「女子校生」一覧 (34件)

空手家

2018/06/18

どうやら空手家の半分くらいはレイプ魔らしいな。俺も空手の有段者なのでレイプの一つでもしてやろうと思って山を降りて町に出かけた。しかし極上の女でないと危険を冒す価値はない。ついでにいうと空手家はほぼ全員ロリコンなので、俺も女子校生をターゲットにする。腹が減ったのでファストフードの馬糞のようなハンバーガーを食いながら店内を見渡すと世の中にはこんなに女がいたのかと思うほどよりどりみどりだ。その中でも一番可愛い娘をマークして、後をつけて店を出る。しかしなかなか一人にならない。やりたい気持ちが先走って道着のまま来てしまったので目立ってしょうがない。やっと友達と別れて一人になったと思ったら…

続きを読む

天使のような女子校生に結婚前提の中出し

2018/06/17

今36歳になるが、34歳の時の話。仕事場では全く出会いもなく結婚に焦っていた。仕方なくサイトにも手を出し、『結婚目的』で出すと返事が来た。何と17歳の現役女子校生の『明美』という子。顔は普通。中の中であまりタイプではなかったが、「女子校だからか処女で、結婚を約束できるまではエッチなことはしない」と言った。処女と久々にやりたいと思い、慎重に話を合わせて気に入られるようにし、1ヶ月後会うことに。1人では怖いということで、親友だと言う『ひな』が一緒に来た。このひながめっちゃ可愛い。上の上を超えていて、透明感があって天使のよう。マジにその辺のアイドルなんかよりずっと美少女で、しかも…

続きを読む

生意気な人妻を旦那と寝てるベッドの上でハメてやった

2018/06/11

今の部署に飛ばされたのが5年ほど前。厳密に言えば飛ばされたと言うよりも、部署が無くなっての移動。そしていきなり現場にも行けと言われて、本社と店舗を行ったり来たり。辞めたくなるほど嫌だったが、慣れてくると割りとオイシイ事に気がついた。まずバイトやパートで若い子から人妻までがワンサカいる事実。バイトの子は数年で辞めるので、辞めてくれると手を出しやすくなる。人妻はちょっと長くいる人が多いので滅多に手は出せませんが。2年目にして10人以上の女性と肉体関係になり、常時2~4人はセフレとしてキープ。女子校生が女子大生になってセフレに…とか美味しすぎる。そんな毎日だったの…

続きを読む

赤ちゃんの頃から知ってる従妹の処女を貫通した

2018/06/09

赤ちゃんの頃から知っている8歳年下の従妹の知美。小学校の頃は遊んであげたし、中学生の頃も何度か会っていたが、知美が女子校生になった頃から胸も大きくなり、彼女を“女”として意識し出した。知美は大学進学で俺と同じように上京してきた。ある晩、コンパで終電に乗り遅れたと電話が入り、車で迎えに行った。飲んだのが比較的俺の家の近くだったので、少し休んでいきたいと言う知美は、俺の家に寄ることになった。もちろん、一人暮らしの俺の家に知美を招くのは初めて。俺は結構緊張したが、彼女にはそんな素振りは見えなかった。最初はお互いの近況などについて話していたが、彼女は酒が入っていたせいか、だ…

続きを読む

暑い日、Fカップの姉と一緒に水風呂に入った結果

2018/06/08

俺は中1まで平気で姉貴と一緒にお風呂に入っていた。姉貴は4つ上の女子校生(2年)だった。その頃から、姉貴はおっぱいがでっかくなってきて、あそこには毛が生えていた。もちろん俺には生えていなくて、皮も剥けてなかった。でも勃起はしてた。ちょっと性に目覚めてきた頃だった。しかし俺が中2になった頃、毛が生え始め、当然剥けてきた。恥ずかしくなったのと、姉貴が受験勉強とかで、自然と一緒に入らなくなった。ところが、俺が中3で逆に受験勉強が始まった時、姉貴が英語だけ家庭教師をしてくれる事となったのだが、保健体育の実技まで教えてくれる事となるとは・・・。笑ってしまうのが、我が家…

