「OL」一覧 (278件)

彼氏がいるのにデリボーイでイキまくった

2018/04/19

私は29歳のOLで名前は亜希子と言います。最近忘れられない経験をしたので報告してみます。その日私は会社の女の先輩の部屋で飲んでいました。先輩の名前は美紀さんと言って凄く仲良い先輩です。19時くらいから飲み始めて、22時を回る頃には2人でワインを3本空けていて、結構酔っ払った状態で美紀さんが言いました。美紀「ねー亜希子、これからちょっと呼びたい人いるんだけどいい?」私「いいですけど?誰呼ぶんですか?」美紀「亜希子、デリヘルって知ってる?」私「え?風俗みたいなこと、ですよね?」美紀「うん、そう。私ね、たまに男の人呼んでるんだよね」私「ホントですか??」美紀「うん。でね、その人…

続きを読む

関西弁の欲求不満な独身女上司

2018/04/19

高校を卒業と同時に18歳の時から5年間、大阪の某百貨店の洋食屋の厨房でコックをしている23才の料理人です。そして俺が20歳の時にホール店長として当時37歳独身の関西弁の女の人が本社から転勤してきました。顔は国生さゆり似で、その人はいかにもキャリアウーマンで本社の信頼も厚くて、実績のあるインテリなOLさんでした。当然、うちの店に来てからも、この女上司のOLはバイトの女の子や厨房のコック達からも尊敬されてました。その人(須藤サン)が転勤して来てから半年ぐらい経った頃の事です。俺は久しぶりの早番で夕方に仕事が終わって、エレベーターを待ってると休みのはずの須藤サンがやってきました。…

続きを読む

輪姦でのレイプ

2018/04/18

■輪姦でのレイプ(OLの告白) 私はある人にレイプされました。いえ、正確にはある人たちに。私の会社に出入りしている営業マンで、見た目はとても爽やかなひとでした。私は結構、好意を持っていたんです。ある日私は、その人に声を掛けられて飲みに誘われました。その人が既婚者だと言うことは知っていましたが、一度くらいなら飲みに行ってもいいかな?もしかしたら、一度くらい大人の関係になってもいいかな・・って。でも、その考えは大きな間違いだったんです。その人は最初から私をレイプ、いえ輪姦する事を目的としていたんです。しかも、10人近くの男性を用意して!飲みに行った私たちは、とても良い雰囲気になり、…

続きを読む

童貞から一気に姉妹丼経験者に昇格してしまいしたw

2018/04/18

自分は地方の3流大学を卒業して、地元の小さい会社に就職しました。会社の同期に中卒の女の子がいたんだが、ほかの人たちが全員40越えという事もあり、よくこの同期のOLとつるんでた。その子の家庭は複雑で妹を高校に行かせるために、進学せずに就職してお金を稼ぐことにしたらしい。とはいえ塾に行かせる余裕が無いとのことで。勉強ならと俺が家庭教師を引き受けていた。夏にはその子と付き合い始めていて、それなりに色々したが、童貞の俺は体を触るから先に進めていなかった。クリスマス前の土曜、彼女が友達と忘年会のため俺と彼女の妹C子だけで勉強をすることになった。勉強する前にc子は次のようなことを言ってきた…

続きを読む

結婚寸前の先輩OLはお尻に指を入れられるのが弱点だった

2018/04/18

事務員の博子先輩が2年くらい前に結婚する前の話。会社の飲み会で遅くなり、お互い電車通勤の僕達は同じ方面で一緒に帰ることに。地味な印象の事務員の博子先輩は特に美人というわけではないですが、どこか惹かれていました。博子先輩がだいぶ酔ってフラフラだったので、思い切って「どこかで休憩しませんか?」と提案。「私、あと2ヶ月で結婚するけど、N君ならいいかなー」一緒にホテルへ。ちょっと唇が残念な博子先輩の唇にキス・・・。「私、秋に結婚するのに・・・。でもいいの・・・色々彼とケンカしたりしてて・・・もう・・・」お風呂にお互い入り、白のガウンを脱がす。婚約者のカレとも、もちろん結婚前にセックス…

