「淫乱」一覧 (552件)

小池栄子の体験談(5)

2018/06/20

「教壇に立って、いつもの言葉を言うんだ」栄子は慎吾に連れられ、教壇の前に立たされた。「待ってたよ、栄子ちゃん」正面から、武志の声が聞こえてきた。今日は、教室でやるんだ・・・栄子はアイマスクを外そうとしたが、その手を慎吾に止められてしまった。どうやら、先に言えということらしい。「た、武志様、し、慎吾様。きょ、今日も栄子をい、苛めて下さい」栄子はそう言うと、背中に手を回し、ブラジャーの紐を外した。黒の水着がハラリと落ちて、栄子の豊満な胸が露になる。「栄子のお、オマンコは、二人に苛められる事を考えただけでもう、ぬ、濡れています・・・」左右の腰の紐を外し、全裸になった栄子は、自…

続きを読む

黄(き)濡れの貴婦人

2018/06/20

先日、親友の仁美が一人暮らしの私の部屋へフラリと遊びに来ました。仁美は学生時代からの親友で、女優の広末涼子と小雪を足したような美人です。美しさを鼻にかけることもなく、優しく想いやりがあり、人懐っこくサークルのアイドルのようだった彼女の友達であることを、私は秘かに自慢に感じていました。仁美が私の部屋から帰る際、「しばらく預かって欲しい」と紙袋を私に渡しました。中を覗くとと数十本のDVDのようでした。「これ何?DVD?なんでうちに?」と問いかけると「韓国ドラマの録画なの?。友達に借りてきたんだけど、今日は旦那が家にいるから・・・持って帰り辛くて(笑)今度取りにくるまでお願いっ!!…

続きを読む

バイブの電池が切れるまで

2018/06/19

25歳の那奈です。ネットで知り合ったご主人様に、『オマンコとアナルにバイブを入れて両手両足を縛り、電池が切れるまでオナニーを続ける』という命令をいただいてから3回ほど試みたのですが、途中で苦しくなりスイッチを切ってしまっていました。でもようやくやり遂げることができました。本当に凄い快感・・・。体力の限界まで快楽を貪り尽くしてしまいました。一番長持ちするアルカリ電池を用意し、オマンコにはクリトリスも同時に刺激できる二股に分かれた直径5センチの一番太いバイブを挿入し、アナルには直径3センチくらいのバイブを挿入し、荷造り用のロープで固定しました。そして洋服のベルト4本を両足の太ももと膝と…

続きを読む

現役風俗嬢だった教育実習生と学校でハメまくった

2018/06/18

私は学校で先生をしていまして、毎年、教育実習生が来るんですね。ある年に、教育実習生と浮気した思い出です。当時は3年生の担任でしたが、実はその年で学校を辞めるつもりだったんです。妻の実家の関係で3年前から決まっていた事でした。ある時、同じ3年生の担任で仲良くしていた同僚と競馬に行きました。間違えて買った馬券が当たってしまい、三桁のお金を手に入れてしまいました。そのまま同僚と街へ繰り出し、飲んで食って風俗へ。私が指名したのは女子大生と書かれていたマミという風俗嬢でした。私は巨乳が好きで、ムッチリした身体なら顔なんて二の次。マミはお世辞にも可愛い顔と言い難く、はっきり言ってブスでし…

続きを読む

凄技ディープスロートをする未亡人

2018/06/18

最近まで体の関係があった未亡人とのHな体験です。この未亡人とは、7年前とノーアダルトな某SNSで出会いました。秋頃は旦那さんを不慮の事故で亡くし色々と大変な時期でした。旦那さんは生前自営をしており、亡くなった事で、奥様が会社の財務処理に四苦八苦している中、色々とアドバイスしているうちに親密になりました。財務処理もひと段落した年末、彼女からお礼の食事に誘われました。それから頻繁に会うようになり、年明けの連休に結ばれました。それから数年関係が続き、彼女が子供達を学校に送っていった後、彼女の家で愛瀬を重ねていました。その頃40代前半に差し掛かっていた彼女ですが、細身で…

