「肛門」一覧 (860件)

小1の女の子とハードないたずら

2022/09/25

ヤッてはないからスレ違いなんだが長文置いていきます 随分昔だが、俺が小5?6くらいの話夏休みに親の知り合いの人の家に数日泊まりにいった外で遊んでいるとその人の家の隣に住んでる同い年の男の子と仲良くなったタメという事もあり話が合い、その日は彼の家に泊まる事になった家に行くと彼の弟(小3くらい)と妹Aちゃん(小1、美系)がいた二人とも良い子でよく懐いてくれ、居心地よくて楽しかった夜、3兄弟と俺は同じ部屋で寝ることになったAちゃんが「○○くん(←俺)と一緒に寝るー!」と布団に入ってきたAちゃんの母親は「ほんとに○○君の事好きなのね?^^」と笑っていた4人でしばし談笑の後、…

続きを読む

深夜妹に悪戯

2022/09/24

子供の頃、小学校3年生で精通を迎える前からオナニーを覚えた僕は数年後物心ついた時から4つ下の妹に興味が湧いてきました。まだ小学校中学年の妹の葉子への性的悪戯。まだ分け隔て無く家族川の字で子供同士が同じ部屋で寝てた頃、布団を1人づつ川の字にして葉子と寝るまでふざけたり笑わせたり普通の子供の寝る前の振る舞いでした。そして葉子が寝てから最初は体を少しずつ触って起きないか確かめては少しずつ葉子の布団に入り込みまだ膨らんでない胸や柔らかなお腹を触っていました。親より子供は早く寝るのでチャンスがあれば悪戯をし、徐々に親が横で寝ていても触れるように慣れてきました。葉子…

続きを読む

銭湯での体験談あれこれ

2022/09/19

その130歳の頃、夫の赴任先である地方都市の銭湯で、番台の男に全裸をジロリと見られたことがあります。古い社宅の近所にあったその銭湯に行くのは、それが何度目かで、いつもはオバサンが番台に座っていました。ところが、その日はなぜか番台に男が座っているので、入ったときからちょっとイヤな気がしていました。服を脱ぐとき番台に目をやると、私の方を見ている様子はなかったので少し安心しました。でも、洗い場から扉を開けて脱衣所に出てきたとき、男と視線が合いました。私は片手に風呂の道具の入った洗面器を、もう片手で当時まだ幼稚園児だった息子の手を引いていました。そのタオルで隠していない私の全裸を、男は正面か…

続きを読む

ひと夏の経験

2022/09/19

朕が大学生のときの話。夏休み、サークルのメンバーで海に行くことになっていたのだが、出発の朝になって突然雨がふりだして、中止になった。メンバーのほとんどが帰ったが、集合場所が俺のアパートの前だったため、女ふたりが帰らず部屋に上がりこんできた。そんで、朝っぱらから三人で飲み会。「なんでいきなり雨ふんのよ。天気予報の嘘つき」缶ビール片手にグチをこぼすY子。こいつは、巨乳と露出度の高いファッションがトレードマークで、メンバーの中ではお色気担当だった。「ほんと、ツいてないよね」Y子にあいづちを打つのはM美。真鍋かをり似の美少女で、性格は控えめで大人しい…

続きを読む

セックスのお誘いのはずが壊されちゃった・・・

2022/09/18

ある男性と一日を共にしたこなみ疲れてきたところでこなみたちは近くにあったホテルへと入る。「今日は疲れちゃったね?」とこなみが男性へ話しかけ会話は途切れる事はなく盛り上がっていた・・・・話しも次第にエッチなほうに流れそっと二人はキスをする。舌と舌がいやらしく絡みあう。「んっ・・俺。。お風呂入ってくる!」とこなみをエッチな気分にしたまま立ち上がる男性。。。それを呼び止めるこなみ「もう・・・我慢できないんだよ?」振り向くとこなみはおっぱいを出し男性を誘っていた。「だって俺・・・今日汗かいたし。。。お風呂入らないとく。。」「ココまでしてるのに?」男性が話し終わる前に…

