「貧乳」一覧 (273件)

貧乳と悩む妹と…

2019/07/16

あれは去年の9月最初の3連休初日、その日から親は旅行に出掛けて居なく、俺…30歳独身彼女無しのリーマンと5歳下の妹、美紗(地元でOLしている)の二人だけになった日の夜、俺はリビングのソファーでテレビを見ながらくつろいでいると妹が突然「私、豊胸手術受けようかと思うんだけど…どうかな?」と言ってきた。「はぁ~?豊胸だぁ?」「うん…」「何を突然言い出すんだ…」「だって…」と突然大粒の涙を流しながら話し始めた。聞けばちょっと前まで付き合っていた彼氏と初めてホテルに行って、妹の裸を見た途端、胸が小さいから無理と言われて別れられたと言うではないか…「そんな胸の大きさで選ぶ様な野郎は中身も空っぽ…

続きを読む

ウエディングディレクターと

2019/07/09

ある結婚式場を回っていたときに出会ったのがウェディングディレクターの内田恵梨子(30歳)さん。内田さんはベテランで普通は初め男性のスタッフがついて後から女性プランナーがお客につくそうですが、内田さんは一番初めか仕事を任せられるくらい仕事ができる人みたいです。僕はそんなことよりも、内田さんの胸とかお尻に目がいってしまって・・・。貧乳好きなんですが、まさに微乳っぽい感じの女性でした。ズボンを穿いていて、さりげなく内田さんのお尻を見るとなかなかお尻は大きいように見えました。3回くらい説明を受けたのですが、条件が少し合わずに他の式場を回り始めました。内田さんはすごく真面目で大人しい感じです…

続きを読む

思春期

2019/07/04

あたしは、かなり若い彼とベッドを共にしていた。家出してきたという自称十六歳の男の子の悩みを聞いてやって、そのままなんとなく。市立図書館で、あたしは司書補助のパートをしているのだけど、よく本を借りに来る子なんだ。「北川淳史」と図書カードにあった。「開高健が好きなんやね」いつだったか、彼が「開口一番」という文庫を探して、カウンターに来たのが最初の出会いだった。彼の貸し出し履歴には開高の作品がずらっと並んでいた。あたしは、神経質そうなそのメガネの青年に微笑みかけて、検索の仕方を備え付けのコンピュータ画面で教えてあげた。「横山さん?」あたしの名札を見て、おそるおそる口を開いた。白いほほ…

続きを読む

暢子

2019/06/20

僕の初めての相手は暢子という高校2年生の女で、書道部の1年先輩だった。彼女は眼鏡をかけ、真面目な感じで、図書委員タイプといった感じだった。そんな彼女とは家が近く通学を一緒にしているうちに、つき合うようになった。そして、僕達は夏休みの部室で初体験をした。書道部は運動部とは違って、夏休みはせいぜい1週間程度しか練習がない。そのため、休みの日に暢子を部室に誘ったのだ。今思えば、もう少し気の利いた場所を選べばよかったのだが、両親が専業主婦で自宅は使えず、ホテルも近所に無かったので、精いっぱい頭を使った結果だった。部室に入るとカーテンを閉め、ドアに鍵をした。そして、お互い無言で向き合いキ…

続きを読む

お兄ちゃんに襲われた

2019/05/26

あたしは16歳で、お兄ちゃんは18歳。高1と高3で、普通の兄妹です。あたしは葵、兄は智也といいます。中学生になったころから、そんなくっついて仲良くすることもなくなったけど、ちょっとした会話なら普通にするし、仲がよくないほうではありませんでした。お兄ちゃんは身長が176センチあり、サッカー部に入っていたし、結構かっこいいなって思っていました。 その日は、父は仕事で、母は友達とでかけていて、深夜まで二人きりということになっていた。ちょっとだけ、ドキドキしてたかも。お風呂からあがって、ロングの髪を拭きながらぼーっとして、ふとお兄ちゃんお風呂にはいらないのかな〜と思い、二階の兄の部屋にいっ…

続きを読む

奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ?

