「小学生」一覧 (521件)

自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と3

2018/12/10

妻の真希との結婚式は、私の立場を思い出させるものでした。真希は、私などでは釣り合いが取れないと自覚するほど、美しい女性でした。私なんかと結婚してくれたのは、本当に奇跡のようなものだと思います。私がプロポーズした時、真希は私に二つの条件を出しました。それは、一生彼女を離さないことと、彼女が私以外の男性と自由にセックスをすることを認めるというものでした……。でも、それは彼女の照れ隠しのようなもので、本気だとは思っていませんでした。でも、結婚式の当日、それが本気だったことを思い知らされました。まさか、これから式を挙げる直前の控え室で、元カレの巨根に狂わされる真希を見ることになるとは、想像すらして…

続きを読む

友達にエッチな悪戯をされても怒らない鈍感な母

2018/12/09

俺の母は小顔で美人です。幼い時から「お母さん綺麗でいいね」って良く言われていました。そんな母はスタイルも良く、男好きなちょっとムチッとした体形で胸も大きい。母がナンパされるのを何度か見かけた事もあるし、友人の中にも母のファンが多く、自慢でした。俺が中学に入ると、母のファンの1人、友樹がよく家に遊びに来るようになったんです。友樹の目当てはもちろん母でした。母が部屋に入って来ると友樹はすぐに横になって本を読み出すんですが、その近くを母が通り過ぎると、友樹は本から視線を母のスカートの中に移します。母は友樹をまだ子供だと思っており、スカートの中を覗かれても気にしていない様です。だから友…

続きを読む

ママと息子1

2018/12/05

康太のズボンの上から、そのいきり立ったペニスを触る白い指。康太はまだ一年で、思春期の扉を開けたばかりの彼は、やっと毛も生えそろってきたというところだった。そんな康太のペニスを優しく触りながら、『最近してないでしょ?また、ためちゃわない?』と、優しい笑みを浮かべながら聞いてくるのは、康太の母親だ。肩より少し長い髪で、童顔の彼女はまだ若々しく、女子大生の中に混じっても違和感がない感じだ。いくら早くに康太を産んで、それほど歳がいっているわけではないにしても、異常なほど若々しい。彼女は、いつものピンク色のエプロンの下に、薄い紫の縦に織り目の入った長袖のセーターを着ている。普通の主婦の格好だ…

続きを読む

人生の運を使い果たしたかもしれないハーレム大乱交

2018/12/04

小学5年生のときの話。俺が通う学校は田舎の小さい学校。中学校と高等学校も近場にあり、エスカレータ式だった。全校でも都会の1クラス位の人数だっただろうか。女性の多い地域で、男は俺と弟、他学年の6人、他は30人の女子だった。計38人。俺のクラスには男は俺と、もう1人の男友達のみ。あとは7人の女子。男はみんな低学年だ。俺には同学年に彼女が居た。名前は『N』とする。男が少ないのでクラスの女子全員と学校のほとんどの女子は俺のことが好きだったらしい。30人のうち21人は“可愛いor美人”だった。その21人みんなが俺を好いてくれていた。男が少ないから仕方ない。もちろん彼女のこと…

続きを読む

雪国に嫁いで10年、旦那の父親を好きになってしまいました

2018/12/04

30代(女)主婦です。名前をちほこと言います。雪深い田舎に住んでいますが、嫁いで10年になります。小学生の娘と幼稚園の息子がいて、3世代同居の家族です。義父(とうちゃん)も義母(かあちゃん)もとても良い人で、特に義父ちゃんには優しくしてもらっています。旦那も良い人なんですが気持ちが大きくなると手がつけられなくて、保証人になったり、出来もしないことを引き受けたり、私と義父ちゃんで何度か謝りにいきました。その度、義父ちゃんは「チィちゃんゴメンな。俺たちの育て方が間違ってたよ」と、私に謝ります。家では、旦那は酒を飲んで子供と寝ています。冬になると雪が積もり、朝の雪かきが日課となります…