続きを読む

Sな彼女

2022/09/08

彼女いない歴19年、やっと彼女が出来た。高校の2つ上の先輩なんだけど、地方から同じ大学に入学したら先輩がいて覚えてくれて声かけられた。高校の時は「綺麗で可愛い先輩」って見てるだけだったのに。3回生で21歳。 綺麗な大人の女の色気とアイドルみたいな可愛いさに押されてモジモジするしかなかった。同窓のよしみで飲み行こー なんて言われた気がする。それから暫くして、先輩から「金曜空いてる?」って聞かれて、飲みに行こーってコトになった。その時は他の人も来ると思ってたし、エロいことなんか思いもしなかった。金曜日になったけど、1回生は授業も多くて、先輩は先に行ってるって言うんで講義が終わっ…

続きを読む

ゲームで女友達と微エロ体験

2022/09/04

学校卒業してしばらくして、学生時代の女友達(香奈)の紹介で彼女が出来た。付き合って1年くらい経ったころ、3人で飲む機会があった。普通に飲んでたんだが、香奈の携帯に電話がかかってきて香奈はベランダに出てしゃべりだした。2週間くらいHしてなかったこともあり、その隙に彼女とキスをしたり胸を揉んだりしてたんだが、どうやら隙間から見えてたらしい。「エロいことしてたでしょう!私に彼氏いないの知ってるくせに!」と香奈。照れ笑いする二人。すると香奈はゲームのコントローラーに手を伸ばし、「私に勝ったら一回エロいことしていいよ」と提案してきた。おっしゃーとやる気マンマンの俺。彼…

続きを読む

お正月に・・・2

2022/09/01

私の会社の仕事始めは1月4日でした。ですから、私は1月3日のうちに、帰省先から現在のマンションに戻らなければなりませんでした。1月3日の朝、実家を出発しました。自分で車を運転して帰ります。前日まで親戚で温泉旅行に行っていましたので、体力的には少々ハードだったのですが、それでも私は、あるところに寄り道をしようとしていました。私には『帰省したからにはどうしても寄りたかった場所』があったのです。それは、『市営プール』です。この市営プールで、上手く隙をみて、男の子に恥ずかしい部分を見られようと思っていました。数ヶ月前に帰省してきたときにも、私はここの市営プールに来ました。そのときは、…

続きを読む

最高の彼女、但しセックスに限る

2022/08/30

俺が23歳の時のこと。社会人になって始めて彼女が出来た。彼女の名はアキ(仮名)アキは顔こそ十人並みだがスタイルは抜群だった。そして付き合い始めると俺はアキの体に溺れた。発想は単純だった。「同棲すれば毎日セックス出来る」アキに同棲を持ちかけると彼女は喜び、すぐに同棲生活が始まった。最初のうちは順調そのものだった。当時の俺は、出社7:30・退社22:00、休みは1ヶ月に2日という少しブラック系企業に勤めていた。毎日毎日帰りは遅いし休みも少ない。そんな生活でも毎日のようにセックスをしていた。俺は帰宅すると簡単に食事を済ませ風呂に入って布団に入る。アキは攻め好きだった…

続きを読む

逆援助交際

2022/08/24

ある日、出会い系で知り合った人妻から、「セフレを欲しがっている知り合いがいるんだけど、良かったら逢ってみる?40代の人なんだけど、お小遣いくれるってよ。」当時、女には困っていなかったが、お金につられて1度会う事に。アドレスを教えてもらい、逢う約束を交わした。俺は結構ストライクゾーンが広かったので、40代でも全然構わないとその時は思っていた。約束の当日になり、女性の住むマンションへ向かった。彼女の名は恵子さん。40歳。5年前に旦那さんを亡くしているらしい。マンションに着いた。大きく綺麗目なマンション。オートロックのため、教えられた部屋番号を押す。恵子さん「はい?」 俺「あっ…