続きを読む

媚薬を盛って彼女とその先輩と三人でセックスした話

2018/06/17

彼女(28歳/ひとり暮らし)の部屋に行った。ちょっと遅いクリスマス。白ワインと缶チューハイを購入、途中エロ店でよく売っている女性用液体媚薬を購入。狂ったようにヤリまくる予定だった。TV見ながら飯食ってると、彼女の会社の元先輩A子(既婚/38歳)から彼女の携帯にTEL。どうやら彼女がひとりだと思ってワインを持って部屋に来るという。「彼氏が来てるけどいい?」と遠回しに断るつもりが、相手がすんなりOK。約20分後、A子が部屋に到着。自分はA子とは面識が全くなかった。ワインを開けて三人で乾杯。ここで悪知恵が働いた。二人が世間話で盛り上がってるとき、自分は台所へ行き白ワ…

続きを読む

未亡人の甘い罠

2018/06/16

隣のご主人が不慮の事故で亡くなって一年。男の出入りもなく、奥さんは貞操を守り続けている様子でした。まだまだ女盛り、一人で悶々とする日もあるだろうと節操のないことを考えていた時でした。玄関のチャイムが鳴り、出てみると隣の奥さんでした。奥さん「すみません。今、お時間ありますか?実は台所の電気が切れてしまい困っているんです。替えて頂けませんか?」俺「お安いご用です。替えの電球はありますか?すぐに行きますね」奥さん「ありがとうございます。よろしくお願いします」お隣のお宅は掃除が行き届いていて、アロマが仄かに香っています。脚立を借り電球を取り換えると奥さんはお茶を用意してくれていました。…

続きを読む

嫁は、ご主人様との寝取らせプレイの一環で私と結婚しました

2018/06/16

嫁とは、結婚して10年、とても仲良く過ごしてきたと思っています。結婚こそ、いわゆるできちゃった婚であまり胸を張れたものではないのですが、これまで嫁と喧嘩したこともなく、子供と3人で幸せな日々を送ってきました。ただ、一つ不満があるとすれば、嫁があまりセックスに積極的ではないことです。セックスレスと言うことはないのですが、月に1回程度しかさせてくれませんし、マグロ状態です。そんな事もあって、私はいい歳していまだにオナニーが日課です。家ではなかなかしづらいので、会社帰りに個室ビデオ店に寄る感じです。嫁の由紀恵は、初めて大学で見かけた時、地味だなと言う印象でした。真っ黒な髪に、真面目そうな…

続きを読む

上司は、奥さんのお腹の子の種が私のものだとも知らず喜んでいました

2018/06/15

35歳のバツ1の男です。現在、会社の上司の奥様・E美と不倫関係にあります。以前、会社の忘年会の2次会の席で、酒に酔った上司に夫婦でカップルルームに行った時の話を聞かされていたのですが、その後、また別に飲む機会があり、酔い潰れた上司をタクシーで自宅まで送り届けた時に初めてE美を見ました。最初はこちらも酔っていたこともあり何とも思わなかったのですが、上司をベッドまで運んだ後、リビングでコーヒーでもと勧められ、恐縮しながらも熱いコーヒーを飲み、少しずつ酔いが冷めてくると先日の上司の話が思い出され、E美の姿を目で追いながらあれこれ想像して興奮していました。E美は私より3歳年…

続きを読む

復讐された男(2)

2018/06/15

「やめっ・・・やめて!やめて・・・」苦痛の中で何とか言葉を紡ぐ悠一だったが、その言葉が聞き入られるのは30秒ほどたってからだった。美紀がペニスバンドを放すと、「ほら、ちゃんとぬるぬるにしておかないと、余計痛い目みるの。わかった?」と言いながら、また悠一の前に立ち、ペニスバンドを悠一の顔の前で振った。「はやくやんなさいよ。またグリグリしてほしいわけ?」理恵子が悠一の前髪をつかんで、無理やり顔を上げさせながら言った。悠一は、苦痛から逃れたくて頭がいっぱいになり、口が半開きになっていた。チャンスとばかりに、そこへそのまま美紀はペニスバンドを押し込んだ。そのまま腰をつかって悠一の口…

