「露出」一覧 (700件)

OLとどんな関係になったか・・の話

2018/08/15

最初は別にエッチな性格のOLとは思ってなかった、ただ何となく掲示板で絡んだのがきっかけでどんどん、そのOLと親密な関係になっていくわけですが…まッ、ちょっと長くはなりますが、OLとどんな関係になったのかを見てみて下さい。久しぶりに「」を覗くと「26歳・OL、割り切った交際希望」とあった。早速返事をすると「ぜひお会いしたいです!」とのメールが返ってきた。「最初はお話だけでもいいですか?」との問いかけに、いつものように「勿論いいですよ」と答えておいた。内心はその気は全くなく、当然味見はするつもり満々であった。数日後、駅前ビルで待ち合わせた。直前のメールで「申し訳ありません。仕事の都合で1時間ほ…

続きを読む

マッサージ

2018/08/14

ここに来る皆さんはH画像を見た事があると思います。そういった中でもいろいろな体位で挿入している画像もあったと思います。バックや騎乗位などの中で私は正常位が一番興奮します。男が女の両足の間に入り、その男の腰が女の恥ずかしい部分に密着し、女のふとももが男をはさんであえいでいるのを見るのが好きです。一種のフェチなんでしょうか。特にあえいでいる女性を妻に置き換えてみて想像するのがもっとも興奮しています。しかし、過去に私も一度、妻とのSEXの最中にカメラを使おうとして強烈に拒絶され、それ以来もんもんと過ごし、オナニーで静める毎日が続いていました。どうしても、妻のSEXしている姿を見てみた…

続きを読む

どうしてもお金が必要で、枕営業してしまった19歳の私

2018/08/13

大学生活を満喫していた時期に突然、家庭の事情で大学を中退することになりました。そして、すぐにでもお金を稼ぐ必要があり、色んな所を駆けずり回り、苦労して事務の職を何とか見つけました。飲食店の業務用機器販売の会社なのですが、入社してすぐどんな会社か判りました。事務職として入社しましたが、最初の仕事は営業でした。1ヶ月目は先輩と一緒に営業をしましたが、それ以降は1人でやることに。毎日その日の成果を報告するのですが、私は全くダメなのでいつも怒られていました。営業職は給料も歩合の割合が高く、売れない私は生活費にすら困るようになりました。そんなある日、初めて訪問した飲食店でのこと。ちょうど…

続きを読む

ライダーズクラブで知り合った亜紀さん[後編]

2018/08/12

最後の夜です。またしばらくお付き合いお願いします。しばらくはメールだけのやり取りが続いた。亜季さんは俺に、『私なんかのどこがいいの?』と聞く。言葉に困る。たぶん好き。っていうか、時間を戻せるなら、一人だった頃に戻ってもう一度亜季さんと初めからやり直してみたい。・・・なんてことは書かなかったけど、なんか言葉を濁した返事をした。亜季さんははっきりと、「あなたの体も好き」と言ってくれた。微妙な気持ちだ。しばらくして共通の友人の記念日に一緒に飲むことになった。俺はもちろんその気だ。亜季さんより少し遅れて店に着く。もう友人と話が弾んでいる。その日はちょっと早めに切り上げた。…

続きを読む

ライダーズクラブで知り合った亜紀さん[前編]

2018/08/11

もう12年以上前になるかな。とあるライダーズクラブに入ったんだ。俺は26歳。結婚1年目。普通のリーマンで、当時オフ車乗りだった。1年前に結婚して子供はいない。2000年頃に判ったのだが、俺は子供ができない体なんだそうだ。その人はそこにいた。背が高くて目が大きくて、魅力的な人だなぁと思った。そうだな、誰に似ているんだろう。背が高くて活発でみんなに人気があって大酒飲みなんだ。一発で一目惚れした。彼女の名前は亜季さん。クラブでは普通に話したし一緒に飲んだりした。仲も良かった。ただタイミングが会わなくて一緒にツーリングに行くことはなかった。そのクラブはいつの日かなくなっ…

