「母乳」一覧 (55件)

赤ちゃんのいる人妻

2018/04/15

同じアパートに住む人妻の絵理。年は28歳くらいか。数か月前に念願だったらしい赤ちゃんを出産して、最近実家から戻って来たようだ。擦れ違う度にその赤ちゃんに手を振ると、絵理も幸せそうにほほ笑む。ただ俺の視線は赤ちゃんよりも絵理の胸元に注がれていた。母乳で育てていることを容易に類推させる張ったおっぱいの形が目について離れなかった。妄想と計画を膨らませた俺は、絵理の旦那が出勤したすぐ後に実行に移した。そう、レイプ計画を。ピンポーン、チャイムを鳴らして隣りの者である事を告げると、何の疑いもなく玄関を開けてきた。すかさず体を入れ、中に入ると、まず絵理の口許にクロロホルムを嗅がせ、気を失わ…

続きを読む

炊き出しボランティア(5)

2018/04/13

段々と迫る瞬間を私も待つの…そして激しい衝撃が全身を襲いました!「あぁぁぁぁぁ───────!!!」出てくる…中から、大きなの…道をこじ開けて、少しずつ少しずつ…その苦しみと痛みに、私は必死に耐えます。サトさんは少しでもマシになる呼吸を、自ら実演し私に教えてくれました、でもそれをしても…やっぱり辛いわ、だけど…頑張らなきゃ。「あぁ…んあぁぁぁ─────!!!」バッシャァァァァァッ!!「おぎゃぁぁぁ!!おぎゃぁぁぁぁ!!」「おぉぉぉぉぉ─────!!!」公園の一角から激しい歓声が起き、周囲に響きます…その中に元気良く鳴く、赤ちゃんの声も混じってた…出産…しちゃった、この中の誰かの赤ちゃん……

続きを読む

兄嫁とは裸エプロン、実の姉とも関係が…

2018/04/10

京子お姉さん(兄の嫁)の胸は大きく綺麗なお椀形で乳首は薄ピンク色で小さめだった。俺は夢中で揉み、弾力がある胸に顔を埋めたり、乳首を吸うと母乳が少しでてくるわですごい興奮しあそこはぎんぎんだった。我慢できなくなりパイズリしてと耳元で囁くと、京子お姉さんはうんと頷き、俺のジーンズのチャックを下ろした…トランクスの中に指を入れ器用にペニスをだし、ゆっくり扱き始め、完全にたつとFカップの胸ではさみ、両方の横乳に両手を添え左右交互に動かしはじめた。俺はあまりの気持ち良さに驚いたが、何とか堪え胸の感触を堪能していた。京子お姉さんは唾液をたらし動きをよくすると左右に胸を動かしながら、ビクンビクンさ…

続きを読む

友人の奥さんのお色気に負けて友人の家でSEX

2018/04/10

友人(妻子あり)に呼ばれてそいつの家に行ったけど、家の前まで来たのに本人と連絡が取れなかった。インターホンを鳴らすのもあれなんで「仕方ねーな」と思い、友人から連絡が来るまで近くの公園で時間を潰していた。30分くらい経って、そろそろイライラしてきたので帰ろうかと思ったら、公園の前を友人の奥さん(21歳)がベビーカーを押しながら通っていた。*[PR]女「あ~家帰りたくな~い」俺「ちょwちょw家来なよ~」となった結果www[PR] こちらに気付いた様子で「どうしたの?」と聞いてくれた。俺「○○から連絡があってきたんだけど、連絡がつかなくて・・。家には居ないんだよね?」奥さん「さっき、電話があ…

続きを読む

可愛い系若ママ

2018/04/08

10代前半から40代後半、今まで幅広い層の女をレイプしてきた。10代や20代の若い体を犯すのも楽しいが、俺が最も好きなのは30前後のちょうど女として熟れだした時期の体だ。休日、趣味のカメラを持って隣町にある大きな公園に向かった。着くとそこらじゅうに、子どもを連れた若いママたちが大勢いた。近ごろはママサーと呼ばれる母親たちが集まるコミュニティがあるのだ。まったく良い時代になったもんだ。野鳥や草花を撮るふりをしながら、彼女たちを写真に収める。春になり暖かいこともあってか、体のラインがはっきり分かる薄着のママが多い。幼い子どもを持つ女性は、あからさまに警戒心が落ちる。パンパンに張っ…

