「アイドル」一覧 (235件)

両性具有 一人二役

2018/10/23

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。「やめろ! 離せっ!!」小柄な男子は叫ぶ。しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。「本当かよ、伊藤が女だって」「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。「ふざけんな、俺は、男だっ!」小柄な男子が怒鳴る。しかし声変わりしていないような高めの声には迫力がない。「だから、そいつを今、確かめて…

続きを読む

教育実習生のお姉さん

2018/10/12

知り合いのお姉さんが教育実習生として、俺の中学校にやってくる話なんです。俺にとってはものすごくエッチな思い出です。アレは、中1か中2だったと思うんですが。小さい頃にいつも遊んでくれた近所のお姉さんが、教育実習生となって俺の通う中学校に来たんんです。最初は誰なのかわかんなかったんだけど、放課後に「○○○おっきくなったねー」なんて言われてようやく誰なのか気付きました。小学校?当時まで鍵っこだった俺は、公営住宅みたいなとこに住んでて、そのお姉さんは近所というか、正面の部屋に住んでいたのです。夜9時くらいまで帰ってこない共働きの両親を待つ間、俺は毎日のようにお姉さんのお家に遊びに行っていま…

続きを読む

図書館の机の下でフェラしてくれた美少女の正体

2018/10/02

俺は、まだ高校生なので家族と一緒に暮らしている。今時珍しい4人兄弟の家庭で、父母と6人、おまけにばあちゃんまで一緒に暮らしているので、家はいつも賑やかを通り越して、かなりうるさいw親父が結構稼ぐみたいで家はデカいのだが、やっぱり落ち着かなくて、俺はよく図書館に勉強に行っている。そんな俺が最近気になっているのが、3回に1回は見かける女の子だ。間違いなく俺より年下で、下手したらまだ中学生だと思う。その子は、ベリーショートがよく似合う、ちょっとボーイッシュな女の子で、見た目が俺の好みど真ん中なので、最初に見た時から凄く気になっていた。ボーイッシュな見た目に反してフリフリがいっぱい付いた可…

続きを読む

ませた従姉妹とロリマンママ

2018/10/02

夏休み恒例の、母の弟家族との貸別荘での休暇。そこで、1000年に一度のアイドルそっくりに美しく成長した従姉妹の愛花ちゃんと再会し、衝撃的すぎる初体験を迎えた。初めてのセックスに、猿のようになった僕は、愛花ちゃんとしまくった。その上、憧れていた叔母さんとも体験をすることが出来た。でも、そんな夢のような時間は、異常な状況に変わってしまっていた。――目の前で、僕と叔母の千里さんがセックスするのを、興奮しきった顔で見つめる叔父さん。目の前で、甥に自分の奥さんを生ハメされながら、興奮しきった顔でそれを見続ける叔父さん。千里さんに、叔父さんは寝取られ好きだと説明されたが、どうしても信じられなかった…

続きを読む

スナックで偶然出会ったのは、託卵した憎い嫁の妹だった

2018/10/01

「あ!・・・お久し振りです。その節は・・・」「あ、君は・・・」「あら、お客さん達お知り合いだったの?」行きつけのスナックがママの還暦に伴い廃業したので、新しく通うようになったスナックで隣り合わせた女性は、13年前に離婚した元妻の妹、つまり元義妹の綾子だった。評判の美人妻をもらって幸せだった俺は、美人は既婚でもモテることを甘く見ていて、第二子が第一子とえらく似ていないことに次第に疑念を抱いた。DNA鑑定をしようと資料を集めていたのが元妻に気付かれ、自分から不倫の子だと白状した。それでも俺は、二人の子供どちらもDNA鑑定をした。第一子の父は俺だったが、第二子の父は俺ではなかった。俺…

