務職でした。子供はいません。ほしいのですが、コウノトリの機嫌を取り損ねたのか、まだできません。最近は夫婦生活もめっきり減っていて、この前はいつだっけ、という感じです。熟睡タイプの私は布団にはいるとすぐ眠ってしまうのでした。妻が欲求不満気味なのは気がついてはいたのですが、私が妻の魅力に「慣れてしまった」と…

続きを読む

結婚30年目を迎える54歳の主婦です。

2019/10/20

趣味で知り合った男性(58歳)と紅葉刈りを兼ねて温泉旅行に行きました。モチロン家族には嘘をついていくしかありません。見知らぬ土地でもあり顔見知りの人がいない安心感から主人と恋愛時代に何度かして以来、腕を組んでまるで夫婦気取りでアチコチを歩き廻りました。夕方も夫婦を装って予約したホテルの温泉で汗を流しました。お部屋には豪華な舟盛のご馳走に舌ツツミを打ちながら飲みなれない地酒もおいしく戴きました。本当の夫婦のように・・。彼から部屋のお風呂に一緒に入らないか?とお誘いの言葉。私温泉をいただいたから・・・と何度も断ったのですが、彼はムキになるほどに是非一緒に入りたいとのこと。凄く恥かし…

続きを読む

清楚な妻とマッサージ師

2019/10/17

はじめまして。私45歳、妻42歳。今年で結婚生活6年目となります。子供はおらず、夫婦二人でマンションに暮らしております。妻は絢子と言います。容姿は人並みですが、笑顔が可愛らしく、また性格が明るくて周囲への気配りにも長けているので、婚前はそれなりに男性にモテました。性に関しては至ってノーマルですが、決して奥手な方ではなく、結婚当初は週に2~3回励んだものです。ただ、最近は多くの御夫婦と同様にマンネリ気味で、夜の生活もかなり減っていました。自分の寝取られ願望に気付いたのはある洋画を見たのがきっかけでした。決して仲の良くない夫婦が旅行中に犯罪者に拘束され、奥さんが縛られた夫の目の前…

続きを読む

夫には言えないママ友旅行

2019/10/17

今から、2年前の話になります。子育ても一段落した頃、ママ友から旅行の誘いがありました。勿論、主人に許可を貰おうと話したら「良いじゃないか、行って来いよ」と一発OKでした。私40歳、友人:由美子43歳/純子44歳旅行の打ち合わせを行い、1泊で温泉に行く事に…。そんな中、由美子さんが「下着は勝負物よね!」と言い出し、私は思わず「何で!!!」と聞きました。「女だけの旅行よ!いい男居るかも知れないじゃない!ねぇ」「そうそう!こんな時じゃないと普段のストレスは発散されないし?」「私は服装も若く行くわよ」「何!ミニスカ?」「そうよ!この間買っちゃった!」そんな感じで盛り上がり、私も久々…

続きを読む

温泉で妻を見られる

2019/10/17

正月に伊豆のKという温泉地に妻と旅行に行ってきました。渋滞を避けて夜明け前に出発したのですが、思ったより道は空いていて、ずいぶん早く旅館に着いてしまいました。チェックインにはまだまだの時間でしたが、長時間の運転で疲れていたので念のためにフロントに聞いてみると「OK」とのこと。喜んだ私たちは、さっそく温泉に入ることにしました。ここの旅館には大小さまざまな露天風呂があり、地下には混浴風呂もあるとガイドブックに書かれていました。私としては、妻と2人で広い露天風呂にゆっくりと浸かってみたかったのですが、妻は混浴はどうしてもイヤだと言います。まあ、私としても他の男には妻の裸を見られたくはないし、ひ…

続きを読む

アイクリームの激しさ

2019/10/13

更年期に入りセックスにも萌えなくなっていた妻。そんな時、週刊誌の広告「アイクリーム」を試してみようと思った。女の五十二歳はまだ成熟した女の躰だった。新しい刺激を開発する事によって、珍しく妻は萌え、妻とは充実した夫婦生活が続いた。アイクリーム購入二月下旬、暖かい早春の陽を浴びた土曜日の午後、週刊誌で見たアイクリームを手に入れようと、勇気を出して薬局に立ち寄った。その効用について店主に聞くと「女でないので判りません…」と呆気ない返事だった。返事にしようがなかったのだ。それは小さなチューブ入りのクリーム状の粘液だった。夏休み(1回目)アイクリームを手に入れて半年が過ぎていた。七月が…