続きを読む

巨乳な処女JK

2018/12/04

私の勤めてるゲーセンに美奈と言う16才の娘がバイトに来ました。身長が童顔で身長も145cm位で見た目は小学生みたいな子でした。ミスが多く注意するたびに泣きそうな顔がSな私心に火をちけました。ある日の夕方、勤務を終えた美奈を店長室に呼びつけ「美奈ちゃんはミスが多すぎるね…このままミスが減らなければ今月で辞めてもらう事になるよ」と告げました。美奈は母子家庭の長女で下に妹が2人います。母親は病気がち(ひどい鬱)で生活保護をうけているので美奈の稼ぎが必要なのでクビになれない事情を私は知ってました。「済みません店長……頑張ります…頑張りますから…クビにはしないで下さい…お願いします。」「で…

続きを読む

スケバンにされたペニス虐めが気持ち良すぎて

2018/12/04

昭和50年代の終わり、私が中3の頃にイジメにあった時のことです。クラスの千尋という女の子から告られたのですが、全く興味が無い子だったし高校受験も控えていたので、心苦しいが受け入れられないとお断りしたのがきっかけでした。そのことを知ったいわゆるスケ番が私を呼び出し、スケ番の家の納屋に半日軟禁されたのです。私に告った千尋とスケ番、その友人2人と、美佳というスケ番の妹(小5)の5人の女の子に押さえつけられて、私はパイプベッドに大の字に縛られたのです。スケ番は私のズボンのベルトを外し、パンツごとずり下ろし始めました。大の字に縛られていたので、膝上までしか下ろせませんでしたが、私のペニスは丸出…

続きを読む

パンストフェチの義弟と俺でセーラー服で女装して・・・

2018/12/02

俺には母の再婚相手が連れてきた中1の義弟がいます。俺とは10歳以上も年が離れています。特別仲が悪いということはないのですが、義弟は大人しい性格なので普段はあまり話す機会はないです。俺は半年ほど前に偶然、その義弟には俺と同じ性癖があることを知ることになったのです。真夜中にトイレに行きたくなって下の階に下りると、風呂の脱衣場に人の気配がしました。(泥棒?)一瞬身構えたのだけど、薄明かりの中でどうやらそれは義弟だとわかりました。(こんな夜中に、しかも電気も点けずに、こんな所で何をやっているんだろう?)こっそり様子を窺っていると、義弟は下半身を勃起させながら母が履いていたパンストを嗅い…

続きを読む

可愛い息子と一緒のお風呂に入ったら、おちんちんが固くなっていました

2018/12/01

私は、いわゆるシングルマザーで、息子と2人暮らしです。いろいろ苦労もありましたが、それこそ宝物のように、息子を育ててまいりました。お陰様で、息子ともとても仲が良く、性格も素直で健康な男の子で、今年、小学校4年生になりました。小さい頃からいつもいっしょで、ご飯もいっしょ、寝るのも布団を並べて、お風呂ももちろん一緒に入っていました。息子も思春期になって、そんなことももうできなくなるのかなと思っていました。そんなある日、いつものようにいっしょにお風呂に入っていた時のことです。息子は、奥手らしく、いままで性的なことは一切したり言ったりしたことはありませんでした。お風呂で、息子のペニスを見…

続きを読む

精子とチンチンまみれの生活がしたい淫乱女の淫らな告白

2018/12/01

小5の時に近所の大学生にいたずらされたのが始まりでした。ゲームとお金に誘われてお兄さんのアパートでキスされて、おまんこを弄られて・・・。そして臭いちんぽをしゃぶらされました。処女膜を破られたのは小6の春にそのお兄さんと・・・。初めは痛くて嫌だったけど、だんだん快感になってきて・・・。初体験した日以降は私からお兄さんを求めるようになり、自分からフェラチオしたりするようになりました。お兄さんとのエッチが楽しくなってきた夏休みの手前のある日、突然お兄さんが遠くへ引越してしまいました。夏休みに入りエッチしてくれるお兄さんが居なくなり・・・、エッチがしたくてしたくてたまらなくなり・・・、自…

