「素人」一覧 (383件)

実践練習

2021/10/10

27才一つ下の婚約者と童貞と処女で初めてのセックスをした。彼女が痛がって困ったが、血も出たので処女膜が完全に受け入れ体勢になったら大丈夫だ、良くなるからとお互い我慢して半年経った。セックスがお互い苦痛になってきた。彼女からの提案で、初めて風俗童貞を破って教えてもらいに行くことにした。童貞ではないが、風俗童貞だという事情を話した。逝くことより、セックスすることより、彼女を痛くさせないやり方を教えてくれと頼んだ。多分30才前後の年上のお姉さんだったが、顔は十人並みだけどスタイルが良かった。「奥さんに悪いからスキンつけますね、もうギンギンだから十分だし」と少しフェラしてすぐ装着。「素…

続きを読む

脱素人童貞

2021/10/06

今の嫁と付き合うまで素人童貞だった。大学生の頃、アルバイト先の先輩が、パチンコ勝ったからと、ヘルス奢ってもらった。言うならそれが初めての女性体験なのだが、当然、本番はなし。口ではてた。俺は外見にコンプレックスがあり、嫌がられるかなと風俗ですら怖かったが、まあ、向こうもそこは仕事、愛想良く、さくさくねっとりこなしてくれた。それが嬉しくて、風俗通いするようになった。まあ、そうは言っても学生時代はお金がなかったから、さほど行ったわけではないのだが、社会人になって給料がもらえるようになると、月に2?3度くらい行くようになってしまった。ソープは高かったからほとんどいかなか…

続きを読む

同級生の里美とお風呂 その5

2021/09/14

里美は最初、虚を突かれた感じで、「え…」と言い、ちょっと考えていたが、特に断る理由もなかったのか、「…いいよ」と承諾してくれた。「…でも、お風呂からはもう出ようよ。いいかげん湯冷めしちゃうし」と、里美は言うと、さっさとシャワーを手に取り、体を流し始めた。その後、俺たちはもう一度体を洗うと(ベトベトしたものがついてたので)、夏が近いとはいえ、すっかり体が冷え切っていたので、また二人でいっしょに湯船に入った。さすがにもう里美は身体を隠したりはしておらず、さらに、もう一度アレをするかと思うと俺は興奮して、その間、ずーっとチンコは勃起したまま里美の方を向けっぱなしだった。里美は呆れたように「……

続きを読む

単身赴任中に嫁がシャアシャアと浮気しおった!

2021/09/03

では改めて。仕事しながらゆっくり書くので気長に待ってくれ。もちろん相談者が来たら自重するから。文章が苦手なんで当時の視点と現在の視点が混じるかもしれんがすまない。1年前ちょっと前の当時のスペック俺 32才 会社員 妻 29才 会社員 子供無し男 35才 妻と同じ会社 妻子有り俺達は交際2年、結婚3年目。元々妻は同じ会社の同僚で職場結婚だったわけだが結婚を機に退職。子供が出来るまでという条件で関連会社に再就職した。今思うと本当に仲のいい夫婦だったと思う。何でも話せたし夜の生活も多かった。妻であり恋人であり親友のようでもあった。仕事も充実していたし幸せだったよ。結婚から…

続きを読む

言い訳ばっかりのさよさん

2021/09/03

まだツンデレなんて言葉を俺が知らない頃大学一年だった俺は、友人が銘打った「リッチなギャルとナイスなコンパ」といういかにも怪しげでうそ臭く行く気が失せる様な企画を堂々とメールで回してきた。相手は短大二年生。俺たちより1つ上のお姉さんが来る!と言うので、わいわいぎゃーぎゃーと騒いでいた。俺は当時恥ずかしながら素人童貞で風俗の濃ゆいプレーしか知らずセックスのなんたるかも判らん素人だったし、友人達に対し女はこうだよ!ああだよ!なんてだいぶ知ったかぶりをしていたと思うと情けなくて涙出てくる。当日集まったのは俺含めて男は4人。女の子も4人。実際俺が一番キモイ。女の子は今で言うセレブでも…

