「童貞」一覧 (1762件)

限界集落1

2021/04/15

みのりの秋を迎え、稲の刈り取りが盛んに行われてます。あたし、この季節が好きです。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)によって日本の農業が変わろうとしています。限界集落や過疎問題にも直面する日本の農業政策。あたしの飲み友達でもある、須田浩二君はそんな日本の農業に関心のある青年です。彼が今年の夏、いい体験をしてきたというので聞いてみたら・・・。では、須田君の話を今日はします。彼は在籍する農学部で勉強するかたわら、実地体験の大切さに気づき、大学が夏季休暇中に各地の農村を回って農家のお手伝いをしながら、今何が必要なのかを追求していたのです。バッグパッキング姿で、京都は美山町の多々良地区にやってき…

続きを読む

姉との結婚生活 その2

2021/04/15

姉との結婚生活の続きです。そして、姉貴とエッチしちゃう時が来ました。ほんとうにささいなことが始まりだった。大学2年。二十歳の成人式まで1か月ぐらい12月でした。姉貴が看護師同士の忘年会が終わって帰宅してきた。「祐君、ただいま~!あんたの大好きなねーちゃんが帰ってきたよぉぉ~!」かなり酔っ払ってた。ふらふらでリビングのソファにひっくり返った。姉貴は酒が弱い・・なのに、かなり飲んでる。「ねーちゃん飲み過ぎだよ・・・。水飲みな。」水入れたコップを渡した。「祐君、今日は何してたのかな?あなたってねーちゃんにはいつも優しいんだよね。でも、ねーちゃん祐には何もしてやれなくてごめんね。」…

続きを読む

好きな子の騎乗位で

2021/04/14

高校の夏休みのテニス部合宿最終日の夜だ。俺らの班の部屋に部内でも仲の良い女の子たちが遊びに来た。トランプやウノをやって盛り上がった後、女の子たちが男子の布団に一人ずつ入って皆で下ネタトークをして盛り上がった。俺の布団に入ったのはA香だった。A香はスタイルの良いコで背が高く身長は165cmほどあり、胸も大きめでDカップくらいあった。顔は板野友美に似ている色白で茶髪ロングのギャル系だ。そのようなA香の美貌に比例してか彼女には男子との浮名がたえず、噂では計10人くらいと経験があるといわれていた。そんなA香に俺は惚れていた。だが女と付き合ったこともない奥手の童貞野郎の俺にA香が振り向い…

続きを読む

すべての基準になっている暢子

2021/04/12

僕の初めての相手は暢子という高校2年生の女で、書道部の1年先輩だった。彼女は眼鏡をかけ、真面目な感じで、図書委員タイプといった感じだった。そんな彼女とは家が近く通学を一緒にしているうちに、つき合うようになった。そして、僕達は夏休みの部室で初体験をした。書道部は運動部とは違って、夏休みはせいぜい1週間程度しか練習がない。そのため、休みの日に暢子を部室に誘ったのだ。今思えば、もう少し気の利いた場所を選べばよかったのだが、両親が専業主婦で自宅は使えず、ホテルも近所に無かったので、精いっぱい頭を使った結果だった。部室に入るとカーテンを閉め、ドアに鍵をした。そして、お互い無言で向き合いキ…

続きを読む

子孫繁栄の風習

2021/04/11

僕が初体験をしたのは二十歳の時で、そのころ家庭の事情で遠縁の親戚の家で預かってもらわれていたときのことです。海に囲まれた島で携帯も通じないようないなかでした。そこで家事を手伝いながら渡し舟にのって大学受験の為の塾などに行ってました。体が生まれつき弱かったので学校も休むこともあり高校も遅れて卒業しました。ここに来てから半年も経たないうちに初体験をしたのですが、その場所は山の中腹にある神様を祭る古い神殿でした。この村では山と海の収穫を祝う祭りがあるのですが、その中で神様から恵みを貰ったお礼として人間が神様にお礼として、子孫を繁栄しますという誓いをするのです。その誓いというのは神殿にある…

