「スケベ」一覧 (463件)

体の相性が抜群で、四十路男と五十路熟女の熟年カップルなのに、何回も勃起出来るんです

2018/06/18

私の彼女は五十路の保険外交員で保険レディという仕事をしている私は45歳の独身会社員この保険レディをしている恵津子と付き合って一年になる。彼女も独身で、着物の着付けの資格を持っているので休日にアルバイトをしている。そんな訳で月に二、三回しか会えない。もう五十路の彼女だが結婚せず、仕事をバリバリしてきた女性なのにでおばさん臭くなく、見た目は、40代前半にしか見えず若々しい子供を生んでないから身体もお腹に少し贅肉が有るがお尻も張りが有って大きく胸もDカップで軟らかく垂れていないナイスバディな熟女。セックスの相性も良く満たされたセックスをしている。しかし、三月、…

続きを読む

騎乗位で男を射精させる長身美人モデルの女子大生

2018/06/18

超美人な後輩とエッチしました僕の一人暮らししているマンションの部屋に後輩3人が遊びに来た日の事いい感じに皆酔っ払ってきて、そろそろ解散という頃、長身モデル体型の美人女子大生の里美(20歳)が「私、終電なくなっちゃった」と言いだし、後輩2人のアシストがあり、後輩の里美だけうちに泊まることになりました。普通だと「この後あわよくば」と思うところですが、里美は他大学に彼氏がおり、自分も彼女がいたので「まー、特に何もないだろう。」と思っていましたが、その予測はすぐに崩壊しました。というのも、2人が帰った後、里美は常に自分の真隣におり、時折身体を触ってきては「先輩、いい筋肉してますよね~。」などと…

続きを読む

調教しちゃった

2018/06/18

この前、某サイトで知り合った、ショウっていう18才の男の子をホテルに連れていきました。電話では強気だったのに、会ってみると緊張しまくり。そこがまた可愛いくって抱き締めてキスしてやったの。目を閉じて舌を絡め合って、そのまま両手で頭を掴んで耳も鼻の穴も舐めまくって、顔中私の唾液でベトベトにしちゃった。それから上半身を裸にして、ベットに両手を縛りつけてやったの。「あらあら乳首が勃っちゃってるじゃない」って指先で摘んだりして、いたぶってやったの。そしたら喘ぎ始めちゃって、いやらしく乳首を舐めたり歯を立てたりしてやると、興奮しちゃってるの。ショウ君ったら、「あっ!あんっ!チン…

続きを読む

酔った勢いで人妻専門の出会い系サイトで出会った男性と

2018/06/17

結婚して旦那がいますが、浮気をしてエッチをしてしまいました。相手は人妻専門の出会い系サイトで出会ったの田中さんです。旦那と大ゲンカした私は、「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い彼の部屋で介抱されることに・・・。田中さんは水を持ってくると急にディープキスしてきました。間接照明だけの薄暗い部屋のベッドに押し倒されて・・・。私「だめ・・ちょっ、・・・ちょっと待ってください・・・私そんなつもりで部屋に来たんじゃ・・・だ・・だめですよ・・・私旦那がいるんですから・・・いやっ・・ホント・・だめ・・・ん・・・あ・・ん・・」服の上から乳首を触られて、ブラを外されピン…

続きを読む

父の浮気がわかった日、僕と母は結ばれた

2018/06/17

父に僕に近い年の女がいることがわかった日、ついに僕と母は結ばれた。家に帰ると母は動揺して放心状態だった。僕はいつも通りの良い子で母を慰めた。幼稚園から私立に入って大学まで過ごし、親の薦める相手とお見合い結婚して僕を産み、教育熱心で潔癖性。本当に良家のお嬢様育ちの母にとって“浮気”は最も汚らわしい行為だ。僕は母の頭を抱えて慰めた。僕は母の自慢の息子だ。学校の成績は常にベスト5以内で、球技、陸上とスポーツも万能で、成績優秀の推薦を受け志望校も合格確実と言われている。母は僕を溺愛してくれている。だから僕も母を愛している。母は僕の腕から顔を上げると涙目でこちらを見た。母「とし君、…