2019/05/13

嫁がお父さんの入院の関係で2週間実家へ帰っている最中、結ばれてしまった。きっかけはこうだった。仕事が終わり家に帰りスーツを脱いで着替えている時、チャイムが鳴りパンツ一丁で出ると、隣の奥さんだった。俺『こんな格好ですみません。どうかしました?』奥さん『夕食作ったんですけど、旦那が急遽出張になったので食べませんか。奥さんから実家に帰ると聞いていたので…不自由かと思い…』俺『いいんですか?喜んで頂きます。』奥さん『じゃあ着替えたら家に来てください』何も考えず隣宅へ行った。すると奥さんはエプロン姿で用意をしていた。用意が出来向かい合わせで食べることに。最初は奥さん宅で2人っきりでの食…

続きを読む

清楚な女性が人生で一番の屈辱を味わった日

2019/05/09

僕は不動産や金融などを手広くやってる中小企業に就職して5年になる。その職場に、とても綺麗な人がいる。年齢はかなり行ってるけど、見た目かなり清楚で僕のストライクゾーンど真ん中だ。彼女の美しさをどの様に表現すればうまく伝えられるか分からないが体型は細身で身長も高く、僕の好みであるモデル体型、髪は清楚でスタイリッシュなショートボブがとても良く似合っている。顔や年齢、全体的な雰囲気的に女優の賀来千香子さんをイメージして貰えると近いかもしれない。実際、職場でも彼女は賀来千香子さんに似ていると言われている。なので、ここでも千香子さんと呼ぶことにする。同僚達と飲むと悪いと思いながらも話題は…

続きを読む

堕ちたエリート女史

2019/05/06

いい年をして恥ずかしい話だが、俺には長年思い続けている女がいた。その女は俺が思いを打ち明けられないうちに、他人の女になり、他人の妻になった。俺は、そんな女をいつまでも思い続けていた、とんだ純情物語だ。その女、中澤麻里子に出会ったのは入社式だった。もう8年も前になるだろうか。初めて中澤を目にした時、清楚な美しさが神々しくさえ感じて、思わず見惚れてしまった。すれ違う度に、長い黒髪から漂うシャンプーの香りにドキドキさせられた。気が付いた時には、惚れていた。中澤以外の世界中の女が全て陳腐に思えるほど惚れていた。社内外を通じて中澤の人気は凄まじかった。上司にも人気があったので、出世も早かっ…

続きを読む

人妻Mさん

2019/05/06

職場の部下のSから携帯に電話がかかってきました。「課長、もしよかったらですけどMさんの鑑賞会を明日やるんで参加しませんか?」Mさんとは同じ職場で、40歳くらいの既婚の女性。後輩でぼんくらのSなどとは違って仕事もバリバリこなす慶応出の、まあまあ美人。なんのことなのか判らなかったのでSに問いただすと「Mさんが為替でしくじって借金を申し込んできたんだけど、返してもらえるアテがなさそうなので断ったんですけど」「なんでもするって泣いて頼まれたので、あきらめさせようと思って、会社の仲間の前でヌード鑑賞会するなら500万貸すといったら、やるというので・・・」悪い冗談かと思いましたし、いくら…

続きを読む

こんな思いのSEXはもう二度とないんだろうな

2019/04/30

こっそりここに書き留めておこうかな。スペック私:31才、中肉中背貧乳。藤原竜也に似てるとよく言われる。女なのに……彼:42才、180あるかないかくらい。痩せても太ってもない。バカリズムを縦に伸ばした感じ。既婚、子供あり。短大卒業後、就職した某流通小売業。配属された店舗の直属の上司だったのが彼。新入社員の私はずいぶんと彼に鍛えられた。接客、売場の作り方、販売の何たるか等、時に優しく時に厳しく指導され。最初は「細かいしウザい」思っていたけれど、日が経つにつれ、私の事を思ってのことなんだって気づいた時にはもう好きになっていて。当時の彼は結婚したばかりで、好きになっても叶わな…

