「温泉」一覧 (1150件)

ホストファミリーの一人娘と温泉へ行った時の体験談

2024/06/12

うちのカミさんは30歳で、海外ホームステイの経験者。ある日ホストファミリーの一人娘が日本に遊びに来た。長身で23歳の金髪娘。はっきり言ってかなりかわいい。彼女はホームステイから帰国したカミさんとの文通をきっかけに大学で日本語を勉強したそうで、今では多少の日本語はわかるとのこと。せっかく日本に来たのだからと週末3人で泊りがけで温泉に行くことにした。行きの車中で日本とヨーロッパの文化の違いについて会話が盛り上がる。その時点ではその後一生の思い出に残るあの出来事が起こることを私は全く予想だにしていなかった・・・。温泉に向かう高速道路。カミさんと金髪娘は日本語と英語を織り交ぜて…

続きを読む

玉川温泉で会ったオランダ人と巨乳の姉さん

2024/06/11

キツイ湯さがして玉川温泉。俺にゃ珍し野郎二人旅。東京からだと東北道・・・最初防音壁、次ラブホに民家、そのあと田んぼ、田んぼ、田んぼ~~~眠くなるZZzzz..巡航速度160キロ、蛇行運転2回目「か、替わろかっ?」友が言う。3回目・・交代。目閉じてたらしい。東北道・・単調すぎの長すぎ。友は家では軽=Max140Km。今日は俺の・・200Kmまで可。運転替わった友やけに前傾姿勢、前方凝視、安心してチョイ寝。目醒めてメーター見る、200直前。どおりで景気飛んでる、あとはオボロ。玉川手前で小休止。マウンテンバイクのオランダ男通りかかる…

続きを読む

若い娘の肌は男を狂わす…

2024/06/09

ツーリング中、夜の9時頃に風呂屋に行った。サッパリして出てきてバイクの前でマッタリしてると、自分のバイクとメットに小さな虫がビッシリ潰れてたので風呂屋の駐輪所でフキフキ・・・。すると地元の幼さの残る感じの女の子が原付で来て風呂屋に入っていったのだが、すぐに戻ってきた。微妙に半泣きになってる表情で戻ってきて、コッチをチラチラ見ながら原付の周りをウロウロしてたので声を掛けてみた。「どないしたん?お金忘れたんか?」「え~と・・・そうなんじゃち・・・」「300円か・・・なら300円くらいなら使い」「いや・・・でも~」「えぇよw困ってるんやろ?」「お金を貰うだけってちゅうの…

続きを読む

巨根とのセックスを味わい離れられません

2024/06/07

私は、関西で小学校教諭をしている32才です。名前は香織(仮)としておきます。今年の夏は一つ年下の同僚の美奈(仮)と二人で海に行こうという話になり、彼氏がいない女二人、車で日本海を目指したのです。場所は夕日ヶ浦温泉。ホテルは海岸から歩いてすぐの所に予約していたので、先にチェックインを済ませ、水着になって砂浜へと直行。昼間は海で過ごし、ナンパされながらも適当に無視しながら、楽しみました。海は遠浅で凄く綺麗でした。海から上がってホテルに備え付けのシャワーで砂を落とし、夕飯までの間に温泉に浸かろうという事になりました。ホテルの大浴場に向かうエレベーターの中で、あるポスターに目が…

続きを読む

飲み屋で知り合った巨乳の人妻

2024/06/02

一昨年の秋に友達と飲みに行って居酒屋で飲んだんですが、入ってしばらくして二人組の女性が店に来ました。しかし混んでて断られていました。40代の半ばかな?細身とムッチリの二人組で俺はもうムッチリ女性に目を奪われた。お尻もおっぱいもなかなかあるし、そもそも大学時代に遅い初体験を一回り年上の女性にさせてもらい、年上の女性のスケベさを味わっていましたし、彼女はどストライクでした。「相席しようぜ」と友達に話すと「熟女キラーが目覚めたのかよ」と笑っていたが男同士よりいいと同意してくれた。店を出る二人組に話すと「どうする?」と話ながら「いいよ!割り勘だよ!」と。四人で乾杯してビールを飲み…