続きを読む

内緒で付き合っていたアイドル級JDの本性・後編

2018/09/29

それから半年ぐらいが過ぎました。僕はサークルには行っていませんでした。僕は新しい彼女を作りましたが、サオリには全然敵わなくて、彼女には申し訳ないけど、淋しさを紛らわす感じで付き合っていました。その時もサオリのことは忘れられていなくて、何度かヨリを戻そうと電話しようと思いました。でも、まだ先輩とセフレ関係にあったら嫌だったので考えないようにしていました。そんな感じでサオリを忘れられないままの日常を過ごしていたんですが、ある日、昔のサークル仲間と飲みに行く機会がありました。サークルに行かなくなったので、「たまには飲もうぜ!」って事になりました。そして男同士4人で居酒屋に入って、下らな…

続きを読む

内緒で付き合っていたアイドル級JDの本性・前編

2018/09/29

こんにちは、僕は3オン3サークルに入ってる男子学生です。僕は自慢じゃないんすけど、イケメンとよく言われます。告られる事もいっぱいあって、入学してから5回はありました。でも僕には彼女がいて、同じサークルのマネージャー的存在で年上なんですけど、パーフェクトな女の人なんですよ!顔もずば抜けて綺麗で、大学で1番かもしれないです。もちろんそれだけでも凄いのに、さらに巨乳なんです!僕はそれに気付いた時に、やっと僕に釣り合う女子が見つかったと思って、絶対に自分の物にしたいと思いました。そして初めて一生懸命努力をして、付き合うようになりました。彼女の名前はサオリと言うんですが、付き合う様になっ…

続きを読む

妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2

2018/09/28

果穂のアソコから出ているヒモみたいなもの……それが何かはわからなかったけど、いやな予感だけはどんどん大きくなっていく。私は、震える手でそのヒモをつかんだ。『早くぅ。引っ張ってみて!』果穂は、子供がイタズラをしているときのような無邪気な顔で言う。私は、果穂にせかされるようにそのヒモを引っ張った。思いのほか手応えを感じながら、そのヒモを引っ張っていくと、『ん……フゥン』と、果穂はなんとも悩ましげな声を出す。そして、いきなりそれは抜けた。果穂のアソコから引きずり出されたそれは、真っ白いコットンみたいな塊で結構な大きさだった。そして、それが抜け落ちると同時に、果穂のアソコからはドロッとした…

続きを読む

ロリータAVに出演していた妻との別れ、そして再会

2018/09/27

由真と出会ったのは俺が25歳の時。高校生と間違えたら21歳の新入社員だった。セーラー服なんか着せたら中学生並になるのではないかと言うほどのロリータで、その部署のアイドルだった。現場が多い俺は、こんなに可愛い子がいたのに半年間全然気が付かなかった。ところがどういうわけか、俺と由真は会社の忘年会で意気投合して、翌年から自然に付き合いだした。5月の連休に初めて俺のアパートに連れ込んで抱いた。短大卒の可愛い子だから恋愛経験ぐらいあって当然で、処女ではなかったし、アソコは少し色素沈着していた。それでも子供のようなロリ体型と可愛いロリ顔に夢中になった。「あん、あん」とアニメ声で喘がれたらチ…

続きを読む

下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁

2018/09/26

嫁の舞とは倦怠期を迎えている感じでした。まだ29歳で、145cmと小柄なわりには巨乳の嫁は、某クッキングアイドルに似た可愛らしい顔立ちをしています。そんな申し分ない相手であっても、結婚して月日がたつと、セックスの回数も激減してしまうのは仕方ないことなのかも知れません。でも、そんな倦怠期もいきなり終わりました。元々は、嫁の下着を盗んだ下着泥棒だった圭くん。そしてまだ高校生の彼と嫁は、今お互いに全裸で一つになっています。『あなた♡ 中に出されちゃった♡』嫁は、私を挑発するように笑みを浮かべて言いました。何も言えずに固まる私に、『まだ圭くんのカチカチなのϖ…

