「家政婦」一覧 (3件)

夫の友人は本当の御主人様

2021/06/10

初めて投稿する33歳の人妻です。私には9歳年上の主人がいます。夫と出会ったのは11年前。新卒で就職し先輩に付いて外回りの営業に出ていました。右も左も分からない私は先輩に怒られる毎日。そんな時、営業先の会社で夫に出会いました。「新人さん?初々しいね!緊張しないで肩の力抜いて・・・」「すいません!こいつ全然使えなくて・・・」「まぁ新人なんて初めは皆そうでしょ!あなただって・・・」「そうですけど・・・」凄く感じのいい大人の男性を感じながら、何度か会っている内に好意を持つようになったんです。やがて夫の連絡先を聞き出し、一緒に食事をする様になって1年程で結婚と…

続きを読む

家政婦は見た2

2021/05/14

京極様のご家族は、為次様と奥様、そして、長女の萩子(はぎこ)様のお三人でございます。実は、奥様は後妻さんで、萩子様は奥様の連れ子なのでございます。萩子様は三十歳になられたばかりで、奥様に似て、それはお美しく、ピアノなどもお上手で、活発な方でございます。萩子様がいらっしゃると、ちょっと陰気なこのお家がぱっと光がさしたように明るくなります。でも、昨晩、私は見てはいけないものを、またも見てしまったのです。私の悪い癖・・・為次様が少しお風邪をお召になって、伏せっていらしたんです。萩子様が「わたしがお父様のお世話をするから、なおこさんは、うつっちゃいけないからお部屋に入らないでね」そうお…

続きを読む

家政婦は見た1

2021/05/14

私は、双葉(ふたば)家政婦協会に所属する家政婦です。家政婦などというものは、お金持ちの奥様などがお雇いになるというのが相場でございます。決してお安い利用料ではないからです。家政婦というお仕事をしておりますと、ついつい、その御宅の秘密などを目にするものでございます。まあ、秘密のない御宅など探すほうが難儀(なんぎ)ではございますが。つい先だっても、ある御宅にご縁があって、お世話をさせていただくことになりました。その時の奇妙なことと言ったら・・・私は都心から小一時間はかかる、高級住宅街の会社役員をされていた御宅に向かいました。協会から渡された地図を頼りに、坂を上り、また下り、またまた上…

続きを読む