「肛門」一覧 (641件)

穴豚という風習

2020/04/10

私は数年に渡って渡航を繰り返し、あのアジアの某国(今回も名前は伏せます)で様々な体験をしました。今回は特にその中でも、独特の因習にまつわる、不思議で、そしてものすごくエロティックなお話をします。20年前当時、貧民を多く抱えていた北部の貧困地帯では、人身売買が当たり前のように行われ、多くの少女が街に売られ、性産業に従事していました。この辺のお話は前回したので割愛します。今回お話しする「穴豚」とは、そんな性産業とはあまり関係ない、農村地帯の習慣のお話です。私が「穴豚」を初めて見たのは、渡航するようになってちょうど1年目くらいでした。現地でひいきにしていたコーディネーターに連れられ、農村地…

続きを読む

中学二年の少年にレイプされました

2020/04/05

私は二十八歳の主婦です。誰にもいえない口惜しさと悲しみを込めて、憎い少年を告発します。私は先月、中学二年の少年にレイプされました。少年は私と同じマンションに住む家族の長男で、去年の秋、越してきました。同じ階なので時々すれ違ってはいましたが、話などしたことはありませんでした。見るからに陰気で、小太りな、醜いブタのような少年です。先月、夫が海外に長期出張した一週間後のことでした。土曜日の午後、買い物から帰った私はドアを開け中に入ろうとした時、背後に人の気配を感じました。振り向こうとした時には腹部に鋭い痛みを受け、苦痛と呼吸困難で抵抗できない私は後手に縛られ、リビングに引きずられてい…

続きを読む

二組の温泉旅行

2020/03/20

私達夫婦(42妻36)と妻が出産した時友達になった奥さん夫婦(ともに26才)と一歳半の子供を連れ群馬の温泉旅行に連休で行きました。奥さんは子供を連れ遊びにきたりしていたので面識が有りましたが旦那は初対面でした。話てる内に同じ高校の野球部の後輩と分かり打ち解けました。宿に到着すると子守を妻達に任せ大浴場へ行きました。早い時間で誰もおらず「貸し切りだなあ!」と言うと後輩は『うぉ?、真珠入ってるんですかぁ?』「ハハハ、若い頃シリコンの玉入れたんだ」その後は夫婦のセックスの話などしていると後輩は小声で『俺、凄い早漏なんです、、、。一発目は入れただけで出そうになり、すぐに腰を振って終わるですよ…

続きを読む

アナルマスター葵

2020/03/12

私は中高一貫の女子校に通っています。外見は普通ですけれど、結構テクニシャンです。女の子のアナル専門ですけれど。中等部の卒業式を終えたばかりで、もうすぐ高等部に進学する予定です。共学を選ばなかったのはもちろん少しでも女子が多いほうが良いからです。私は女の子が大好きですから。中等部では可愛い女の子のお尻の穴を軒並み貫通してあげました。正確には覚えてませんが、二十人くらいだと思います。先輩とか後輩とか関係なしです。女の子の落とし方は簡単です。私は明るい方なので、まずはこっちから話し掛けて友達になります。それで、家に呼んだら隙を見て押し倒しちゃうんです。いきなりそんなことをされ…

続きを読む

妻の魅力

2020/03/05

事は先日妻と2人で北海道旅行へ行った時に起きました。予約でいっぱいのフェリーに乗ったため、2等しか取れなかったのがそもそもの始まりでした。夜に東京を出発した船ははとんど満員の状態です。 嫌がる妻を連れて船内に入りましたが、そこは寝る場所も無いほどの状態です。取り合えず荷物の場所と2人で寝れるスペースを確保しましたが、夜半とはいえ船内はむんむんと暑苦しく、とても寝れる状態では有りません。妻の提案で船内を散歩することにしました。「あんなとこでザコ寝するの嫌よ、若い子とか一人で旅行してるような人ばかりじゃない」「そんなこと言ったって予約しないで乗れたんだからラッキーだと思わなきゃ」私…

続きを読む

お仕置き

2020/03/03

ある都市の郊外に住む32歳の女性です。郊外なので、緑も多く市街地ほどゴミゴミしていません。それは、ある土曜日のことでした。午前中外出し、午後アパートに帰宅し、溜まっていた洗濯物の洗濯を始めました。その日は天気も良かったので、洗濯物をアルミサッシ戸の、軒下に干しました。そして、戸を閉めて室内で読書をしていました。その日、買った好きなサスペンス物で、本のストーリーに引き込まれて、つい時の経つのも忘れて本を読みふけってしまいました。何時間経ったでしょうか、戸の外でコトッという音がしました。その季節はまだ寒く、室内を暖房して、サッシ戸には、カーテンをしていたため、外の様子はわかりません…

続きを読む

HOTな経験を告白します

2020/03/01

僕は和食の職人で店を持っています。近くには女子短期大学があり、僕はいつも女子大生をバイトに雇っていました。あるとき2名の女の子をやといました。2人ともよく働いてくれます。僕はそのアルバイトの女の子の一人と関係するまでを告白します。その女の子は千晶さんと言います。おしりが大きく、身長も高く、後ろ姿は日本人とは思えないプロポーションです。スポーツをしていると聞いていたので、きっと体の締まりもいいはずだと妄想する日々が続きました。そんなある日、店を締め、後片付けをしている時、彼女の皿洗いの後ろ姿に見とれてしまいました。そして僕は思わず、「おつかれさま!ビールでも飲んでいって」と彼女…