続きを読む

片思い2

2021/08/22

この話は「片思い」の続編になります。俺は合意ではないとはいえ、友紀とやったのには変わりなく、その事を思い出しながら何度もオナニーした。そして、友紀の事しか考えられないようになっていた。ストーカーと言われてもしょうがない程友紀の事しか考えられない。雪も溶けて春になり、その頃には俺と友紀の関係は前みたいに二人で食事に行くところまで回復していた。もちろんHのチャンスもいくつかあったが前回みたいにならないように必死で堪えた。本心を言えばもちろん友紀を抱きたい。ある日の夜、休憩室に行こうとドアを開けようとしたら小野田と吉田の会話が聞こえてきた。まだ居たのか・・・と思って会話を立ち聞きし…

続きを読む

ロシア人人妻研修生6

2021/08/20

下らん話を続編まで書いてしまってすいません。さて、25にして素人童貞を卒業、しかもその相手はブロンドのロシア人、しかも子持ちの人妻、という派手なデビューをした俺は、情けないことに24時間エリヴィラさんの白いボディのことを考えるようになってしまった。週末にドライブに誘う時、そしてラブホで関係してしまう前には、「人妻だしやべーよ、金目的かなこりゃ?、会社にばらすとかいわれるんじゃないか?外人はよくわかんないからな、1回やってうまく距離を置きゃいいか?」くらいのヒジョーに卑劣な考えも持っていた俺だが、いざエリヴィラさんのナイスバディ&人妻テクを経験したあとは、「ダンナと別れて俺と一緒…

続きを読む

ロシア人人妻研修生3

2021/08/19

最終回ビデオの画面に二人が入ってきた。エルヴィラさんはいきなりベッドに押し倒される。馬乗りになって、何発も頬を張るご主人。小声で悲鳴を上げるエルヴィラさん何?どうしたの?ご主人は罵るように低い声で何かを言い、エルヴィラさんは小声で言い返すが、すぐに頬を張られ、髪をつかまれる。喧嘩?ご主人はどんどん服を脱ぎ、エルヴィラさんのシャツのボタンを引きちぎり、彼女を下着姿にする。俺が何回も嘗め回したあの白い肌が画面に映る。不思議なもので、生で見ているときより画面を通した時の方がいやらしく見える。いかん、くせになるかも・・。画面はどんどん意外な方向へ進んでいく。どこか…

続きを読む

ロシア人人妻研修生1

2021/08/19

御主人が訪日編1木曜日の午後11時、俺は自宅のワンルームマンションのベッドに、大股を広げて座っていた。脚の間には、後ろの大きく開いた黒のカシュクールのドレスから見える、真っ白な背中がゆっくり上下に動くのが見える。もちろん俺の愛する(おいおい、いつのまに・・)ロシアからの人妻研修生、エルヴィラさんの背中だ。俺の勤務する支社では、この不景気に業績が好調だとの理由と、特許申請が二期連続支社間トップだったことを記念して、本社から取締役が出張訪問、市内のホテルでちょっとしたパーティーを開くことになった。この取締役は、ここで昔支社長をつとめていて、ロシアとの商売にもふかーくかかわっている…

続きを読む

妻のエッチな写真を後輩に見せつけた

2021/07/21

私の妻(恵美)は昼と夜の違う顔を持っています。昼はマックの店員で、清楚な女を演じていますが、夜はスケベな淫乱女です。そうなったのも私の影響なんですが、事の発端はエッチな写真から始まりました。大学時代サッカーをしていた私は、FWでまぁまぁの活躍をしていた事もあり女性からモテていました。そんな時、私に一目惚れしたのが妻です。大学4年の時、妻(3つ下)に告白され付き合う事にしました。社会人になってからも休日や仕事帰りに仲間とフットサルを楽しんでいた私は、女性から声を掛けられる事も度々でモテていたと思います。そんな姿を見た恵美がヤキモチを焼く様になり、やがて恵美からプロポーズをして…

