「駐車場」一覧 (1224件)

M娘開花

2021/10/19

付き合い始めたきっかけは普通の趣味のサイトでした。お互いが仲良くなりメールをするようになったが、離れた所に住んで居た為になかなか会う機会はなかった。そのうちN美が春休み入ったので会いに行く事にした。N美は浅尾美和を幼くしてほんの少しふっくらさせた感じの子だった。N美からみれば倍近い年の俺だったが、趣味のサイトで知り合った事もあり、話題は尽きない。ずっと話しっぱなしでN美の門限ぎりぎりまでドライブし、帰る頃には自然と付き合うということになった。GWにN美が泊まりで来てくれるというので、駅まで迎え行った。学校が終わってから直ぐに来ても着いた時には8時を過ぎていた。その…

続きを読む

兄と妹 3連発

2021/10/15

その1わたしと兄が、関係を持ったのは2年前の事。まだ中学校にあがったばかりのわたしは、中学校の理科の教師をしている当時28歳の兄にいろいろ教えてもらいました。わたしが生まれてすぐに母が他界し、兄と、父と、わたしの3人で生活していました。けれど、父も、5年前に亡くなり、今は兄と2人で生活しています。ある夜、部屋で勉強をしていると、兄が入ってきて、突然わたしを抱きしめたのです。「どうしたの?お兄ちゃん」と聞くと、「お前の事が好きだ。でも、兄妹でそんな関係になっちゃダメって事は分かってる。でも、お前の事が忘れられない。」と言い、わたしをベッドの上に押し倒したのです。許されない恋だ…

続きを読む

近所の奥さんの手コキ

2021/10/10

女友達じゃないけど、近所の奥さんに手コキしてもらった事はあるよその奥さんは30代後半でちょっと松下由樹ににてる。乳はそんなに大きくないけど。その時、俺はジョギングの帰りで、たまたま犬の散歩をしてた知り合いの近所の奥さんと遭遇して、ついでだからその散歩に付き合った。途中、いつもの散歩のルートらしく駐車場に入った。2,3分ぐらいそこでなんだかんだしゃべっていた中、急に俺は小便がしたくなってしまった。まだ家までは10分ぐらいあるしもう漏れそう。俺は意を決して、奥さんに「ちょっと立ちションしてもいい?」といった。すると、「いいわよ。おばさん見ないから」といって後ろ向き、俺はその場でチンポ…

続きを読む

霧は誘う

2021/10/07

俺は27歳会社員。顔も年収も人並みだ。彼女は24歳看護師。顔はそれ程良いとは思わないが、背が高くて、それが気に入っている。誰に似ているかと言うと、森三中の黒澤を痩せさせた感じかな。俺の身長が176センチなのに対して彼女の身長172センチだ。モデル並み?と思う人もいるかもしれないが、スタイルはそれ程良くない。何か彼女を貶してばかりいる感じだが俺は相当彼女の事を気に入っている。このまま結婚しても良いと思う位だ。俺の会社は土日が休み彼女は看護師であるから休みは不定期だ。これが非常に厄介な問題で、会いたいと思う日に会えないものだから会った時には嬉しくてたまらな…

続きを読む

元彼の友達のK

2021/09/28

私がまだ大学生だった頃。その頃彼氏は居なかったけど、別れた元彼とは親友としてすごく仲が良くて充実した毎日を送ってました。ある日、元彼から元彼の友達のKさんと一緒に遊ぼうと誘われました。話を聞くとKさんが私のことをお気に入りだそう。Kさんには同じ大学に長年付き合っている彼女がいたのですが、元彼もいるし、まァいっか、と思い了承しました。実際会ってみると優しいし面白いし、私はすぐにKさんと打ち解けることができました。それから連絡先を交換して毎日メールしたりたまに二人で遊んだりするようになりました。私の方に淡い恋心みたいなものがあったと思います。でもKさんには彼女もいるし、こういう関係を…