続きを読む

女子マネ輪姦

2018/06/07

去年入部した女子マネージャーを夏合宿で輪姦して、もう一年になるんか。田舎から出てきた娘さんで、高校のころは生徒会の役員もやってたそうで、眼鏡が良く似合う、知的な美女だった。その女、なに考えてんのか、高校時代の制服を田舎から持ってきてることが判明。冗談みたいに、今度の合宿に持っておいでよったら、ほんとに持ってきやがって。当然着せてみるわな。うちの部って、みんな男子校出身だから、制服の女子校生に憧れてるとこあってさ、皆興奮したわけ。で、スカートめくってみたり、制服の上からおっぱい揉んでみたり。女の子はもうパニックね。ひやー!って、いつもの賢そうな顔からは想像もつかないような、バカみ…

続きを読む

ピンクサロン、ドリームへようこそ

2018/06/05

六本木、赤坂界隈に程近い、芸能界からさして距離を置かない場所、そこにあなたは足を踏み込む。目的地は、地下鉄の駅を出てからさして歩かない場所、一見してそれと分からない場所だった。そこにそんな場所があるなんて、あなたにしてもつい1か月前まで知らなかったのだ。その場所を知るためならば、万金をつぎ込んでも惜しくない、という者もいるだろうに。あなたは綺麗とはとても言えない裏通りのビルの扉を開ける。すぐ目前にあるエレベータのボタンを押すと、扉はきしんだ音をたてて開く。どう見てもただの古びたエレベータでしかない。階を示すボタンを手順にしたがって素早く押すと、エレベ…

続きを読む

CFNM体験~水泳の補習授業で女子が見ているのにフルチンで体操をさせられた

2018/06/04

私が高校1年生のときに体験した話です。勉強があまり得意ではなかった私は、偏差値の低い田舎の高校に通っていました。入学前は、不良しかいない学校だと周りから聞かされていたので、まともな高校生活を送れるか不安でした。しかし、私が入学する数年前から、入学試験に面接を取り入れて不良の入学を防いだり、校則の強化や厳しい指導により、不良が自主退学するなどして、校内風紀が改善されたようで、むしろ中学時代よりも平和だと思うくらいでした。夏になり、体育の授業で水泳が始まりました。1学年が2クラスの小規模な高校なので、水泳は男女混合、2クラス合同で行います。中学時代、水泳は男女別で女子のスク…

続きを読む

バイト先の巨乳女子校生を手マンで逝かせまくった話

2018/06/02

院生1年目の頃の話。大学一年の頃からしていた飲食店でのバイトでは、古株になっていた俺。バイトができないような事務の仕事もかなりできて、社員の都合のつかない日は、店を閉めることも任されていた。そこで仲良くなったのが、高2の美紀。バイトの制服は分厚い生地のベスト。それでも胸と腰が盛り上がるほどの巨乳の持ち主。特に巨乳好きではなかったけど、視線がつい胸を追ってしまう。顔は特別かわいいこともないけど、どうしようもないということもない。俺は童顔で、歳よりいつも若く見られるorzそうした理由からか、美紀は歳の差の割には良くなついてきた。教育係りになった経緯からいろいろ相…

続きを読む

クラスの美少女の桃尻が目の前でプリンのように揺れて

2018/06/01

文化祭でお化け屋敷をやることになった。複数の教室を繋げ、通路の壁は机や椅子などを組み合わせたもの。通路になる壁をもうちょっと詳しく言うと、机や椅子は三段重ねでそれを黒いビニールシートで覆っていて、どんなに背が高くても壁の向こうは見渡せない。崩れないように机同士はビニールテープなどで頑丈に結んである。俺はその中に入って、客の足に霧吹きをかけたりして脅かす係だった。当然の如く狭い。まじで狭い。体育座りでも相当身体を曲げないとダメな上に移動手段は四つん這いだった。そして暑い。季節はまだまだ残暑が厳しい上に、ビニールシートに包まれたあの空間の中では汗が止まらないくらいだった。皮肉に…