続きを読む

人妻のお姉さん

2021/04/10

19歳の時のことです。相手は,私は正社員で相手の彼女は臨時職員29歳の人妻のお姉さんででした。私は高校卒業して働き始めたばかりで,彼女もいません。女性経験もなく,童貞でした。自分の19歳の誕生日の日,机を並べて座っている彼女から,「ちょっと」と言われ,会社の屋上に呼び出されました。「なんだろう?」と思いながら,一緒についていくと,そこで「おめでとう」といって紙袋に入ったプレゼント(財布)が渡されました。その時は,「エー!」と言う感じで「ありがとう」といってプレゼントを受取っただけです。彼女は結婚しているということもあって,全く意識はしてませんでした。机に帰ると,「彼女はキスでも…

続きを読む

修学旅行ん時に4P

2021/04/10

修学旅行ん時に4Pやったことあるな。沖縄で、歩いて一周出来るような島で。女の子が巨乳だったってのもあるんだけど、イってもすぐギンギンになっちゃってたなぁ。その後もこの子とは何度かやったけど、この時が一番気持ちよかったわ。同意の上だな。その前に別の島(無人島)でビーチバレー的なことしたんだけど、その時の彼女の乳がもうすごくてねw男3人その話して、我慢出来なくなった。んでゲームで負けた奴が誘い出して、3人でちょっと話し、エロトークにもっていってやろうって事になった。おっぱいはG~Hカップって言ってた。ちなみに高3の時。歩きながら話してたんだけど、「おっぱい大きいよなぁ」とか話した…

続きを読む

20代にしか見えない

2021/04/08

その女性を意識するようになったのは、中学に上がってからだった。近所に住んでいた35、6歳のおばさんで、その人の息子とはよく遊んでいた。離婚をして父親が息子を連れていき、その女性は一人で暮らすようになっていた。20代にしか見えない素晴らしい美貌と豊満な肉体・・・名前は理香。彼女を見たら、抱きたいと思わない男はいないだろう。事実僕は、オナニーを通算500回以上はしていたと思う。いったん始めると2度、3度と繰り返し、終わるとベッドにはティッシュがいくつも散乱した状態になった。中2の5月ころ、僕の成績がトップクラスだというのを聞いた彼女が、息子の勉強について聞きたいことがあると声をかけて…

続きを読む

頼むから別れてください

2021/04/07

907 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 07/11(水) 15:07:38俺なんて元嫁に「頼むから別れてください他の男に抱かれたあなたを嫁として一生愛していけませんどうしてもあなたを汚らわしい存在として見てしまいますあなたに対して性欲が全然わきませんむしろ女として見れませんお願いだから別れてください」と覚めた目で言ったら元嫁絶望的な顔をして大泣きしてたなw懐かしい思い出だぜ
908 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 07/11(水) 15:10:36>>907どこかに投下してないんだったらkwsk
918 907 sage 07/11(水…

続きを読む

OLのお姉様

2021/03/29

学生の頃の話だから、今から十年以上も前の事になる。多少記憶が曖昧なところもあるが、最初の頃の事は、比較的鮮明に覚えている。この話は、当時、四年生の某大学に通う学生だった俺が体験した話だ。俺は親元を遠く離れ、一人アパートでの下宿生活をおくっていた。高校卒業後、大学に進学した俺は、そこで初めての一人暮らしを経験する事になる。男なので、親はそれ程心配していなかったが、それでも「学校に近いと友人達の溜まり場になり易くなる」とか「遠いと通うのに不便だ」など俺としては、どうでも良い事を気にしていた。俺は、贅沢なんて言わない。安ければ良いと思っていたのだ。孝行息子の俺は、親に余計な負担は掛け…

