「金髪」一覧 (144件)

レイプで処女喪失

2021/10/17

高2の時、私と友達2人がバイトをしていて、金曜の夜にバイト仲間とカラオケに行って、その中の大学生の先輩の家が近くだったので、友達2人と寄る事になりました。しばらく話していると、Aは「コンビニに行って何か買ってくる」と入って出て行きました。Bはトイレに行くということで先輩と2人きりになりました。その先輩と話していると、少しHな話題になって、先輩は「○○ちゃんにもいずれ彼氏できるよ」みたいな事を入っていたのですがいきなり私の背後に回って、私を押さえつけて、私の胸を強く掴みました。私は、何が何だがワケが分からず、必死に逃げようとしましたが、男の人の力にかなうはずも無く、そのまま押し倒さ…

続きを読む

やられた…。(続8)

2021/10/13

*「続きを」と書いて下さった数人の方の為に書かせて頂きます。不快に思っている方、申し訳ないのでスルーして頂ければ幸いです。*ジャンル・タイトル共にもはや内容と違いますが、続きということでとりあえずそのままにしました。2度目の出来事があってから、ユキさんと会うこともなく、先輩に会うこともなく、極普通の大学生活をしてました。そんなある日、レナから「今日暇?」というメールが突如としてきました。暇は暇だったんですが、時間はすでに23時過ぎ…。何かあったのかと思い、「暇だけど、どした?」と送ると、「今から宅飲みしようよ!」との返事。別れてから2人きりで会うことはなかったので、コレは…

続きを読む

本屋のオバちゃん

2021/09/12

奥にカーテンで仕切ったエロ本コーナーのあるこじんまりとした店だった。店は30代半ば位の派手な顔のオバちゃんが一人で営んでいました。中学3年だった私は、カーテンの近くに並んでいる小説を選ぶふりをしながらわずかな隙間から向こう側を覗くのがひそかな楽しみで、一般の本屋では並んでない様なエロ本の表紙の扇情的なポーズや卑猥な言葉を家で反芻しては自慰をするのが日課でした。妄想の中で、表紙の女性の顔がいつのまにか本屋のオバちゃんに変わり、オバちゃんを後ろから犯す所がいつもの射精のタイミングでした。夏のある日、いつものように学校帰りに本屋に行くと、客は誰もおらず、オバちゃんもいませんでした。私はチャ…

続きを読む

スワッピング

2021/09/09

「じゃ、まったな?帰ろうか留美ちゃん」「うん!」塾が終わると、すっかり日が暮れて辺りは真っ暗な時間になってた、僕は自分の家よりも先に、この一緒に歩いてる女の子を家まで送ってたんだ。こんな時間だし女の子の一人歩きは怖いもんな、それに何と言っても僕…獅堂春樹は、同い年の女の子…椿留美ちゃんと付き合っている関係なんだから、しっか守ってやらないと。僕達が出会ったのは三年のクラス替えの時でした、その時は普通に可愛い女の子だな?なんて感じしか思ってなかったのだけども、でも四年の頃になってかな、机の中に彼女からの一通の手紙が入ってて、実はそれは…ラブレターだったんだ。それを読んだら胸が…

続きを読む

卒業旅行でドイツの温泉へ

2021/09/03

学生時代の友達T(♂)が結婚するという手紙が来た。それでいつか書いてみようと思っていた話しを書いてみたいと思う。今から5年ほど前、前世紀の話になってしまうのだが、俺たちはそれぞれの彼女を連れて、4人で卒業旅行にヨーロッパに行った。パリから入ってミュンヘンから出る、途中は結構適当にというコース。俺とTは車バカだったのでアウトバーンでBMWに乗るというのが楽しみだった。ケルンでレンタカーを借りて、ロマンチック街道へ向かう途中だったと思う、Tの彼女のヨウコが強く主張した温泉に寄ることになった。ドイツの温泉というと混浴、というのは結構有名だけど、実際は水着で入ったり、時間や曜日によっ…

