「お姉さん」一覧 (824件)

彼の家族と混浴

2021/10/19

つき合って4年になる彼とは、お互いの家族公認の仲で夏休みに入ってすぐ、彼の家族と一緒に旅行に連れて行ってもらった。私と彼は高校も同じで、実は去年の冬休みエッチもすませてる。彼の家族も私を家族同然に扱ってくれてお母さんともお父さんとも妹やお姉さんとも仲良しだった。でも、彼の家族ちょっと変わってて、オープンというかあけっぴろげというか・・・・「家族で風呂入ってるよ」という彼の言葉にえ?、うそって思ってたけどこの旅行でそれがウソじゃないことが分かったんです。彼の家族は5人家族でお父さん:43歳?お母さん:41歳お姉さん:20歳(短大生)彼:高2妹:中2で、お父さん…

続きを読む

私の催眠奴隷体験

2021/10/18

私(男です)以外にも、催眠術を使って美味しい思いをしている人がいると知って、私の体験も書きたいと思います。私と催眠術の出会いは、中学2年生の時でした。クラスメートA子ちゃんの従姉のお姉さん(大学生)が、通学の為に近所に越してきたのが発端でした。お姉さんは、心理学か何かを専攻していて、中学生同士で催眠術を掛け合えばどうなるかを研究テーマに選んでいたらしいです(A子ちゃん経由で聞いたので少しあいまい)。お姉さんはまず、従妹のA子ちゃんを含め、数名の女の子に催眠術を教えていたのですが、1ヶ月経ってもマスターできたのは、A子ちゃんの他もう1人しかいませんでした。そこで、クラスメ…

続きを読む

姉はカウンセラー 僕の属性診断

2021/10/15

郊外の私鉄駅前の商店街を俺は肩をすぼめて一人歩いていた。(………… な、何でダメだったんだ。 チクショウ………)俺は今年大学に入学した18歳。何とか滑り止めの2流私大に合格した。旅行研究会なるサークルに入りその新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。何度かデートを重ねてキスもした。そして今日、渋谷でデートをした。代々木公園でしばらく過ごしたあとラブホテルへ向かった。俺はいよいよ童貞喪…

続きを読む

女友達との混浴で裸を見られた(CFNM)

2021/10/14

もう七年ほど前の話ですが、大学卒業の記念に温泉に行きました。男と女が3人ずつ、計6人で新潟の山奥にある秘湯へ。女の子は、けいこちゃん、みなちゃん、さちちゃん、とします。僕たちのほかに誰もいないところでしたし、みんな離れ離れになるということで最後の思い出にとみんなで混浴しました。とはいえ割とまじめなグループでしたので女の子はバスタオルを軍艦巻き、男もタオルを完全に腰に巻き、お互いどこも見せないという格好でした。4年間の思い出などを語り合ったりするだけでしたが、それはそれで楽しく過ごしました。1時間くらい入ってて、じゃあそろそろ上がろうかっていう雰囲気になったときワイワイとにぎや…

続きを読む

失禁姉 渋滞車内のおもらしに興奮

2021/10/13

「まだかな?サービスエリア…」焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」「我慢できそうにないの?志織…」母絵里が心配そうに姉に聞く。「ううん。大丈夫…」そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。母絵里は18の若さで…

続きを読む

姉が着てくれたスクール水着

2021/10/13

俺にはスクール水着萌えの性癖がある。ついに俺は、隣に住む女子中学生麻衣ちゃんのスクール水着を盗んでしまった。やっきになって俺は部屋に戻ろうとした。そこを姉に見つかってしまったのだ。「ちょっとォ、○○、何?それェ?」「な、何でもないよっ」慌てて隠したが間に合わなかった。「ヤダッ、それってスクール水着じゃないッ。 どうしたのよ!アンタ、そんなもの」俺は正直に、隣の洗濯物から盗んだこと、そして実は、もとはと言えば姉の中学高校時代のスクール水着姿が好きで好きで仕様が無かったこと、そして初めての射精も姉のスクール水着の写真を見ながらしてしまったことを告白した。「お、お姉ちゃ…

続きを読む

実践練習

2021/10/10

27才一つ下の婚約者と童貞と処女で初めてのセックスをした。彼女が痛がって困ったが、血も出たので処女膜が完全に受け入れ体勢になったら大丈夫だ、良くなるからとお互い我慢して半年経った。セックスがお互い苦痛になってきた。彼女からの提案で、初めて風俗童貞を破って教えてもらいに行くことにした。童貞ではないが、風俗童貞だという事情を話した。逝くことより、セックスすることより、彼女を痛くさせないやり方を教えてくれと頼んだ。多分30才前後の年上のお姉さんだったが、顔は十人並みだけどスタイルが良かった。「奥さんに悪いからスキンつけますね、もうギンギンだから十分だし」と少しフェラしてすぐ装着。「素…

