「風俗」一覧 (50件)

×一同士

2021/04/02

僕は45歳で、バツ一経験者、子供も20歳の女児と18歳の男児がいます。彼女と知り合ったのは、所謂お見合いパーティーでの出来事です。彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。40代の男性と40以上の女性が12吊で集まってのお見合いパーティーをしたのです。全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。六本木のイタリア料理店で日曜日のお昼に集まりました。セレブな奥様の主催で、彼女の知り合いばかりが集まってのお見合いでした。一番若くて41歳、女性は40歳から50歳までの6人でした。最初は抽選で場所決めをして、全員での自己紹介をして、結婚の意思があるかどうか…

続きを読む

OLのお姉様

2021/03/29

学生の頃の話だから、今から十年以上も前の事になる。多少記憶が曖昧なところもあるが、最初の頃の事は、比較的鮮明に覚えている。この話は、当時、四年生の某大学に通う学生だった俺が体験した話だ。俺は親元を遠く離れ、一人アパートでの下宿生活をおくっていた。高校卒業後、大学に進学した俺は、そこで初めての一人暮らしを経験する事になる。男なので、親はそれ程心配していなかったが、それでも「学校に近いと友人達の溜まり場になり易くなる」とか「遠いと通うのに不便だ」など俺としては、どうでも良い事を気にしていた。俺は、贅沢なんて言わない。安ければ良いと思っていたのだ。孝行息子の俺は、親に余計な負担は掛け…

続きを読む

元部下の亜矢子

2021/03/29

結婚式に一緒に出席していた元部下の亜矢子とシテしまった。亜矢子は3年前に結婚し昨年退社した元部下だ。先日、直属の部下A子の結婚式に参加した。俺の部署でA子が入社した時の指導係が亜矢子だったので彼女も招待されていて式→披露宴→二次会って具合に参加していた。俺は亜矢子に「時間大丈夫か?」と聞くと「今日は実家に泊まるので大丈夫!その代わり帰りは送って下さいね」とその日は機嫌が良かった。旦那はビールをコップに一杯でダウンするほどの下戸だ。そんな日ごろの憂さを晴らすかの如く亜矢子は良く飲んでいた。もちろん回りの出席者も亜矢子と久々の再会で喜んでいた事も手伝ったのだろう。で二次会も終わり帰…

続きを読む

俺が風俗に行かない理由

2021/03/28

あれは22歳のある晴れた春の日の事だった。新入社員の俺は部署の新歓飲み会に参加した。2次会のカラオケを終えて、30台前半の先輩社員に風俗に連れて行ってもらった。初めての風俗。これが社会か!と興奮しきり。軽く緊張しつつ、カタログを開く。高校の時好きだった子に似た子をセレクト。待合室にやってきた愛ちゃん(仮名)は好きだったあの子に本当に似ている。個室に入り、シャワーで仕事と飲み会の汗を流す。シャワー室でのフェラで発射。ベッドの上で絡み合い、手コキに前立腺マッサージ。来て良かった~と大満足でいると、おもむろにゴムを突き付けてきた。噂に聞いた基盤?と思ったら。「○○君だよね……

続きを読む

販売員

2021/03/27

もう、10年くらい前の話です。職場に某乳飲料の営業の女性が出入りしていました。これって、子持ちの方がやっていますので、普通はそれなりの年齢の女性が来るのですが、彼女は子持ちながら22歳という若い女の子でした。いっつも笑顔で愛想が良く、小野真弓に似た感じの彼女は、当然ながら職場のおじさんの人気者でした。いっつもお尻を触るおじさんもいたのですが、明るく切り返していましたね。おれは当時26歳ですでに結婚していましたが、それでも可愛くて性格の良い彼女に惹かれていました。そんなある日、いつものように階段を上がってくる彼女。階段を下りていたおれと目が合い、「こんにちは~」と声をかけてきました…

続きを読む

調教人妻

2021/03/27

Kについてカキコします。Kはお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。結婚前はかなりもてたようで、(写真をみたことありますがアイドル並です)言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいとも思いさっさと見合いで結婚したのです。そういうKも35歳を過ぎ、子供もあまり手がかからなくなると月並みですが女として老いていく自分を振り返るようになりました。どこにでも腰の軽い女はいるもので、義理の妹にネットナンパを教えられスリルを楽しむようになりました。そ…

続きを読む

美樹子

2021/03/18

1歳年下の美樹子との関係はもう8年にもなる。途中で3年間以上会わなかったこともあるが、細く長く続いている。もともとパートの部下として私が採用をした。第一印象はショートカットでボーイッシュな感じで笑顔が可愛らしいと思った。東ちずるを優しくした感じと言えばわかりやすいかもしれない。話し方も東ちずるに似ている。当時29歳で二人の子供がいた。一生懸命働いてくれるし、残業や休日出勤も家の都合さえつけば嫌な顔もせずに喜んで働いてくれるので上司としてはとても扱いやすいパートで、数ヶ月も経てば多くの仕事を安心して任せられるようになった。ある日、いつものように休日出勤をお願いした時に甘えた声で「…

