「トイレ」一覧 (3944件)

中2でお医者さんゴッコ2

2022/10/07

タイトルとジャンルが内容と合ってないが、前に投稿したやつの続きなのでご勘弁を。さて、中2の夏に幼なじみの理沙とお医者さんゴッコをしてから数ヶ月が経過した。秋になったある放課後、俺は買い物に行こうと自転車をシャカシャカこいでいた。前方からカワイイ姉ちゃんが歩いて来たので、うっかり目を取られてたら深さ2mの用水路に自転車ごとまっさかさま。水が流れておらずコンクリートにまともに叩きつけられた☆☆☆。俺は両方の手首を骨折。自転車もフレームがぐんにゃり曲がってしまい再起不能★★。...病院に運び込まれ、全治6週間の大ケガ。医者には笑われ、親には怒ら…

続きを読む

俺にーにー

2022/10/06

6年前のえちーな体験。携帯からなので亀並だけど良かったら…当時俺は大学4年で就活も終わってだらだら友達と遊んだりとかバイトに明け暮れてたんだけど、特に用事がなければ学校近くの友人の家でPS2やったりしてた。そんで帰るのがめんどかったりするとそのまま泊まったりすることも多かったんよね。で、たまーにその友達の妹が来たりしてて一緒に遊んだりしてた。思いっきりかわいいとかではないんだけど、猫好きなにゃーにゃー言うような感じの子で、懐かれるとなんか(*´д`*)って感じになったりした。実際、その友達と妹ちゃんはすっごく仲がよくて妹ちゃん曰わく私、ブラコンで中学校までは本気でにーに…

続きを読む

ソフィー

2022/10/06

外資系のとある会社に入社して一年目、私はパリ支社の末席に席を置くことになった。フランスのデザイン事務所と日本企業をコーディネイトするのが主な仕事である。仕事は忙しかったが、フランスは当時から週休2日と有給90日の完全消化が徹底していたため、日本からの緊急連絡待ち以外の日は、9時-5時の仕事さえしていればなんの問題もなかった。最初の半年ぐらいは引継などでバタバタしたが、半年もたつと完全にフレンチナイズされ、日本人である私は、ヒマを持て余すようになっていた。そんなヒマな時間を持て余しはじめた頃、私は上司であるカトリーヌ(女性)の家に招かれた。部屋の模様替えの完成記念パー…

続きを読む

女子大学生の「性」と「男子」

2022/10/05

──6割以上の女子学生が大学時代に「性」を体験する時代。変な男に捕まらないで──そんな親の心配もあるだろう。だが、彼女たちの話を聞くと、事態はもっと深刻だ。──二十歳までに処女を捨てたい。入学当初、青山学院大学3年の女子学生(21)は焦りを感じていた。中高一貫の女子校時代、恋愛やセックスとは無縁だったが、二十歳で未経験は遅れている──そう思っていた。実際、「青少年の性行動全国調査」によれば、女子大学生の61.1%はセックスを経験している=28ページチャート。彼女は大学入学後、バイト先の学習塾で初めての彼氏と知り合った。バイト仲間で車の免許の合宿教習に参加した。昼…

続きを読む

温泉で

2022/10/03

いつものようにローションたっぷりつけて前立腺を刺激しオナニーをしていると急に物寂しくなったのがきっかけでした。本物ってどんな感覚なのかなぁーって良く思うようになりました。それまで、ハリガタやバイブを使って自分でやった事はたくさんありましたが、なぜか今回オナニーをして、急に本物の味に興味津々になってしまいました。が、僕はホモじゃないし、男に恋愛感情を持ったことなんて一回もなかったからどうしたらいいかわかんなかった。だけど、いてもたってもいられなくなったので、とりあえず出会い系の掲示板にカキコってみた。内容は、ホモじゃなくて恋愛感情とかまったくないけどセフレみたいな関係が欲しいといった内…

