「ランジェリー」一覧 (29件)

私の上司の由美子課長

2018/04/17

私、三流販売会社の営業マン。31歳です。就職氷河期にやっと入社した会社です。景気が良くなればこんな会社オサラバ!と思ってましたが、そんな私が今も転職しないのは由美子35歳の存在でした。もろ一目惚れでした。しかし由美子は既に結婚していて手の届かない存在でした。由美子と初めてあった時は28歳主任でしたが現在は35歳の女課長で私の上司です。そんなある日、地方都市の取引先とトラブルが発生し、由美子課長が説明に向かいました。運転の苦手な由美子課長は私を補助兼ドライバーとして同行させました。車中で由美子課長は助手席で資料とにらめっこでした。私はタイトスカートがめくり上がりベージュのスト…

続きを読む

温泉で知り合ったご夫婦と我が家で交換エッチ

2018/04/09

私35歳、妻27歳の夫婦です。最近、妻の変化に興奮を覚えてきています。今回は、先週末の出来事を報告します。妻は日テレの西尾アナに雰囲気が似てると思います。私が言うのもなんですが、スレンダーで美人タイプです。2週間前に温泉で知り合ったご夫婦。仮に『山本さん』とさせて頂きます。山本さんのご主人は38歳、普通体型のサラリーマン、サッパリした印象の方。山本さんの奥さんは36歳、スレンダーでやや童顔、専業主婦でM女といった印象です。土曜、夕方に山本ご夫婦を我が家に招き、庭でBBQから始まりました。お互い子供もいないし、私たち二人だけでは我が家の部屋も余るため、初めからからお泊まりの予…

続きを読む

私が卑猥なランジェリーを着る理由

2018/03/30

結婚してもう15年にもなる専業主婦の私。40歳を越えて夫と子供もいる身なのに、不貞行為をやめられなくなってしまいました。きっかけは、結婚前の勤め先にいた上司との不倫。夫以外の人からの怪しげな誘いに、つい心の隙ができてしまい、体を許してしまいました。夫とは経験できない、いつまでも続くアソコへの執拗な愛撫。クリトリスを舐めたり電動のオモチャで刺激されたり、そして挿入行為。クリだけでなく中でもイクことを覚えた私は、ねちっこく情熱的なセックスに気持ちはどんどんはまりこんでいきました。そして今では彼の虜になり、彼の性癖を満足させるようなことを望んでする女になってしまいました。その彼の好き…

続きを読む

高慢な女の上司(4)

2018/03/29

口止めのために屈辱に心で泣きながら体を許すリーダーでなくては、僕の彼女に対する嫌悪感と征服感の糧にはなりません。それなのに、彼女の積極的な舌使いは、口止めのついでに自らも快楽をむさぼろうというような楽しげな嗜好がみてとれるのです。なんとも思っていない男とでも、わりきって楽しんでしまおうという彼女の意図に、なんだか侮辱されたような気がしました。口止めのために屈辱に心で泣きながら体を許すのではなく、自分の快楽のついでに、お前にもいい思いをさせてやるよ。だから大人しく黙っていな。そういわれているかのようです。そんな気持ちもあって、僕はフレンチキスだとはいえ、あまりにも大量と思えるくらいの…

続きを読む

年末の夢一夜

2018/03/25

私55歳。10年前に家内を病気でなくし、ずっと気ままに一人暮らし。4、5年前ぐらいまでは、下半身の始末にいろいろと経験しましたが、ここ数年は年とともに収まってきて、5年ほどはなにもありませんでした。年末に某観光地に行きました。列車の通路をはさんだ隣の席には50前ぐらいの、そこそこ雰囲気の良い女性。まあ、その時にはなんと言うことはありませんでした。そして目的地に着き、しばらく観光地を回って「さて次は・・・」と観光協会のオフィスに行くと、さきほどの女性がいました。一応黙礼をして、観光マップとパンフレットをもらって外へ。2つスポットを回って3つめに行くと、またまたその女性。さすがに…