続きを読む

間違った性教育

2021/03/18

職場の上司の家でよく飲んで泊めてもらっていました。あまりにしょっちゅう行くのですっかり、奥さんと娘とも仲良くなってました。娘はC学生です。ある日、暑かったのでTシャツにトランクスという格好でソファーで寝ていました。夜中に気配を感じて目を開けると、C学生の娘がいました。しかもトランクスをずらされてペニスが露出していました。寝たふりしてると、娘はかなり興味シンシンでペニスを触っていました。しかも握ったり、しごくような事もしてきたので気持ちよくなり、ムクムクと大きくなり完全に勃起してしまいました。すっかり大きくなったペニスを娘はじーっと見つめていました。硬さを調べるようにつまんだり…

続きを読む

こんなこともあるんです・・・

2021/03/14

10年ほど前に風俗でバイトしていたときのこと。27歳の頃。毎日のように嬢の募集をかけていたが、ある日店長が用事で早退した日があった。そのときに電話がかかってきたのだ。年は34歳、人妻だという。一人の子持ちだった。風俗で勤めるのは初めてだと言っていた。旦那に内緒の借金があるようだった。翌日休みの俺は変な気を起こしてしまった。面接は店長がする決まりだったが、翌日、店の外で会う約束を取った。喫茶店で話を聞いて、実技試験が必要だと言った。これは実際にしていることだった。入れ墨とか困るから。ホテルで実技をすると言ったらあっさりついてきた。本当に普通の奥さんでかなり緊張している…

続きを読む

フェラチオしちゃった☆

2021/02/17

大学1年生の当時、純子という女の子と付き合ってました。違う大学のコだったんですが、大学入ってすぐのコンパで知り合いました。お互い大学入りたてということで、テンションも上がってたんでしょう。一目ぼれに近いかたちでしたね。僕も純子も童貞×処女だったのですが、純子の誕生日にようやく結ばれました。僕は一人暮らしでしたが、純子は実家暮らし。親が結構干渉したりする家で門限も決められてました。そんな中、青臭いながらも恋人としてたくさん記念日をつくったりして、楽しい学生生活を満喫してたと思います。純子のイメージとしては奥菜恵さんを想像していただければ良いと思います。そんな中、大学の友達と純子…

続きを読む

元妻は援交女・・・

2021/02/14

仕事の都合で地方に転勤になり、新しい職場で元嫁と出会いました。笑顔がとても爽やかで身長も高くスタイルがバツグンに良かったのを今でも覚えています。職場のマドンナ的存在で、元妻にいい寄る男は沢山いましたが、決まった異性は当時居なく元妻から積極的にアタックを受けた私も当時決まった異性は居なかったので、自然に付き合うようになりました。もちろん、私は結婚を前提に付き合うつもりだったので、真剣に彼女を愛していました。初めて二人が結ばれた夜、あまりにも積極的な彼女、私の肉棒を躊躇せず喉奥まで咥えた彼女、いかにも慣れているのが分かりました。何か隠し事はない?と彼女に聞くと、泣きながら今までのことを話…

続きを読む

寮生活

2021/02/10

当時、女子寮にいたツヤ子さんは23か24でまさにセックスしたくてたまらない盛りだったんだと思います。僕も30を目前にしていたものの週に2、3回は精液を抜いておかないと落ち着かない状態で男子寮に戻ると週刊誌のグラビアを見て興奮を高めて射精を行いました。管理人が女子寮の方にいた関係で食事は朝夕女子寮の食堂に食べに行っていたので、時間帯によってはツヤ子さんと一緒になることがあり、他愛もない世間話をしていました。ある日、夕食がとても簡素なことがあってたまたまツヤ子さんと二人っきりで食べたとき、これじゃあ足りないから近くの焼き肉屋に行こうということで意見が合い、ビールや日本酒を飲みながらたらふく食…

続きを読む

お仕置きされた

2021/02/07

2年前のこと。会社を辞めることを上司に告げ、有志だけが集まる夜の送別会に備えて駅の裏口(風俗街)で時間を潰していました。何とはなしにそこから少し離れた中古や新品のアダルトDVDを販売しているお店に入り、タイトルをチェックしながらぼーっと店内を散策していました。かなり品数が豊富で、マニアック系のものも充実しており、パッケージを見ているだけでそそられ、股間は半立ち状態になっていたと記憶しています。10分もたった頃でしょうか。店内の5列ほど並んだちょうど真ん中の棚の奥に女性がいるのを発見しました。こんな時なんとなく緊張するものです。その場を離れようとしましたが、変な勘が働き、わざとらし…