続きを読む

NHヘルスでの出会い2

2022/10/02

NHヘルスでの出会いからの続きです。上記の話のその後、作者の彼氏(♂)からのお誘いで、作者(♂)作者の彼氏(♂ 以下:彼)ニューハーフ嬢(♂ 以下:嬢)ニューハーフ嬢の彼氏(♂ 以下:嬢彼)ニューハーフ嬢の友人(♀ 以下:嬢友)以上5名で5Pをすることになった作者のレポ。―――――――――――――――お待たせしてすいません。ちょっと色々と事情があって遅くなりました。あの日彼から連絡が入り、女装をして家をでました。マンションの下で彼が車で待っていました。彼は意地悪な微笑みを浮かべ一言…お前たってるぞ…と言いました。僕…

続きを読む

北陸で新妻に中出し

2022/09/30

この女めぐみとは営業先の会社で知り合いました。その会社は富山にあり当然ウチの北陸支店のカバー出来る範囲なのでよく出入りしておりました。ある日僕がいつものようにその会社を訪れると、約束してたはずの担当部長がまだ帰ってませんでした。なんでも現場でトラブルがあったらしく一時間ばかり遅れるとのこと。仕方なく応接イスに座り待つ事に。珍しくその日は全員出払っていて会社のなかには僕と彼女だけに。僕が大阪から転勤でこちらに来ていることは彼女も知ってましたから色々大阪の様子なんかを聞かれました。話が盛り上がったところで担当部長も帰ってきたので彼女とはそれまで。打ち合わせが終わった…

続きを読む

友のトモと共に1

2022/09/29

中学生の時、同級生でトモという女がいた。色黒で背が小さく正直「カワイイ部類」の女子ではなかったが明るい性格の為男子からはほどほど人気があった。ある時、友達から「トモは岸のことを好きみたいだぞ」と聞かされた。当時、結構女子から人気があり、何度か同級生から告白をされたが特に決まった誰かと付き合ってはいなかった。その話を聞いたときも「アイツから告白されれば友達に自慢が出来る」くらいにしか考えていなかった。数日後、近所の公園にトモを呼び出した。「好きだって聞いたんだけどホント?」と聞くとトモは恥ずかしそうに頷いた。最初はなんとも思っていなかったがトモがモジモジと恥ずかし…

続きを読む

屋外フェラと本番

2022/09/29

彼女は、結構前で悪いけどエンクミにかなり似ている感じ、胸はBカップ。超ツンデレ。付き合う前はろくに話もしてくれなかったけど、付き合い始めたころからどんどんデレデレし始めていた。前の体験談でも述べていたようにフェラとかかなり苦手だったんだけど、少しずつ教えていったらびっくりするくらい上手に。(後で話を聞くとどうやら女友達にも教えてもらっていたらしい。)彼女は、看護学校の学生で、寮に住んでいた。門限は21:00だったかで、その時間ぎりぎりまで寮の外とかでぶらついたり、近くのファミレスでおしゃべりしたりしたものだった。まだ学生で、しかも付き合ってそんなに長くないこともあり、結…

続きを読む

嫁さんとの話その5

2022/09/28

嫁さんとの話嫁さんとの話その2嫁さんとの話その3嫁さんとの話その4入学して嫁と僕が一番に喜んだのは、僕達のクラスが同じになった事だった。これで嫁と同じクラスになるのは小学1年生から7年連続という事になるクラス分けの票をみた嫁が僕の方をみて皆にわからないように口だけ(やったー)と動かす。人見知りの嫁にしてみれば一番の不安要素だったらしいクラスでの自己紹介がすんだらクラスの係り委員選びになる僕と嫁は真っ先に図書委員に立候補してあっさり決まった。最初から嫁としめし合わせていたからだ嫁は気が弱いので何か頼まれると基本断れないなので最初からコッチで立候補してしまうつもりだった。…