続きを読む

卒業する先輩達との王様ゲーム

2021/09/27

あれは、俺が高校2年生の時の春。(ちなみに今24歳)憧れだった先輩達が巣立っていく季節。先輩達の中にもの凄いかわいい集団がいた。実は、その集団とは1年生の時に関わりがあって集団VS集団で高校生にしてはけっこうなカラミをしてました。(これは王様ゲームじゃないので後ほど…)その中でカップルが5組誕生してました笑(正式に付き合っていないのも含めて)でも、カップル達は次第に別れていって完全に消滅。それに伴って段々その集団とは疎遠に…仲良かった俺も既にあんまり連絡とっていなかったんです。(廊下ですれ違ったときにヨッって挨拶してた程度。)本当に仲がよくってまた集…

続きを読む

不倫相手との数ヶ月

2021/09/17

誰にも話せなかった事を、ここでお話します。彼女は職場の後輩、親しい関係では無かったけど、軽く夕食に誘った後車内でキス・・・ここから全てが始まりました。お互いの体を抱きしめ合い、小振りのおっぱいの感触を楽しんで気分の高まった俺は自分のモノを彼女に握らせると「舐めて」の一言。少し迷ったものの彼女は俺の言葉に従いました。数時間前までただの先輩・後輩だった関係を思うと興奮しすぐに限界が近付きましたが、出すのを抑えて彼女に言いました。「明日ホテルに行こう」翌日、普段通りに仕事を終えた俺は彼女を待ち合わせ場所に呼び出しました。彼女が車に乗り込むと「お疲れ様」の声をか…

続きを読む

喫茶店2

2021/09/08

次の日、俺は今だスッキリしない気持ちのまま、店での仕事に勤しんでいた。智美さんの様子は特に変わった事はなかった。しかし、何かが変だった。俺が意識しすぎていただけだったのかもしれないが、いつもの笑顔がどこか嘘っぽく見えた。夕方になり、フラリと東条さんと宮岸さんがやってきた。俺はすぐ席に駆け寄り、「この前はごちそうさまでした」と、東条さんにお礼を言いにいった。東条さんはいつもの色っぽい笑顔で、「何かしまってるの?僕は私の料理を食べたんだから、もう他人じゃないのよ?」と冗談を言った。すると智美さんが奥からコーヒーを持ってやってきた。テーブルにコーヒーを置き、なぜか店のドアの札を「準備…

続きを読む

PTA役員が教師をおとす・・

2021/09/01

1:先生が文字通り「ハマった」わけは・・・まず写真をご覧ください。こんなに清純な感じの人妻先生がよその男(僕です)ともう1年近くもヤリまくりです。ほんっとに純な先生なんだけどこんな感じで不倫にはまることもあるんですよ。まあ、読んでやってください。去年の4月、先生と保護者の飲み会があったときのこと同じ方向に帰る先生がひょんなことから僕を送ってくださることになりました。車で30分くらいかかるのですがその日はあいにくの大雨で走りはじめて5分もたたない内にフロントガラスが曇り始めとうとう全く前が見えなくなってしまったのです。路肩に車を止めた先生は困っていました。エアコン…

続きを読む

夫の相談

2021/08/29

私44才妻40才結婚12年子供は男の子が2人です。第2誕生後かれこれ6年の間ほぼセックスレスです。年平均1回位です。会社から帰ってくると大抵子供と寝ていたり、起きていてもテレビをずっと見ていて遅い時間になってから寝室に上がって来たり、疲れているとか暑いとか良くある拒否の連続で、いつしか私も積極的には誘ったりしなくなりました。でも、これまでのところ浮気もせずに来ています。家庭内の仕事はきっちりやっており、対外的にも申し分のない妻なのですが今ひとつ夫婦と言うより子育てをしている共生者みたいな関係が耐えられなくなり、先日このままで良いのか話をしました「こういう事にはあまり興味がない」「他…