続きを読む

自宅にデリヘル呼んだら大学の同級生だった…

2021/07/08

正月明けで授業もまだなので自宅にデリヘル呼んだ。日常空間に女の子がいるのって最高だし、専ら宅ヘル派。モザイクがかかっているのでわからないけど、プロフィールを見る限りでは、若くて細くて良さげな子なので呼んでみた。怖いお兄さんから「家の前に着きました。今から女の子が伺います」と電話があり、階段をコンコン上がってくるヒールの音が聞こえた。この瞬間がドキドキして毎度のことながらなんともいえない。インターホンが鳴った。心を躍らせて玄関に行くと…、そこにいたのは、大学の同級生だった。二人で「あ…」となってしまった。同じゼミや部活ではないが、知り合いの知り合いレベルで、他の友達と一緒に授業に…

続きを読む

変わっていく妻

2021/07/07

ついにこの時が来た!ファミレスのテーブル。僕たち夫婦の前には単独男性が座っている。30代だが、かなり若い印象。爽やかと言えば爽やか。多少軽いか?まあ、遊びの相手ならこれくらい軽い方がいいかも知れない。軽い食事をしながら、当たり障りのない自己紹介をするが、三人ともこの後のことで頭はいっぱいのはず。男は半立ち、妻ももう濡れているに違いない。男性がトイレに立った隙に妻に尋ねる。「どう?できそう?」「ここまで来てもらって、今更断れないでしょ?」覚悟は決まったようだ。というより、女には言い訳が必要なんだな。7、8年前から説得し続けて、やっと承諾した「他人棒」「最後のチャンスだと思…

続きを読む

下請け業者のオヤジに調教された妻

2021/06/20

きっかけは、下請け業者のオヤジと飲んでいてスケベな話になったときに「妻のゆうこを貸しましょうか」って冗談で・・だんだんと話が進んでしまって、本当に抱かせることに・・というか、調教してもらうことに。これまでに10人以上調教した経験があるそうだ。妻を週1日のペースで3ヶ月間ほど貸し出して、従順で淫乱なM女に調教してもらう約束をした。中だしできるようピルを飲ませていることは伝えた。「3ヶ月で最高のソープ嬢に仕上げて見せますよ。」テクニックもプロ級のものを身につけさせると言われた。ゆうこはもともと少しMの気があるが、最初は泣いて嫌がった。どうしてもがまんできなければ、すぐに帰ってきていいと…

続きを読む

整体師に妻を寝取られたら天使が舞い降りた

2021/06/11

妻(32)俺(36)結婚して4年とすこし妻は、スレンダーな巨乳タイプ そのせいも有って以前から肩凝り持ちでいつも、痛い痛いと言っていました。そんな妻が近所の奥さんから良い整体が有ると聞いて来ました。半年位前から通い始めました。1ヶ月か2ヶ月を過ぎた頃から妻の様子が、おかしくなりました。 おかしいと言うよりは行動がパターン化してきました。木曜日は朝からテンションMAX 金曜日は朝から整体元気良く出かけます(整体に元気良く出かけるのも笑)。夜は必ず求めてきます。このパターンが、ここ数ヶ月続いています。最初の頃は、土曜日 休みでゆっくり出来るから、本人の希望でそうしてるのかと思って…

続きを読む

退社独立記念の宴会

2021/06/10

さて3年ほど前の話です。わたしゃ、とある広告制作プロダクション勤務で、独立することを決意しておりました。で、その「退社独立記念の宴会」があったわけです。面子は、社長(師匠男)、デザイナー3名(男2女1)、見習い2名(男1女1)。デザイナー女は30歳で中肉中背、あんまり好みじゃないけど、キツ目の美人系。人当たりはよく、「友人としては最高」でした。以下、Aさんとします。見習い女は23歳、背が高くスタイルバツグン、オパーイもEカップはありそう。可愛い系なのに、性格は男勝り、チャキチャキです。以下、Bとします。というわけで、わたし主役の宴会は佳境を迎えました。わたしは、かなり飲ま…