続きを読む

義父に摘まれた高嶺の花

2018/09/24

小5の時に転校して来た緑ちゃんはとっても美少女で、クラス男子みんなが憧れたアイドルだった。中学になったらますます綺麗な清純美少女になった。俺もずっと憧れ続けていたが、高嶺の花だと諦めていた。中学3年の2学期の初め頃、緑ちゃんが木陰で隠れ家みたいに佇むアパートに入っていくのが見えた。緑ちゃんはこんなボロアパートに住んでいるのかと、さっき緑ちゃんが入っていった玄関先に立つと、生活感のないアパートの中からゴトン!と音がして、緑ちゃんの悲鳴が微かに聞こえた。新聞受けから中を覗くと、緑ちゃんが下半身だけ裸にされて、変な椅子に括られていた。四十くらいの男が憧れの美少女の陰毛が掻き分け、ピンクの…

続きを読む

回春マッサージの無料お試しチケットを懸賞で当選したどー

2018/09/19

ラッキースケベな風俗体験です懸賞系に全く縁がなく、特にこんな美味しいプレゼントが当たる事なんて絶対にないだろうなぁ〜。と思いつつ風俗無料お試しチケットに応募したら、まさか、まさかの当選に思わず部屋中を駆け回ってしまいました。無事チケットも手元に届き、更に喜びが倍増!ホントにありがとうございます!!連休中からずっといつ行こうかとスケジュールを確認していたんですが、突然 諸々の事情によって予定がドタキャンになり1日時間が空いた9日、思い立って早速店へ電話しちゃいました。口コミを見ていたのもあって、期待感は更に高まる中電話をしたのですが、思いのほか電話担当者は冷静で、「おめ…

続きを読む

巨乳の友カノに生徒会室で挟んでもらった

2018/09/12

まさか友だちの彼女とエッチをするなんて思ってもいなかった。その日も教室で、いつも通り大学受験に備え夏期講習をしていた。俺は彼女がいないと言うか、彼女ができたことがない。そんなある日、隣のクラスのアイドル的存在の麻里奈とたまたま席が隣同士だった。麻里奈は俺の友だちの彼女であり、いつ見てもデカいメロンおっぱい、それに細身でスレンダーボディー。俺のオナニーのおかずであった。隣に座って麻里奈のおっぱいを見ただけで俺のチンコはすでに大きくなった。麻里奈「Tくん、どうしたの?」オレ「あ、なんでもないよ」麻里奈「分からないことあれば教えてあげるよ?」オレ「ありがとう、麻里奈さんって優しい…

続きを読む

お盆になると思い出す、妻と遊んだキュウリとナス

2018/09/08

後に私の妻となる有美と出会ったのは14年前、私23歳、有美21歳でした。お互い社会人1年生で、まだ学生気分が抜けていませんでした。有美は中高生のようなロリフェイスのアイドル顔で、当時の写真を今見てみると広瀬すずさんに似ています。私「有美ちゃん可愛いねー」有美「よく言われるんですぅ」などとバカなことを言っていたら本当に気が合う二人になって、交際の申し込みもしていないのに冗談っぽく、「ラブホに行っちゃう?なーんてね」と言うと・・・。有美「行ってもいいぞ!なーんてね。ちゃんと気持ちよくしろよー」こんなノリでラブホへ向かいました。有美の体はちょっとムチッとした白い肌で、ロリ顔に幼児体形…

続きを読む

俺みたいに実の姉ちゃんで精通したやつ居る?

2018/09/08

俺は中一、姉は今中三だ。姉は俺と同じ体操クラブに所属し、エース的存在だ。身長は162センチで、俺と同じくらい。正直、ルックスもAKB48にすぐ入れるくらいだし、胸もよく発育している。(Dカップがちょっときついってぼやいてた。)俺の方も小さい頃から姉とよく似ていると言われ、ルックスも人並み以上だし、逸物ももう大人だ。そんな我が家は実は、母子家庭で母親は看護師だが、生活のために夜間のシフトが多い。離婚とかじゃなくて父親が交通事故で早くに亡くなったからだ。父親は姉を溺愛し、女の子は女の子らしく、きれいに成長してもらいたい、と言い、姉を5歳の時から近所の体操クラブに入れた。…