続きを読む

パチ屋で学生時代、バイトをしていた頃の話

2021/08/26

そのパチ屋は客層がなかなか良く、あまり変な事件も起きなかったが、班長は元ヤ○ザ(太ももに刺青あり、しかし足を洗ったのでとった後が痛々しい)店長も元ヤ○ザ。ただ主任はパンチにはしているが普通のオッサン。常日頃店長は客に絡まれてどうしようもなく、客が悪い場合は皆でボコってよしと言っていた。そのパチ屋で事件は起こった。当時は、アレジンという一発台が周辺で猛威を古い客の金を巻き上げてた。ただ結構良心的な店の為、半分以上の台は出していた。そのアレジンに明らかにヤ○ザと見られる中年の2人が数日遊びに来ていた。俺はスロット担当だったので現場は見てないが事件はその中の1人が起こした。店員が俺の…

続きを読む

レイプ

2021/08/25

実質、被害者でも加害者でもないし直接見た訳でもないのでどこまで真実かわからないけど漏れがコンビニで働いてた時よく同じシフトで入ってた同僚の女性Sさん(25)が常連客のDQN数人に拉致られて輪姦(?)されたことがあったSさんは綺麗な茶髪とショートカットが似合う美人でさぱさぱした性格もあってお客さんからも親しまれ加害者の数人ともよく話してたのを憶えてるうちの店はわりと暗がりのなかにあり、夜は近くに電灯もないので夜までかかる勤務は車で通ってる人のみ女性は22時までとしっかり決められてたんだけども。今考えると事件当日 夜はガラガラの駐車場で端の方に停めてあるSさんの車の両サイドに…

続きを読む

彼女のギャップ

2021/08/24

俺の彼女は24歳で本当にマジいい女!。学生時代には準ミス○○大にも選ばれた(本当!)お嬢様系で、性格はキツイ時もあるけど、エビちゃん似で可愛いぃ!。でも俺は彼女には優しいけれど、悪い彼氏だ。なぜなら学生時代から付き合っているので、セックスもマンネリ化してき飽きしまって、1年位前からよく彼女のトイレを覗くようになってしまった(笑)。一度「トイレしているところ見せて」と聞いたら、「死んでもいやだ」て怒られた。そんな彼女だから、最初におしっこしているの姿を覗いた時はメチャ興奮が、彼女がうんちをしているところを想像すると、どうしても見たくなってしまった。それで、俺の母親がたまに使…

続きを読む

展示会の後、香織さんと

2021/08/22

【製品展示会で】今日は、製品展示会のため、俺は、技術課長として会社を代表し、都内の大手催事場に出かけていた。自分の会社の小間(ブース)には自分ひとり。小さなブースだし、そう何人も展示会に派遣できる余裕もない。来場者にパンフレットを渡して説明したり、製品の配置を見直したりしていると、隣のブースから罵声が聞こえた。「説明できないだと、ふざけるな」「申し訳ありません」「他にエンジニアは来ていないのか」「はい、申し訳ありません」 隣は取引先の部品メーカー、B社のブース。平謝りなのは、最近入社したばかりの事務の女の子、香織さん。確か、23歳と聞いている。「すいません、どう…

続きを読む

片思い2

2021/08/22

この話は「片思い」の続編になります。俺は合意ではないとはいえ、友紀とやったのには変わりなく、その事を思い出しながら何度もオナニーした。そして、友紀の事しか考えられないようになっていた。ストーカーと言われてもしょうがない程友紀の事しか考えられない。雪も溶けて春になり、その頃には俺と友紀の関係は前みたいに二人で食事に行くところまで回復していた。もちろんHのチャンスもいくつかあったが前回みたいにならないように必死で堪えた。本心を言えばもちろん友紀を抱きたい。ある日の夜、休憩室に行こうとドアを開けようとしたら小野田と吉田の会話が聞こえてきた。まだ居たのか・・・と思って会話を立ち聞きし…