続きを読む

成人の日3連休1

2021/06/07

姉に仕込まれた性技を堪能してもらったヤリマンは一夜限りの約束を守らず「今夜お時間はある?」「いつなら空いているの?」とメッセージをどんどんよこす。「男に縛られないセックスをするのではないのか?」と返事をすると「あなたなら恋人になってあげても良いと思うの。」などと言って来る。この手のヤリマンには美人が多く皆自信を持っている。しかしショーツを取ってみると女性器は荒れている場合が殆どだ。また性格的にもお姫様な女性が多い。なぜ自分になびかない男がいるのか理解できないようだ。体目当ての男にちやほやされる女性はアラフォーになって後悔するように思う。でもアラフォーにも自己評価が高くて男性に対…

続きを読む

2月になった01

2021/05/29

女性は結婚が迫るとマリッジブルーにとらわれ不安定になる場合が少なくない。悪い男に付け込まれる隙が出来てしまう。フィアンセは週末の午後にガンガン性交してよがり狂わせ十分な性的充足を与えているのでマリッジブルーにとらわれる心配が無い。かえって早く子供を作りたいという気持ちが強くて結婚式を心待ちにしている。逆にマリッジハイになる女性も居るが彼女は冷静なので安心していられる。彼女は多くの男に言い寄られてきた。結婚すると公言している今も告白してくる男があとを絶たない。真面目で聡明で固い貞操感の持ち主にはチャラ男が取り付く島が無い。普通の女とは絶対的な品格が違うのだ。良い女を選んだと姉か…

続きを読む

イブの夕方に

2021/05/19

小5の時、クリスマスイブの夕方に衝撃的な光景を見てしまった。家には親父と姉と私の3人が居て、母は仕事に出ていた。親父は世間からは驚かれるような超エリート職で、相当な収入を得ていたはずなのだけれど、妻子には最低限の暮らを営むのにも足りないくらいの生活費しか渡さなかった。親父自身は、金のかかる趣味や複数の愛人達、仲間達との豪遊にお金をばらまいていた。親父が部下達とその家族を家に集めてホームパーティーを開く時には、私たち3人は宴の場には入れてもらえず下働きだった。自分と同じくらいの歳の女の子が、お姫様みたいに扱われていて眩しかった。自分達とは別世界の人達だった。家のほとんどの部屋は親父…

続きを読む

一年半のあいだ風俗嬢だった妻

2021/05/18

これは、40歳になる妻の話です。私は単身赴任中の43歳会社員です。妻とは同じ大学の部活で知合ったことがきっかけで卒業後も交際し結婚にいたりました。私は、勤務地から自宅までそんなに遠くないこともあって、仕事が比較的暇な週末を利用して月に1~2度家に帰るといった生活がもう2年くらい続いています。夫婦生活のほうもうまくいっています。ただ、一年くらい前妻が私に内緒で借金をしていた時期がありました。そのことに気付いた私が他の預金を切り崩しなんとか返済しましたが、妻の話によると最初は生活費の不足分を少しずつ借りているうちに金額が大きくなってしまい、言い出せなかったと・・妻はまじめな…

続きを読む

先輩お世話になりました

2021/05/17

話は5~6年前にさかのぼります。政令指定都市N市にある私立大の○○情報研究会っていうサークル。入学後、とりあえず仲間欲しさに入ったサークルに葉子がいました。素朴だけど整った顔立ちの「地味系美人」とでも言おうか、ローカルな信用金庫の窓口にいる可愛いお姉さんって感じの子でした。派手な化粧やファッションの先輩女子の中にぽつんと咲く野菊みたいな感じ。3年生の片桐という先輩に「お前、葉子と付き合ってるんだって?」「いい趣味してるなあ、おい」と言われたのは夏休み前の飲み会。先輩と俺はとてもウマがあい色々面倒を見てもらうようになりました。代々伝わる試験対策や講座の選び方を教わり随分楽させて…

続きを読む