「義父」一覧 (291件)

妻の喫煙2

2022/09/24

妻「彼と再婚なんてしません。」私「今はな。」妻「絶対にありません。」私「何でそう言い切れる、 好きになった男、それもセックスまでした男、 私と別れれば、もう何も障害は無い。 栗本にしても、奥さんと離婚ということになれば、 お互い好都合だろう。 体の愛称もいいようだしな。 儀父母さんだって、家のローンの心配をしなくていい。」妻「あの子達の父親はあなただけです、許してください。 彼とはもう会いません。」私「だから、何を許せというんだ。」妻「・・・」私「他の男を愛したお前を許せる程、包容力のある男ではない。」妻「愛してません。…

続きを読む

妻の喫煙1

2022/09/24

問いただせば簡単に済む問題も、自分が躊躇した瞬間から妻に対する疑いの形に変わって行った。疑いを解決する方法は色々有るのかもしれない、灰皿を見つけた時に妻に問い詰める方法、或いは吸っている現場を押さえる方法。いずれにしても、妻がガラムを吸っていた事は明白であり、この段階で私の中には妻の素行に興味が移っていたのかも知れません。妻は長女の出産を期に一度勤めていた会社を退職したが、長男が生まれてから少しすると、前の上司の薦めもあり派遣社員の形で、また同じ会社に勤めていた。その会社は、そこそこ名の知られた観光会社である、二度目の時は経験も評価され、添乗の仕事もある事を妻は私に納得させてい…

続きを読む

嫁実家で起きたこと

2022/09/16

去年の夏休み、嫁の実家に行った時の話だ。嫁実家には義父母と義兄一家(義兄とその嫁&子供2人)が住んでて、そこに俺たち夫婦(子供1人)と義妹夫婦(子供なし)が帰省したわけ。一応、嫁実家に義理は欠かさないし、義父母には外孫も可愛いんだろう。年1?2回しか顔を出さないが、歓迎してもらえる。義妹だが、たまたまうちの近くに嫁いで来たんで(実家からは遠いが)、よく姉妹2人で出掛けるし、たまに2家族で集まって食事することもある。年も近いし(俺31、嫁32、義妹28、義妹夫35)、気の張らない付き合い。ちなみに義妹は俺より年下だが、「リョウ君(仮名)」とタメ口を聞く。まあ、その方がこっち…

続きを読む

義姉との体験

2022/07/04

嫁の姉の話でごめん・・・半年前に結婚して、金も無く嫁の実家が会社に近いからマスオさん状態に。家族構成は、義父・義母・義姉(29歳)・嫁(27歳)・俺(33歳)。何故か義姉だけが家族の輪に入ってない感じの家庭で俺も挨拶程度で過ごしていた。先週、嫁の実家の毎年恒例の4泊5日の京都旅行(何故か義姉は毎年参加しない)が実施されたんだけど俺は仕事の都合で参加出来ず。義姉と2人で4泊は気まずいと思ったのだがお構いなしに嫁達が出発。初日の夜、外でラーメンを食べて帰ったら予想外に夕飯の用意が・・・全くの想定外だったけど断るわけもいかず一緒に食べることに。食事中はこんな義姉を…

続きを読む

妹で目覚めた欲望

2022/06/15

現在私は40といういいオヤジになりますが、妻と一人娘に恵まれ仕事にも不自由なくごく普通の暮らしをしています。今だから刑事責任上では時効で匿名のネット上だから今まで自分の心の中だけでひたすら秘密にしていた罪をこの機会に打ち明けてみたいと思います。ネタと思われる方はそれでも構いませんが現実的にはこういう事件もあり、そして私のような人間の姿をした悪魔もいるんだということを知っていただきたいと思います。私はもう20年くらい前に7人もの女の子をレイプしてきた過去があります。好みの年齢は下から小5?中3くらいの間で実際にレイプした女の子も小5が1人小6が1人、女子高生が1人、残りの4人は中…

