「姉」一覧 (89件)

彼の家族と混浴

2021/10/19

つき合って4年になる彼とは、お互いの家族公認の仲で夏休みに入ってすぐ、彼の家族と一緒に旅行に連れて行ってもらった。私と彼は高校も同じで、実は去年の冬休みエッチもすませてる。彼の家族も私を家族同然に扱ってくれてお母さんともお父さんとも妹やお姉さんとも仲良しだった。でも、彼の家族ちょっと変わってて、オープンというかあけっぴろげというか・・・・「家族で風呂入ってるよ」という彼の言葉にえ?、うそって思ってたけどこの旅行でそれがウソじゃないことが分かったんです。彼の家族は5人家族でお父さん:43歳?お母さん:41歳お姉さん:20歳(短大生)彼:高2妹:中2で、お父さん…

続きを読む

私の催眠奴隷体験

2021/10/18

私(男です)以外にも、催眠術を使って美味しい思いをしている人がいると知って、私の体験も書きたいと思います。私と催眠術の出会いは、中学2年生の時でした。クラスメートA子ちゃんの従姉のお姉さん(大学生)が、通学の為に近所に越してきたのが発端でした。お姉さんは、心理学か何かを専攻していて、中学生同士で催眠術を掛け合えばどうなるかを研究テーマに選んでいたらしいです(A子ちゃん経由で聞いたので少しあいまい)。お姉さんはまず、従妹のA子ちゃんを含め、数名の女の子に催眠術を教えていたのですが、1ヶ月経ってもマスターできたのは、A子ちゃんの他もう1人しかいませんでした。そこで、クラスメ…

続きを読む

酒に酔った姉と

2021/10/17

僕はまだ高校生だったので姉には女としてすごく興味があり普段普通に会話してる時でも、ちょっと意識してましたあれは姉が飲み会かなにかで、酒に酔って帰宅した時です母が飲み薬を持って行ってあげてと言うので薬と水を持って2階の姉の部屋に行きました姉は帰ってきたままの格好でベットで寝ていました「おねぇちゃん薬を持ってきたよ・・」と肩を叩きましたがまったく反応がありませんでした下半身を見るとジーパンのボタンとファスナーが開いたままです僕はそっとチャックの部分を広げるとパンティが見えました白とピンク色のチェックでした僕はすごくドキドキしながら、少しパンティをさわった胸も姉を何度も確…

続きを読む

姉 痴漢電車

2021/10/16

井の頭線上り渋谷ゆきは今日も通勤通学客でいっぱいだ。「しょうがねえナア」と舌打ちしながらも、俺は最先頭車両へ急ぐ。混雑度合いが更に激しい1番前のドアに乗り込む。これ以上乗れないよ、という状況から俺の後ろに一人乗り込んできた。「ちっ…」悪態をつこうとしたが背中越しに若い女性らしいことがわかり「まぁ、いっか」という気になる。乗り込んで来た女性はドアのほうを向いており、丁度俺とは背中あわせになったような感じだ。次の駅で反対側のドアから乗車がありさらにその女性と密着した形になってしまった。俺のお尻に女性のお尻がぴったりとくっ付いている。かなり薄手のスカートらしくヒップの…

続きを読む

従姉妹と

2021/10/16

俺の初体験は、従姉妹だ。確か高校2年くらいのときだったと思う。俺が親と一緒に遊びに逝くと小さい頃からその姉ちゃんにトランプだのボードゲームをして遊んでもらっていた。そのうち俺も小学校高学年から中学・・・と性への関心は当然のごとく日増しに高まっていった。いつ頃から気が付いたのかは定かではないが、姉ちゃんの「パンチラ」をよく目にする機会が増えた。ミニスカートが好きなようでいつも可愛い柄のをつけていた記憶がある。そのまま俺の前で体操座りをしたり、何か物を取るのにかがんだりするとき前も後ろも姉ちゃんのパンティが丸見えとなる。色は白系、薄いブルー、プリント、ストライプが印象に…

続きを読む

姉はカウンセラー 僕の属性診断

2021/10/15

郊外の私鉄駅前の商店街を俺は肩をすぼめて一人歩いていた。(………… な、何でダメだったんだ。 チクショウ………)俺は今年大学に入学した18歳。何とか滑り止めの2流私大に合格した。旅行研究会なるサークルに入りその新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。何度かデートを重ねてキスもした。そして今日、渋谷でデートをした。代々木公園でしばらく過ごしたあとラブホテルへ向かった。俺はいよいよ童貞喪…

続きを読む

女友達との混浴で裸を見られた(CFNM)

2021/10/14

もう七年ほど前の話ですが、大学卒業の記念に温泉に行きました。男と女が3人ずつ、計6人で新潟の山奥にある秘湯へ。女の子は、けいこちゃん、みなちゃん、さちちゃん、とします。僕たちのほかに誰もいないところでしたし、みんな離れ離れになるということで最後の思い出にとみんなで混浴しました。とはいえ割とまじめなグループでしたので女の子はバスタオルを軍艦巻き、男もタオルを完全に腰に巻き、お互いどこも見せないという格好でした。4年間の思い出などを語り合ったりするだけでしたが、それはそれで楽しく過ごしました。1時間くらい入ってて、じゃあそろそろ上がろうかっていう雰囲気になったときワイワイとにぎや…

