「風俗」一覧 (100件)

姉はカウンセラー 僕の属性診断

2021/10/15

郊外の私鉄駅前の商店街を俺は肩をすぼめて一人歩いていた。(………… な、何でダメだったんだ。 チクショウ………)俺は今年大学に入学した18歳。何とか滑り止めの2流私大に合格した。旅行研究会なるサークルに入りその新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。何度かデートを重ねてキスもした。そして今日、渋谷でデートをした。代々木公園でしばらく過ごしたあとラブホテルへ向かった。俺はいよいよ童貞喪…

続きを読む

出張先での出来事

2021/10/12

もう時効だと思うのでカキコさせてもらいます。正確には職場といえるかどうか。出張先での出来事。うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。会社も気を使うのだと思います。しかしその時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張だった。俺32歳既婚M25歳独身♀。俺とMは中途入社組で妙に馬が合い、何人かの仲間でよく飲みに行く仲だった。時にはY談もしたが、それは仲間内でのこと。Mにも彼氏がいたし、恋愛感情などはなかった。まあ美人だし好みといえば好みなのだが出張先で一日目の仕事がおわり、一緒にホテルのレストランで食事をしてるときいつものようにY談に…

続きを読む

大学陸上部で

2021/10/11

もう10年近く前の記憶です。大学生のとき僕は陸上部に所属していました。この大学の陸上部はレベルが高く、インターハイでも毎年入賞者を出すほどでした。当然、練習は大変きつく、上下関係もまさに体育会系そのものといった感じでした。そこでは、男子3・4年生に女子1年生が奉仕するというのが制度化していました。制度化というのは、つまり奉仕させるほうもシステム的に1年の時は上級生に奉仕させられて、同様のシステムで下の学年に同じことをさせていたということです。いつからその制度が始まったかは知りませんが、少なくとも僕が入った時には既成の制度として違和感なく行われていました。最初は、まず4月に新入生…

続きを読む

実践練習

2021/10/10

27才一つ下の婚約者と童貞と処女で初めてのセックスをした。彼女が痛がって困ったが、血も出たので処女膜が完全に受け入れ体勢になったら大丈夫だ、良くなるからとお互い我慢して半年経った。セックスがお互い苦痛になってきた。彼女からの提案で、初めて風俗童貞を破って教えてもらいに行くことにした。童貞ではないが、風俗童貞だという事情を話した。逝くことより、セックスすることより、彼女を痛くさせないやり方を教えてくれと頼んだ。多分30才前後の年上のお姉さんだったが、顔は十人並みだけどスタイルが良かった。「奥さんに悪いからスキンつけますね、もうギンギンだから十分だし」と少しフェラしてすぐ装着。「素…

続きを読む

30目前で童貞卒業

2021/10/07

[経緯]当方29歳。見た目はメタボ。正式に女の人とつきあったことなし。ただ、付き合う前段に、なんとなくいいムードになって、DKとかまでなら何人かとあります(そこまで行っておきながらセクロスできないほどのヘタレでしたが)あとは、先日思い立ってピンサロ(初風俗)に行きましたが、射精に至らず気持ちいいというよりくすぐったさが先に出てしまいました。火星&床オナ歴15年のせいだと思われます(実は、速攻出てしまってはもったいないと思いまして、行く6時間くらい前にオナってしまったり)脱童を決めたのは、やっぱ30にもなって・・・ってところが大きいです。今…

続きを読む

脱素人童貞

2021/10/06

今の嫁と付き合うまで素人童貞だった。大学生の頃、アルバイト先の先輩が、パチンコ勝ったからと、ヘルス奢ってもらった。言うならそれが初めての女性体験なのだが、当然、本番はなし。口ではてた。俺は外見にコンプレックスがあり、嫌がられるかなと風俗ですら怖かったが、まあ、向こうもそこは仕事、愛想良く、さくさくねっとりこなしてくれた。それが嬉しくて、風俗通いするようになった。まあ、そうは言っても学生時代はお金がなかったから、さほど行ったわけではないのだが、社会人になって給料がもらえるようになると、月に2?3度くらい行くようになってしまった。ソープは高かったからほとんどいかなか…