続きを読む

性欲旺盛な熟女妻は、大好物の硬い肉茎を・・・

2018/08/11

大学4年の4月、アパートの近所の飲み屋で知り合った陽子さんは母より6歳年上の53歳、気品ある淑女でしたが、小柄で笑顔の可愛い女性で、男女の関係になるなんて思いもせず、少し話し相手になってあげていました。盛り上がって、アパートで二次会をする事になって、熟女を連れ込みましたが、下心はありませんでした。小ジワはありましたが、屈託の無い笑顔が少女のように可愛くて、次第に陽子さんに惹かれていきました。「陽子さん、可愛いですね。」「昔はよく言われたんだけど、今じゃお世辞にしか聞こえないわね。」「いや、お世辞じゃなくて・・・」「もう、女としての機能は終わった叔母さんを女として見れるの?」「ええ…

続きを読む

Taxiに乗ったら

2018/08/11

会社帰りについ飲みすぎて夜中にTaxiに乗ったら運転手が30歳くらいの男だった。行き先を告げて眠ってしまい、起きたら知らない広い工場の中に車を停められていた。運転手は笑顔で振り向いて、「夜中だし、誰も来ないよ?どうする?」とニヤニヤした。事態を把握できずにいると、サッと後部座席に移動してきてドアをロックされた。運転手の名前を確認しようとしたが、ガムテープで隠されていた。「可哀想にねぇ~オレなんかに犯されるんだから。」と言われ、逃げようとしたが羽交い絞めにされてTシャツとブラジャーを一気にまくられ、ネチネチと舐めまわされた。乳首をガリッ!と噛まれ、「ギャアー!」と叫んだら…

続きを読む

セフレちゃんと韓国へ不倫旅行して露出プレイしてきた

2018/08/11

3日前に本命セフレと韓国に買い付け旅行。従業員兼セフレの都合の良い関係。出張前から成田空港の近くのホテルで前泊。その晩に2回、正常位から顔射と口内発射。結構寝過ごし気味で、成田空港に大急ぎで行き飛行機に乗り韓国に。なんだかんだで仕事を終わらせ、ウォーカーヒルってホテルでカジノ三昧。ちょっとした新婚旅行気分と、周りに気兼ねしない開放感でちょっとテンション高めのセフレちゃん(W不倫のためw)普段はギャンブルには一切興味も無いのだが、この時はバカラで楽しんでたwこれが後々あんな展開になる序章とは・・・w俺はバカラとブラックジャックで1000ドル位浮いていたので、ただ飯食べたりスロッ…

続きを読む

家庭教師先の奥様とホテルでやったら顔が潮まみれに

2018/08/11

家庭教師とバーテンダーを掛け持ちバイトしてた学生時代の話。バイト先のバーに家庭教師先の奥様が不倫相手と来店。口止め料にホテルへ連れ込ませてもらった。この奥様、実際は41歳だが30前半に見える色白Gカップ(あとで判明w)。多少肉は付いてきているものの、くびれはきちんとあり、前からエロいと思ってた。最初は身体を硬くして、『嫌なんだけど仕方なくついて来てます』風だったが、「嫌ならいいですよ。そのまま固まってて下さい」と、脱がしたストッキングで椅子に固定wそれまで縛りとか興味なかったんだけど、縛ると胸が強調されてエロいw服のまま縛ったんだけど、少しずつ露出させていって、乳首を舌先で転がし…

続きを読む

先輩夫婦の奥さんの挙動に

2018/08/09

私の先輩夫婦の物語です。関東の工場へ途中入社した私当時26歳、先輩35歳奥さんも同じ位だと思います、子供さんが二人で幼稚園とまだ幼児でした。奥さんスラリとした背の高い人でした顔は十人並でしょうか先輩に仕事を教わりながら時々アパートへ呼んでくれました。子供さんとも仲良くなり奥さんも喜んでくれました。夏になると子供さんがおじちゃん海へ行こうよと私にまだおじちゃんと呼ばれるには抵抗がありました。ある休日でした家族に誘われ海へ人、人で一杯かと思いきや以外とすいていました。スタイルのいい奥さんが水着です。上半身がチェック柄、下半身はピンクのワンピースでした。下半身には黒の…