続きを読む

居酒屋で出会ったセレブ熟女が、セクシーな透け透けパンティを履いていた

2018/03/24

俺は既に中年を迎えたサラリーマン。少し前に今でも仲が良い高校時代の同級生Kと彼の家の近所の焼き鳥屋に行った。居酒屋はこじんまりとしていて、カウンター5席、ボックス4人がけが3テーブルぐらいだ。おばちゃんが一人でやっていて、いままでに何度か行ったことはあるが、いつもおっちゃんたちのたまり場のようになっていた。だけど、この日はちがって、おばちゃんの友達らしき熟女が一人でカウンターで飲んみながら、おばちゃんと話をしていた。オレたち二人は、その近くのテーブル席に通された。オレはそんなに男前でもないのに、いつもおばちゃんに「男前、男前。」と言われて、からかわれていたのだが、そこにカウ…

続きを読む

万引き妻(1)

2018/03/22

私は気の弱い男で41歳で職業は公務員です。気の強い?妻の麻紀35歳はでコンビニのパート勤めで子供は1人で10歳です。結婚して13年経ちます、麻紀は決して美人では無いですが可愛い感じで愛嬌が有り身長168cmで体重50kgでスタイル抜群でバスト90cmのEカップの巨乳です、脚も綺麗で自慢の妻です。私は麻紀は淡白で余りSEXは好きでは無いと思っていました。麻紀は22歳まで男性と交際した事が無く、私が処女を貰いそのまま結婚しました。私も歳を取り性欲が落ちて夜の夫婦生活もお互い仕事も有りまして、2年前からSEXしていませんし少し前に私が求めても「仕事で疲れてるから・・」と拒まれました。私も…

続きを読む

姉の下着で女装して、レズの姉と愛し合う

2018/03/16

私は23歳、姉が26歳。両親は父親の仕事の都合で今は海外に住んでいるので今は姉弟2人で暮らしています。私は姉の下着に興味があり、留守の時などは下着女装をして楽しんでいました。(でも使用済みの下着には興味はありません)ある日、姉が外出したのでいつものように下着の入っている引出しを開けると新しいブラジャーが入っていました。ですが、サイズが今までの姉のサイズとは違っていて、アンダーが少し大きく、逆にカップは小さいのです。姉のサイズはE70ですが、そのブラはB80でした。不思議に思いながらもそのブラを取り出して着けてみると何と、私にピッタリではありませんか!今まで姉の下着ではかなりアン…

続きを読む

色気がないパンツしか履かなかった妻が、ガーターベルト付けだしたんだがwww

2018/03/06

最近、嫁が急に変わってしまいました。僕は32歳の会社勤めで、嫁の環奈は26歳の専業主婦です。結婚してまだ2年弱で、付き合い始めた時は、環奈はある企業の受付嬢でした。つい最近まで嫁はそこで働いていたのだけど、結婚を機に仕事も辞めてもらいました。収環奈の職場の男性や、お客さんで来る男性のことがすごく気になっていた僕は、付き合っていた時から、早く止めて貰いたいと思っていました。収入的にも問題ないので、結婚はいい機会でした。僕は、かなり心配性で嫉妬深いです。そして環奈は、バカ夫目線なのかもしれませんが、すごく可愛いと思う。本当に、AKBとかだったら、センターにいておかしくないくらいだ…

続きを読む

猛特訓

2018/03/02

僕が19の浪人生のとき、東京の予備校に通うため、叔父(母の弟)の家に下宿することになりました。叔父は既に結婚していて、僕とは血の繋がらない叔母がいました。叔母は35歳の子供なしで、超がつくほど美人でナイスバディでした。叔母はなぜか仕事もしていないし、叔父はいつも仕事で遅いということでした。いつも、朝起こしてくれて、朝食と弁当も作ってくれました。その後、予備校から帰ってくると、夕飯も作ってくれました。もちろん、帰ってからも猛勉強特訓していました。しかし、下宿してから、1月位したゴールデンウイークに、当然予備校はお休みでした。叔父は休日出勤とかで出かけていきました。その日のことで…