続きを読む

嫁さんとの話その4

2022/09/27

嫁さんとの話嫁さんとの話その2嫁さんとの話その3温泉旅行は楽しかった、結局嫁とお風呂に入ったのは一回だけだったがそれでも一緒に布団を並べて隣同士で夜遅くまで2人でおきて薄明かりの下で色んな話をした。いつの間にか転がって2人でくっついて寝てたので親達に冷やかされた。しかし、旅行から帰って来てからの僕はあの時見た嫁の裸が忘れられなくてもう一度みたいなと考えるようになっていた。嫁と2人で居てもつい嫁の裸を想像してしまう抑えられない衝動が定期的に襲ってくる2人っきりで部屋に居ると嫁を思わず押し倒してしまいたくなるじゃれ付いてもみあってる時にそのまま嫁を裸にしてしまいたくなる…

続きを読む

嫁さんとの話その2

2022/09/27

嫁さんとの話5年生で嫁さんと初ディープキスを経験してから早1年もう直ぐ卒業の6年生の話すっかりその気持ちよさにはまってしまった僕と嫁は人目を盗んではあっちこっちでチューチュー頻繁にやってました。最初は心配になるほどだった嫁も段々と慣れてきて結構大胆に舌を動かすようになってきました。嫁に少し変化が出てきたのが頃の頃です。日ごろは今までどおり控えめで恥ずかしがり屋なのですがなんというかスイッチが入るようになったというか僕と2人っきりの時は少し大胆になってきました。と言っても積極的に襲ってくるというわけじゃなくて凄く襲ってオーラみたいなHな雰囲気を出すようになってきたのです。…

続きを読む

嫁さんとの話その1

2022/09/27

今の嫁さん、仮に京子とは小学校3年生からの付き合い実際は小1の時から同じクラスだったけど、当時の嫁さんはとにかく地味で人見知りする教室の隅に居る感じの大人しい子でしかなかった。実際小3で隣の席になるまで名前どころか存在すら認識していなかった。嫁さんはメガネはしてないけど地味な子不細工でもなければ目だって可愛いいわけでもない芸能人で例えろといわれると特徴がなさ過ぎて例えようがない自分の嫁さんだから少しくらい誉めてやりたいのだが・・・まあ、僕にとってはそれでも最高に可愛く愛しい嫁なので何の不満もない自分も別に男前でもないからお相子だし大事な事はそういう事…

続きを読む

布団の中、妹と裸で

2022/09/25

布団の中、妹と裸で子供のころ歳の離れた妹のお願いやおねだりは何でも聞いていたので、妹に凄く慕われていた。兄妹仲が良いというより、妹がやたら俺に懐いていたという感じ。もちろん俺も色々とつきまとってくる妹にまんざらでも無く、親のおつかいなんかでも二人そろって買い物に行ったりしてたので近所でも評判の兄妹だった。妹も小学生になり、俺も中学校へ上がり、俺は思春期に突入し性に目覚め、父親が持っていたエロ本やAVをこっそり拝借する内にオナニーを覚えた。射精の快感を覚えてからというものは、トイレや自室、はたまた下校中などしばらく一人になる時間さえあれば、ちんこを扱いては射精の快感を味わっ…

続きを読む

小1の女の子とハードないたずら

2022/09/25

ヤッてはないからスレ違いなんだが長文置いていきます 随分昔だが、俺が小5?6くらいの話夏休みに親の知り合いの人の家に数日泊まりにいった外で遊んでいるとその人の家の隣に住んでる同い年の男の子と仲良くなったタメという事もあり話が合い、その日は彼の家に泊まる事になった家に行くと彼の弟(小3くらい)と妹Aちゃん(小1、美系)がいた二人とも良い子でよく懐いてくれ、居心地よくて楽しかった夜、3兄弟と俺は同じ部屋で寝ることになったAちゃんが「○○くん(←俺)と一緒に寝るー!」と布団に入ってきたAちゃんの母親は「ほんとに○○君の事好きなのね?^^」と笑っていた4人でしばし談笑の後、…