続きを読む

失禁姉 渋滞車内のおもらしに興奮

2021/10/13

「まだかな?サービスエリア…」焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」「我慢できそうにないの?志織…」母絵里が心配そうに姉に聞く。「ううん。大丈夫…」そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。母絵里は18の若さで…

続きを読む

姉が着てくれたスクール水着

2021/10/13

俺にはスクール水着萌えの性癖がある。ついに俺は、隣に住む女子中学生麻衣ちゃんのスクール水着を盗んでしまった。やっきになって俺は部屋に戻ろうとした。そこを姉に見つかってしまったのだ。「ちょっとォ、○○、何?それェ?」「な、何でもないよっ」慌てて隠したが間に合わなかった。「ヤダッ、それってスクール水着じゃないッ。 どうしたのよ!アンタ、そんなもの」俺は正直に、隣の洗濯物から盗んだこと、そして実は、もとはと言えば姉の中学高校時代のスクール水着姿が好きで好きで仕様が無かったこと、そして初めての射精も姉のスクール水着の写真を見ながらしてしまったことを告白した。「お、お姉ちゃ…

続きを読む

夏の海はキケンがいっぱい 目隠しモノ当てゲーム

2021/10/10

「ねえ!○○ッ。 頼みががあるんだけど…」3歳年上の姉からの頼みごとを受けた。姉は今年商社へ入社したピチピチのOLだ。愛くるしい顔立ちと、スレンダーなボディで社内でも結構評判だ。その会社で夏季研修があり、今年は千葉の海へ行くらしい。その研修の最終日に余興の催しがあり毎年変わったゲームが行われるそうだ。「それでサ、頼みって言うのはネ ○○にそのゲームに協力してもらおうと思って…」「何なんだよ。俺だってヒマじゃないんだし」「でね、○○。 そのゲームに優勝したらさ、 豪華商品を貰えるんだって。何だと思う?」「知らないヨ。そんなこと。 俺、夏はバイトで忙しいんだから…

続きを読む

実践練習

2021/10/10

27才一つ下の婚約者と童貞と処女で初めてのセックスをした。彼女が痛がって困ったが、血も出たので処女膜が完全に受け入れ体勢になったら大丈夫だ、良くなるからとお互い我慢して半年経った。セックスがお互い苦痛になってきた。彼女からの提案で、初めて風俗童貞を破って教えてもらいに行くことにした。童貞ではないが、風俗童貞だという事情を話した。逝くことより、セックスすることより、彼女を痛くさせないやり方を教えてくれと頼んだ。多分30才前後の年上のお姉さんだったが、顔は十人並みだけどスタイルが良かった。「奥さんに悪いからスキンつけますね、もうギンギンだから十分だし」と少しフェラしてすぐ装着。「素…

続きを読む

僕と太郎

2021/10/09

僕は思春期の時、異常なほど悶々としていて何時如何なる時もエロい事を考えていた。どうしても女の裸が生で見たい!胸を触ってみたい!?と、常に思いつつも、そんな女がいるわけも無く、妄想は膨らむばかりの毎日だった。自分でも素直に認める異常性欲。そしてそんな僕には小学校からの腐れ縁、親友と呼んでも過言ではない友達の太郎(仮名)がいた。太郎も僕同様の異常性欲の持ち主で、お互いがそれを認識しあったのは小学生の高学年の時だった。太郎は男3人兄弟で4コ上と6コ上の兄貴がいる末っ子だった。年の離れた男兄弟がいたせいか、女の体に詳しく、僕は太郎に色々と教わりながらエロ知識を深めていた。エロ知識が深まれ…

続きを読む

A子の粘着

2021/10/08

ちょっとした修羅場でしたが聞いてください。事の始めは約半年前。おわったのが最近。すごく長く、まとめるのが下手なのですがもしよければよんでください私 ♀19フリーターA子 ♀31フリーター?B子 ♀16学生だけど引きこもりC男 ♂20フリーターD男 ♂21某有名大学生E男 ♂25元ホストの現在NEET全員知り合ったのは某有名MMOネットゲームで知り合いよく話したり遊んだりしていました。みんなリアルのことは干渉せず(年や住んでる場所などは話すけど)普通にネットオンリーの友達でした。うちらのグループのリーダー的存在のA子は多少下ネタ好きなこともありみんなからネカマ(ネ…

続きを読む

姉ちゃんの看病

2021/10/07

俺が風邪をこじらせて寝込んだ時、姉ちゃんが面倒みてくれた。うちは両親が共働き(二人とも先生!)だから、普段から姉ちゃんが母親がわりみたいなとこがある。というと「面倒見のいい優しいお姉さん」てイメージを抱くかもしれないが、実際はけっこう怖いところもある。それでも、一般的な普通の「姉」からすれば、よくできた姉なんだと思う。俺はそんな姉ちゃんが大好きだし、「姉ちゃんがいないと…」ってところが確かにある。2?3日前から調子は悪かったけど、大したことないと思ってた。朝、両親が家を出た後、姉ちゃんに起こされて顔を洗っている時に、目まいがしてぶっ倒れた。物音に驚いた姉ちゃんがとんできた。…