続きを読む

民宿のような小さな宿で身も心も癒された

2024/06/01

ちょっと俺の体験も聞いてくれよ。俺は19歳から働き始めたんだけど、キツイ仕事でさ。休みも日月各週だった。4月から半年働いて、いい加減疲れたので、温泉でも行こうと思った。山奥まで電車で行ってひなびた温泉宿を捜したんだけど、行ったのは日曜だからなかなか見つからない。夕方になってようやく素泊まりで泊めてもらえるところが見つかった。そこは、ほとんど民宿のような小さな宿だった。一応、温泉だけはちゃんとしてて、源泉から引いてるっていうので、とにかくそこに泊まることにした。その宿は、40代と30代の女性二人と、若い方の女性の子供の3人が居て、男性は誰もいなかった。外へ食事に行き、さ…

続きを読む

石原さとみ似の巨乳派遣美女とのエッチ体験談

2024/06/01

顔は石原さとみ似、制服の感じから想像すると小柄な割には胸も結構大きい感じだった。愛想が良くていつも「おはようございます!」て明るく元気な挨拶に俺は癒されてたというか、ほのかな恋心を抱いた。 なかなか二人っきりで話したりする機会もなかったんだけど、忘年会で話せる機会があって色々話しているとボードやることがわかって、俺たちは仲良くなった。同僚にはばれないように携帯なんか教えたりして、メールのやりとりをするようになっていた。しかし年末の忙しさもありそれ以上の進展はなく、いつの間にか仕事収めになっていた。俺は殺人的な仕事を抱えて忙しく優子とも少し疎遠になっていた。返事も遅くなったり、たいした内…

続きを読む

女性上司の裸とヌードモデルになった俺

2024/05/25

社員16人という編集プロダクションに2年ほどいた。社員は男女半々で、ほとんどが20~30代。その編プロはご当地のタウン誌やフリーペーパーを作っていた。俺(当時24歳)は編集なんてそれまで未経験だったけど、写真の専門学校を出ていたので、その腕を買われて入社した。入社半年くらいで広告を掲載してくれるクライアントへの取材や撮影なんかも任されるようになった。9ヶ月くらい経ったある日、副編集長(森高千里似のお姉さん系、社内唯一の東京六大学出身、当時28歳)からリニューアルしたエステサロンの写真を撮ってくるように頼まれた。さっそくアポ取りの電話を入れると、サロンの担当者が「誰かモデルを…

続きを読む

タウン誌の取材先の温泉で会った3人組の短大生と…4

2024/05/17

息子を上下左右に手で動かすと、先っぽだけ 少し真奈美の密壺に埋もれる。もう充分すぎるほど濡れている。 痛がらせないよう、慎重に、これを何度も繰り返す。 真奈美は、俺の息子を包みかけるときに 眉間にしわを寄せながら、声にならない声を漏らす。 俺「真奈美ちゃん、力は抜いて…、まだ、痛いの?」 真奈美「少しだけ…」 俺「奥まで入らせてもらうよ?ゆっくりやるから」 真奈美は小さくうなずいた。 俺は息子を、ゆっくりと中に入れていき、ゆっくりと引き抜く。 ゆっくりとゆっくりと、慎重に出し入れを繰り返した。 俺「まだ痛い?」 真奈美「ちょっと…」 俺は息子を根本ま…

続きを読む

タウン誌の取材先の温泉で会った3人組の短大生と…3

2024/05/16

いつの間にか、真奈美は、身をのりだしてきている。 俺「あぁっ、気持ちいいよ、たまんない」 真奈美の視線は、確実に接合部に向けられていた。 俺「やっぱり、慶子ちゃんの洞窟探検もしよう」 静香の密壺から息子を抜き取り、慶子のものにあてがった。 もう、真奈美は制止することを忘れたかのようだ。 ゴムのことすら口にせず、興味を抱いてしまってままならない様子だ。 慶子の密壺は、静香のそれより、もっときつかった。 俺「慶子ちゃんのって、もしかしたら、俺とは相性が悪いのかな」 溢れる我慢汁と慶子の密汁を使い、息子を上下に大きく、左右に小さく動かした。 なかなか密壺の中心を…