続きを読む

炊き出しボランティア

2020/02/03

私の名前は中ノ島若菜と申します、自慢の長い髪の毛は金髪ですが、これでもれっきとした日本人ですよ、実は母方の祖母がフランス人でして、どうやら髪の色は祖母から受け継いだみたいなのです、ちなみに18歳で、この春に短大に入学したばかりなんですよ。この歳で恥ずかしい事みたいですが、今まで私はずっと親に見守られてきまして、学校の登下校も車で送迎され、友達と外で遊ぶという事はありません、あっても監視の目がある環境ばかりで、本当に箱入り娘として育ってきました…でも。そのせいか少し世間知らずなところがあり、これでは逆に私の為にならないと、そこで結婚前の社会勉強だという理由で、高校を卒業してからは、…

続きを読む

とある居酒屋での出会い

2020/01/29

仕事が終わって飲みに行くときにはいつも自宅に帰ってから出るのですが、あの日はなんか帰るのが面倒でスーツ姿のまま行きました。腹も減っていたしとりあえずよくいく居酒屋へ急ぎました。車を止め、中へ入って行くと混んでいて座るところと探すとカウンターの端の方から2つ目が1人分だけ空いています。そこへ座ると隣の席のジャージ姿の若い女の子(後から20歳とわかる。)が「あっ!」と小さい声をあげこちらを見ました。その子に「ここまずかったかな?誰か座ってるの?」と聞くと「友達が来るはずなんだけど来ないから座ってもいいですよ、どうぞ!」と言ってくれました。で、それからしばらくその子をそれをきっかけにいろい…

続きを読む

マゾ母娘

2020/01/25

名前は仮にY子としておいて下さい。今年、32歳になるオバサンです。(若い方ばかりでお恥ずかしいです)私には一人の娘がおります。仮に名前をS子としておきます。S子は今年11歳になったばかりの可愛らしい娘なのですが、しかしS子の父親は誰かわかりません。私が20歳の頃、レイプされ監禁され、短期間の間に複数の男性の精液を注がれました。その結果、私はS子を身篭り、一時は堕ろす事も考えましたが、産まれてくる子に罪はありません。私はS子を産み、今まで一生懸命育ててまいりました。学校では、母子家庭との事で苛めにあう事もあったそうですで、それだけが可哀想でなりません。すいません、こんな話どうで…

続きを読む

罰として裸で泳がされた

2020/01/24

私は、地方の県立高校(女子校です)に通っていましたが、そのときの話しです。夏なので体育で水泳をやったときのことですが、私は泳ぎも苦手で見学してぼーっとしてる方が好きなので、生理を理由にしてさぼることにしました。ところが、体育の先生は、よくチェックしてるんですよね。生理の時期が違うことに気づき、それでつっこまれたので返答にとまどっていたらばれちゃったんです。当然のように、先生は「さぼらず泳ぎなさい!」と言いました。ちなみに先生は35才ぐらいの女性です。まさかばれるとは思っていなかったので、私は水着を持ってきていませんでした。そのことを言うと、先生はさすがに女子校の女性教師だけあって…

続きを読む

裏 続無防備妻

2020/01/23

人間的羞恥心というものに昔から欠陥があるらしく、裸を見られても恥ずかしいと思わないし、胸やお尻をさわられてもちょっとふれた程度にしか感じない信じられない体質の女性だ。それ以外は頭もそれなりに良く普通の生活もでき、ごく普通の女性だが、羞恥心という部分だけは知的障害者レベルらしい。以前こっそり相談しに行った医者の話では何千人の一の確率でたまにそういう人がでてきてしまうと言われた。医者からは「こういった病気は一生治らないが、一般的な判断もでき普通に生活できるから、当然施設等に入院させることも難しいし、とりあえず旦那さんが気をつけて見ててあげるしかない」と言われひどく落ち込んだ時もありました。…

続きを読む

男の娘とえっちした時の話をしたい

2020/01/15

思い出は美しい20歳、大学2年の秋、俺はぼっちだった。友達がいないのでいつも一番前の席で真面目にノートを取っていた。同様にいつも一番前が指定席のコがいたメガネをかけて真面目そうなコで、黒髪で可愛いかった。実質隣の席でありながらコミュ障な俺は一年間話しかけることもなく秋を迎えていたのだったスペック俺Fラン大学生ぼっち童貞彼女可愛い秋から冬になろうとするころ、世間ではインフルエンザが流行っていた。馬鹿は風邪を引かないので俺は無敵だった。その子は1週間くらい見かけなかった。言い忘れたが、授業は選択式だったが結構な数がそのコとかぶっていたしばらくして、そのコと再び授業で会った「…あの…」な…