続きを読む

脱素人童貞

2021/10/06

今の嫁と付き合うまで素人童貞だった。大学生の頃、アルバイト先の先輩が、パチンコ勝ったからと、ヘルス奢ってもらった。言うならそれが初めての女性体験なのだが、当然、本番はなし。口ではてた。俺は外見にコンプレックスがあり、嫌がられるかなと風俗ですら怖かったが、まあ、向こうもそこは仕事、愛想良く、さくさくねっとりこなしてくれた。それが嬉しくて、風俗通いするようになった。まあ、そうは言っても学生時代はお金がなかったから、さほど行ったわけではないのだが、社会人になって給料がもらえるようになると、月に2?3度くらい行くようになってしまった。ソープは高かったからほとんどいかなか…

続きを読む

レースクィーンの姉がオナニーを!

2021/10/05

俺、現在三浪中。田舎から出てきて世田谷にある姉のマンションに居候している。ここから都心の予備校に通っているわけだ。姉の仕事はイベントコンパニオン。時には、レースクイーンにもなっている。姉は弟の俺から見てもかなりイケてる。バストはHカップ。形もよいし、何より張りがある。それよりも素敵なのはお尻から太ももへかけての豊満さだ。俺は細身の女よりムチムチの女のほうが好きなのだ。それはきっと姉の影響だと思う。姉は仕事が無い日は家のリビングでストレッチやらバレエやらの練習をしている。その格好がまた俺を刺激する。時にスケスケのキャミソールにパンティのままで、とか。また、超ハイレグ…

続きを読む

複雑な夜1

2021/10/04

僕と元カノ(共に24才)は別れた後も仲が良く、週末に飲みに行ったり、映画行ったりと普通に仲の良い友達の関係でした。そんなある週末、たまたま会社の先輩を交えて飲む機会がありました。すると先輩がやたら彼女のことを気に入ってしまい、彼女も先輩がイケメンだったので普通に気に入ってたようでした。参考までに元カノは雑誌に載ってるようなわかりやすいお姉系スタイルで、かなりのエロでした。それからわずか2週間後…。先輩と元カノは付き合うことに…。その事実に多少驚きながらも嫉妬するような感覚はそれほどなく、付き合ってからも3人でよく飲んでました。そしてある夜、先輩と元カノがうちに遊びに来て…

続きを読む

高校のときの好きな子

2021/10/02

高校のとき好きな子がいた。その子はモテるのに堅くて清純な女の子だった。と俺は思ってた。だけど卒業してからツレに聞いた話でかなりへこむことになった。彼女の元カレがキャプテンでイケメン&女好き揃いのバスケ部で共有の女になってたんだ。好きな子の名前はチエ。元カレとチエは同中で中学んとき付き合ってた。そいつは顔も頭もよくてスポーツもできるモテ男だったから厨房の時にすぐ別の女に乗り換えたんだけど、チエは未練があったから同じ高校入って二番でもいいからって言ってまた彼女にしてもらったらしい。要はセフレ。てかほとんど性欲処理器みたいなもんで昼休みに男子トイレでフェラチオしたりしてたん…

続きを読む

姉にしてやれなかったことPART2

2021/10/02

俺は姉をなだめるように、ベッドへ寝かして、別の話をしてみた。俺「姉ちゃん、笛のテストの課題曲ってあれなんだったっけ?」姉「翼をくださいって曲だよぉ。好きな歌だけど上手く吹けなかったよぉ。」俺「そっかぁ、何点だったの?」姉「63点だったの。ダメな点だったの。」俺「それって追試?」姉「ううん。ギリギリ合格だったの。よかったぁ。」俺は姉の頭をポンポン軽く叩きそして撫でながら言った。俺「姉ちゃん。入れてもいい?」すると姉は、目を瞑り、人呼吸してコクリと頷いた。俺は姉の股を広げ、指でマ○コを少し触って、挿入させた。グチュ。いやらしい音が姉の中から聞こえたかと思うと、姉「ん...…

続きを読む

姉にしてやれなかったことPART1

2021/10/02

隣の部屋から笛の音色がする。姉が下手な笛で『翼をください』を繰り返し吹いていた。姉の部屋に入り俺「姉ちゃん、もう遅いし、笛吹くのやめたら?」そう言うと、姉「もうちこっとぉ」床に座っていた姉は、笛を口にくわえ上目使いで謝ってきた。数分後、笛の音色は途絶えて、俺も、いつの間にか寝ていた。次の日、学校へ行き、朝のホームルームが終わると、突然姉が俺の教室へ入ってきた。姉「ごめ?ん。笛家に忘れて来たから、貸してよぉ」クラスの数人がこちらを見て、クスクス笑っている。俺「な、なんでだよ。いやだよ。」恥ずかしくて逃げたかった。姉「今日、笛のテストなのぉ。おねがしいしますなのぉ。」おね…

続きを読む