続きを読む

妻が介護したのは、足がないけど真ん中の足がデカい若者だった

2018/04/07

妻は福祉関係の仕事をしています。9割は高齢者の訪問介護の付き添いなのですが、たまに若い身障者宅への訪問があります。妻は若い身障者宅への訪問は嫌がります。何か偏見があるのではなく、28歳の妻にとって同年代の男性の裸身を見たりするのは少し抵抗があるようです。特に資格があるから福祉の仕事をしているのでなく、あくまでもパートなので、何か志しがあっての勤務ではなく生活費のために高給の仕事を見つけただけです。どうしても男性の身体に直接触らなくてはならないので、場合によっては妻の姿を見ただけで勃起する男性もいるようです。歩行機能が麻痺されていたりする方が多く、他の機能は特に健常者と変わりないので…

続きを読む

過激な性奴隷の話

2018/04/05

僕の彼女の和歌子は学生時代にホームレスに輪姦されて以来普通のセックスでは満足できない身体になってしまいました。複数姦、強制連続中出し、強姦、汚ちんぽ掃除、アナル拡張、強制口まんこ、露出姦、手錠姦等変態プレイでないとイカない身体です。そんな和歌子をみんなで犯してください。和歌子がホームレスに輪姦されたのは大学の頃。河原で犬の散歩をしている時でした。突然後ろから殴られ気が付いた時は汚い小屋の中で見知らぬホームレスが上に乗ってギシギシ腰を振っていたそうです。小屋の中には3人男がいてひとりは和歌子の貧乳にしゃぶり付き、ひとりは和歌子が犯されるのを部屋の角から見ていたそうです。気が付いた和…

続きを読む

子供が出来たから私と結婚して!

2018/03/24

出会い系で出会い、それ以来5年もの間関係を続けた女性が居ました。私が28歳~33歳、彼女が32歳~37歳。身長が153cmと低くいが細くて巨乳!顔が酒井◯子に激似!?子供が居ない人の妻・・・。お互い仕事が忙しく、逢うのは平日の20時~24時、週一の関係だった。出会った頃私はまだ独身で、年上で美人で経験豊富なこの人妻に溺れる毎日。しかも基礎体温を測っているから逢う時は必ず中出し。32歳になった時、私に突然お見合いの話が来た。エエ所のお嬢で向こうはかなり乗り気らしい・・・。何気にそのことを人妻である彼女に話したところ「今晩逢いに行く」と言う。わざわざ私が住む街までくるなんて、付…

続きを読む

悪友と妻の交換を決行した話

2018/03/20

私は、月に1度か2度必ず出張に行き、1泊あるいは2泊します。それを利用して、支社で働く悪友と夫婦交換の計画をしました。私が出張で家を空ける日を狙って、悪友に有休を取ってもらって、出張のふりをしてもらいました。どういうことかというと、悪友の勤める支社に出張する時を狙って、私が悪友宅へ、悪友は私の家へ泊まる計画を立てたんです。仕事を終え8時頃に悪友宅に行きました。「こんばんは、今晩お世話になりますね」と挨拶すると、奥さんはビックリしていました。それもそのはず。事前に言って断られるとまずいので、お互いいきなり家に行くことにしたんです。「え、何も聞いてないんだけど」奥さんは、すぐに悪友…

続きを読む

お酒飲んだ娘(25歳)とセックスしちゃった父子○姦体験談

2018/03/13

俺には25歳の娘がいます。娘はすでに結婚して大阪に住んでいますこの春、仕事で大阪に出張した時、娘に電話すると夕食を食べていってと言われたので俺はワインを2本かって娘のマンションに行きました。娘に逢うのは孫が生まれてから、半年ぶりだったし孫の成長を楽しみにしていました。娘のマンションに着いたのはたしか7時ごろだったと思います。娘の旦那はその日は夜勤だったみたいで丁度出社するところでした。タイミングが悪かったなぁと思いつつ、ワインを娘に手渡しました。すると娘は「ずっとお酒やめてたんだぁ」というので「なんで?」と聞きなおすと「母乳からアルコールがでちゃうかもとおもって」と答えまし…