続きを読む

妻がサッカーのコーチと夜の学校で

2018/06/15

私(39歳)、妻・清美(32歳)です。この夏休みにあったことを告白します。子どもの通う小学校で、夜に盆踊りの祭りがありました。校庭の中央にある櫓(やぐら)を取り巻く形で、多くの店が出ます。家族で出掛けて、金魚すくいやヨーヨー釣りなどをして、子ども達が喜んで戦利品をもって帰るのが恒例でした。でも、今年はちょっと違いました・・・。一粒種の長男(8歳)が今年入った地元のサッカーチームが金魚すくいの店を出すということで、妻が午後6時から手伝いに行くことになりました。妻は早めの入浴と夕食を済ませ、玄関先でサンダルを履きながら、「先に行ってるから、適当な時間に来てね!」と子どもの手を引いて出…

続きを読む

四人組のヤンキー娘(2)

2018/06/14

気付けばNとYが俺の顔を覗き込んでいる。しかし、意識はTのマンコに夢中だった夢中になってTと69をしていると、生暖かい感覚が玉に感じられた。後から分かった事だが、Tとの69を見たIが玉を頬張っていた。執拗に2人に責められ、思わず「ウゥッ」と声を出してしまった。その時2人がそれぞれの責めを止め、それと同時にカリ首を2人で責めだした。最初のNが全体をくまなく責めていたのも効果的だったが、2人の責めはそれ以上に凄かった。呆気なく出してしまったのだが、先程のNの様な吸い取られる感覚が無い。どうなったのか気になって顔をずらして足元を見ると、2人の顔に出していた。流石にこれ…

続きを読む

オフィスの女子社員(1)

2018/06/12

こんにちは、僕は都内で営業職をしている27才の男です。これは先日会社で残業をしていた時の話です。僕の使っているオフィスは1フロアで200人以上が使える大きなビルに入っています。最近は残業が厳しくなってきてるので、7時を過ぎるとほとんどの人が居なくなってしまいます。僕も基本的には6時半には帰るのですが、営業から戻った時間によっては8時位までいることもあります。その日は7時位にオフィスに戻りました。もうその時間には誰も居ないので、電気も消えていました。僕は一人だけの時なんかは、面倒なので電気を消したまま作業する事がよくありました。その日も真っ暗なオフィスで一人、パソコンに向かって作…

続きを読む

これが妻です。今年、32才です。遠慮しないで可愛がってください・・・

2018/06/10

とうとうやってしまいました。つい数時間前まで、妻はトラックの車内で、見ず知らずの運転手のチ○ポを40分間もしゃぶっていました。アソコをいたぶられながら・・・。近所の国道沿いにある24時間営業のうどん屋の駐車場の奥には、午後9時を過ぎると数台のトラックが仮眠のため駐車しています。この運転手達に妻が奉仕をする妄想を抱いて半年。妻を汚したいという性癖の私と三十路を過ぎて淫乱化した妻、最近のセックスでは「あそこの運転手のチ○ポをしゃぶりたいか」「あ~ん、いっぱいしゃぶりた~い」などと、興奮を高める言葉を交わし合うようになっていました。そして、ついに本日午後11時、妻を車に乗せ駐…

続きを読む

兄嫁は、貞淑な顔してエロ淫乱だった

2018/06/09

若い時の過ちです。兄貴25歳、兄嫁24歳都内マンション住まい俺21歳学生近郊実家住まい学校帰り時々兄貴のマンションに寄らせてもらって夕飯を御馳走になったりしているがいつも歓迎されていて(表面上だけかも)居心地が良い場所だ。充分綺麗でスタイルの良い兄嫁は観ているだけでも気分が良いたまにはケーキなどを手土産に持っていくと「若いのに気がきくねモテルでしょ」などとお世辞を言われる、それだけでも嬉しいしもっと兄嫁に喜んで貰いたいと思ってしまう「付き合っている人は?」とか言われると正直に「今フリーなんで寂しいです、お姉さんみたいな人が良いな」と言うと、まんざらでも無くにっこりとほほ笑んでくれて…