続きを読む

汚い居酒屋で芸能人級の美女二人組がきてナンパ

2018/04/17

金曜日仕事が終わりに職場の古株2人と汚い居酒屋で 飲んでいると、隣の席に女性が二人が入ってきた。その二人があまりにも美しくて、眩しくて。「あれ芸能人だろ?」「モデルじゃないか?」 後輩の俺が、若いし警戒されにくいということで、 女性にビールをついでくるよう言われた。こんなキレイで堅そうな女性に、うまくいくわけない。どうせ無視されるだろう・・・でも意外と 「あ、いいんですか?ありがとうございますっ!」と 明るく答えてくれた。あ~よかった。いい感触だとわかると 古株どもがすぐ女性に話しかけた。俺は当時23歳で就職先が見つからず、作業員のバイトで 食いつないでいた。…

続きを読む

清楚で上品な一流企業のOLを演じている私の秘密

2018/04/14

私は28歳の、どちらかというと真面目なOLです。会社も名前を聞けば誰でも知っている、いわゆる一流企業に勤務しています。色白で背が164cmあって、胸はEカップ、友達からはスタイルいいねと誉められます。今、私には少し年上の大好きな恋人がいます。彼も私のことが大好きみたいで、私も彼以外の男性は考えられません。ただ二人には秘密があります。実は彼も私も、友達に話せないくらいの究極の変態なんです。普段のデートでは彼は私を紳士的に大切に扱ってくれますが、セックスのときには、私は彼に調教される、性欲に飢えたメス犬奴隷に成り下がります。先日、狂ったように感じてしまった出来事を聞いてください。…

続きを読む

今もあの時のことを思い出して・・・

2018/04/12

私は28歳のOLです。1ヶ月ほど前の日曜日、郊外に住んでいるお友達に会うため、久しぶりにバスに乗りました。始発のバスターミナルから乗車して1時間の予定。バスの後ろ側の席に座りました。私の後から乗り込んできたちょっとヤクザ風のがっしりとした体格の中年の男性が、他の席がガラ空きなのに、迷う様子もなく私の隣りに座ったんです。その日はたまたまミニのタイトスカートを履いていたので、とっても嫌な感じでした。そしてバスが発車して5分も経たないうちに、その人が平然と私の太ももを撫でてきたんです。突然のことで、そして恐怖と嫌悪感で声も出せないでいると、その人が囁きかけてきたんです。「あんたスタイ…

続きを読む

研修先で知り合った事務のゆうこさん

2018/04/12

父親の会社の研修でとある県の提携会社に3年研修に。当時は勿論周りに友達もいないし、つまらない毎日だった。ある日、工事科の人に飲みに誘われ、そこには同じ科と工事科の事務員さん2人がいて4人で飲み、地元の話などを聞かれ、他愛もない話をしていた。工事科の人は社内でも風俗遊びが有名な人で、酒がまわるにつれデリヘルの体験談を話し、「今度風俗に行こう」と言われた時に工事科の事務のゆうこさんが「◯◯君はいかないよね」と聞いてきたので「時と場合によりますよ。男の子だしエッチはやっぱり好きだ」と勢いで話したりしてました。その会社は5月決算で、「在庫管理をするために手伝って欲しい」と、ゆうこさんに言われ、…

続きを読む

黒デカ乳輪の36歳独身OLに夜這いして

2018/04/11

GW中ということで千葉の片田舎から来た嫁が、派遣社員時代の女友達(阿川佐和子風のショートボブ、36歳独身OL)を連れてお泊まり中。この女、寝間着にノーブラ、しかも生地の薄いTシャツなど着てやがって。乳そのものはそんなに大きくないくせに黒デカ乳輪が透けて見えてる。どうせヤリマンなんだろうと、わざわざ夜中に起きて乳揉みしに行ってやった。佐和子は居間で寝ている。横にそっと添い寝して、布団のスキマから手を入れて、横乳をつつく。フニフニした感触で、起きそうもないから中腹から頂上へ。指先が頂上に達すると、予想以上に黒乳輪は柔らかかった。指先で乳首を探そうと円を描くようにさわってみたが、全然…