続きを読む

姉の母乳飲んでみた

2018/03/13

先日搾乳してる場面に出会して、素直に「あ、ごめん!」と謝ったら「ああ、ううん。…飲んでみる?不味いよ!」と……思わず「はあ?」と引いたら「不味いからねぇ。ハハハ」と笑ってたんだが……いや姉?違うんじゃないか?つかそれ以来俺がいても突然搾乳すんのはおかしくないか?つかおふくろが来たら慌てて胸を隠して苦笑するのはもっとおかしくないか?つか隣とはいえ、なんでわざわざ家に来て乳搾る?マジ、俺が間違ってる?つか旦那は月に十日も家にいないんだが、なんでいつも出張中? >>198いいなぁ。うらやましい。俺は寝ている姉の胸を触ったのがばれた(と思われる)ので、姉は俺を警戒して…

続きを読む

授乳中の母乳のしたたる人妻と

2018/03/08

ついにこの間、浮気をしてしまいました。妻のことは愛していますが、妻が色んな男と浮気を繰り返すので、自分も浮気したくなったのです。私は39歳、妻は36歳です。浮気相手は、なんと同じ会社の女性です。彼女の名前は真美、28歳で人妻です。最近、出産をして復帰しました。以前からエロっぽい体つきに私は時々興奮していましたが、出産を経てますますいやらしい体つきになっていました。思い切って食事に誘うとOKしてくれたので、レストランで食事をしました。真美は「こんな、お洒落なレストランに来たのなんて久しぶり!」とすごく喜んでくれました。食事の後、私は「二人きりになれるところに行きたい。君が欲しい…

続きを読む

妊娠7か月の人妻さんに大量中出し

2018/03/05

一昨日人妻さんに中出ししてきた。でも、俺の精子ではらませることはできない相手。きっかけはふつーに出会い系サイトで引っかけた。妊娠してから旦那の浮気が発覚し、とっちめたはいいが腹の虫が収まらない、という人妻さんだった。とりあえず離婚はしないし、かといってただ我慢するのも悔しい。不倫も本気でしたいとは言わないけど、ちょっとした浮気には興味あり。子供が生まれる前に一度、他の男を知りたいという事でタイミング良く会えたのが俺。ただただ、いい目を見させてもらったw妊娠7か月目という人妻さん、会う時の条件はとにかく母体に負担をかけない事。ゴムはつけて欲しいし、あまり激しいのもダメという…

続きを読む

ヤンキーの先輩に買わされた媚薬を友達のカーチャンに使った結果wwwwwwww

2018/03/02

俺は現在36歳の会社員です。高校2年の時の体験談・・・っていうより、実行してしまった経験を投稿させて頂きます。俺が高校2年の時、ヤンキーの先輩からある薬を買わされました。俺が仲の良かったクラスメイトの晴彦(仮名)の母親に試す事にしました。母親の名前は香苗(仮名)さんと言い、晴彦を17歳で産んでたので、オバサンっていうよりはお姉さんって感じの女性で、見た目も辺見えみりに似ているかなりの美人でした。香苗さんは俺と晴彦の家から10分位のレンタルビデオ店で働いていたので、計画が立てやすい存在でもあり、晴彦は国立大受験の為、毎週4日(月水金土)塾に通っていて、週末は塾帰りに俺の家により泊まっ…

続きを読む

11歳年下の彼に、服も脱がずに抱かれて堕ちていく私

2018/02/28

子犬みたいに背中を丸め、パンティーだけにされた私はベットにうずくまっていました。そんな私の前で彼は来ている服を脱ぎトランクスも脱ぎ捨て裸で私の横に来ました。「マキさん恥ずかしいの、こっち向きなよ」私の肩に触れる彼の手。「いや、やめるたっぱりだめ帰りたい、むこう向いて服着る」「何言ってるの、ここまで来ておいて」固まってる私を力づくで自分の方に向けて、胸を隠している手を無理やり力づくで引き離してきた。一瞬のすきに、彼は私の胸に顔を埋めると私の乳首に吸いつき始めて、舌で乳首を転がすように愛撫してきた。「だめ離してだめやめてお願いー」そんな私の声を無視して、片方の乳首を吸い片方のオッ…