続きを読む

タウン誌の取材先の温泉で会った3人組の短大生と…2

2024/05/16

同じ部屋に、若い女の子が、一人は胸を露出して もう一人は、下半身スッポンポンで横たわっている。 静香の下半身は、俺から見えにくい角度だった。 とうとう二人の勝負になった。 真奈美が慶子の時と同じように、静香にも浴衣を掛けた。 俺「とうとう真奈美ちゃんだけになっちゃったね」 俺の我慢していた息子も、十分にふくらんでいた。 そのことをいち早く察知した真奈美は 「そうだね、もう若杉さんたら…」 俺の前が膨らんでいるだけなら、まだしも… はっきりと我慢汁がパンツをの1点を濡らしていたからだ。 俺「ワリィ、ワリィ、俺も男だからさ。気にしないで!」 次のゲーム、…

続きを読む

タウン誌の取材先の温泉で会った3人組の短大生と…1

2024/05/16

昔話で申し訳ないですが…。 俺は、以前、地方の雑誌というかタウン誌の取材やライターをしていた。 編集会議の時、俺はアイディアに困っていて、適当に温泉宿の宿泊取材を提案した。その日は、これといったものがなかったせいか、あっさりと俺の意見が通ってしまった。 温泉旅館宿泊とその旅館のイチオシメニューを無料にする条件で、その取材内容を写真付きでタウン誌に載せることとなった。 俺としては、ただで温泉に入れて、宿泊、イチオシの料理を満喫できると喜んでいた。そして、発案者の俺が取材して回るというお役目までいただいた。 毎月1回の連載で1年間、行くことが決定された。 毎月、いろんな取…

続きを読む

旅行先で先輩と、女房達を眠らせてスワップしてみた

2024/05/10

数か月前に体験した出来事です。子供が寮のある学校に進学し、妻と2人自由な時間が増えました。 家では2人だけの生活が続き、エッチの回数も増え以前より盛り上がる様になった気がします。 そんな時、前に働いていた職場の先輩と偶然出会い酒を飲んだんです。先輩も子供が大きくなり、奥さんと2人で住んでいると聞き何度か一緒に食事をする様になりました。 そして数か月前に先輩がある旅館の宿泊チケットを貰ったとかで、一緒に泊まりで旅行に行く事になったんです。 車で小2時間程走った温泉地で、古く小さな旅館でしたが露天風呂もあり良い所でした。 何よりタダだった事が一番良かったかなぁ。部屋…

続きを読む

友人夫婦と行った温泉宿の露天風呂で2人の妻が…2

2024/05/07

美沙さんの乳首を吸っていた男の方は、向かい合った姿勢のまま体を下にずらし、腹から股間へと顔を移動。下腹に貼り付いた陰毛は、慶子より少し薄いようです。しばらく「立ちクンニ」した後、男は美沙さんの尻を抱えるようにスノコに横たえ、長い脚を大きく広げて本格的なクリニングスに入りました。男は片手で美沙さんの陰唇を広げ、股間に顔を埋めています。クリを舐めてるんでしょう。もう片手の指は膣に挿入してるようです。男の手が前後に動くたび、美沙さんが「あっあっあっあっ…」と声を上げます。手の動きはさらに速まり、最後には「あああぁぁあぁ~~~っ!!」という切ない叫びとともに、大きく広げた長い脚がビクン…

続きを読む

友人夫婦と行った温泉宿の露天風呂で2人の妻が…1

2024/05/07

寝取られ話ではありますが、残念ながら皆さんが期待するような離婚だ!制裁だ!慰謝料だ!という修羅場っぽい展開はありません。その手の話を読みたい方は、そちら系のスレッドへ移動なさるようお勧めします。もっとも、いわゆる「寝取られ好き」が読んで共感できる話かと言えば、それもはなはだ怪しいんですけどね。去年の秋、友人の田中夫妻と某県の小さな温泉宿を訪れた時の話です。妻2人は40手前、旦那2人は40代前半と思ってください。もともと妻同士が学生時代からの親友で、この2人はかれこれ20年来の関係。ほぼ同時期に結婚したんですが、結婚前にダブルデートしたこともありますから、私と田中夫妻も十数…