続きを読む

未亡人の甘い罠

2018/06/16

隣のご主人が不慮の事故で亡くなって一年。男の出入りもなく、奥さんは貞操を守り続けている様子でした。まだまだ女盛り、一人で悶々とする日もあるだろうと節操のないことを考えていた時でした。玄関のチャイムが鳴り、出てみると隣の奥さんでした。奥さん「すみません。今、お時間ありますか?実は台所の電気が切れてしまい困っているんです。替えて頂けませんか?」俺「お安いご用です。替えの電球はありますか?すぐに行きますね」奥さん「ありがとうございます。よろしくお願いします」お隣のお宅は掃除が行き届いていて、アロマが仄かに香っています。脚立を借り電球を取り換えると奥さんはお茶を用意してくれていました。…

続きを読む

オフィスの女子社員(4)

2018/06/12

奈々はまた固まってしまい、中々服を着ようとしませんでした。そしてしばらくすると・・・ 奈々:「・・・あの・・・最後までしなくていいんですか?」 僕 :「は?別にいいよ、今抜いたばっかだし」 奈々:「・・・あの・・・さっきの・・・・・」 僕 :「なんだよ!終わったから帰れよ!もういいだろ?」 奈々:「・・・さっき・・・まだイッてないから・・・」 僕 :「なんだよ!ハッキリ言えよ!」 奈々:「・・・さっきの続きをして欲しい・・・」 僕 :「は?お前ヤリてーの?なぁ?」 奈々:「・・・はい」 撲 :「あははは、お前超ドスケベじゃん!脅された知らない男にイカせてほしいの?」 奈々:「・・・はい・・・…

続きを読む

ビッチなのに処女だった幼馴染のフェラ

2018/06/12

小学生の頃からそいつはマセていた。誰が好きだの誰とキスしたいだの、そういう話ばっかしていた。俺はそいつとよくそんな話をして盛り上がっていた。幼馴染は若干ビッチ気質があった。幼馴染は小4の時に中2に塾で知り合った男と付き合っていた。俺は、随時報告みたいな感じで色々のろけ話を聞いてた。一例としては、塾の休み時間に彼氏に脚を触られ、「お前、感じやすいね」とか言われたこととか。そんな話を聞いては俺は妙な興奮を覚えていた。今思えばその頃から俺の寝取られ属性は芽吹いていたのかもしれない。彼氏と別れたと聞いた時、ほっとしたような残念なような気分だった。中学生になると、俺たちは歳相応にエロ…

続きを読む

オフィスの女子社員(2)

2018/06/12

奈々は「いやあああ」と言っていますが、僕は夢中でむしゃぶりつきました! 最初は陥没気味の乳首がミルミル勃起して、両方ともカッチカチに固くなっていました! 僕は「お前すぐ乳首勃起してんじゃん!ほらぁ!」と言いながら両乳首を弾くと、「あはぁああ、うっ、ぐっ」と震えながら首に太い血管を浮かべながら我慢していました! 僕はその後も乳首を舐めたり、持ってきた筆で乳首をイジめたりして楽しんでいました。奈々は口では「何も感じない」と言っていましたが、明らかに感じていました。耳まで真っ赤にして、声を洩らして、ビクビク痙攣しています。そしてしきりに内股を擦りあわせていました! 僕は今度、奈々のズボンを脱が…

続きを読む

オフィスの女子社員(1)

2018/06/12

こんにちは、僕は都内で営業職をしている27才の男です。これは先日会社で残業をしていた時の話です。僕の使っているオフィスは1フロアで200人以上が使える大きなビルに入っています。最近は残業が厳しくなってきてるので、7時を過ぎるとほとんどの人が居なくなってしまいます。僕も基本的には6時半には帰るのですが、営業から戻った時間によっては8時位までいることもあります。その日は7時位にオフィスに戻りました。もうその時間には誰も居ないので、電気も消えていました。僕は一人だけの時なんかは、面倒なので電気を消したまま作業する事がよくありました。その日も真っ暗なオフィスで一人、パソコンに向かって作…