続きを読む

同級生のトモ・後編「最後の思い出」

2018/02/19

オレは成人後に地元で就職した。人づてに聞いたところ、トモは東京で1人暮らしをしているらしかった。思い切ってトモの実家に電話して彼女のことを聞くと「年末に帰省する」とのことだった。彼女の親に東京での連絡先を聞いて連絡してみた。電話口のトモとはあの頃と同じように普通に話すことができ、年末に地元で会う約束をした。年末に地元に帰ってきたトモを駅まで迎えに行った。会ったのは学生のとき以来だが、少し大人びた以外、あの頃とは変わらないトモがいた。世間話をするうちに「今、付き合っているヤツがいること」「そいつと結婚を考えていること」そんな話を聞いた。あの頃、男とも付き合ったことがなかったトモ…

続きを読む

同級生のトモ・前編「秘密の関係」

2018/02/19

今から20年以上前の話。オレが中学生の時、同級生でトモという女がいた。色黒で背が小さく正直“カワイイ部類”の女子ではなかったが、明るい性格のため男子からはほどほど人気があった。ある時、友達から「トモはお前のことを好きみたいだぞ」と聞かされた。当時、結構女子から人気があったオレは何度か同級生から告白をされたことがあったが、特に決まった誰かと付き合ってはいなかった。その話を聞いたときも『アイツから告白されれば友達に自慢が出来る』くらいにしか考えていなかった。数日後、オレは近所の公園にトモを呼び出した。「オレのことが好きだって聞いたんだけどホント?」と聞くとトモは恥ずかしそうに頷いた。…

続きを読む

姉とお風呂で

2018/02/18

僕が小4の時の事で僕には高2のお姉ちゃんがいてすごく優しくて大好きなお姉ちゃんでした。ある日両親が町内会で1泊2日の旅行になったと聞き僕たちに「2人で大丈夫かな」と聞いてきて姉は「うん大丈夫だよね」と僕に聞いてきて「うんお姉ちゃんがいるからいけるよ」と会話が続きました。当日両親を送り出してから姉と二人きりで過ごした。アッという間に夕方になりご飯も食べ姉に「お姉ちゃん先にお風呂入るよ」姉は台所で洗い物しながら「一緒に入ろうよ」と言ってきたので「えっ」と思ったが姉はどうやら本気だったようで僕は「じゃあ先に入っとくから」と言い一緒に脱ぐのが恥ずかしく先に行って下にタオルを巻き入っていると姉…

続きを読む

年下の彼に抱かれて堕ちていく私

2018/02/15

子犬みたいに背中を丸め、パンティーだけにされた私はベットにうずくまっていました。そんな私の前で彼は来ている服を脱ぎトランクスも脱ぎ捨て裸で私の横に来ました。「マキさん恥ずかしいの、こっち向きなよ」私の肩に触れる彼の手。「いや、やめるたっぱりだめ帰りたい、むこう向いて服着る」「何言ってるの、ここまで来ておいて」固まってる私を力づくで自分の方に向けて、胸を隠している手を無理やり力づくで引き離してきた。一瞬のすきに、彼は私の胸に顔を埋めると私の乳首に吸いつき始めて、舌で乳首を転がすように愛撫してきた。「だめ離してだめやめてお願いー」そんな私の声を無視して、片方の乳首を吸い片方のオッ…

続きを読む

5年ぶりのエッチの相手は年下の部下

2018/02/12

子犬みたいに背中を丸め、パンティーだけにされた私はベッドにうずくまっていました。そんな私の前で彼は着ている服を脱ぎ、トランクスも脱ぎ捨て、裸で私の横に来ました。彼「マキさん恥ずかしいの?こっち向きなよ」私の肩に触れる彼の手。私「いや、やめる。やっぱりダメ、帰りたい。あっち向いてて、服着るから」彼「何言ってるの、ここまで来ておいて」固まってる私を力づくで自分の方に向けて、胸を隠している手を無理やり力づくで引き剥がしてきた。一瞬の隙に彼は私の胸に顔を埋めると、私の乳首に吸いつき始めて舌で乳首を転がすように愛撫してきた。私「ダメ離して、ダメ、やめてお願いー」そんな私の声を無視して片…

続きを読む