続きを読む

銭湯で見た義父と嫁の異様な光景

2022/06/14

銭湯のご主人に三助(流し)をしてもらった時の驚きの体験話です。平成のはじめのバブルの頃、私が21歳の嫁入り前の話です。店員をしていました。当時は、身長165でB90W65H95くらいのグラマー(死語?)タイプでした。今は中年太りまっしぐらですが・・・。その日は、職場での飲み会が長引いて営業時間をちょっと過ぎて銭湯に到着。23時まで営業のところを、23時05分頃に駆け込むと、女風呂に客の姿はなく、脱衣所を片付けていたおばさんが、もう終わりですよ!と、つっけんどんに言い放つ。お風呂に入らないわけにはいかない私は、なんとかならないでしょうか。シャワーだけでも使…

続きを読む

戦時中の話なんだけど

2022/05/01

自分の彼女、というか妻の話です。私は2回結婚していまして、1番目の妻との話です。戦時中の話です。私は三菱の炭鉱で働いていまして、そして20歳で結婚しました。現在だと20歳で結婚をするのはとても早い事ですけれど当時でも少し早い位だったかと思います。早くに結婚したのには理由があります。入社してすぐ、仕事中に怪我をしてしまったのですね。当時の炭鉱はとても危険な職場でした。私は中学校を出て三菱に入ったので炭鉱の仕事の中でも比較的楽な、所謂管理職的な仕事を担当していたのですがそれでも坑道には入りますし、危険な事も沢山ありました。入社してすぐでしたけれども、坑内…

続きを読む

義姉とのセックス

2022/02/18

兄が結婚して義姉が同居したのは僕が20の時、兄達は同じ年で27でした。1年ほどして子供が生まれ僕の家族は両親を含め6人家族になりました。義姉は細身で初めて会った時は「綺麗な人だなあ」と兄が羨ましく、でも同居すると聞いた時は少しと嬉しかったのを覚えています。同居してしばらくはお互いに気を使ってぎこちなかったですが、子供の子守をしたりしているうちに僕達は友人の様に打ち解けていきました。時々義姉の姿にドキッとすることがありました。特に前かがみになったとき胸元から覗くブラジャーと、少し小振りではありましたが胸の膨らみと谷間が見えると、それだけでドキドキしてしまい何時しか僕は義姉…

続きを読む

俺が10歳の時、両親が離婚した(妹との体験談)

2022/02/09

俺が10歳の時、両親が離婚した。親父が浮気をしていたらしい。お袋にバレて出て行った。そのおふくろが出て行った翌日、親父が新しい母親を連れてきた。よりによって翌日とは・・・。俺は親父も新しい母親も好きになれなかった。新しい母親には連れ子がいた。名前はアズサ。当時3歳だった。前のダンナとの子供らしい。なかなかカワイイ子だった。しかし、母親同様にどうしても好きになれなかった。一緒に住み出してからも俺はアズサを避け続けた。もちろん新しい母親も、親父も。俺は家に寄り付かなくなった。実母のいる家にいる事が多くなり、家にはただ寝るだけに帰っ…

続きを読む

性教育の実験と訓練

2022/01/17

小6の1学期、GW明けくらいだったと思うが体育の時間に男女別々の教室に分けられていわゆる性教育を受けた最近は男女一緒に模型をつかって挿入のやり方まで指導するようだが当時のはかわいいもので、精子と卵子の受精の仕組み、射精の意味くらいだったそのとき先生が「男の子は落チンチンが硬くなる、お風呂で洗ってるときに硬くなった人いるかなぁ?」とか「陰毛が生えてきた人いるかぁ??」とか冗談めかして聞いていたが当然誰も返事をするような奴はいなかった。放課後の帰り道「田中(俺)」と呼びかけられて振り向くと、同級生の乾(男)が立っていた乾は4年生まで加藤だったけど母親が再…