続きを読む

ご近所の奥さんは新人風俗嬢

2018/06/11

先週思わぬ臨時収入があって、非常に溜っていたこともあり大塚に遊びに行ってきました。「今日入ったばかりの娘が居るんですがどうでしょうか?」と店の人に聞かれました。良く聞くと、何でも26歳の人妻で細身の美人だと云うのです。まぁ泡銭だし店も「美人ですよ」と勧めるのでつい、「じゃぁ頼むわ」と返事をしました。ホテルに入って店に連絡して15分位すると、ドアをノックする音、ドアを開けると髪をアップにまとめた好みの女性が立っていました。少し緊張しているのか、少し震声が震えていました。「千里です、よろしいでしょうか?」僕は無言で彼女の肩を抱いて部屋に招き入れました。「今日が初めてなんだっ…

続きを読む

バイト先の男に食われていた妻[後編]

2018/06/10

妻は目の前に出された巨根を自分から咥え込んで、『おっきのが好き』と信じられないことを言ったみたいだった。私は若者の言葉を信じたくなかったが、どうしても嘘を言ってるようには思えなかった。と言うより、今まで自分が抱いていた妻の“セックス嫌い”というのは嘘ではないか?という疑念が確信に変わっていた気がしました。「それで◯◯さん興奮し始めて、ガンガン首振ってしゃぶりだしたんすよー、すげージュボッ、ジュボッとか音出して。俺のデカいから半分も入んないんすけど、それでも喉奥まで自分で突っ込んでくんすよー。あれ相当なM女っすよ」「え、そ、そうなんだ・・・すごいね・・・」(M女って・・・)「で、俺も…

続きを読む

ガチイキオナニーしてた兄嫁を寝とって中出し・前編

2018/06/09

兄夫婦と同居している。俺の両親は数年前交通事故で亡くなってしまった。それで、実家の一軒家に一人暮らししていたんだが、兄貴が結婚したのを機に兄嫁を連れて家に帰ってきた。経済的には家賃を払わなくてすむので楽になって、嫁さんとしては助かった様子。でも兄貴的には一気に通勤時間が長くなってしまい、いつも疲れている感じ。残業が長くなってしまう時なんか帰って来ない事もしばしば。だから家の中には兄嫁と2人でいることが多く、テレビとか観ながら仲良くやっている。兄嫁の由紀さんは25歳の平凡な人。美人でもなくブサイクでもない、普通な感じの兄嫁。気さくな性格なので友達みたいに接していたんだけど、この…

続きを読む

ガチイキオナニーしてた兄嫁を寝とって中出し・後編

2018/06/09

義姉との禁じられたセックスでのすごい快感と、どこか足りない虚しさ。きっと中出ししてたらこんな気分ではなかったはずだ。「ふう~、危なかった・・・こんなに濃い精子、中で出されたら妊娠しちゃうところだった」うっとりした表情で、今出されたばかりの精液をすくって指でコネコネしている。その仕草がいやらしくて堪らない気持ちになる。「義姉さん、とっても気持ちよかったよ」僕は上半身を起こして義姉の胸に顔を埋めて甘えた。身体を密着させてオッパイに甘えている僕に義姉が誘いをかけてくる。「ねえ、もう満足しちゃった?」「うん、でもまだ出来るかも・・・」「本当はね、義姉さん、もっとしたいの・・・この大…

続きを読む

病室にお見舞いに来ていた女にオナニーを見せつけ

2018/06/08

俺は32歳の独身の男です。この前、入院した時の話です。腎臓機能低下で体の調子が悪く、検査も含めて1週間入院しました。結果的には経過観察で、脂質と糖質を制限された食生活を余儀無くされました。でも、手術をしたわけじゃないから病室では元気でした。病室は4人部屋で、俺以外は60代から80代の患者が3人。話も合わないのでDVDや漫画を読みながら適当に過ごしていた。2日もすると性欲が溜まってきて、看護婦をナンパするけどうまくはいかなかった。まあ俺はモテるタイプでも無いし、どっちかって言うとゴツイ系だから看護婦も相手にしてくれない。若干セクハラ気味に嫌がっている女もいた。時々わざとチンコ…