続きを読む

海外出張で抱いた紅一点のOLは処女だった[前編]

2018/04/11

今から7年前の春の体験話。とある中東諸国の会社との商談のため、俺の会社と子会社からチームを組んで海外出張に行くことになった。この仕事は1年間も残業に残業を重ねて積み上げた仕事。もし次の出張で契約がまとまれば、赤字気味の会社も好転するってもんだ。チームは全部で6人。リーダーは常務、そして語学だけが取り柄の部長。そして俺(伊藤)は常務の鞄持ち兼プレゼンター。子会社からは、やり手のA専務、紅一点で俺の仕事上のカウンターパートのB主任(慶子)、そして通訳役のC君。出張2週間前、チームの顔合わせということで、俺の会社でプレゼンと書類のチェックが行われた。日頃から慶子とは打ち合わせている…

続きを読む

弱みに付け込んで可愛いOLと格安愛人契約

2018/04/11

都内の会社に勤めているんだけど、ある日、関西本社のある会社の営業担当者が新しい担当になる女の子連れてきた。「このたび大阪本社から参りました水野と申します。よろしくお願いします」引き継ぎはつつがなく行われたが、(なんか見たことあるな?)と頭に引っかかった。で、家のPCでとあるHPを見たとき疑問が解消した。(この子じゃん!)それは俺がたまに利用する交際クラブのHPだった。あまり修正の入っていない写真は水野さんにそっくり。超俺好みの女だったので、いつか指名しようと思って狙っていた子だった。さすがにこの時は、こういうシチュは妄想すらしていなかったので、俺はすげえ驚いて相手に挙動不審に見…

続きを読む

脚のきれいな人妻OLと残業中に制服エッチ

2018/04/10

俺は10人ちょっとの小さな会社だが一応専務(36歳)。彼女K(27歳)は去年採用した事務員。もちろん面接、採用したのは俺。ちょっと細めで、顔はそうだねー、敢えて言うなら深田恭子をちょっと細くしたような感じ。身長は160センチくらい?髪は肩まで位のミディアムストレートでかなり茶髪。ちょっと唇が厚めな感じで、もろに俺のタイプだったんだよね。『昔はちょっとヤンキーしてただろ?』って感じだけど、仕事は真面目にしてくれるし、明るいのでお客さんにも受けが良い。俺も妻子持ちだが彼女も結婚している。旦那がフリーのジャーナリストだそうで、たまにしか家に帰ってこないっていうのは聞いていた。その…

続きを読む

困った生理現象

2018/04/10

フィアンセとの結婚が迫り処女を貰って深い関係を築いてきた美人達とのお別れを進めた。彼女らを性快楽で縛っていただけに修羅場の連続だった。女性関係は綺麗になったが毎晩溜まる精液の処理の問題が出てきた。そこでヤリマンたちの膣を借りようとしている。原則的にセフレを作らず毎晩違う女性と性交をしている。不特定多数の男とどんどん性交してしまうヤリマンにもいくつかのパターンがある。イケメンやテクニシャンを求めSNSを利用して積極的に男を狩るヤリマンがいる。彼女達はノマドセックスを唱え特定の男に縛られず性交自体をエンジョイしている。だが特定の相手にこだわらないのは性交経験数の割りに性技の蓄…

続きを読む

海外出張で抱いた紅一点のOLは処女だった[後編]

2018/04/10

俺は慶子の真正面の椅子に座り、慶子を観察した。胸の膨らみ、スカートから出た足。少し汗ばんだうなじ・・・。慶子を観察して5分も経っただろうか。慶子の横に座り直し、慶子のうなじに鼻を近づけた。汗の匂いが混じった体臭がする。興奮した。うなじにキスをした。慶子はビクっと一瞬動いたが、そのまま身じろぎ一つしなかった。俺は慶子の太股に頭を起き、ソファーに横になった。俺の顔には慶子の体温と、あそこから分泌されたであろう雌の匂いがしている。目の前に慶子の胸がある。そっと慶子のおっぱいに触れた。慶子はまたビクっとした。左手で慶子の右胸を触る。慶子は俺の手に手を重ねた。俺はおもむろ…