続きを読む

頭が真っ白になった初オナニー

2018/05/31

京子といいます。私のオナニーは異常でしょうか?初めてオナニーをしたのは小学校6年生くらいで、初潮を迎えたのは5年生だったと思います。女の子はオマセさんなので、性に対して興味が湧く年齢でしょうか。ちょうど6年生の夏頃だったと思います。私には2コ年上の姉がいるのですが、姉に洋服を借りようと勝手に部屋に入り、クローゼットのタンスを開けると欲に言うエロ本があって、数ページ捲ってみると男女のセックスの写真がいっぱい載っていたんです。その時、妙に体が熱くなり、エロ本に載っていた裸の女性がアソコに手を当てて、触っていたんです。モザイクがかかってましたが、どこを触っているのかくらいは女なのでわかり…

続きを読む

教え子たちに犯された女教師の妻

2018/05/26

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た明るく聡明な女性であった。◯◯大学で古文を研究し、その経験を活かすため私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、私たちは人も羨む仲睦まじい夫婦として暮らしてきた。あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。あれは1年前の3月26日だった。3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。仕方なく解除番号を押して5階に上がった。玄関でもう一度ベルを押したが中に人の…

続きを読む

バイト先の大好きだった女の先輩とセックスしたんだが、バイト辞めちゃって・・・

2018/05/25

大学時代にバイト先にいた夏美さん。清楚で細身、新垣結衣に似た美人でした。バイト先でも人気があり、先輩も誘っては断られていた。色白で新垣結衣に似てるし、俺も夏美さんが好きでした。なかなか誘えず、俺も唯一の楽しみは駅まで二人きりになれる事。楽しかったなぁ。ある時連絡先を聞いたら教えてくれ、たまにメールはしていました。もっと二人きりになりたいと思うのは男なら当たり前。しかし映画に誘ったら断られ、気にしないふりをしながらも過ごしていました。それから二ヶ月位か、俺は夏美さんと駅まで一緒に帰っていった。夜になり、二人で歩いてたら突然「ねぇ、映画見ようか」と誘われた。二人…

続きを読む

俺に惚れてた同級生からの手紙[前編]

2018/05/19

二浪で大学に合格して、入学式まで手持ち無沙汰で退屈していたある日のこと。自宅の郵便受けに一通の手紙が入っていた。封筒に差出人の住所氏名がない。捨ててやろうかとも思ったが宛名の字に何か見覚えがあった。部屋で開けてみると、一番下に住所と『千紘』という名前。ふと思い出したのが高校時代2年、3年と同じクラスだった女子だった。背はそんなに高くなかったが、割りとほっそりとしていてスタイルは悪くなかった。男と喋っているのは見たことがなかったが、女友達とはにぎやかに喋る、いわゆる普通の女子校生といった感じだった。俺は特に話をしたこともなかった。結構女子にモテていた当時の俺は、一つ年下の子と付…

続きを読む

セックス目的でテレクラを利用してた女子校生

2018/05/19

私は42歳で子供二人を持つ中年です。私が妻子持ちなので、一応「不倫体験告白」をします。と言ってもテレクラ・ヨタ話で恐縮なのですが、ある意味貴重な体験をしたので投稿してみます。私はよくテレクラを利用するのですが、最近は援助交際ばかりで、ほとんどいい思いもできないでいました。ある日、私はテレクラでいつものように、コールを待っていました。でも、かかってくるのは援助系ばかり。今日も駄目かなと思っていると、高校2年の女の子からコールがありました。あまり会話も盛り上がらないし、援助かなと思ったので、「援助希望?」と聞くと、「そんなんじゃ無いんですけど…」と言います。それ以上、会話にノリもな…