続きを読む

薬のせいで(3)

2018/06/06

裕二はしばらくそれをしていると、今度は自分が寝転んで、男なのにまんぐり返しのような格好になって 「優子ケツ穴なめろ、洗ってねーけどな、あははは」 と言いました。僕はこの人頭がおかしいんじゃないか?って本気で思いました。すると和幸も 「あ、俺も」 と言って二人で同じ格好をしました。加奈はノリがいいので、笑いながら和幸のアナルを舐め出しました。優子はいくらなんでもやらないだろうと思ったのですが、裕二に催促されるとそんな抵抗もなく舐めていました。僕は女性に対して神聖な考えを持ちすぎていた事にこの時気がつきました。どんな綺麗で清楚な人も、男と同じようなスケベな感覚が心の中にはあるんだと・・…

続きを読む

薬のせいで(2)

2018/06/06

裕二は 「こいつもうイッたぞ」と言いました。僕は童貞ですが、さすがに耳とおっぱいでイク女の人なんて聞いたことありませんでした。AVは見ますが、それでもこんなに激しくイク女の人を見たこともありませんでした。すると裕二が 「今ならこいつら全身がクリ○リスだから早くやっちまえよ!」と言いました。僕はそんな恐ろしい効き目のあるクスリだとは思っていませんでした・・・ 優子は裕二の声が聞こえてるのか分かりませんが 「ハァハァ、すごい、ハァハァ、こんなのはじめてぇ」とうわ言のように言っていました。裕二は優子のカットソーを脱がしました。すると優子の巨乳がブラジャーに包まれてるのが見えました。片方…

続きを読む

ゴルフコンペ

2018/06/05

23歳のOLをしているものです。GW中に会社と取引先のゴルフコンペに行って来ました。取引先からは重要顧客として、専務と部長が、こちらからは営業部の部長と課長、そして付き添いとして私が行くことになりました。私はゴルフはできないっていうのに強引にいかされて、お茶だし。しかも休日なのにあちらの要望とかで会社の制服で参加でした。結構暑い日だったのですが、朝からの接待でなんとか終了!。で、帰りはうちの会社の課長(この人だけはいい人なんですが)の車で駅まで送って もらおうとおもったら、あちらの部長さんが私を家まで送っていくからと言い出して。断ることもできないし、仕方なく送ってもらうことにしま…

続きを読む

中出され日記(1)

2018/06/03

35歳の会社員です。妻は27歳の女盛り・・・夜のほうも盛んな年頃です。私はそろそろ弱くなり2.3ヶ月に一度しか妻を抱けなくなってきました。そんなある日・・・部長夫婦と温泉旅行に行きました。部長の行きつけの旅館を安く世話してもらい、2泊3日でくつろぐ予定でした。部長と露天風呂に入りくつろいでいると「この風呂は、女湯がのぞけるんだよ・・・ちょっくら見に行くかな・・・へへへ」と言って部長は岩影に消えて行きました。私は少しためらいましたが、スケベ心を出して後を追いかけました。すると、部長が女湯をのぞきながら自分のペニスをしごいているのです。まずいところに来てしま…

続きを読む

間男が童顔の綺麗な四十路妻を裸エプロンにさせ、イラマチオさせる

2018/06/03

私の勤めている会社にパートとして工場にきてる人妻のKさんとSEXしてします。年齢は41歳の童顔の熟女なんです。実年齢よりも若く見えて、ノリもよく職場でもすぐにみんなに好かれているおばさんただ胸が小さく貧乳なのが難点だったけど、子どもを3人生んでるのでそこは仕方ないです。この童顔の貧乳奥さんと最初にセックスしたのは会社の忘年会でした。ベロベロに酔ったKを介抱してた時にムラムラしてしまい、多目的用のトイレでなかば強引に襲ってしまいました。そこからKとの関係が始まり、最初は家族に対する罪悪感がどうとか言っていたKも今では完全に俺…

続きを読む