続きを読む

ファッションヘルスのありさちゃん2

2019/04/22

私は、村の先輩に紹介してもらった神戸の某風俗店(ファッションヘルス)のありさちゃん(仮名)に初めて、女性の体がどうなっているのか、触って、舐めて知ることが出来たのですが、この体験には続きがあります。私は、その二ヶ月後に1人で再び訪れて、ありさちゃんを指名しましたが、彼女は覚えてくれていました。この日は前回と違って色々と話もしました。彼女が九州出身な事。そして趣味の釣りとか、スイーツの話で盛り上がりました。そして本格的にプレイに入ります。ありさちゃんは長い髪を結わえてこの間と同じように上半身から私の体を愛撫してくれます。そして下半身へ・・・膝を折り曲げお尻を突き出します。鏡に付き…

続きを読む

義理の妹の旦那が盗撮マニア

2019/04/20

俺の妻の妹、つまり義理の妹の旦那が盗撮マニアだった。気付いたのは今年の正月。嫁さんの実家に帰省したんだが、夜、若い親族連中だけで集まって、近所の義妹の家で飲むことになった。実家より新しいし、リビングが広くて居心地が良いからな。なんせ実家の方は、年寄り連中が集まってたし。で、そのの飲み会が盛り上がって朝方4時すぎまで飲んでた。俺は結構酒に強い方で、みんなが眠ってしまった後もちびちびと一人で飲んでた。そんな時に、ふと目に入ったリビングに置いてあるPCを何の気なしに触ってみた。ハメ撮りでもないかと、ファイル検索で、適当に拡張子を入れてPC内を検索したところ隠しフォルダに怪しげな動…

続きを読む

頼まれて人妻と不倫した話

2019/04/16

サヤさんは33歳。専業主婦で1児のママだ。170センチ近い長身のスラリとした美人。明るく気さくな性格で友達も多い。ただ、話し好きが高じ「お喋り」の域に入ってるのが玉にキズ。噂話にも目がない。学校や職場にいたら「人間拡声器」と言われるタイプだ。確かに話は面白いんだが、1の話を10どころか30くらいに膨らませるのが得意。例えば主婦仲間のAさんが姑さんにキツく文句を言われて友達に愚痴ったら、いつの間にか「A家で嫁姑の仁義なき抗争勃発!」として近所に広まるし、Bさんがキャバクラ通いしてる旦那と口喧嘩したと聞きつけたら、翌日には「B夫婦、破局秒読み? 放蕩夫に妻号泣!」と伝わる…って感じ…

続きを読む

彼氏持ち真面目系。

2019/04/03

某糞過疎SNSで知り合い、ずっと狙いを付けていた女。さつきと言うHN。日記に晒している写真を見た感じだと黒髪のセミロング、服装は清楚とかそっち系。シャツを上までボタンを締めてカッチリ着たり、本人曰くスカートもロングしか持っていないそうだ。顔は巧妙に隠しているが細身で肌は白いし、性格も日記を読む限りでは超真面目でヤリ甲斐が有る。法学部に在籍しているようで、大体が「今日の講義は〜」だの「今週読んだ親鸞の小説が〜」だの糞つまらん内容。出会い厨も辟易してか、コメントらしいコメントも少ないし、友達リンクしている人間も俺を含めて数人。しかも俺以外だと彼氏か大学の友達と言った具合だ。元々こう言った…

続きを読む

巨乳妹の悩み

2019/03/30

中学校から高校にかけて、俺は超デブだったので、常人の女以上におっぱいがあった。小学生の妹がよく「おっぱい♪おっぱい♪」と言って揉みに来た。ただ無邪気に面白がってやってただけで、エロい気持ちなど妹には毛頭ない。そのうち俺は乳毛が気になりだしたので、見せたり、直に揉ませたりするのは恥ずかしくなった。と同時に妹のおっぱいもふくらみ始めてくると、妹は兄のおっぱいをもてあそぶのはイクナイことだと感じ始めたようだった。 俺が社会人になってしばらくした頃、妹は高校生だった。そして巨乳だった。俺に似なくてスタイルは良かった。 学校で彼氏が出来たようで、うきうきした表情を見せるようになったがそ…