続きを読む

元カノの初体験を思い出してオナニーする僕は糞野郎

2018/08/09

バブルも終わりかけの時代に僕は大学生だった。当時、僕は関西のある大学に通っていた。初めて出来た彼女は、同じサークルの1年後輩の子だった。初めは普通の先輩後輩の関係で友達のような感覚だったが、そのうち、何となく二人だけで会って食事をしたり遊びに行ったりデートするようになった。当時下宿していた自分の部屋に彼女を呼んで、音楽を聴いたり、借りてきたビデオを見たりした。洋楽ではユーロビート、邦楽ではZARDやドリカムなどのバンド音楽が流行っていて、部屋で彼女と一緒によく聴いていた。この頃になると、僕も彼女もお互いに付き合っているんだという暗黙の了解が出来上がっていた。そして、ついに二人にと…

続きを読む

堅物妻が本当はエッチ好きで、私の望みを受け入れてみたいという願望があることに気づいた

2018/08/09

私たち夫婦の、変な夜遊びを教えます。結婚18年で、私達は39歳と37歳の年を迎えました。妻は元々真面目で、男は私1人しか知りません。私はエッチ好きで、妻には色んなプレーをして欲しかったんですが、なかなか堅物で、了承を得る事が出来なかったんです。私が言うのも何ですが、妻は身長163cmで、体重53kg、胸はEカップという感じで男好きのする体型をしています。30半ばから下半身の肉付きも良くなり、もうたまりません。ちょっと茶髪でショートヘアー、顔も美人系で吉瀬美智子さん風でしょうか!そんな妻とも人並みに夜の営みはしていました。妻は昼間はなかなか言う事を聞いてくれませんが、夜の営みが始…

続きを読む

妄想が現実に・・・

2018/08/09

少し前に衣替えをしてたら昔しお気に入りだったワンピを見つけました。黒系のフレアになってるミニで前ボタンで開くちょっとエッチなスタイルです。以前は下着無しで出かけたり満員電車の中とか映画館でちょっとだけボタン外して触ってみたり・・・思い出したらエッチな気分になり、また下着無しで散歩してみたくなり夜だったけど出かけてしまいました。さすがに暗い道とかは怖かったし人に見られてるかもって感じが興奮するのでまだ人通りのある近所の駅まで行きました。一番下のボタンを外して太ももを露出したりしてオジサン達の視線を意識しながら駅前をぶらぶらしてたのですが、そのうち我慢が出来なくなったので近くのネッ…

続きを読む

セックス依存症の先輩に巻き込まれて3Pで初体験[前編]

2018/08/08

女の先輩と2人で年上の男に会いに行った。男:23歳・・・。女:先輩、高2、19歳、AV女優に似てた(名前がどうしても思い出せない)。私:18歳、KARAのニコルって3、4回言われたことがある。外じゃなんだからと家へ誘われて、私は先輩に従うしか出来ず、ついて行くことにした。最初は何事もなく、話したりバカしたりして過ごしてた。でも先輩が呑んでヘロヘロになってベッドで寝だしたのだ。先輩と男と私は交友関係も悪くなく、先輩は男を相当気に入ってたのだろう、「ベッドに来い」と命令。誘われた男も友達だからと割り切ってたつもりのようで、最初は「おいwwwなんだよ酔っ払いww」とか言って近くに座る…

続きを読む

義父の真っ黒で長い肉棒

2018/08/08

私は29歳で結婚3年目の新妻です。まだ新婚だというのに、夫は去年から単身赴任中。私は夫の実家に嫁いで来ましたが、結婚前に夫のお母さんは他界されていましたので、現在は義父と私の2人暮らしになってしまいました。もう還暦を過ぎた義父と言えども、同じ屋根の下で男と女が暮らしていると、お互い意識してしまうこともあります。それも夫が単身赴任中に帰って来るのはせいぜいゴールデンウィーク、お盆休み、お正月休みぐらい。ある日、義父の入浴中に呼ばれ、「年で肩が上がらないから、たまには背中を流して欲しい」と頼まれました。浴室に入ると義父は背中を向けて座っていました。私はスポンジにボディソープをつけて義…