続きを読む

息子の初恋の相手のお母さんは美人なドMだった

2018/02/25

先週の土曜日の事です。息子が通ってた幼稚園のPTA総会で、近くのレストランバー(PTA仲間がオーナー)を借り切って保護者・子供総勢40名近い会でした。子供もいるので夕方からの開始でしたが、近くで子供が襲われる事件の直後で話が積もり、貸切ということもあり時計を見れば10時前でした。妻と参加していたのですが子供が帰りたいということで妻は先に帰してました。残ったメンバーを見ると酒好きのメンバーばかりで(男7人 女6人内夫婦3組)TAXIですぐの顔なじみのBarに移動して飲み直そうということになりました。TAXIで隣に座ったのは、息子の初恋相手(エリカちゃん(仮名)の母親(ユキさん(仮名)3…

続きを読む

逆襲のホームレス(2)

2018/02/24

「感じてるの?良いよ、イっても!」(だ、誰が、あんたなんかに・・・イヤァ、イヤァ、イヤァァァァァ) 香奈子の決意も空しく、香奈子は思いっきり仰け反り、ビクビク痙攣を始め、果てた・・・ 息子の前で、ビデオカメラの前で、毛嫌いしている男達の前で、香奈子は果てた・・・ 「じゃあ、さっきの約束守って貰おうか!テーブルに両手を付いて、カメラ目線で尻を振りながら、ナスよりあなたのオチンチンを私のおまんこに下さいってね」 香奈子の耳元で優しく小声で呟く出歯亀、香奈子は深い溜息を付く、(もう・・・言う通りにするしかないの?もう・・・)「せめて、せめて、避妊して下さい!」「ダァァメ!」 香奈子の願いも空し…

続きを読む

近親相姦、母に裸エプロンさせて激しくセックス

2018/02/24

母が未亡人になり、私と愛し合う様になってからの事です。「母さん・・・・」私は母に裸にエプロンをして欲しいと思いましたが、なかなか言い出せず「なあに?・・・オッパイ?・・・用事が済んだら吸って・・・」「オッパイじゃなくて・・・裸でエプロンしてくれる?」思い切って母に頼んだのです。「え!・・・裸でエプロンするの?!・・・もうどこでそんなの覚えるの」「だめだよね・・・・」「困った人ね・・・可愛いエプロンがいいんでしょう?・・・」「母さんいいの?・・・」「そんな可愛いエプロンないのよ・・・・普通のエプロンならあるけど・・・ねえ母さんに裸にエプロンを着けさせたいの?・・・」「・・・だめだ…

続きを読む

私達変態夫婦は、スワッピングが大好きなんです!

2018/02/05

私達夫婦は、40代の中年夫婦なんですが、人に言えない特別な性癖があります。それは、スワップ夫婦なのです。夫婦交換し、目の前で妻が寝取られている姿を見ながら自分も他人の妻を抱く。そんな変態的なシチュエーションに異常な程ハマってしまっているんです。いつも、その類の掲示板を閲覧してお相手を捜しておりました。そこに、少々年上の年配ご夫婦が目に入りました。メールのやり取りをし、目線入りの顔写真を交換して、一目で気に入り、向こうの夫婦も気に入った様で、いざ温泉宿でお会いする事になりました。当日、お風呂に入り、食事を済ませて身支度を整えて、妻には上下黒のランジェリーを着けさせ、黒の網タ…

続きを読む

勤務先のパートの人妻は、下着をプレゼントしたらモールのトイレでやらせてくれた

2018/02/02

待ち合わせの駅で落ち合い、二駅目で大勢の人が降り、彼女綾子と席に座った。窓側に綾子。9月上旬の残暑の季節だ。汗ばんだ肌を寄せ合い、指を絡めて座った。綾子42歳。158センチ、Å型。息子が一人、20歳。早生まれのオレと同い年だ。俺の会社の営業所のパートさん正式に付き合って3ヶ月。口説くのに半年かかった。綾子の耳にピアス、胸元に一粒ネックレス。クリアマニュキアとリップ、全てオレのプレゼント。左手薬指に、安物だけどペアリング。白いサンダルも、先々週に買った。指先で綾子の膝頭を撫でる。透明なストッキング越しに、丸い膝を撫で回す。綾子が小さく首を振る。だめよ・・・と。…