続きを読む

種なしの兄に代わって兄嫁に…

2024/04/25

昨年の10月のこと。兄嫁、志保から「たまにはご飯でも食べに来ない」とメールが来たので、「週末だったら時間あるからご馳走になりに行く」と返信した。志保は32歳、兄には勿体無いくらいのモデル級超美人…なのに自宅に居る時はいつもノーブラ!時々チラ見してもまったく気にしない素振りの女性。度々遊びに行っては薄っすらと突き出たシャラポワンな突起を見て興奮してました。最近は仕事が忙しく3ヶ月ぐらい兄宅へ行ってなかったので期待ワクワク週末を待ちました。夕方兄宅を訊ねると、兄は付き合いゴルフから帰宅しておらず、なんと志保と2人で食事をする事になった。支度を終えた志保が白いTシャツ姿で目の…

続きを読む

美人なのに皆から恐れられた女性課長の意外な趣味

2024/03/20

あれは俺がまだ27歳だった年の秋。 急な人事異動で本社から江上栞さんという女性が課長として赴任して来た。彼女は38歳で田中美里似のスレンダー美人だったが、引き詰め髪に眼鏡といったいかにもお堅い印象で、仕事に対しても非常に厳しい性格で皆から恐れられた。当然栞さんは部署内でも孤立し、完全に浮いた存在になっていた。でも俺はそんな彼女に一目惚れしてしまい、休み時間に仕事以外の事でも頻繁に話し掛ける様にした。 最初こそあまり相手にされなかったが、少しずつ心を開いてくれ段々と良好な関係を築いていった。 そして半年が過ぎた頃、俺は意を決して栞さんに飲みの誘いをしてみた。 「あ…

続きを読む

彼女の両親に婚約の挨拶をした帰りに中出しセックス

2024/03/13

今年の正月、俺は彼女(明子)の両親に婚約の挨拶に行った。快く受け入れられ帰りは東北の温泉旅館で一泊する事にした。夕方、旅館に着き、食事を済ませ温泉にのんびりつかり部屋に戻ると既に畳の上に布団が並べて敷かれていた。明子もまもなく戻り、二人で無事、済んでよかったね、なんて話をしばらくしていた。そして落ち着いた所で明子を抱きたくなった。肩を抱き寄せ、唇を重ね舌を絡ませながら浴衣の中に手を入れ明子の乳房を揉んだ。明子を仰向けに寝かせ浴衣の帯をスルスルと引っ張ると前がはだけ明子の白い肌、青い血管の浮いたふくよかな乳房があらわれた。部屋が少し寒いせいか鳥肌がたち乳首がコリコリになってい…

続きを読む

主人のバツイチ同僚との1泊不倫旅行

2024/03/09

私は45才で会社員、彼(50才)は×1で主人の同僚です。時折家にも来る事があり、私は本当に主人の同僚としかみていませんでした。それは2ヶ月前のことです。どうやら主人が浮気をしているらしく、その方に恥ずかしながらも相談しました。彼の離婚の原因は奥様の浮気でしたから私の気持ちが理解してくれると思ったからです。とても親身に相談に乗ってくれました。主人とは数ヶ月、夜の営みはなく、いわゆる「レス」状態。比較的時間に余裕のある彼は私の「相談」との口実に快く遭ってくれました。私の中では既に彼に対する想いが膨らんできていたのでしょうね。彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになってい…

続きを読む

息子の部活の父兄旅行での出来事

2024/03/09

俺42、嫁(ゆり)39歳で中学2年の男の子1人で、その子がサッカー部に属し、嫁が父兄の役員をさせられて居た時の事です。役員はやはり母親が多く7人、父親は5人とのことでした。毎月どこかに練習試合に出かけ都度応援他で出かけており、それも仕方が無いと諦めていました。ところがある時から妻の夜の様子がおかしい事に気が付きました。今までした事も無いポーズをとる、フェラも微妙なタッチであっという間に口中発射した事もあるほどうまくなっている。下着も極めて派手なシースルービキニや紐パンが多くなっていたのは知っていたが、熟女年齢だからいいだろう、俺も見て楽しいと感じていた。そこで、妻を問い詰めて…

続きを読む