続きを読む

紗弥加

2021/08/31

男女4対4で飲み会した時の事です。俺が勤めていた美容室のスタッフの子に飲み会を頼んで女を集めてもらいました。そのスタッフの優子(仮名)、優子の友達麻美(仮名)、舞(仮名)、舞の友達の紗弥加(仮名)の4人が来ました。麻美と舞は優子の友達ですが、面識はないらしく、初対面みたいでした。また紗弥加は舞の友達で、紗弥加は優子も麻美も初対面という、なんだか寄せ集めみたいな飲み会でした。野郎は全員俺の連れで変態のみ集め出動しました。スペックは優子は細川ふみえ似のあまり可愛くない娘ですが乳は負けてません。Eは確実にありそうです。麻美は浜崎を少しケバくした感じ。でも生唾ゴックンの爆乳です。キャバ嬢…

続きを読む

ロシア人人妻研修生6

2021/08/20

下らん話を続編まで書いてしまってすいません。さて、25にして素人童貞を卒業、しかもその相手はブロンドのロシア人、しかも子持ちの人妻、という派手なデビューをした俺は、情けないことに24時間エリヴィラさんの白いボディのことを考えるようになってしまった。週末にドライブに誘う時、そしてラブホで関係してしまう前には、「人妻だしやべーよ、金目的かなこりゃ?、会社にばらすとかいわれるんじゃないか?外人はよくわかんないからな、1回やってうまく距離を置きゃいいか?」くらいのヒジョーに卑劣な考えも持っていた俺だが、いざエリヴィラさんのナイスバディ&人妻テクを経験したあとは、「ダンナと別れて俺と一緒…

続きを読む

ロシア人人妻研修生4

2021/08/20

番外編1彼女に始めて会ったのは、私がかつて大きな仕事に成功して、会社での今の地位を獲得するきっかけとなった、日本海側にある支社で行われたパーティーの席だった。ロシアのインフラは壊滅的な状況にある。ウラジオやハバロフスク、サハリンといった我々にもなじみのある場所でも、ライフラインの安全な運営さえままならない状態だ。私がその支社のトップだったときに手がけた公共ビジネスは、いまや我が社の売り上げを支える大きな柱の一つになっている。だが、まだまだロシアには新しいビジネスチャンスが転がっているはずだ。私は対露ビジネスの最前線であるこの支店には愛着がある。だからこそ、ここ何年間か…

続きを読む

ロシア人人妻研修生3

2021/08/19

最終回ビデオの画面に二人が入ってきた。エルヴィラさんはいきなりベッドに押し倒される。馬乗りになって、何発も頬を張るご主人。小声で悲鳴を上げるエルヴィラさん何?どうしたの?ご主人は罵るように低い声で何かを言い、エルヴィラさんは小声で言い返すが、すぐに頬を張られ、髪をつかまれる。喧嘩?ご主人はどんどん服を脱ぎ、エルヴィラさんのシャツのボタンを引きちぎり、彼女を下着姿にする。俺が何回も嘗め回したあの白い肌が画面に映る。不思議なもので、生で見ているときより画面を通した時の方がいやらしく見える。いかん、くせになるかも・・。画面はどんどん意外な方向へ進んでいく。どこか…

続きを読む

ロシア人人妻研修生2

2021/08/19

御主人訪日編2エルヴィラさんのご主人がやってくる。一ヶ月以上あっていないご主人だ。そもそも俺とエルヴィラさんがこういう関係になったのは、彼女の欲求不満ではないか。その後の俺との関係(といってもまだ2回だが)が、俺の優しさに彼女の愛情が傾いたのか、ジャパンマネーなのかはともかく、彼女は俺の部屋でご主人とセックスをするこれは確実だろう。これは見たい。半分、いやそれ以上好きになっている、そう恋をしかかっている女性が他の男にやられるのを見たいのか・といわれれば見たいとしかいいようがない。何故かと聞かれればわからんとしか答えようがない。高校のとき、片思いだった水泳部の同級生…