続きを読む

外国人に奪われた初夜

2020/01/05

私と似たような体験を投稿されている方がいましたので、思い切って掲載させていただきます。私は、昨年新婚旅行で、ある南国のリゾートに行きました。そこで主人には決して言えない、屈辱的ですが官能的な体験をしました。主人は30歳。私は22歳で身長は163センチ、ややポッチャリ型です。二人とも田舎から出たこともなく、今時珍しい両親の勧めによる見合い結婚です。私はそれまで地元の女子高を出て、団体職員として地味に過ごして来たこともあり男性経験はなく、文字通り新婚旅行が初夜となるはずでした。初めてのSEXに、とても期待していました。新婚旅行は、二人とも海外は初めてでしたが、友達の勧めもあり、海の…

続きを読む

偶然再会した同級生は、男の娘になっていた

2019/12/27

志望していた大学に合格して、念願の一人暮らしを始めた俺は、日々新しい発見を繰り返して、刺激的な毎日を送っていた。高校の頃は、男子校に行っていたこともあり、彼女がいなかった。ただ、親が多少イケメンに産んでくれたので、駅とか文化祭で告られたりはしたことがある。ただ、多少ビビりで、友達と遊ぶことの方が楽しいと思っていた俺は、せっかくの告白を放置してしまった。そして、大学生活が始まり、いわゆるデビューをした。大学でも、バイト先でも、とにかくモテた。有頂天で初体験を済まし、半年ほどで経験人数が二桁を超えた。ただ、今のところ特定の彼女は作らずに、面白おかしく過ごしていた。今日も、逆ナンがき…

続きを読む

同僚の妻

2019/12/26

私(洋一31才)と会社の後輩(悟30才)とその妻(美香34才)の話しです。職場の後輩、悟と先輩であった美香は五年前に社内恋愛の果てに結婚。その二人を引き合わせたのは他でもないこの私、そういう経緯もあり悟はもちろんのこと結婚と同時に退社した美香とも現在にいたるまで交流があり彼らの家にも頻繁にお邪魔したりするほどの仲。人にお節介を焼いているのはよいが当の私は今だ独り身で生活も不摂生なのでよく美香の手料理を食べさせてもらっていた。こうして三人でたまに食事をして酒を飲んで馬鹿なことなど話して楽しんでいたのだが会社の都合で後輩の悟が突然の転勤に。転勤といっても短期間(約半年)なので単身赴任する…

続きを読む

妻との変態妄想

2019/12/21

私:自営業を営む36歳。妻:専業主婦の2児の母26歳。結婚8年目の普通の夫婦だが、夜の生活がちょっと異常。問題は私に有ります。今から2年前までは、普通に普通のSEXを月に2~3回楽しむ夫婦でした。しかし、30台も広範になった私は、通常のSEXでは中折れしてしまうことも…ちなみに妻は、かなり淡白な方で、今まで一度もSEXに誘われた事はない。。。日に日に減っていく夫婦の営み。モンモンとした日々を送っていた。嫁との通常SEXでは興奮しない。風俗や浮気も味気ない。オナニーするにも興奮できるオカズが無い。。。そんな中、嫁の友人達が、我が家で夕食を食べに来ていた時のこと。。。若々しく友人達と談…

続きを読む

はだか姫

2019/12/17

私がまだ小学校6年生か中学1年生だった頃のことです。 まだ、異性に対してそれほど強い感情を持ってはいなかったと思います。 いわゆる異性に対する露出願望とかそういったところまでいっていない未成熟な段階での、子どもから大人へ移り変わる思春期のなせる業だったのかなとも思いますし、最終的に到達する地点への通過点に過ぎなかったのか、あるいは後者なのかもわかりません。 私は夜時々、エッチな想像をすることがありました。 どういう想像かと…

続きを読む

子供の家庭教師と

2019/12/14

今日は私の実体験を、できるだけ克明に皆さんにお知らせします。告白したい衝動を止められないんです。実はもう、それだけでヌレヌレになってしまっている、はしたない女です。私は38歳の専業主婦です。小4の一人息子の私立中学受験のため、家庭教師をつけました。お友達の関係で紹介された家庭教師は、一流私立大学に通っている宮田隆志さんという方です。大学ではラグビーをやっていて、がっしりした男らしい体格、はにかんだ表情が素敵な方で、正直言って初めてお会いしたとき、すごくときめいたというか、恥ずかしいけど一目ぼれしました。その時、宮田さんが「お母さんがこんなに若くて綺麗な方だなんて、びっくり…

続きを読む

お浣腸をされて

2019/12/10

私が小6時です夜お腹が痛くなってパパとママに言ったら病院に行く事になりました病院に着くと受付を済まし待合室で待っていました私は内心メスでお腹を切るとか手術しないといけないかもなど頭によぎり不安でした待ってる時間がすごく長く感じられました名前が呼ばれ両親と一緒に診察室に入りました医師は30代前半ぐらいの男の人でしたまずは医師の触診が始まりました服の上からお腹を押されどこが痛いのか聞かれました「この辺」と指で指し言いました医師は頷きながら納得しましたそして医師から説明がありました簡単に言います医師は私の便が溜まりそこからお腹痛くなったと言われました私が次の嫌だった…

続きを読む