続きを読む

職場の若妻が俺の子を孕んだようなんだが

2019/03/25

俺 42歳若妻 26歳俺は普通のおっさん若妻は結構、上玉。可愛いけど綺麗?YOUみたいな感じ。あんな老けてないけど。若い男共はPerfumeのかしゆかに似てるって言ってるな。一昨年の10月、割と有名な会社の男と結婚。若妻との出会いは一昨年の12月くらいかな。結婚とほぼ同時によその営業所から移ってきた。その時は可愛いなぁ、とか思ってただけ。まぁ、独り身なんで、オカズにはしたけどw営業所は同じだけど、部署は違う(俺が経理で、若妻は事務)ので、仕事の話とか気楽に話が出来た。とゆーか、会社ではそんなキャラで通ってる職場の同僚とかともよく飲みに行った。そこでは、仕事より共働…

続きを読む

先週、妻を友人に抱かせた。1

2019/03/23

先週、妻を友人に抱かせた。投稿者:人間逮捕。願ってもない稀有な体験をしたので此処に告白す。しばしのお目汚し失礼。兼ねてから私は寝取られ、寝取らせに対して強い願望/欲望があり、結婚する以前に付き合っていた女をどうにかやり込めて他人や知人に紹介して抱かせる、なんて事も一度や二度、いや本当は結構な数有ったのだが、現在の妻・香菜に出会い、付き合ってからと言うもの、余りにもこの香菜が無垢な娘だった為、俺はもう駄目だって事になり、一切の変態的性癖を封印。真面目一本で妻に接してきたのであった。が、そう簡単に人間の性癖が変わる訳ではなく、可愛い可愛い妻を眺めては「誰かに犯されないかしら」と一人悶々、…

続きを読む

大学生の頃の話

2019/03/21

大学生の頃の話高校の同級生が割りと近くに住んでる事が発覚して遊ぶことになった。その子とは高校の時結構仲良くて、話とか受験勉強とかたまに一緒にしてた。その子が浪人してからはマッタク連絡も取らなくなってた。新垣結衣に少し似てるかな。目が細いけど、笑ったときの口元はかなり似てる。身長は小さくて貧乳、痩せ型。髪は染めてないけど体質的に茶色い。ショートカット。高校の時は目立つタイプじゃなかったけど割りとみんなから可愛いとは思われてるようだった。告白とかも何度かされてたけど誰とも付き合うことはなかった。とりあえず最寄り駅まできてもらって、二人乗りしてスーパーで買い物して俺んちで鍋した。4ご飯…

続きを読む

幼女の頃から知っていた友達の妹に誘惑された時の話をする

2019/03/14

俺 22歳 今のところ学生今年の春入社(予定)見た目 中の上って言われるからそれなりだと信じたいAの妹 18歳 今年就職見た目 ガッキーをちょっと丸顔にして目もちょっと釣り目にした感じ ここでは新垣結衣から借り名だが結衣にしておくA 22歳 俺の友人いい奴 整備士で嫁子供あり見た目 ゴリラ正月間近、大学の卒論も終え後はゆっくり正月を実家で過ごすつもりだった俺は卒論提出後の翌日の13時に6時間かけてバスに揺られ実家に帰ろうとしていたその道中見知らぬ携帯番号から電話が掛かってきたが卒論のおかげで睡眠不足なのと6時間のバス移動のせいか全くその着信に気付くこともなくすっか…

続きを読む

取引先の戸田恵梨香似の営業さんに性接待していただいた

2019/03/12

ホテルのラウンジで戸田さんが微笑む。夜景も酒の甘みも申し分ない。戸田「俺さん、もっとしゃべってくださいよぉ。私、俺さんの話好きですよ」俺は突然の指名に困惑することしきり。戸田さんは、俺の職場に出入りする取引先企業の営業さん。戸田さんと呼んでいるが、ルックスが戸田恵梨香に似ているということだ。戸田さんは先ほどから、他愛のない話に短い矯声を上げ笑い、酒気をはらみ、潤んだ上目で俺を見る。その左手は俺の太ももに置かれ、彼女が笑うたびに、微妙に股間のほうへ落ち込んでは、またもとのポジションに戻る。何の意趣か?俺「ちょっと、戸田さん、酔ってるんじゃない?」戸田「まだ水割り2杯だけじゃな…

続きを読む