続きを読む

援助のお誘いを受けました…

2021/10/03

友人の経営する居酒屋であるイベントのチケットを無理やり買わされたのがきっかけになろうとはこの時は思いもしなかったが…。俺は嫁に相談もせず会社を辞めた。ギャンブルで大穴を的中し約2年分の年収をGET!会社の先行きも不透明だった。だから辞めた。暇だった俺はデイトレに熱中し、そこそこの成果があった。そんな不安定な俺に愛想をつかしたと嫁が出て行った時だった…人数合わせで行ったつもりのイベント自体は可もなく不可もなくと言った所だった。しかしその出演者のひとり、あすかとは何度となく眼が合った。あすかはC級のグラビアやイメージDVDなんかに出演していた。それと趣味の延…

続きを読む

ピンサロ嬢と

2021/09/29

営業の途中で昼からピンサロに行ったこの地方では、ピンサロと言ってもボックスシートではなく、低い壁に仕切られた小さい部屋になってる女の子が入ってきた。少しぽっちゃり。少しがっかりして少しやけくそぎみに「携帯のアドレス教えて」と言ってみた。「だめですよ」「わかった。店出る頃には教えたくなるようにしてやる」と根拠のない啖呵をきった。ただのやけくそである。そりゃもう愛する彼女と初めてセックスするときくらい丁寧にやりましたよその嬢は、僕より10才以上若い20代前半あそこもべちょべちょ僕のものをその部分に当てがって入れようとしても拒まない。それじゃおもしろくないので、「入れてほし…

続きを読む

ビデオ

2021/09/28

俺も一つ。エロは少な目かな…ごめん。今から20年近く前の事だから曖昧な所も有ります。俺 T、相手 S(スタイル良し、Dカプ、足綺麗、でも顔はニキビ多し、良く言えば山口智子を巨乳にした感じ)出会いはバイト先。高2に上がってスグ、俺はレンタルビデオ屋でバイトを始めた。当時は同じクラスの女子に恋をしていた。それを店のお姉さんに相談して、夏休みにクラスの子に告白。断られて傷心(大した事無い)の時、Sは友達二人とバイトとして店に来た。長くなるな…こりゃ。で、俺のツレ(クラスメイトで同じバイト先、俺が振られたのは知ってる)と相談相手のバイト姉さんから俺が振られているので恋愛の話をしないように…

続きを読む

お互いなめあわないと

2021/09/25

結婚して6年、子供はいません。結婚する前は自分で言うのもなんですが、かなりの性豪でした。一晩で2回、3回は当たり前で、付き合っていた彼女達もSEX好きな子が多く、いろいろなプレイをしてきました。ところが不思議な物で結婚相手はあまりSEXが好きではなく、夫婦でありながらフェラもあまりしてもらえない始末。でもいちゃいちゃはしたがる女性です。月に1回か2回のSEXも、あくまでノーマルなプレイのみ、体位も正上位のみと僕としては大変不満なSEXです。いつも翌日オナニーをするか、風俗に行く始末でした。我が家にはよく一緒に食事をしたり、遊びに行ったりする同僚夫婦がいます。ここの奥さんがまたエロい。シ…

続きを読む

レイプ犯のたわごと

2021/09/18

みんなここで、よくレイプした談話を投稿してるのを見てると、大体が簡単にレイプしたように書いてるけど、実際にレイプを実行して散々な目に合った俺は、あんな簡単にレイプ出来ないし、少し違うと思うな・・・。 二ヶ月程前・・・その日会社の飲み会でビヤガーデンに行った俺は、少し酔って家に向かって歩いていた。 すると前から、白いワンピースに紺色のカーディガンを着た娘とすれ違った。 その娘は眼鏡をかけ、短めの髪で、まだ二十歳そこそこの、大人しそうな女の子だったが、その娘も少しお酒が入っていたのか、顔を赤くして、少し足元をふらつかせながら歩いていた。 その娘が気になった俺は、針路を変えて後を…