続きを読む

脱素人童貞

2021/10/06

今の嫁と付き合うまで素人童貞だった。大学生の頃、アルバイト先の先輩が、パチンコ勝ったからと、ヘルス奢ってもらった。言うならそれが初めての女性体験なのだが、当然、本番はなし。口ではてた。俺は外見にコンプレックスがあり、嫌がられるかなと風俗ですら怖かったが、まあ、向こうもそこは仕事、愛想良く、さくさくねっとりこなしてくれた。それが嬉しくて、風俗通いするようになった。まあ、そうは言っても学生時代はお金がなかったから、さほど行ったわけではないのだが、社会人になって給料がもらえるようになると、月に2?3度くらい行くようになってしまった。ソープは高かったからほとんどいかなか…

続きを読む

中国人の人妻K

2021/09/29

バイクとはほとんど関係ないが書かしてください。聞いて欲しいだけです。しかしバイクが好きだからここに書きたいんです。ここから口調を変えます。自分のことをYと置こう。18歳で浪人生だ。ちなみに童貞だ。彼女もいたことはない。高校までいわゆるデブで、積極的に女性に接することが出来るようになって2年くらいだ。YはYB-1に乗っている。15万+α位を愛車に使った。女の人をKと置く。この女性は中国国籍だった。前書きはここまで。俺は今年の4月の始めに普通自動車の免許を取るために教習場に行った。車の免許なんか後でいいと思っていて、本当は普通二輪免許が欲しかった。でも祖父母…

続きを読む

夫の相談

2021/08/29

私44才妻40才結婚12年子供は男の子が2人です。第2誕生後かれこれ6年の間ほぼセックスレスです。年平均1回位です。会社から帰ってくると大抵子供と寝ていたり、起きていてもテレビをずっと見ていて遅い時間になってから寝室に上がって来たり、疲れているとか暑いとか良くある拒否の連続で、いつしか私も積極的には誘ったりしなくなりました。でも、これまでのところ浮気もせずに来ています。家庭内の仕事はきっちりやっており、対外的にも申し分のない妻なのですが今ひとつ夫婦と言うより子育てをしている共生者みたいな関係が耐えられなくなり、先日このままで良いのか話をしました「こういう事にはあまり興味がない」「他…

続きを読む

私って変・・・?2

2021/07/10

それからは完全に彼らのペースになってしまいました「犯され願望ってやつか、まったくたいしたもんだよ」「おとなしそうな顔して、何てスケベな女だ、そうやって建さんを誘惑していた訳か」「違う…そんなんじゃない…」「何が違うんだ、そしたらはっきり説明してみろ」半ベソをかいている私に容赦なく男達は追求してきます「自ら犯される事を望むとはな、旦那さんが知ったらさぞ…」「やめて…」私は夫と聞き瞬間的に反応しました冷静に考えれば非は間違えなく彼らにあるのです、しかしこの時の私は頭の中がぐちゃぐちゃでとても物事を冷静になんて考えられなかったとにかくその場から逃げ出したかった…

続きを読む

私って変・・・?1

2021/07/10

私は結婚して長男が誕生したのを期に仕事を辞め主婦業に専念していたのですが働きたくて二年程前から市内の歯科医の受け付けを週に三回程度始め、それと同じく週に三回くらいフィットネスクラブで運動して身体を鍛えている毎日ですいくら子供がいて年齢を重ねてきても女性としての美は失いたくない私はそんな意識を強く持ち続け食事にも気を配り、現在も若かった頃の体型を維持していますしかし夫はそんな私の気も知らずセックスはいつも淡泊、ワンパターンな行為に私はつねに不完全燃焼「もっと乱れたい、もっと私を責めてよ」心ではそう思っていてもそんな言葉を口にも出せずもやもやした日々を送っていましたやさしい夫にかわいい…