続きを読む

彼女の母は

2021/03/28

オレ35歳の時の話。20台半ばで友人と会社を興し女性には目も暮れず必死で仕事をしてきた。そんな甲斐もあって会社も順調に成長し、そこそこの収入も時間もやっと手に入るようになった。そんなオレに9年ぶりに彼女ができた。友人Hの店のバイトの短大生Aだ。15歳も歳が離れている。正直、背は高いけどあまりイケメンでもないし、何よりメタボだ。どちらかと言うと、怖い系のお兄さんとかそのスジの方面に見られることのほうが多いし、そういう知り合いも居る。そんなオレのどこが気に入ったのか知れないがAは、もの凄く積極的にアピールをしてきた。そして「Rさん、私を食事に誘って下さい。」だと…他のバイト仲間や…

続きを読む

姉貴

2021/03/25

姉貴と俺は5歳離れた二人兄弟で小さい頃からある意味母親の様に面倒をみてくれていた。今年、高校に入学した時も少ない給料からDSも買ってくれたりして凄え感謝してる。21歳になる姉貴に10歳年上の彼氏がいる。俺から見れば中年のジジイでキモイ。中学に入った頃からチョコチョコと姉貴の体を思いながらオナニをしていた。とぼけて風呂を覗いた事もあった。でも残念な事に突然開けてごめんと言うといつも湯船中で頭から下は創造の世界でしかなかった。中三で1個上の彼女が出来て童貞にはさよならしたが半年で捨てられた。全部で5回しかしてないしいつも彼女がリードしていたので自分はオモチャ扱いであんまり良い感じな…

続きを読む

お葬式の夜に・・・

2021/03/21

僕がスカウトされて、相撲部屋に入ったのは16歳の時でした。実家は秋田市内で、郷土料理店「秋田藩」を開いていました。両親も相撲好きで、僕は小学生のころから相撲の選手で、15歳で背も165cm近くあり体重も80キロはありました。が、その頃にはもう童貞を失っていました。うちの店で働く仲居さんが、小学校の頃から物凄く気に入られて、オモチャやお小遣いなどをよく呉れたのです。バツ一で、41歳で独身でお店の近所のアパートに住んでいました。学校から帰るとお菓子やおもちゃの誘惑に負けて、毎日オバちゃんの家に遊びに行っていました。夏休みでお昼ごろから遊びに行き、汗でビッショリの僕を見て二人で「お風呂…

続きを読む

吉原の嬢に感謝

2021/03/15

初体験は吉原。名前は忘れたけど、黒い瞳がキレイなソープ嬢と。お嬢様風の彼女がハダカになると胸はぺったんこ。乳首だけがコリコリしてた。少女のようなオッパイと色白の肌には興奮したなあ。直径5センチ超のボクのチンチンは激しく勃起。それを見た彼女も息が荒くなって、いきなりボクを押し倒してまたがってきた。はあはあ言いながら、腰をガンガン上下させる彼女。童貞のボクはなすすべもなく、赤く染まった彼女の頬を見つめていた。すると彼女がいきなり叫んだ「カタくて気持ちイイ!」そのまま彼女はうつ伏せに倒れてきてボクに抱きついた。真っ赤な顔をして、はあはあと荒い息のまま「私、もうイッちゃったから、好…

続きを読む

一馬の彼女

2021/03/14

第一印象でムカつくと思った。理由はそれだけ。ムカつくから殴っても無反応。暗いし何を考えてるかわからない、気持ち悪い奴。そう思った。とにかく一馬を見ているとイラついた。だから思いっきり殴ってやった。だけどまだイラつきが納まらない。だから殴る。さらに殴る。何度も殴る。どれくらい殴ったのだろうか。全然わからない。「許して…許して…」一馬は怯えきった目で泣いて訴えていた。するとさっきまでのイラつきが嘘のように消えていった。怯えた目、許しを乞う目。ゾクゾクした。それから俺は一馬を虐めることが日課になっていった。いつか飽きる。そう思っていたがもうやめられない。俺は支…