続きを読む

あっこ あやか 俺

2021/09/15

登場人物A(あっこ)→17歳当時風俗嬢。ホスト通い、新人男を騙して喰うのが日課。何人もの男と○股状態。A2(あやか)→17歳であっこの親友。こちらも風俗嬢。男関係は真面目で当時フリー。俺(K)→22歳。普通のサラリーマン。あっこと別れて数ヶ月。別れた時はお互い喧嘩別れだったが、某ホストクラブで久しぶりの再開。元々仲のよかった俺、あっこ、あやかの3人で深夜に遊ぶ生活がまた始まった。遊びと言っても、俺の友達がホールリーダーをしていたため、ちょくちょくみんなで飲みに逝くことが多かった。逝くのはみんな一緒。朝まで飲んで、あっこは好きなホストと一緒に帰り、俺とあやかが車で一緒に帰る。そ…

続きを読む

夢のような体験

2021/09/11

俺は愛○県の岡○市というところに住んでいます。仕事場は遠く、中心部に働きに行ってます。かなり遠くてうんざりします。そんな俺の楽しみは風俗に行くことでした。いつもは繁華街の風俗店を転々としていたのですが、その日は残業で遅くなり、なんとなくムラムラしてて風俗に行きたい気持ちと早く家に帰りたいという気持ちが交差していて、仕方なく地元の風俗店に行くことにしました。俺はイメクラでイメージプレイをすることが好きでそれで性欲を処理していました。ふと見つけたイメクラで、あまり目立たないけど何となく惹かれ、その店に入ることにしました。そして選ぶは夜這いコース。これはかなり好きです。最初に一人で…

続きを読む

触っていい?

2021/09/09

女友達が泊まりに来たときの話でもしますナオミ(仮)は当時俺の1つ年下の24歳池袋のゲーセンでビーマニ2DXで知り合った若い鈴木蘭々って感じで背は低いけど細くてスタイル良し自転車でゲーセンに来てる数人で土曜の夜に俺の家に集合飲みながらしばらく馬鹿話したりPS2で2DXやったりするうち一人また一人と帰っていき最後に残ったのはナオミだけどうするのかなー、泊まっていくのかなー、ヤれるかなーとぼんやりと考えてながら二人でゲームしながらビールやがてナオミが言った「帰るのめんどくさくなってきたー、寒いし今日泊まっていい?」「布団余計に無いけどいい?」「なんでもいいー」俺はキターと思…

続きを読む

単身赴任中に嫁がシャアシャアと浮気しおった!

2021/09/03

では改めて。仕事しながらゆっくり書くので気長に待ってくれ。もちろん相談者が来たら自重するから。文章が苦手なんで当時の視点と現在の視点が混じるかもしれんがすまない。1年前ちょっと前の当時のスペック俺 32才 会社員 妻 29才 会社員 子供無し男 35才 妻と同じ会社 妻子有り俺達は交際2年、結婚3年目。元々妻は同じ会社の同僚で職場結婚だったわけだが結婚を機に退職。子供が出来るまでという条件で関連会社に再就職した。今思うと本当に仲のいい夫婦だったと思う。何でも話せたし夜の生活も多かった。妻であり恋人であり親友のようでもあった。仕事も充実していたし幸せだったよ。結婚から…