続きを読む

ロシア人人妻研修生1

2021/08/19

御主人が訪日編1木曜日の午後11時、俺は自宅のワンルームマンションのベッドに、大股を広げて座っていた。脚の間には、後ろの大きく開いた黒のカシュクールのドレスから見える、真っ白な背中がゆっくり上下に動くのが見える。もちろん俺の愛する(おいおい、いつのまに・・)ロシアからの人妻研修生、エルヴィラさんの背中だ。俺の勤務する支社では、この不景気に業績が好調だとの理由と、特許申請が二期連続支社間トップだったことを記念して、本社から取締役が出張訪問、市内のホテルでちょっとしたパーティーを開くことになった。この取締役は、ここで昔支社長をつとめていて、ロシアとの商売にもふかーくかかわっている…

続きを読む

彼女が俺のためにビッチになる修行を始めた

2021/07/30

3年付き合った彼女のココロと、俺の一方的なわがままで別れた。わがままと言えないくらいのくだらない理由だが、・セックスが退屈。・俺の希望を色々してくれるが、自主的にエロい事をする感じではない。・俺は、もっとビッチが好き。・不二子ちゃんのように、俺を裏切るくらいの方が良い。・浮気の心配が全くないのがつまらない。などと言う理由だ。心は俺にありながら、他の男とつい浮気をしてしまう。そんな女を求めていたと言う事だ。ココロは、泣いてすがって別れたくないと言ったが、理由を説明すると”ビッチになる!”と、宣言をした。黒髪に眼鏡という野暮ったいルックスで、性格もくそまじめ…

続きを読む

ロシアの天使が空から落ちてきた

2021/07/20

僕は、23歳の大学生で、休学していたのでまだ2年生です。昔から、英語が好きで、休学していたのもアメリカを放浪していたからです。そのおかげもあって、映画はしゃべるのも含めて、問題ないレベルです。とは言っても、英語が出来るくらいで就職が有利になる時代でもないので、すでに就職に関しては色々と調べて動いていました。僕は、自分ではそこそこ整った顔だと思っていますが、いわゆる草食系なので、彼女もこの歳まで作ることが出来ませんでした。とは言っても、それほど強く欲しいと思っているわけではないので、毎日趣味などで楽しく過ごしていました。趣味と言っても、アニメを見たり、フィギュアスケートを見たりするく…

続きを読む

女の色気をムンムンだしてるイギリス人とのセックス体験談

2021/06/16

俺は親の仕事の都合で中学の途中からオーストラリアに来て、それ以来こちらで暮らしているが、大学生だった19歳のとき、41歳のイギリス人女性と関係をもっていたことがある。彼女は俺が高校に通っていたとき、俺のクラスを担当していた英語教師で、ある日偶然、卒業以来初めて街角で再会したのがきっかけだった。彼女は目尻や口のまわりに少し小じわがあるものの、なかなかの美人で、背が高く、知的な雰囲気を持ち、本物のブロンドの髪と高い鼻が印象的だった。体型はスリムだが、胸とヒップは豊かに盛りあがり、成熟した女の色気を発散させていた。俺は高校時代から、大人の女性の魅力にあふれる彼女のことを意識していたのだが、ひ…

続きを読む

好きだった黒髪処女娘が先輩に目の前でレイプされた

2021/06/04

暇だから大学時代の話する正確には彼女じゃないんだけどおれ当時18歳田舎の地方国立大学の新入生・工学部大学デビューを目指すキモメンA子当時18歳俺と同じ大学の1年生・文学部黒髪処女(当時)、服装地味で大人しいけど色白巨乳童顔っていうねらーにもてそうな感じ。おれも超ストライクゾーンだった…A子とは講義のオリエンテーションが一緒になって仲良くなった。その大学は教養の講義が文系理系一緒でオリエンテーションを受けて選択で講義を埋めていく形式だった。(どこでもそうかも?)おれとA子は地方国立といっても違った県から来てて知ってる友達もほとんどいなかったってのもあって、講義の…