続きを読む

妹と一緒のお風呂

2022/08/17

親から「妹をお風呂に入れるのは、お兄ちゃんの仕事のひとつ」と躾けられていたので小学校の頃はよく妹とお風呂に入れさせられていました。よく、というよりほぼ毎日一緒にお風呂に入っていました。妹もお風呂は兄ちゃんと入るものと思っていたため、観たいテレビがあって早めにお風呂に入り、早く出ようとしても僕がお風呂に入っていることに気づくと、妹が入ってきてお風呂の世話をさせられテレビに間に合わないということが多々あり、風呂場で妹に悪態をついたりもしていました。それは僕が小学校高学年になっても続いて、いい加減妹とお風呂に入るのが嫌になっていました。姉や妹を持つ同級生が、「まだ一緒に風呂入って…

続きを読む

俺とY子の交差点

2022/08/08

俺が二十歳の頃。デザイン学校を卒業して、一年ブラブラし、ある会社に就職した。企画物のグッズや小物の制作会社で、オープニングスタッフを募集してるとか何とか。そこで面接して、あっさり決まった。20~23歳くらいの同じような歳の連中が集まった。俺を入れて男三人、女三人の六人だった。だが、その会社の社長というのがいい加減なオッサンで、口だけは景気のいいことをいうが内情は、会社としてはさっぱりだった。売り上げなんかほとんどなく、もともと親の金で道楽で始めたような会社だったらしい。そんなところだったから、仲間意識が強かったのかも知れない。俺たち六人は、すごく仲がよく、しょっちゅう飲みに…

続きを読む

出会い系での勝負

2022/08/05

それはとある出会い系サイトでの事です。携帯電話で、女性掲示板の書き込みを見ていると、こんな書き込みがありました。投稿者:あんな 18歳タイトル:12戦1敗 他の書き込みは、大体「今日?で会える方」とか「援でお願い」とか「プチサポよろ」等、内容はどうあれ出会いを誘うものに対して、そのタイトルはあまりに異様で浮いていました。私は不思議に思い、興味にかられてその書き込みの内容を見てみる事にしました。 「誰か私と勝負しませんか?私のフェラに15分耐えたら一日あなたの奴隷になるよ♪」 なんだこれ?サクラか、CB(キャッシュバック)目的のポイント稼ぎじゃないのか?そのサイトには女性にはC…

続きを読む

アツシ

2022/08/02

東京でOLをしている姉が家に帰ってきた。以前は連休のたびに帰ってきていたが、昨年からまったく帰ってこなくなったので、向こうで彼氏でもできたんだな?と思っていたが、ここへ来ていきなり帰ってくるとは・・・もしかして・・・ふられたかな?そんな姉は弟の俺が自慢できるぐらいかわいらしい姉ちゃんだ。そして事件は先月の週末にさかのぼるのだが・・・いきなり帰ってきた姉は俺にこう言った。「アツシ?!(俺の名前)明日ドライブがてら温泉にでもいってみない?」いきなりの誘い!俺はビックリしたが8歳も離れていて、姉には本当にかわいがってもらったので、久しぶりの姉の誘いに何一つ断る理由など俺には無い…

続きを読む

陵辱に喘ぐ、最愛の妻

2022/08/01

私は40歳、妻の亜希子は35歳になりました。私にはSMの性癖があり(無論、Sの方ですが)、新婚当初その行為に驚愕し戦いていた妻も、今では被虐と羞恥に嗚咽を洩らす淫乱な人妻となっています。数年前まで私は、そんな従順でM女としてもほぼ完成された、妻の亜希子に十分満足していたのです。ですが、近年の妻に対する性の虐待心とも呼称出来る、ある願望が私の中に芽生え始めました。「妻の犯されている場面を、その場で見たい。それも縛られて、苦悶に喘ぎながら陵辱される所を・・・」自分で言うのも恐縮ですが、妻は美しい女です。35歳になりましたが、その肉体は爛熟し、乳房や尻も豊かで、女としての色香を…