続きを読む

義母は恋人

2019/10/12

俺達夫婦に、間もなく初めての子供が生まれるという時の事。2~3日前から妻の母も来てくれて出産の準備を済ませた。予定日に診察を受けに行くと、そのまま入院という事になった。夕食も風呂も済ませテレビを見てると、風呂から上がった義母が「今夜は、前祝いの 【 カンパイ 】 しよっか」今度生まれる子が義母にとっては初孫で、楽しみが大きい様だ。普段も明るい義母が、酒と初孫の嬉しさで大いに話しが弾んだ。浴衣姿の義母のお酌で飲む酒は格別に美味い。妻と結婚を前提に付き合い始めた頃からの憧れのお義母さんだ。義母が 「ネェ そろそろ休む? ◇さん 一人で寝れる?」「悪い事しなければ・・・ 今夜はここで…

続きを読む

真夏の夜

2019/10/10

暑い一日だった。それでも午後十時ともなると、田んぼに囲まれた田舎の家は、涼しい風が窓から部屋に舞い込んでくる。寝室は、街灯で薄明かりとなっている。その薄明かりの中に熟した女の色艶い三十八歳の肢体が浮ぶ。薄く透けて見える夏の浴衣姿で横たわる妻の寝姿に、僕の欲情が芽生えた。「ねぇ、したい…!」「またぁ…?、今夜はおとなしく寝たら…」「でも、おさまらないよ…」「………」さりげなく妻の躯により添うと、妻は抵抗もなくじっとしている。今夜も受け入れる用意が出来ているようだ。僕は、妻の浴衣の裾を拡げ、太腿を擦りながら、パンティの上から膨らみの丘を愛撫し続けた。妻は次第に腰を慎ましやかに…

続きを読む

神社の境内で。

2019/10/09

夏の盆踊りのお祭りの事。浴衣を着た男女。俺の彼女の紗羅も、浴衣姿で手を振って踊ってる。今日は一段と綺麗に見える。もう付き合って2年目の夏。盆踊りが終わって皆で屋台で乾杯。盛り上がる。俺と紗羅も随分とお酒が入った。近くに神社があった。樹木に囲まれた神社の境内を紗羅と手を繋いで歩いた。そして木立の暗闇で紗羅を抱き寄せてキスをした。酔いのせいか紗羅に抵抗はなかった。木立に隠れた格好の芝生があった。抱き合ったまま芝生にお互い倒れた。そして抱擁とペッテングを繰り返した。浴衣の襟から手を入れて紗羅の乳房を撫でまわした。紗羅はブラジャーをしてなかった。浴衣の下はパンテイ―だけだった。浴衣…

続きを読む

夏休みの思いで

2019/10/08

恒例の家族旅行は今年は親父の急用のため、母と俺と妹の3人で海に行く事になった。海に着くなり、仲の良い妹と泳ぎに行き、遊んでいる間に母は、海辺で、俺達を見ていた。平凡なワンピースの水着の母だが、もう直ぐ40歳とは思えぬ若々しさと、そのスタイルに魅せられた様に男が次々に声をかけていた。軽くあしらっている母だったので、俺達も遊びに夢中になり、母親の姿が消えたのには気づかなかった。暫くしていないのに気づいたが、先に帰ったくらいにしか思っていなかった。それからも妹と遊んでいたが、トイレに行きたくなり、生憎満員だったので我慢できなかった俺は、岩陰の死角に行ってしようと思い、そちらに向かった。岩…

続きを読む

社長の娘

2019/10/06

会社の社長の娘の恵美さん。32歳で出戻りで働いてる。俺が入る前には居たらしいけど、結婚して辞めて帰って来たという話は知ってた。血縁ない常務も小さい頃から知ってるし、小さい会社だから一種のファミリー。恵美さんはスタイルはいい感じで細い胸はありそうだし色白。六つ上だから綺麗なお姉さん見たいな感じだった。良く話しかけて来てくれたけど、嫌味もキツイから性格はちょっときつかった。でも、二年目の去年の夏に花火を会社で見に行った帰りに「飲もう!」って誘われ、居酒屋で飲むと甘える感じで話して来てギャップと甘い香りに興奮した。店を出たら腕組んで来て「私のアパートに来ない?」と誘われていっちゃった…

続きを読む

最高の思い出になるはずが・・・

2019/10/06

高校3年の頃高校最後の思い出を作ろうと、同級生の彼女サツキと、泊まりで旅行に行った時の最悪な話サツキは女友達、俺は男友達の家に泊まると、親にウソをつき一泊二日の予定で、東京へ向かったサツキは、小柄で優しい、笑顔が可愛い女の子だった初日は地元では、なかなか出来ない手つなぎデートや、人がいないエレベーターなどでは、こっそりキスをしたりしながら、東京観光を楽しんだそして、夕方になり予約していた、大型の宿泊施設に向かった到着すると、靴をロッカーに入れ、受付で手首に巻くタイプのルームキーをもらった館内での飲食や買い物は、そのルームキーを使うそうだそして、荷物を持ちドキドキしながら部屋に入り、ドキ…