続きを読む

痴漢電車

2018/05/18

春先になって、いつもはなかなか電話をよこさない父から電話がありました。親類に今度東京の大学を受験する姪が居るので私の所に泊めて欲しいという連絡でした。父から言われて断る訳にもいかないので、全然構いませんよとひとまず返事をしました。試験の数日前に高校の制服を着た女の子が来ました。私のいた高校の制服だったので、すっかりなつかしい気持ちがこみ上げてきました。顔立ちは私の母に似てやや丸顔で、高校生の割にはまだ幼い雰囲気が残っていました。東京ではまだ中学生くらいの女の子にしか見られないような仕草で、表情も田舎の女の子らしくて純朴な感じでした。私も高校生の時はこんなだったのかしらと、胸が熱く…

続きを読む

加護オナニー

2018/05/14

「きゃあ!!」真里は部屋のドアが開けられ、そこに亜衣がいると知ると悲鳴をあげて慌てて、Tシャツを下ろし、剥き出しになった下半身を手で隠した。「ちょっと、加護、部屋に入る時はノックくらいしてよね」真里はそう言いながら、そそくさとヘッドフォンを耳から外しビデオの停止ボタンを押した。「ねえ、矢口さん、何してたの?」亜衣は首を傾げながら、真里に聞いた。「またまた、加護ちゃん、そんな事わざわざ聞かないでよ。分ってるくせに」真里は照れ隠しの笑みを浮かべながら、そそくさと近くに脱ぎ捨ててあったブルー地に白のストライプの入ったパンティとタイトミニのスカートを身に着けた。しかし、亜衣はまだ…

続きを読む

強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた完

2018/05/02

ツインテールにスクール水着の美里が、必死で腰を振っている。悠斗は、バックの体勢で繋がったまま微動だにしない。そんな悠斗の下腹部に、お尻を音がするほど強くぶつける美里。『当るっ! 奥まで来てるっ! 気持ち良いぃ、全然違うっ! このチンポ、ホントにすごいぃっ!』美里は卑猥な言葉を叫びながら、腰を振り続ける。私は、目の前で狂ったように腰を振る美里を見ながら、ひたすらペニスをしごき続けていた。後輩の悠斗が、妻の膣中に生で入れているのに、夫の私がそれを見てオナニーしているのは、あまりにもみじめな状況だ。でも、私は今までしてきたオナニーの中で、一番の快感を味わっていた。美里は、スクール水着…

続きを読む

痴漢電車

2018/03/26

春先になって、いつもはなかなか電話をよこさない父から電話がありました。親類に今度東京の大学を受験する姪が居るので私の所に泊めて欲しいという連絡でした。父から言われて断る訳にもいかないので、全然構いませんよとひとまず返事をしました。試験の数日前に高校の制服を着た女の子が来ました。私のいた高校の制服だったので、すっかりなつかしい気持ちがこみ上げてきました。顔立ちは私の母に似てやや丸顔で、高校生の割にはまだ幼い雰囲気が残っていました。東京ではまだ中学生くらいの女の子にしか見られないような仕草で、表情も田舎の女の子らしくて純朴な感じでした。私も高校生の時はこんなだったのかしらと、胸が熱く…

続きを読む

紳士を装いJKに睡眠薬を飲ませ……

2018/03/20

では、妄想話として。平日休みの時、パチンコ開店待ちきれなく缶コーヒー飲みながらベンチに座って通勤、通学の人間ウォッチング。そろそろ開店なので行こうかと思ったら明らかにサボりJK発見、ダメもとで声かけたら『なんか体ダルいから…』と風邪?薬のんだ?とか健康面の話になり『良く効く風邪薬あるけど』と言うと『飲んでおこうかな』と言ったのでチャンス到来!普段つねに銀ハルを所持してるので『車にあるから』と誘い車中へ。>>305続き。ダッシュボードから風邪薬と称した銀ハル一錠を渡して自販機で買ったミネラルウォーターで飲ませた。すぐに効き目が来るわけ無いので『今からどうすんの?』と聞い…

続きを読む