続きを読む

パンツなんか見たくない

2022/07/21

小学校6年生で11才だった時のこと。幼稚園からの幼馴染のまゆみも一緒にお風呂に入ったりしていた幼さから、立派の女になりつつも子供っぽく、スカートめくりなんかしてた。まゆみもマセた娘で活発でエッチだった。良くオイラがオッパイ触ったり、スカートめくったりしてりと、ズボンんの上からタマやチンコを痛いくらい握られたり。ある日まゆみにちょっかい出してたら突然キレて『そんなに見たいのかよ?』って言って自分でバッとスカート捲り上げて『ホラ見なよ?』って挑発して来た。可愛いイチゴのパンツだった。でもオイラも負けじと『そんなカギのパンツなんか見たかねぇよ?』って照れ隠しで言った。そし…

続きを読む

初めての不倫体験

2022/07/20

何年も前のことですが、私の会社には広岡さんと言う当時33歳の人妻の事務員さんがいました。 とても明るく、可愛らしい女性で、すぐに仲良くなりました。 やがて、相談事などを聞くようになり、居酒屋に行ったりもしました。 家庭でかなり悩み事があるようで、旦那さんから暴力も振るわれたりしているようでした。 日増しに親密になり、肉体関係を持つのも時間の問題のように思われました。 もちろんいけない事だとは分かっていましたが、朝、彼女が掃除をしている時にこちらに突き出したGパンのお尻や、ペットショップに行った時に、私の目の前で、犬を撫でながらスカートでしゃがみ込み白いパンティーが見たりすると、広岡さ…

続きを読む

家に飲みに来た妻の元上司が

2022/07/19

長い話になりますが・・・結婚して以来、妻の元上司が時々週末になると家に飲みに来るようになった。そのつど変わったワインやブランデーなど持ってきたりカクテルを作ってくれたりする 最初は2時間ほどで帰ってくれたが、ともすると午前3時くらいまで居座ったりする妻は割と酒がいける方だが私は酒が弱くとてもついていけない。深夜に突然酔って訪ねて来ることもあって迷惑している。それで私だけが先に寝室に戻って寝るバターンになっていった。ところがこの上司、最近は酔うとマッサージと言って妻の体に触れようとするらしい。妻の話だと初めは手のひらの壺を押すだけだったが肩や腰などもマッサー…

続きを読む

高校卒業後の二人

2022/07/18

彼の名前は 瀬戸一貴。 (せと いちたか)隣で歩いている彼女は、葦月伊織。(よしづき いおり)・彼は高校に通っていた頃からずっと彼女が好きで、片想いだと思っていた。色んなトラブルがあったが、卒業前に付き合うことになり、卒業しても会えることになった。彼女の本格的な芸能界入りと共に、お互いの距離が何度も離れ、離れ、それでも関係は続いていた。最後の事件、彼女に恨みを持つ男の凶行を阻止しようとした一貴は脳震盪を起こし、生死の境を彷徨った。しかし伊織の言葉で生還した一貴。二人の愛はいっそう深まったのだった。ここより記される物語は、その後の二人の話でございます…

続きを読む

カンボジアの少女

2022/07/11

あれは4年前のことだ他人より2週間遅れの夏休みをとった私は、バンコクの北ターミナルからアランヤプラテートに向かうバスに揺られていた陸路で国境を越え、カンボジアを旅するためだカンボジアには何度か行ったことがあったが、いずれも飛行機で一気にプノンペンまで飛んでいたのだが何か肝心なところを全部飛ばしてしまっているようでもったいない気がしていただから今回は国境の街ポイペトからシソポン、バッタンバン、そして船で川を走ってアンコールワットの街シェムリアップ更に船でプノンペンまで行ったら、また陸路でシアヌークビルまで道中くまなく見て回るつもりだったカンボジアといっても地域によって人…

続きを読む