続きを読む

小島君が気になったので誘惑

2018/09/06

去年のことなんだけど。同じクラスに気になる男子がいました。とにかく優しくてちょっと頼りなさそうな感じがして、全然モテないんだけど私のタイプでした。その時に私には彼氏がいて、カッコイイから友人がうらやましがっていたけど、自分はイマイチ本気になれませんでした。最初は彼(名前は小島くん)をただ優しくて良い人としか思ってなかったけど、席が隣になった時に妙に気が合って…それから毎日学校行くのが楽しみになりました。授業中に好きな人いる?って手紙に書いて渡したら、いるって返事が返ってきて…。しかもそれが同じクラスの女子だったからショックでした…あまり可愛くない普通の子だったからとても悔しかっ…

続きを読む

幼妻が、まだ中学生だった頃のハメ撮り画像

2018/09/06

デジカメが普及しだしたけれど、まだネットはISDNだった15~16年前、大学生活も後半の頃の話です。卒業した先輩が、伝言ダイヤルでコネを持ってたJCやJKを引き継いでセフレにしていました。本命の彼氏がいる子との浮気セックスや、その子を介して新しい生娘を紹介してもらって処女ゲットしたりとか、当時の破廉恥な行いを記録したPCカードとコンパクトフラッシュを実家の私の部屋から見つけて、懐かしく見返しました。妻に見つかるとヤバいから隠しましたが、当時のことを思い出したので体験談を書いてみました。『マサミ』(高2、同い年の彼氏持ち)卒業した先輩が残したセフレで、かなり可愛い娘でした。中3の時に…

続きを読む

下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁4

2018/09/04

結婚して4年経ち、嫁とのエッチも回数が減ってきて、エロサイトを見てはオナニーをすることが多くなっていました。色々なサイトを見ているうちに、NTR使える寝取られサイトとか、すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談といった、いわゆる寝取られ系のサイトを見て寝取られ性癖に目覚めてしまいました。そんな中、嫁の下着を盗んでいたのが隣の高校生の息子だとわかり、私は自分の願望を叶えようと悪ノリしました。そして今、私の目の前には圭君の精液を顔や髪に浴びた嫁がいます。すべて指で集めて、嫁は飲精してしまいました。それでも、髪や顔にまだ付着している圭くんの精液。自分の嫁が、文字通り汚されてしまったのに、私は下…

続きを読む

簡単にお金を稼ぐ手段を知ってしまった僕の彼女

2018/09/02

真夏の本当に熱い日に、当時19歳だった彼女と買い物に出掛ける約束をしていました。駅で彼女を待っていると、白いマキシのワンピースを着た彼女が僕を見つけ手を振っているのが見えました。歩み寄ろうとしたところで、近くから続けざまに数回、カメラのシャッター音が聞こえたのです。何気なく音の方を見ると、二十歳程の男性が二人、ニヤついた顔で彼女にスマホを向けていました。(彼女が盗撮された?)僕にとっては可愛い彼女ですが、決してモデルやアイドルほど可愛いわけでもありません。なぜ彼女が撮影されたのか不思議でしたが、彼女に近寄るとすぐその理由がわかりました。彼女のワンピースはピッタリとした白いTシャツ…

続きを読む

有名人官能小説 熊田&若槻

2018/08/31

その日コンビニのバイト帰りに偶然同じシフトだった圭一と一緒に帰ることになった。圭一とは高校以来の付き合いで、大学は別々だがこうしてバイト先が同じということもあり、今もよく一緒に遊んだりする仲だ。2人で駅前の通りを歩いていると、本屋の窓ガラスに貼られたポスターに目が止まった。黒いビキニを来た女の子が後ろに手をつき膝を曲げて座り、上目使いでコチラを見ているポスターだ。そのビキニはビニール地?のような素材で、もう少しで胸の突起が見えそうなキワドイものだった。開いた脚の付け根だとか、白くて細い腰のくびれだとかが、たまらなくいやらしい。つい見とれてしまっていると、「なに、真司ってば熊田曜…

続きを読む