続きを読む

姉ちゃんの看病

2021/10/07

俺が風邪をこじらせて寝込んだ時、姉ちゃんが面倒みてくれた。うちは両親が共働き(二人とも先生!)だから、普段から姉ちゃんが母親がわりみたいなとこがある。というと「面倒見のいい優しいお姉さん」てイメージを抱くかもしれないが、実際はけっこう怖いところもある。それでも、一般的な普通の「姉」からすれば、よくできた姉なんだと思う。俺はそんな姉ちゃんが大好きだし、「姉ちゃんがいないと…」ってところが確かにある。2?3日前から調子は悪かったけど、大したことないと思ってた。朝、両親が家を出た後、姉ちゃんに起こされて顔を洗っている時に、目まいがしてぶっ倒れた。物音に驚いた姉ちゃんがとんできた。…

続きを読む

脱素人童貞

2021/10/06

今の嫁と付き合うまで素人童貞だった。大学生の頃、アルバイト先の先輩が、パチンコ勝ったからと、ヘルス奢ってもらった。言うならそれが初めての女性体験なのだが、当然、本番はなし。口ではてた。俺は外見にコンプレックスがあり、嫌がられるかなと風俗ですら怖かったが、まあ、向こうもそこは仕事、愛想良く、さくさくねっとりこなしてくれた。それが嬉しくて、風俗通いするようになった。まあ、そうは言っても学生時代はお金がなかったから、さほど行ったわけではないのだが、社会人になって給料がもらえるようになると、月に2?3度くらい行くようになってしまった。ソープは高かったからほとんどいかなか…

続きを読む

絶対服従

2021/10/02

これは月に二回ほど妻が単独男性に言う言葉だ。私達夫婦は三年くらい前から見知らぬ男性をホテルに招き、私が見ている前で妻を犯してもらうという行為を繰り返している。数えてみれば妻が跨がった男性は八十人近い。かなりM気質の彼女は私の言う事には絶対服従である、しかしその中でも一度だけ「それは…ちょっと」と躊躇したことがある。だが、困惑する妻の言葉は一切無視して私の命令は実際に行われた。その内容とは「中〇生の男の子を逆ナンしてホテルに連れ込み犯してもらえ」というものだった。計画実行当日、「お前自信が犯されたいと思うような男の子を連れて来なさい」と言い、予めとっておいたホテルの一…

続きを読む

水泳教室のお姉さん

2021/10/01

僕は水泳教室にかよっています。昼にいくことが多く、主婦ばかりでした。ちょっと場違いかと思ってましたが、みなさん暖かく迎えてくれて、すぐに仲良くなりました。僕はみんなをお姉さんのように思ってました。ほとんど10から15年上の女性です。女性メンバーは6人。男は僕だけでした。先月のある日のこと一人の女性が更衣室をノックしました。ねえ。こっちにいらっしゃいよ。でも。女性の更衣室ということでお断りしたんですが、いいじゃない、ねっ。僕は腕を組んでひきよせました。僕は水着のままタオルだけもって行きました。そこにはその女性を入れて3人でした。○○君来たの?いらっしゃいなんて歓迎されま…

続きを読む

中国人の人妻K

2021/09/29

バイクとはほとんど関係ないが書かしてください。聞いて欲しいだけです。しかしバイクが好きだからここに書きたいんです。ここから口調を変えます。自分のことをYと置こう。18歳で浪人生だ。ちなみに童貞だ。彼女もいたことはない。高校までいわゆるデブで、積極的に女性に接することが出来るようになって2年くらいだ。YはYB-1に乗っている。15万+α位を愛車に使った。女の人をKと置く。この女性は中国国籍だった。前書きはここまで。俺は今年の4月の始めに普通自動車の免許を取るために教習場に行った。車の免許なんか後でいいと思っていて、本当は普通二輪免許が欲しかった。でも祖父母…

続きを読む

ビデオ

2021/09/28

俺も一つ。エロは少な目かな…ごめん。今から20年近く前の事だから曖昧な所も有ります。俺 T、相手 S(スタイル良し、Dカプ、足綺麗、でも顔はニキビ多し、良く言えば山口智子を巨乳にした感じ)出会いはバイト先。高2に上がってスグ、俺はレンタルビデオ屋でバイトを始めた。当時は同じクラスの女子に恋をしていた。それを店のお姉さんに相談して、夏休みにクラスの子に告白。断られて傷心(大した事無い)の時、Sは友達二人とバイトとして店に来た。長くなるな…こりゃ。で、俺のツレ(クラスメイトで同じバイト先、俺が振られたのは知ってる)と相談相手のバイト姉さんから俺が振られているので恋愛の話をしないように…

続きを読む

姉貴とランジェリーショップへ

2021/09/23

姉貴のパンティ・ブラつけて、鏡見てうっとりしてたとこ、姉貴に見つかった。絶頂を迎えてた俺は見つかった瞬間、イッチまった。「やだ、○○。私のパンティ汚して・・・それ、あげるから代わりに新しいの買ってよ」という話になり、姉と一緒にランジェリーショップへ。いきつけの店らしく、店員のかた(30過ぎくらいか)と楽しそうに話してるうちに俺のところに2人が来た。店員さんに「駄目じゃない。お姉さんのにそんなことしちゃ・・・」えーっ、姉貴しゃべったのかよ!それから店員さんに「こっちいらっしゃい」と言われ試着ルームへ。「○○くんには、こんなの似合うかな?」といって、いきなり店員さんは穿いてた…