続きを読む

大好きな叔母と、叔母に瓜二つな従妹と葬儀で再会した

2018/12/01

叔母が叔父と結婚した時から、叔母はボクの憧れだった。叔父はお袋と少し年の離れた弟だったので、お嫁さんになったばかりの叔母は当時まだ二十歳を過ぎた頃で、ボクはと言えば小学校に入ったばかりの頃だった。都会というには少しおこがましい中途半端に開けた街に嫁いできた叔母は、子供の目にも垢抜けていて、それまで接してきた大人とは身なりも身のこなしもちょっと違った雰囲気を醸していた。大人なのにセミロングのおかっぱ頭で、アーモンドのような涼しい眼をした叔母はまるで別の世界から来た人のようだった。まだ子供のくせに、ボクはそんな叔母の綺麗な顔立ちと、母や周りにいる他のおばちゃんたちとは違って細くて、それでい…

続きを読む

姉が好き過ぎて夜中に姉の部屋に忍び込んで犯そうとした

2018/11/30

小さい頃から三つ上の姉はボクの憧れだった。小学生の頃からクラシックバレエをやっていた姉は脚がすらりと長く、子供の目にも優雅な物腰で、長い黒髪はずっと伸ばしていて腰まであった。年が三つ離れていると、ボクがわがままを言ってもいつも姉が折れてくれて喧嘩にはならず、ボクは母親以上に姉になついていて大好きだった。人よりは体格に恵まれてスポーツは元々得意だったボクだが勉強は苦手だったので、面倒見のいい姉はいつも自分の宿題をさっさと片付けるとボクの勉強を見てくれて、毎日家庭教師がついてくれているようなものだった。姉のお蔭で苦手な勉強も人並みにはできるようになって、一応進学校と呼ばれる高校に合格できた…

続きを読む

小学生の頃に専門学校生の叔母と一緒にお風呂に入った

2018/11/28

マキ姉ちゃんはボクの母親の年の離れた妹、即ち叔母で、ボクとは8歳しか年が違わないことから、小さい頃はいつも面倒を見てもらっていた。母は若くしてシングルマザーになってしまったので、ボクたち親子は祖父母やマキ姉ちゃんとずっと同居していた。小学生の頃、当時高校生でその後専門学校生になったマキ姉ちゃんがボクの面倒を見てくれていた。ボクは優しいマキ姉ちゃんが大好きで、いつもついて回っていたのだけど、そんなボクに嫌がる素振りも見せずにマキ姉ちゃんはいつも相手をしてくれていた。そして、もうすぐ中学生になろうかという頃、ボクはマキ姉ちゃんのことを思うと股間が硬くなって痛くなることに気が付いた。どうし…

続きを読む

大学の同級生に

2018/11/27

大学の同級生に何回もして貰った。その子は凄く可愛いんだけど、彼氏無し。俺の彼女とは高校からの付き合い。絶対にやらせてはくれないけど、頼めば必ずフェラはしてくれる子。フェラが凄く上手くて、本気出されると3分持たない。でも、普段は長く咥えてたいから加減する、と自分で言うほどフェラ好きな子だった。何回か口内射精させるとイキそうなチンコの感じがわかるらしく、ギリギリで止めて楽しむのが好きだと言ってた。必ずのんでくれるし、大学の空き教室や、居酒屋のトイレでもしてくれる。いったあと、くすぐったいから腰を引こうとすると、お尻を押さえられて、全部吸い出すまでチュウチュウされる。最初はくすぐっ…

続きを読む

痴漢少年サルの生態観察録[中編]

2018/11/26

小学生の痴漢少年に興味を持った僕は、あの少年が大人の女性にどうやって痴漢行為を行ない、かつ感じさせているのか一度間近で見てみたいと思い、会社帰りの際は常に少年の姿を捜すようになりました。しかし少年は結構不定期に現れるようで、見かける時と見かけない時があります。また見かけても、ターゲットとなる女性が居ないのか、痴漢行為を働かない日々がしばらく続きました。ある会社帰り、僕はその少年がいるかどうかを確認する為、ホームを一通り見て回りました。が、見当たりません。(む、今日も外れかな?)僕は諦め、まだ電車が来るまで若干時間があった為、本でも立ち読みしようと駅内の書店に立ち寄りました。すると…