続きを読む

とある居酒屋での出会い

2021/01/30

私は、仕事が終わって飲みに行くときにはいつも自宅に帰ってから出るのですが、あの日はなんか帰るのが面倒でスーツ姿のまま行きました。腹も減っていたしとりあえずよくいく居酒屋へ急ぎました。車を止め、中へ入って行くと混んでいて座るところと探すとカウンターの端の方から2つ目が1人分だけ空いています。そこへ座ると隣の席のジャージ姿の若い女の子(後から20歳とわかる。)が「あっ!」と小さい声をあげこちらを見ました。その子に「ここまずかったかな?誰か座ってるの?」と聞くと「友達が来るはずなんだけど来ないから座ってもいいですよ、どうぞ!」と言ってくれました。で、それからしばらくその子をそれ…

続きを読む

結婚前の姉ちゃんの思い出

2021/01/30

流れぶった切って悪いんだけど、うちの姉ちゃんの話。このスレ読んでたら思い出した。姉ちゃんが高2、おれが中3の時。姉ちゃんは、そりゃ、グラビアアイドルほどじゃないけど、けっこうかわいいほうだと思う。タイプで言ったら、AV女優の古都ひかるちゃんかな。おれが妹もののAVで抜いてたんだよ。深夜だからヘッドフォンで抜いて、終わって振り返ったら、姉ちゃんが座っててさ。あんときは心臓が止まるほどびっくりしたね。なんせ家族は寝てると思ってたから。「なにしてるの?」って、姉ちゃんがにやけながら聞いてきたんだ。俺はまだ振る朕のままだったからあわててパンツを上げた。「な、なにって?」「なに…

続きを読む

下着モニター

2021/01/27

大学1年の時、海外旅行の旅費を稼ぐためにしていたバイトの話をします。短期間で効率の良いバイトがしたかったのですが、風俗とか援助とかは絶対に嫌だったので、なかなか見つかりませんでした。そんな時に有名な下着メーカーのモニターを募集していました。多少のとまどいがありましたが、バイト料もいいし大企業なので安心だろうと思って決めました。私がやったモニターっていうのは、毎日新製品の下着をつけて普通に生活して、学校が休みの週末は朝9時から夕方5時まで会社で身体検査を受けるというものでした。最初に面接に行くと、若い女性社員の人が「このモニターという仕事は商品開発の最終段階で重要性の高い仕事です。仕事…

続きを読む

黒い世界

2021/01/19

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも言えない時のことである。私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、問題も多かった。金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなったらしい。母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力…

続きを読む

IPメッセンジャーのプレゼント

2021/01/19

3年前の話です。私の会社は8年前から一般職社員の採用を取り止めている関係もあって、女性が課に1人いるかいないかという割合でした。私のいた課にも女性は居たには居たのですが、そのフロアで最年長(wもはや女性というには・・・という様な状況で、「華やかさ」からは非常にかけ離れていました。そんな自分の課の惨状とは対照的に、隣の課には採用を取り止める前年に入社した我がフロア唯一の「華」と言える、女性社員がいました。この女性社員が鈴木京香似の黒髪の和風美人で名前を香苗といいました。香苗はとても人見知りが激しく、普段挨拶をしてもあまり目を合わさず軽く頭を下げるだけの、非常にツンとした女性でした…

続きを読む

寝取られて得た者

2021/01/18

もう4年くらい前になるだろうか・・・。俺には彼女がいた。名前は楓(仮名)としておきます。一つ年下で、清楚で、明るく、顔もかわいく、自慢の彼女だった。大学のサークルで知り合い、一目惚れと言ってもいいかもしれない。そんなわけで、かなりモテていた。1年くらいの間で結構仲良くなり、駄目もとで告白したところ、私も前から好きだったと言われ、天にも昇る気分だった。2日に1回は会ってデートをした。初めてエッチをした時も最高に幸せで、一生かけてこいつを守ろうなんて思っていた。その反面、心配の気持ちも尽きなかった。やはりモテていたし、こいつを狙ってるやつなんて腐る程いた。そんな不安な気持ちは…

続きを読む

ラテンの腰使いにメロメロ

2021/01/13

若い頃、二月に一度くらいの割合で、群馬県のとある街に仕事で行ってた時がありました。大企業の工場で成り立ってるような街で、昼間はあまり人気が無い街であるにも拘わらず、風俗店だけは街の規模に比べて異様に多く、風俗の街としても知られている場所です。こう書けば知ってる人は「ははぁ」と思い当たるでしょうね。そんな街に行くと泊まり込みで最低一週間は帰って来れない。しがないビジネスホテル住まいの身としては、仕事が終わってホッとするとどうしても夜の街に繰り出す事になるわけですね。何しろ若い時分の事ですから。前振りで風俗の話に触れましたけど、その頃の俺は風俗なんて縁はありませんでした。「ボッタクリ…

続きを読む