続きを読む

言い訳ばっかりのさよさん

2021/09/03

まだツンデレなんて言葉を俺が知らない頃大学一年だった俺は、友人が銘打った「リッチなギャルとナイスなコンパ」といういかにも怪しげでうそ臭く行く気が失せる様な企画を堂々とメールで回してきた。相手は短大二年生。俺たちより1つ上のお姉さんが来る!と言うので、わいわいぎゃーぎゃーと騒いでいた。俺は当時恥ずかしながら素人童貞で風俗の濃ゆいプレーしか知らずセックスのなんたるかも判らん素人だったし、友人達に対し女はこうだよ!ああだよ!なんてだいぶ知ったかぶりをしていたと思うと情けなくて涙出てくる。当日集まったのは俺含めて男は4人。女の子も4人。実際俺が一番キモイ。女の子は今で言うセレブでも…

続きを読む

彼の部屋にいたのは・・・

2021/09/02

誰もいないようなので投下。つきあって4年目、私26歳、彼29歳。結婚の約束もし、お互いの両親にも紹介済み。私はスケジュールが非常に不規則な仕事で土日出勤は普通、休みは不定期、という感じだったので一般的なサラリーマンの彼とは平日の夜に会うか、私が休みの日に彼の部屋に泊まる、というのが日常でした。先週のことです。4日間泊まりの仕事があって海外にいたのですが、ちょっとしたトラブルが渡航先であり、帰りが一日繰り上がることに。帰りに、事前に何も言わずに彼の部屋に寄ることにしました。なぜそんな行動に出たかというと、2ヶ月前に同じように私が1週間仕事で海外に出ていたとき、私の友達が彼と女が歩い…

続きを読む

紗弥加

2021/08/31

男女4対4で飲み会した時の事です。俺が勤めていた美容室のスタッフの子に飲み会を頼んで女を集めてもらいました。そのスタッフの優子(仮名)、優子の友達麻美(仮名)、舞(仮名)、舞の友達の紗弥加(仮名)の4人が来ました。麻美と舞は優子の友達ですが、面識はないらしく、初対面みたいでした。また紗弥加は舞の友達で、紗弥加は優子も麻美も初対面という、なんだか寄せ集めみたいな飲み会でした。野郎は全員俺の連れで変態のみ集め出動しました。スペックは優子は細川ふみえ似のあまり可愛くない娘ですが乳は負けてません。Eは確実にありそうです。麻美は浜崎を少しケバくした感じ。でも生唾ゴックンの爆乳です。キャバ嬢…

続きを読む

片思い2

2021/08/22

この話は「片思い」の続編になります。俺は合意ではないとはいえ、友紀とやったのには変わりなく、その事を思い出しながら何度もオナニーした。そして、友紀の事しか考えられないようになっていた。ストーカーと言われてもしょうがない程友紀の事しか考えられない。雪も溶けて春になり、その頃には俺と友紀の関係は前みたいに二人で食事に行くところまで回復していた。もちろんHのチャンスもいくつかあったが前回みたいにならないように必死で堪えた。本心を言えばもちろん友紀を抱きたい。ある日の夜、休憩室に行こうとドアを開けようとしたら小野田と吉田の会話が聞こえてきた。まだ居たのか・・・と思って会話を立ち聞きし…

続きを読む

隣にいた女

2021/08/20

とにかく、あの日は飲んだ飲んだ。ワインに始まってウイスキー、ウオツカ、テキーラ…泥酔以上、酩酊未満。最後は何が何だか分からなくなった。潰れてこそいないが、ほとんど意識がぶっ飛んだ状態。これから話すのは、飛び飛びの記憶を無理やりつなげて、状況証拠と関係者証言と俺の妄想をたっぷり加えた話だ。気がつくとあたりは真っ暗。どこかは分からんが、とりあえず俺の部屋ではなさそうだ。俺はカーペットに胡坐をかき、低いテーブルに突っ伏すような格好で、酒瓶から直接飲んでいた。隣に女がいる。意識があるのかないのか、俺に絡みつくようにしなだれかかっていた。シャンプーと香水と酒の匂いがプンプンする。「…

続きを読む