続きを読む

五十路のセレブ熟女と意気投合して

2017/12/08

久しぶりに高校時代の同級生の淳と、近所の個人経営の居酒屋に行った時の話です。店はこじんまりとしていて、15人程度で満杯になる広さ。50代ぐらいのおばちゃんが一人で切り盛りしていて、いつも中年のおじさん達の憩いの溜まり場のようになっていた。だけど、この日は違って、女将の友達らしき熟女が一人でカウンターで飲みながら、女将のおばちゃんと楽しそうに話をしていた。それで俺たち二人は、その女将の友人の近くのテーブル席に通された。俺は男前でもないのに、いつも女将のおばちゃんに「男前!男前!」とからかわれていたのだが、そこにカウンターの熟女が食い付いて来た。話の流れで、その熟女が『マミさん』という…

続きを読む

万引き妻(1)

2017/12/02

私は気の弱い男で41歳で職業は公務員です。気の強い?妻の麻紀35歳はでコンビニのパート勤めで子供は1人で10歳です。結婚して13年経ちます、麻紀は決して美人では無いですが可愛い感じで愛嬌が有り身長168cmで体重50kgでスタイル抜群でバスト90cmのEカップの巨乳です、脚も綺麗で自慢の妻です。私は麻紀は淡白で余りSEXは好きでは無いと思っていました。麻紀は22歳まで男性と交際した事が無く、私が処女を貰いそのまま結婚しました。私も歳を取り性欲が落ちて夜の夫婦生活もお互い仕事も有りまして、2年前からSEXしていませんし少し前に私が求めても「仕事で疲れてるから・・」と拒まれました。私も適…

続きを読む

私が綺麗になったのは、娘と同じ年の美容師の彼のせいです

2017/11/10

一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。たまに帰って来ては、「ママ、最近綺麗になったね・・」だなんて言います。「誰かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」娘と買い物に出た時、確かにナンパされたことがあります。女としては、嬉しいことかな・・娘は、薄々私に男性がいることを感ずいているようです。私はとぼけていますが、ばれているようです。そう、私は今、恋しています。彼に・・彼は、私の膝が好きみたいです。丸くて形がよく、白い肌が大好きだって言ってくれます。彼は、美容師の卵・・・娘と同い…

続きを読む

高慢な女の上司(9)

2017/11/07

「頼めばなんでも許してもらえると思うのが、そもそも思いあがりなんだよ」 「脱がしてほしいのか、誰のなにを見て欲しいのか、はっきり言うんだよ」 「まあいい、言わないなら、お望みどおり、朝までこいつで楽しませてやるよ」 「どうせ、もっともっとローターでいかせてもらいたくて、わざと言わないんだろ」 ピンクのおもちゃのスイッチをいれると、ジイーと振動音がします。「ううう・・・ひっく、うう・・ひどい」 「お願いです、パンティーを脱がせて、Sのお○んこを見てください」 搾り出すような声で羞恥をこらえてやっと言い切りました。「ああん? よく聞こえなかったな、何を見てほしいんだって?」 低い音の鳴るピンク…

続きを読む

高慢な女の上司(4)

2017/11/05

口止めのために屈辱に心で泣きながら体を許すリーダーでなくては、僕の彼女に対する嫌悪感と征服感の糧にはなりません。それなのに、彼女の積極的な舌使いは、口止めのついでに自らも快楽をむさぼろうというような楽しげな嗜好がみてとれるのです。なんとも思っていない男とでも、わりきって楽しんでしまおうという彼女の意図に、なんだか侮辱されたような気がしました。口止めのために屈辱に心で泣きながら体を許すのではなく、自分の快楽のついでに、お前にもいい思いをさせてやるよ。だから大人しく黙っていな。そういわれているかのようです。そんな気持ちもあって、僕はフレンチキスだとはいえ、あまりにも大量と思えるくらいの…

続きを読む