続きを読む

痴漢少年サルの生態観察録[後編]

2018/11/26

サルのように2人の女性に向かって駆けていくエロガキの後ろになんとかつく事ができました。ホーム上では、以前と同じく『2人の女性→クソエロガキ→僕』の順番で電車を待っています。2人の女性を改めて見ました。2人ともかなり背が高く、168cmの僕よりも高いので、少なくとも170cm以上は確実にあります。プロポーションも抜群にいいので、本当に雑誌のモデルか何かをやってるのかもしれません。とにかく2人とも、ものすごくセクシーな女性でした。この2人を区別する為に、僕の勝手なイメージで仮名をつけますが、お姉さん的な美人を『美咲さん』、妹的な可愛いコの方を『愛美さん』とします。愛美「ねぇ!今日どこ…

続きを読む

痴漢少年サルの生態観察録[前編]

2018/11/26

僕は都内の会社に勤めるサラリーマンです。僕が出会ったある小学生の少年について書きたいと思います。その少年に初めて会ったのは、僕がいつも帰る電車のホームでした。おそらく塾の帰りのでしょうか。勉強用のかばんを持ってホームのベンチに腰掛け、プラプラと足を振りながら電車を待っていました。その少年はかなり小柄な体型の小学生の子で、まるで子ザルのように目がぱっちりした愛嬌のある顔で、なんとなく印象に残りました。ちょうど帰宅ラッシュの時間帯で、電車はいつも満員電車です。(まだあんな小さいのに。よりによってこんな時間の電車に乗るなんて小学生も大変だなぁ)僕はその時、その少年に同情していました。…

続きを読む

妹にセックスの指導をしてあげた結果

2018/11/25

俺には3歳離れた妹がいる。俺と妹は小さい頃は比較的仲が良く、どこかに遊びに行くときは大体連れていっていたし、妹も楽しそうに付いてきていた。それはお互い小学生になっても続いたが、高学年にもなると同級生から「いつまで妹とひっついてんだ」とからかわれ、俺から自然と距離を取っていった。妹も俺が離れたがっているのを察したのか、しつこくは絡んでこなくなった。そのままおれは中学高校と進学し、妹も時期に中学生になった。すると妹は今までお互い無口だったのに、急に俺に、というか家族に悪態をつくようになった。まぁ中学生といえば無意味に親に反抗したくなる時期でもあるので、俺は逆に「妹もここまで大きくなった…

続きを読む

家庭内融和策

2018/11/22

思春期の男の子がいる家庭なら大なり小なりそうだと思うが、うちも妻と息子の折り合いが悪い。妻はしょっちゅう息子をガミガミ叱るし、息子も手こそ挙げないが「うるせえよ、クソババア!」と怒鳴り返す。息子は中2。上背は俺を追い越したが、いつまでも子供扱いするのが母親だ。独り息子で妻も幼い頃から溺愛してきたが、その感覚が抜けないのか。思い通りにならないと、ついカッとなってキツい言葉を投げつけるらしい。息子も小さい頃は母親ベッタリだったのに、中学に入って反動が来たようだ。普通に受け答えすればいいのに、わざと無視したり食って掛かったりする。俺に言わせれば、息子は自分勝手で短絡的。一方の妻は、言って…

続きを読む

バイト先の風俗大好き親父の嫁に、中年夫婦の性生活を指南w

2018/11/20

学生時代のバイト先に「風俗大王」の異名を持つ親父がいた。推定40歳。小学生の子供がいるバリバリの既婚者だが、無類の好き者なんだこれが。ソープだヘルスだ性感だと、どんだけ通ってんだよって感じ。俺も何度か「帰りにヘルス連れてってやろうか」と誘われたが、薄給のバイトに声を掛けられてもなあ。というか浮気したいなら素人女を口説けば済むのに、手間が惜しいのか、わざわざ高い金払って女と遊ぶってのが理解できなかった。そんなある日、職場の人たちと飲みに行った席で、若手社員(♂)が大王に無邪気な質問を投げ掛けたのが事の始まりだ。「大王さん(仮名)、そんだけ絶倫だと奥さん身が持たないんじゃないスか…

続きを読む