続きを読む

ロシア人人妻研修生1

2021/08/19

御主人が訪日編1木曜日の午後11時、俺は自宅のワンルームマンションのベッドに、大股を広げて座っていた。脚の間には、後ろの大きく開いた黒のカシュクールのドレスから見える、真っ白な背中がゆっくり上下に動くのが見える。もちろん俺の愛する(おいおい、いつのまに・・)ロシアからの人妻研修生、エルヴィラさんの背中だ。俺の勤務する支社では、この不景気に業績が好調だとの理由と、特許申請が二期連続支社間トップだったことを記念して、本社から取締役が出張訪問、市内のホテルでちょっとしたパーティーを開くことになった。この取締役は、ここで昔支社長をつとめていて、ロシアとの商売にもふかーくかかわっている…

続きを読む

アイと僕との初めてのこと

2021/08/02

20くらいのころ、年下の女子高生に童貞卒業させてもらったがそんな話でもOK?ではちょっとお話しさせていいただきます。僕が大学時代に住んでいたのは地方の政令指定都市。写メがまだなかったころなので6年前くらいのことです。当時僕は20歳で童貞だった。当時PCの掲示板で知り合った女子高校生としばらくはPCや携帯のメールで3ヶ月くらいやりとりをしていた。名前はアイ、高2だという。最初は他愛もないメールをしていましたがそこは若い男女、だんだんと「彼女はいるの?」からはじまって「Hしたことある?」といった話題になった。どうやらアイは半年ほど前に数回ほどHをしたことがあるそうで、相手はすでに…

続きを読む

最終痴漢電車

2021/07/31

彼女にあったのは少し寒くなり始めた10月の終わりか11月の初め頃だったと思う。通勤で使ってる電車は降車駅に近づくにつれて混雑度を増していった。僕が乗った次の駅から彼女は電車に乗ってきた。意識したのはその日が初めてだったが次の日も、その次の日も彼女は同じ時間、同じ車両、同じドアに乗ってきた。いつも先頭で。彼女は飛び抜けてスタイルが良い訳ではないが、スリムな体にしては胸が大きかった。顔は切れ長の目から冷たい印象を感じ、女優の葉月里緒菜によく似ていた。その後いろいろな事があったが、結局最後まで名前を聞くことはなかった。その日は彼女が乗り込んで来た時に一瞬目があった。彼女は…

続きを読む

ペニスリング4

2021/07/27

彼女から何度となく、携帯へ電話連絡があったのだが、何かしら言い訳しながら、先延ばしし彼女から逃げ回っていたのだが彼女から、これ以上、私から逃げ回るとどうなるのか分かっているの・・・彼女の職業は看護師で、おもに患者さんの死が、いつきても不自然ではないという、高齢患者さんの担当部所で、だからこそ担当する患者さんがお亡くなりなった時の翌日は、ちょっと不謹慎かもしれないが、無性にSEXがしたくなる。本来SEXは、新たな生命を継続する行為とかなんとかいっていた。要するに、自分は今生きているという実感がほしかったのでは・・・・と想像する彼女が以前、患者さんと知り合いになり、ちょうどそのとき彼女がどこか…

続きを読む

知り合いに肛門を

2021/07/17

私は39才の専業主婦です。主人は45才、小さいながらも地元で建設会社を営んでいます。子どもは男の子が二人、それぞれ高2と小4です。先日、主人の会社のKさんが引っ越しする事になりそれほど遠くない所なので主人と二人でお手伝いに行きました。Kさんは主人の会社創設時からいる人で私たち家族とも交流があります。36才のバツイチです。自宅に招いて主人と酒宴を開いてそのまま泊まりなんて事も良くありました。一人暮らしの引っ越しなのでそんなに荷物はありません。重いものや大きな物は男二人であらかた運び終わり、私は食器や小物などのダンボール箱を片付けていました。主人に電話が入り、打ち合わせが入ったの…

続きを読む