続きを読む

犯された看護婦

2018/08/07

半年ほど前、私は持病の腰痛が悪化して入院することになりました。これはそのときの話です。何事も無ければもう1週間もしない内に退院ということになった日。2人部屋だったのですが、隣の人が午前で退院していき、午後3時ごろになって別の患者が隣に入ってきました。ところがそれが坊主頭で歳は50くらい、サングラスをしていてとても人相の悪い男でした。が、挨拶をして話をしてみると見かけとは違い、いたって普通の人でした。ただ、やはり仲良くなって話していくうちにヤクザ的の稼業をしていた時期もあることがわかりました。
私はそれを知って以来はあまり深くこの男に関わりを持つのはよそうと決め…

続きを読む

見た目は超怖いのにMっぽいオジサン

2018/08/06

相手:36歳、男、バツイチ、シングルパパ、体育会系女子マニア。一週間ぐらいメールしてました。初めからエロ系募集だったので展開早かったです。体育会系女子マニアでショートヘア好きだと言っていたので、「まさにあたしのことです」と言ったら食いついてきた。急遽夜中に面接決定。次の日、別件の面接が前から入っていたので、余力を残しつつエロできたら良いなぁという感じ。真夜中の駅にて待ち合わせ。小さい駅なので駅前には誰一人いませんでした。階段に座って待ってるとメール着信。『今、駅前』ぱっと顔を上げると、恐ろしげなフルスモの黒塗りの車キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!(こりゃやばいかも・…

続きを読む

巨根の伯父にイカされまくっていた妻

2018/08/06

最近起きた、何とも言えない出来事です。初めにちょっと自己紹介します。私は38歳、自動車関係の工場で働いています。人並みより性欲大盛で、ちょっとマニアックかも知れません。妻(静香)は37歳。小顔、色白のまぁまぁ美形でスタイルも良いです。性格はおっとりした天然で、子供やお年寄りには凄く優しい性格。酒はほどほど好きで、酔うと陽気になり、時には歯目を外す事も・・・。同じ工場の事務員をしていて知り合いました。早くに結婚した私達は、16歳と14歳の子供がいます。今でも月に2、3回は夜の営みを行っていますが、正直少なく感じていました。妻は生理前後は凄く盛り上がって…

続きを読む

フェラテクが抜群だった未成年のオッパブ娘

2018/08/05

1年ほど前、俺は色々と付き合いが増え始め、繁華街へ飲みに行く機会も増えていた。なぜかおっぱい好きがやたらと多く、オッパブに行く事が毎回の締めみたいな時期でもあった。ちなみみにオレは足フェチなので、オッパブに行ってもキャバクラのようにずっと話してるだけで、他の連れがおっぱいにしゃぶりつく様を見て笑っていた。そんなある日、また仲間内で飲んでから行ったいつものオッパブで、ユウキという女がついた。ユウキはとてもニコニコしていた。ユウキ「初めまして!今日だけ体験入店なんです」俺「そうなんだ、いくつなの?」ユウキ「20歳です。お兄さんは?」俺「22だよ、年近いな・・・」小さい街の繁華街、…

続きを読む

妻を見初めた禿げ社長[中編]

2018/08/05

あの後、妻は禿社長に罵声を浴びせるでもなく、咽び泣く風でもなく、淡々と自らを処置していた。ただ一度、大きく深いため息をついたのが余計に妻のやるせなさを表わしていた。さっきまでの勢いはどこへやら、禿社長は青菜に塩。背中を丸くして、申し訳なさそうにしていた。妻は(社長を無視して)髪をアップに束ねると、浴室の方に向かったのだった。シャワーの音を確認して、俺はそっと部屋を出て自宅へと帰った。女房より一足早く帰宅して、この歪な興奮を鎮めなければならない。ところが、一足どころか翌朝になるまで妻は帰って来なかった。計算外れで、興奮は鎮まるどころか噴火寸前だった。妻「え?あ…

続きを読む