続きを読む

夏の日の出来事

2021/05/02

まずスペック。俺:亮介。25歳。社会人3年目。身長175cm。顔は中の下。彼女:真美。23歳。社会人2年目。身長158cm。磯山さやか似。Cカップ。プリケツ。真美とは大学のサークルで出会ってから6年間付き合っていた。今年の夏の出来事。俺たちは休みを合わせて取り、茅ヶ崎の海に行った。真美は薄い黄色のビキニに着替えてきた。柔らかい胸が谷間をつくっており、真美もちょっと照れた顔で俺の方に歩いてきた。砂浜の場所を確保し、二人で手を繋いで海に入った。真美を抱えて海に投げたり、真美に沈められたり、一通り楽しんだ後、真美の足がつかないところまで連れて行くと、真美は俺におんぶされる格好に…

続きを読む

アメリカ人と不倫

2021/02/15

最近、妻以外の人と初めて性交渉をしました。今までに妻以外の女性とSEXの体験がなかったのに、魔が差したのでしょうか。六本木のクラブに生まれて初めて、昔の友人が連れて行ったのです。4名の同級生で、同窓会の幹事をしていて、その二次会で、行ったのです。ソコには外人が4名で、男子が2名、女子が2名のカップルでした。満員で同じ丸いテーブルに8名で座りました。所が突然にアメリカ人と思われるカップルが喧嘩しだしたのです。男性は35歳ぐらいで、女性は30歳ぐらいでしょうか。彼女は金髪でオッパイも大きく多分Dカップぐらいはあるでしょうね。男性は突然このお店を飛び出して行ったのです。他のカップ…

続きを読む

奈良のユースホステルで

2020/12/23

僕は今時はやらない「ユースホステル」を使ったバイク旅行が好きです。とにかく安いのが気に入っており、昨年の夏休みには九州一周の帰りに奈良に泊まりました。奈良のユースは何回も使っていますが、かなりきれいで泊まり客も多いのが特徴です。そのときは外人の女性も泊まっていました。僕はなぜか彼女と仲良くなり、夜のミーティングもそっちのけで、ツーショット状態になりました。僕はぺらぺらとは言えませんが、その晩の英語をしゃべれる数少ない宿泊客だったためと思います。彼女は金髪碧眼の典型的な白人外人女性で、19才の大学生。びっくりするくらい白い肌をしていました。またすごい美人で、女優のような印象です。…

続きを読む

合コンチャット

2020/12/13

その日、俺はいつものごとく、合コンチャットで楽しんでいた。>はじめまして!そう、挨拶をしてきたのがユキとの出会いそして・・・・その数週間後に、俺はユキに会いにいく・・・・初めての街で、四苦八苦してた俺の携帯にユキからの電話が鳴り響く。「どこ?」「今、新幹線の改札を出たところ」それが、2人の初めての会話。俺の前に来たユキは、(^^;)うん!まさに、「今!」って感じの女性!子供がいるって聞いていたけど・・・・どう見ても、・・・見えない(^Q^)金髪にの長い髪に、夏に真っ黒に焼いた肌!対する俺は、ジーンズに少し沈んだ感じにワインレッドのシャツを、だら~と垂らしている、冴えない叔…

続きを読む

夫婦の危ない趣味

2020/12/02

皆さんが投稿されてるほどの凄い話ではありません。ただ変な趣味の夫婦の実話です。私も妻も44歳で地方の町に住んでいます。妻は胸も尻も大きなポチャっというより少しデブの部類です。ただ自慢ですが顔は美人だと思います。妻は元々清楚というか恥ずかしがりなタイプでした。子供の成長とともにエッチも少なくなってきていました。その妻に変化が出てきたのは一人息子が東京の大学に進学した2年ほど前でした。以前から部屋着はラフなTシャツ生地のようなワンピースでした。もちろん家の中ではノーブラです。あれっ?っと思ったのが夜の8時頃に宅配便が来た時でした。以前は私に受け取ってきてと頼むか、上に何か羽織…

続きを読む