続きを読む

友達が使った媚薬のせいでセックス狂いになった母親

2021/06/08

中学生の隆志は母との二人暮らし。親子二人でつつましく暮らしていたが、隆志の友人である恒彦が家に遊びに来たことですべてが終わってしまう。恒彦は通販で手に入れた媚薬を、美しい隆志の母に使ってしまったのだ――隆志が買い物から家に戻ると、リビングから女の喘ぎ声が聞こえた。まさか、と思いリビングをこっそり覗く。そこでは母と恒彦が濃密に絡み合っていた。ぐちゅ!ぐちゅ!ぐちゅ!いやらしい音を立てながら、母の秘肉を出入りする恒彦のペニス。隆志はその光景に釘付けになった。「あっ、あふぅ、んんっ………??」母から、上擦った声が漏れる。秘肉の隙間から、ぬらぬらとした愛液が溢れ出していた。今までに見…

続きを読む

巨根に狂う義母

2021/06/06

今年のお盆に嫁の実家に行った時の話です。俺は直樹28歳、嫁は理恵25歳、義母は江美子48歳です。昨年の12月に義父の洋平が急病で他界して今年は初盆なので10日から1週間、妻の実家に行くことにしました。義母は飯島直子似のグラマーでセクシーな美女です。事件が起こったのは妻が友人と会うことになっていた13日です。俺たち夫婦は家でもいつも全裸で抱き合って寝ていますから、妻の実家でも2階の妻のベッドで全裸で抱き合って寝ていました。12日の夜も激しくセックスをして眠りました。13日は朝立ちでビンビンに勃起している俺のチンポを理恵がフェラしてくれて目が覚めました。理恵が「おチンチンが欲しくなったぁ~…

続きを読む

忘年会の帰りにレイプされちゃった

2021/05/25

私は26歳になる3月で結婚2年目の主婦です。昨年の春に高校時代から付き合っていた主人と結婚し子供はまだいません。そんな全てに平凡な私がレイプされたのは今月の忘年会の帰りだったんです。当然不注意だった自分にも責任がありますがもう取り返しがつきません。私たちの新居は都心から乗り継いで約45分ぐらいのすごく便利な新興住宅街で主人の貯金と私の貯金、そして主人のお義父様の保証で銀行からお金を借りいまの住宅を購入しました。主人の実家に近いこともあり賃貸よりは将来は楽になると二人で悩んだ末思いきって購入したんです。私も通信関係である今の仕事を続けるため主人と話し合って、2年間は子供は避妊して作ら…

続きを読む

夫の従弟と子作りセックス

2021/05/18

私は鮎子といいます。人妻で、家族は5歳年上の夫と子供が3人おります。もっとも今は夫は海外に長期に出張中で、夫の従妹の美由子ちゃんと従弟のまさるくんが同居しており、6人で暮らしています。子供たちは実の母である私をあーまま、育ての母である美由子ちゃんをみーままと呼び、まさるくんをぱぱといっています。でも、その呼び方は決して間違ってはいないのです。なぜなら3人の子供の本当の父親はまさるくんなのですから。私が夫ではなく、まさるくんとの間に子供を作ったのは理由があります。夫は会社の社長の息子で、事務員で入社した私は会社内では一番の美人という事で夫に見初められました。しかし、田舎の夫の祖母…

続きを読む

デリヘルで働く事になった愛妻

2021/05/11

妻がデリヘルで働き始めて1年が過ぎようとしている。事の発端は1年前の突然の電話がキッカケだった。妻と結婚し14年を迎え、息子も中学生になっていた。平凡な家庭だったと思うが、私1人で妻と息子を養い念願のマイホームも手に入れ全て順調な人生設計だった。その日は突然やって来た。夕食時、一本の電話が鳴り妻が受話器を受けた。「えぇ~・・・はい・・・そんな・・・」妻の顔が青ざめ受話器を握る手が小刻みに震えるのが見え、「何か大変な事が起きているのか?」と疑わせるのに十分だった。数分間の電話での会話が続き、息子は何も知らず夕食を済ませ2階の部屋に戻って行った。妻が受話器を置いた時には、崩れ…

続きを読む