続きを読む

ほろ酔いOLを拾って・・・

2018/04/10

昨年暮の夜、山の手線に乗っていたら、いかにも忘年会帰りのほろ酔いOLを発見。下車が同じ駅で郊外方面の私鉄は終わってる時間だったので、タクシー乗り場に向かうとその女も同じ方向になった。ちょっと歳はいってそうだし、美人というほどではなけど、まあ普通以上かな~って感じの外見。コートの上からでもわかる巨乳に惹かれて、ダメもとで声を掛けると「飲み足りないの?」って割りとイイ乗り。すんなり30分だけという約束で居酒屋へ・・・。お互いそれなりに酔ってるから、結構軽いトークで仕事の話やら結婚の話やらで、そこそこ盛り上がった。歳は35で独身。彼氏アリ。・・・ということが判明。実は今日も彼氏と飲…

続きを読む

スパゲッティの匂いがする愛海

2018/04/09

昨夜、日暮里の駅近くで色黒な若い女の子を見掛け、テレクラに電話してきた娘と勘違いして声をかけた。「違います」と言われたが夜遅く一人で居たのでナンパした。彼女は「愛海」と名乗っていたが、「亀有にあるスパゲッティ屋のバイトが終わり遊びに来ていたの」と言っていた。年は高校生位にも見えたがあえて聞かなかった。「もしよければ1万位でホテル行く?」と誘い、明るい性格の愛海は「ウン」と頷いてくれた。バイトの帰りで愛海の身体からはスパゲッティの様な匂いが微かにしていた。早速、近くのホテルへ入り、先にシャワーを浴びさせた。愛海が出てきて、「おじさんは入らないの?」と聞いてきたが、「家で風呂に入って…

続きを読む

私の全裸を写メ撮った客が彼氏の課長

2018/04/09

9歳のOLです。一人暮らしをするためにお金を貯めようとメンズエステのバイトを始めました。風俗と言えばそうですが、面接でオイルマッサージだけで私は触られることもないって聞かされてました。一週間して指名で付いたお客様に気に入られたらしく、何回も指名してくれるようになって、マッサージのサービスも局部を念入りにするように言われ、サービス中にミニの白衣の中に太もも辺りから手が入ってパンティー越に触るようになりました。そのうち段々と要求がハードになり、いつか白衣を脱ぎブラを外してパンティーだけでマッサージをして、ローションを私のパンティーの中へ垂らされ逆にマッサージを受けさせられるようになり、つい…

続きを読む

『高校の制服を持って来い』19歳OLとの変態プレイ体験談

2018/04/08

俺は20代のサラリーマン。先月中出しした、19歳OLの有紗(仮名)から、『日曜日会おう』と何度も連絡が来るので最初は無視をしていたが、根負けして『生理来た?』と返信した。有紗からは『まだ来ていない、遅れてるのかな?』と返事。(もしかして出来たのか?)と思い、『じゃ~高校の制服を持って来い』と連絡し、会う事にした。日曜日の朝10時、待ち合わせの場所に行くと、有紗はラフな格好で待っていた。スタイルはイイので良いが、ワンピースなどで来て欲しかったので、高校の制服に着替えるように命令したが、「忘れて来た」と言い出した。「今日はラフな格好やなー」と言うと、「OL1年生はお金ないねん」と…

続きを読む

隣人のOL

2018/04/07

ある日曜日の午後、窓からは初冬の優しい陽が差し込んでいる。あるアパートの一室に住む、彼女の名前は咲夜美麗。22歳のOLだ。(せっかくの休みだし買い物にでも行こうかな?)そう思っていた矢先、玄関の方からチャイムの音がした。(えっ、お客さん?こんな時間に誰?)ドアを開けると、そこには美麗の隣の部屋に住む20歳の大学生、麻生尊(アソウミコト)がいた。「おはようございます!」彼は朝から爽やかな笑顔で笑う。美麗と彼はただの隣人で特に親しいわけではない。怪訝に思った美麗は彼に尋ねてみた。「あの……何か?」 「あ、突然こんな時間に来てすみません。あの、俺明日引っ越すことになったんで、 今まで…

続きを読む