続きを読む

御近所付き合い

2019/10/06

御近所の家庭1組とうちの家庭1組の計2組で温泉へ1泊2日の旅行へ出かけた。Yさんのお宅は3人、うちは4人で車1台に乗って出かけた。半日程ドライブ兼ねて移動し温泉街へ到着。ようやく風呂と飯にあり付ける。私は少し疲れたので部屋で仮眠した。1時間程仮眠し、めを覚ますために風呂へ行くことにした。Yさんの御主人が慌しく帰り仕度をしているので、どうかされたのか?と聞くと会社でトラブルが発生したので急遽東京へ戻らなくてはならないとのこと。「妻と子供、よろしくお願いします」と一礼し、御主人は帰っていった。仕方ないので、みんなで夕食を食べてゆっくりしていた。私の妻とYさんの奥さん、子供達が温泉…

続きを読む

無防備彼女・友美とその先輩

2019/10/05

俺も自分の体験をメモ帳に書いてったんだが、途中で読み返してみるとちょいスレ違いな部分もあり、内容の割りに長いしネタっぽく見える。もう、15年くらい前の話。彼女の名前を仮に友美とする。彼女は高校卒業して大学に通うため、こっち(関東)に出てきて一人暮らし。当時フリーターだった俺とはバイト先で知り合った。彼女は元モー娘の石川梨華似かな。はじめて見た時からかわいくて気になってて、俺から告白。彼女は戸惑ってたけどOKしてくれて付き合うことになった。彼女は明るくって無防備な子だった。いかにも田舎から出てきたって感じで、成績は悪くないがアホ。一人でべらべらしゃべってる様な子ではないんだが…

続きを読む

毒を食らわば

2019/10/04

会社の34歳の女性。結構キツくて怖かったけど、今年の春からは優しくなりました。理由はやっちゃったから。事故と言えば事故だけど、研修で本社いった時に泊まったビシネスホテルで飲んだ時に。翌日は帰る事になってて部屋で飲んでたら眠っちゃって、ベットに寝かせてテレビを見てシャワーを浴びてでたら起きてた。「大丈夫ですか?」と聞いてら「大丈夫」と起き上がってベット脇におれは座ってるといきなり抱き付いて来てホテルの浴衣みたいなのの裾から俺の肌を触って、「やっぱり若いと肌が違うわね」と言われ、「五つしか違わないじゃないですか?」と聞くと「違うのよ」と言いながら横に来て脱がされると、乳首を舐められて横に…

続きを読む

嫁のひそかな失態

2019/10/03

嫁は32才になる。子供もいないのに30過ぎたあたりから夜の営みも理由をつけてはスルーされることが多くなった。この土日に我々夫婦と友達夫婦二組、合計6人で温泉旅行に行った。土曜の夜は温泉に入った後にみんなで一部屋に集まって飲むことになった。こうなると酒も進み話題はやはり下ネタになった。俺達二人はそんなに得意な方ではないので適当に話を合わせている感じだった。しばらくすると昔からやんちゃだった一組の夫婦の奥さんが自分の旦那のあそこは大きくはないけどめちゃめちゃ硬いと言い始めた。そして俺の嫁にパンツの上からなら触って確かめていいよと言ってきた。嫁はいいってと断っていたが旦那の方もノリ…

続きを読む

俺の大学時代の話なんだけど、所謂ツーリングサークルに入ってた。

2019/09/11

自転車で旅とかする奴ね。自転車といっても良いやつになれば100万以上とかかける場合もあるので(無論通常はもっと安い)馬鹿に出来ない。まあうちはのんびりサークルだったので皆安いやつ乗ってたけど。週末になると箱根まで走ったり、長期休暇はキャンプ道具抱えて遠くに行ったりって活動。やってる事は男臭いんだけどのんびりサークルで週末はキャンプ!みたいな謳い文句は女の子には魅力的らしくって結構人数は多いサークルだった。男女比も男7:女3と俺のいたような大学にしては悪くなかった。メンバーも軽くスポーツしたいみたいな女の子が多いから意外と可愛い子もいたわけだ。しかもキャンプで雑魚寝とかも多いから以…

続きを読む

修学旅行の恋人たち

2019/09/08

俺の高校(商業高校)の修学旅行は、奈良と京都で2泊ずつした。因みに俺が通っていた高校は、殆ど「女子高」みたいなモノだった(今では男子生徒も多いが)。他の学年には何人かの男子生徒がいたが、俺の学年では男子は自分1人だけだった。正確に書くと、入試や合格発表の時にはもう1人男子がいたのだが、辞退して他の高校に行ってしまったのだ。こう書くと「ハーレムみたいでいいなあ」と言われそうだが(中学の同級生には実際にそう言われた)、決してそういう事はなく、 むしろ「蛇の生殺し」状態だった。パンチラ ・ ブラチラは日常茶飯事。特に夏になると、人目も気にせずにスカートをバタバタと煽ったり、ブラウスの第3ボ…

続きを読む