続きを読む

理奈に裏切られて

2021/03/13

俺は19歳の時大好きな彼女がいた。名前は理奈にしとく。理奈は背が小さく、胸はちょっとしかなかったが可愛い子だった。顔は料理番組で「星三つ」とか言ってるじじいの横に居る子に似てる。確か「こばやしまお」だと思う。軽く馴れ初めを書いとく。理奈は中学の先輩の妹で俺の1つ下。先輩の家に遊びに行った時に俺に会って、まだ小6の理奈が俺に一目惚れしたと後で教えてくれた。なんとなく気付いていたがさすがに妹の様にしか思えずその頃は気付かないふりしてた。でも理奈が成長するにつれ段々理奈に惹かれていった。でも先輩の妹だし俺は気持ちを押さえ込んだ。そのまま理奈への気持ちをごまかしてるうちに俺は中学…

続きを読む

田舎の同級生と

2021/03/13

8月の11日から15日まで、石川県の小松市に帰省してきました。高校までは小松市で育ち、大学から東京のR大学に入り、次女ということもあって、東京のデパートに就職しました。33歳です。新宿のデパートで、紳士服の担当でした。かなりお高い商品が多いところでしたが、やはり東京は凄い値段のブランド洋服が平気で売れるのです。20万や30万の紳士服なんて、田舎では考えられぬお値段です。それがボーナス時期や、VIPの人に売れるんです。女性物ならあるでしょうが。毎月来てくれるお客さんにデートを申し込まれて、それが発展して25歳の時に結婚したのです。でもこの人は二人の子供が生まれると、ほとんど家に…

続きを読む

大学2年で初体験

2021/03/03

俺は父方の父(おじいちゃん)がアメリカ人で、ちょっと雰囲気が違うので、中学まではそれでいじめられる事が多く、コンプレックスになって、なんとなく積極的になれず彼女もできずにいた。大学2年の時、サークルの後輩に入ってきたN子は顔立ちも派手で、黒いロングヘアが肩の下あたりまで伸びた、俺好みの明るい子だった。教養科目の取りかたとか教えているうちに親しくなり、いっしょに映画を見に行くまでになった。N子は俺の容貌とかには気にする風もなく、自然に接してくれた。ある映画の帰り、外に出たらもう暗かった。と、N子が俺の腕に手を回してくっついて来た。N子の胸は普通でそんなに大きい訳ではなかったが、それで…

続きを読む

初体験は先輩のお母さんでした

2021/03/03

僕の初体験、今年の夏です。相手は高校の先輩のお母さんでした。僕はまだ、高校3年生で、別の社会人となっている友達と飲みに行っていた時、街でバッタリであったのです。先輩のお母さんなので、高校生で飲みに行っていることが、先輩(卒業し、現在は大学生)の耳に入ると恐ろしくて、どうしょうかと思いました。でも、「黙っていてあげるから、今日は一緒にどう」の誘いに、2次会のカラオケに同行しました。先輩のお母さんと女友達5人にカラオケへ連行されました。友達のお母さんは42歳ですが、色っぽく、大変おしゃれでした。一緒に居た女性からはカラオケでは「若いってえいね」と大変羨ましがられました。カラオケでは…

続きを読む

男が怖い

2021/02/27

高校一年生のとき、ある女の子(純子)に一目惚れした。奥手な俺は一年間見てるだけで、告白することができなかった。部活動にも入り、友達もできた。その中に悟がいた。二年になって、好きな人がいるかどうかの話題になった時、おれは純子の名前を出した。悟と純子は中学が同じだったこともあって、俺と純子の橋渡しをしてくれて付き合うことになった。純子との交際は清い交際だった。3ヶ月たってもキスもなく、デートで手を繋ぐだけだった。そんな時、父の不倫が発覚した。お父さん子だった妹の落ち込みようは酷かった。学校と必要なとき以外は部屋にずっと閉じこもったままだった。妹が自殺するんじゃないかと心配した…

続きを読む