続きを読む

宅配のお兄さんに見られてる想像をしながら

2018/06/08

私は小さい頃から両親に『女は淑やかに慎ましく』みたいな躾けをされてきました。そして、その言いつけを守る子でした。両親が大好きだったから。でもいつからか、心の底に“そんな自分を壊したい”自分が居る事に気がついたの。小5の時、誰もいない裏山の公園で、階段の手摺りを跨いで滑ってしまったのも、そんな躾けに対する反抗的気持ちがあったように思います。結果的にその時、快感を覚えてしまったのが私の過ちでした。親に叱られた時、不安な気分の時、私は公園などに行き、オナニーで“心の痛み”を癒すようになってたの。快楽で現実逃避をするように・・・。そして徐々に私の心は捩じ曲がり、(みんな私を真面目だと思…

続きを読む

テレクラヨタ話

2018/06/08

私は42歳で子供二人を持つ中年です。私が妻子持ちなので、一応「不倫体験告白」をします。と言ってもテレクラ・ヨタ話で恐縮なのですが、ある意味貴重な体験をしたので投稿してみます。私はよくテレクラを利用するのですが、最近は援助交際ばかりで、ほとんどいい思いもできないでいました。ある日、私はテレクラでいつものように、コールを待っていました。でも、かかってくるのは援助系ばかり。今日も駄目かなと思っていると、高校2年の女の子からコールがありました。あまり会話も盛り上がらないし、援助かなと思ったので、「援助希望?」と聞くと、「そんなんじゃ無いんですけど…」と言います。それ以上、会話にノリもな…

続きを読む

カルピス頂戴

2018/06/08

先週金曜日に飲み会男三人女三人計六人ちょっと背は低いけど巨乳のマリ中背で華奢な貧乳サオリ中肉中背顔のホリが深く化粧が濃いケバ顔マサコ居酒屋の個室、一番奥に座る俺俺の右にマリ前にマサコ前のマサコを見ながら「この顔は、連れ好みだな俺はマリがいいな」と思いながら2時間盛り上がった。マリは、日本酒好きで最初のビールを飲んだ後ずっと日本酒を飲んでた。サオリは、梅酒好きマサコは何でもOK色々飲んでた。マサコが店員に「カルピス頂戴カルピス」の声がエロく聞こえ連れの顔がにやけているのが笑えた。連れは、今日マサコ狙いなんだろうなぁ。よく見るとマサコの唇って淫乱ぽいなと思いながら、…

続きを読む

夫婦水入らずで温泉旅行に行って、妻が輪姦されましたが・・・

2018/06/07

私は40歳、妻は36歳の元夫婦です。「現在は離婚」先日、久しぶりに夫婦水入らずで温泉旅行に行ってきました。夕食を終え、ゆっくりしたところで旅館のカラオケクラブに二人で行きました。しばらくするとちょっと離れた席に座っていた男性グループ(私と同じくらい)のひとりが妻に「ダンスのお相手を願えますか?」と聞いてきました。妻は私の手前、一旦は断ったのですが、私は妻が他の男と身体を密着させて踊る姿を見てみたく、「いいじゃない、踊って来いよ」と妻を促しました。「ご主人のお許しも出たし、お願いしますよ奥さん」と男は妻の手を引っ張ります。妻は私の顔を見ながら、ダンスフロアに消えて…

続きを読む

私は、自分の寝取られ性癖のためだけに、風俗嬢にしてしまいました

2018/06/07

午前0時過ぎに玄関のドアのロックが外れる音がしました。私はいつもの様に玄関まで迎えに行くと、妻は俯いてセミロングの髪を垂らし、赤いハイヒールを脱いでいました。俯くとキャミソールの胸が垂れ、盛り上がって露出した乳房が零れそうで、体をちょっと動かすとその乳房が妖しく揺れ、スカートからはみ出た白い綺麗な太ももが艶めかしく、私はそんな妻の姿に興奮しムラムラとさせらたのです。「疲れただろう?」そう労わってやると「・・・」無言で頷き、妖しい目を向けて来たのです。その妖しい目は・・妻が3ヶ月ほど前から隣り町の歓楽街で風俗嬢のアルバイトを始めてから見せる目付きなのです。その目は私に媚びるような…

続きを読む