続きを読む

妻の喫煙1

2022/09/24

問いただせば簡単に済む問題も、自分が躊躇した瞬間から妻に対する疑いの形に変わって行った。疑いを解決する方法は色々有るのかもしれない、灰皿を見つけた時に妻に問い詰める方法、或いは吸っている現場を押さえる方法。いずれにしても、妻がガラムを吸っていた事は明白であり、この段階で私の中には妻の素行に興味が移っていたのかも知れません。妻は長女の出産を期に一度勤めていた会社を退職したが、長男が生まれてから少しすると、前の上司の薦めもあり派遣社員の形で、また同じ会社に勤めていた。その会社は、そこそこ名の知られた観光会社である、二度目の時は経験も評価され、添乗の仕事もある事を妻は私に納得させてい…

続きを読む

デジャヴ

2022/09/23

私50歳、妻の眞澄41歳の熟年夫婦です。結婚生活も30年を過ぎるとやはりマンネリ感は避けられないもので、先日金曜日の夜に刺激を求めアダルト映画を観に行く事にしました。夫婦でこんな映画を観るのは全く初めての事です。仕事帰りにススキノで待ち合わせ、軽く食事をして夜の7:30頃に映画館に入りました。薄暗い館内には人がまばらに座っており、当然ですが男性ばかり12、3人程居たでしょうか。若い大学生の若者が2人並んで観ているのを見つけ、妻に「ほら、あそこに2人若者がいるだろ、あそこに座ってちょっと様子を見てきたら…?」妻「え〜っ、嫌よ。そんなことしてもし痴漢でもしてきたら…

続きを読む

ブスだけど、可愛かった

2022/09/23

学生の時にバイトしてたコンビニのバイト仲間の女子大ブスを抱いた事ある。テキパキ仕事する店長からも信頼の厚いブス、さすがに女性ということもあって、夜中勤務は、無かったんだが、急に夜中勤務の奴が風邪でこれなくなって、急遽ブスと勤務になった。俺が昼間勤務の時に何度か一緒に勤務をした事はあったんだが、夜中は初めてだった。その日は、雨と言う事もあって暇な勤務だった。暇ななかでも、ブス子は品出し、掃除と動き回ってた。トイレ掃除をしている後姿、形のいいお尻を突上げ掃除する姿に、品出ししながらチムポが硬くなっていた。一通り片付けを終え色々話をすると、案の定?今まで男性と付き合ったことがないら…

続きを読む

机の交換

2022/09/21

初めての会話スレで高3の1月だったと思う入試前の最後の追い込み中だったかな担任+副担に毎日19時ぐらいまで勉強見てもらってて帰り際に1年の教室の電気が点きっぱだったんで、消して帰れと言われて消しに行った俺(あれ?人居るじゃん)俺「おーい、先生がさっさと帰れだとさ」嫁「あ・・・はい。すいません・・・(涙声)」俺「ん?・・・あー、机落書きされたか」嫁反応せず、机見て泣きそうになってたんで俺「はぁ・・・今年の1年はしょうがねーなwちょっと待ってて」と3年の教室行って、俺の机を担いで来て嫁の机と問答無用で交換俺「ちょっと汚いけどwwまあこれ使って」嫁「でも・・・先輩の机が・…

続きを読む

親友の彼女のGカップおっぱい

2022/09/20

大学生のとき、自分の彼女と親友と親友の彼女と温泉に一泊旅行にいった。親友の彼女とは初めて会ったのだが、これがめちゃめちゃ可愛くて、しかもかなりの巨乳。おっぱいフェチの自分としては、かなりのストライクゾーンで、行きの電車の中でもちょっと前かがみになったときに覗く胸元に目が釘付けになった。夜、温泉宿で、お酒を飲みながら、4人でトランプをしていた時の話。全員浴衣を着ていたのだが、親友の彼女は下に白のTシャツを着ており、正直、自分は浴衣がはだけて、胸元が見れるのではないかと期待していただけに少々残念な思いで遊んでいた。そのうち、だいぶ酔いも廻ってきて、ただトランプをやるだけ…

続きを読む