続きを読む

親戚のお姉さんがお風呂で。

2021/09/19

もう十数年前の話・・・・小学6年の後半家族と親戚とで関西方面の温泉に旅行に行きました。旅館での夕食からそのまま宴会みたいになり大人達は酒を飲んで騒いでしました。退屈になってきた子供連中はもう1度温泉に行く事になった。メンバーは親戚のおねぇさん(30歳)とその娘(5歳)僕と妹(10歳)の4人旅館内を色々探検した後、大浴場へそこは男湯と女湯、そして家族湯の3箇所がありました。丁度、家族湯が開いていたのでみんなでそこに入る事になった。僕は何も迷う事無く入ったが、親戚のおねぇさんが浴衣を脱ぎだしたのを見て、全身に緊張が走った・・・・母親以外の女性の裸体を見るのは初めてだったから…

続きを読む

テストで100点を取るとご褒美をくれた女子校生のお姉さん

2021/09/15

俺が小学六年生の時の話。小学六年とかになると胸が膨らんでる女子がほとんどで、男子はエロい妄想が始まる時期でもあると思う。俺も例外ではなく健全に好きな女子の乳揉む妄想は毎日のようにしてた。んで、ある日俺が帰る時。その日は何でか忘れたけど少し遅くなってちょっと小走りで帰ってた。息切れして、少し歩こうかなあ?と思いスピードを緩めた時、俺の数メートル前のバス停にバスが止まり女子高生が一人降りた。その女子高生、後ろ姿はまあまあで(髪茶色で長めミニスカ)俺はつい顔が見たくなった。走って女子高生を追い越せば顔見れると考えて走った。ガチャガチャウルサい音をランドセルから鳴らしながら何とか女子高生を…

続きを読む

不倫の後悔

2021/09/12

私はサレた側じゃなくて、しちゃった側なんだ。片思いが両想いになって、結果的には不倫になって旦那にバレちゃって離婚。今でも後悔してるよ。元旦那とは大学のサークル仲間で、大学生のときから5年付き合って結婚。卒業後はお互い別々の会社に就職してたよ。元旦那は技術職で、帰りは結構遅かった。私は私で、会社の数少ない営業だったから接待だの何だので総合職の子たちよりはずっと帰りは遅かった。お互い仕事が忙しかったから、家に帰ったときはお互いに気を遣って愚痴の言い合いなんかもよくしてた。だいたい旦那がじっと聞いててくれたんだけど。。結婚して3年目の春に、ある男の子が入社してきたんだ。顔立ちがパ…

続きを読む

スワッピング

2021/09/09

「じゃ、まったな?帰ろうか留美ちゃん」「うん!」塾が終わると、すっかり日が暮れて辺りは真っ暗な時間になってた、僕は自分の家よりも先に、この一緒に歩いてる女の子を家まで送ってたんだ。こんな時間だし女の子の一人歩きは怖いもんな、それに何と言っても僕…獅堂春樹は、同い年の女の子…椿留美ちゃんと付き合っている関係なんだから、しっか守ってやらないと。僕達が出会ったのは三年のクラス替えの時でした、その時は普通に可愛い女の子だな?なんて感じしか思ってなかったのだけども、でも四年の頃になってかな、机の中に彼女からの一通の手紙が入ってて、実はそれは…ラブレターだったんだ。それを読んだら胸が…

続きを読む

近所のお姉さんのオナニー

2021/09/09

当時私は小学六年生でまだ毛も生えてなく、ゲームやドロ警などが好きな幼いタイプの子供でした。周りにも「えっちは男女はだかになってするらしい」程度の知識しか無い奴らばかりでオナニーはおろか精通すらまだでした。私の家の隣には、当時中学二年生のお姉さんが住んでいまして同じ小学校に通ったり親同士が仲良くしていたのもあり私もとてもお姉さんになついていました。お姉さんもよく可愛がってくれていたと思います。家は団地でしたから、扉を開けたらすぐお姉さんの家に着くので私はよく親が仕事でいない日中(看護士でしたので昼間、小学校から帰宅すると誰もいない日がありました)お姉さんの家に行ってゲームなどをして過ごし…

続きを読む

喫茶店1

2021/09/08

専門学生の時、市内に出てきて一人暮しをしていた。最初は貯金を食いつぶしてたけど、金は使えばなくなるもので、バイトでもしないと生活ができない状態になり、俺は職探しを始めた。いざ動き出してみたものの、なかなか思うようなバイトが見つからず、ある休日の日、金もないので自宅周辺をワケもなく散歩していた。そんな時、ある喫茶店を見つけた。ちょうど時間は昼頃になっていて、俺の腹も鳴り始めていた。財布を覗くと、千円札が一枚と小銭がチラホラ…。少し迷ったが、俺はなぜか惹かれる雰囲気があるその喫茶店へと足を踏み入れた。中は俺好みの、こじんまりしたあまり広くない感じだった。カウンターが一つあり、テーブル…

続きを読む