「パンティ」一覧 (884件)

ソフィー

2022/10/06

外資系のとある会社に入社して一年目、私はパリ支社の末席に席を置くことになった。フランスのデザイン事務所と日本企業をコーディネイトするのが主な仕事である。仕事は忙しかったが、フランスは当時から週休2日と有給90日の完全消化が徹底していたため、日本からの緊急連絡待ち以外の日は、9時-5時の仕事さえしていればなんの問題もなかった。最初の半年ぐらいは引継などでバタバタしたが、半年もたつと完全にフレンチナイズされ、日本人である私は、ヒマを持て余すようになっていた。そんなヒマな時間を持て余しはじめた頃、私は上司であるカトリーヌ(女性)の家に招かれた。部屋の模様替えの完成記念パー…

続きを読む

四人でモーテル

2022/10/05

私がまだ車の免許を取ったばかりのことです。何時も夜、たまりばになる公園があります。大体20人ぐらい集まり、どこの誰かは知らず顔と通称の呼び名だけで知り合い、ダチになります。その日は出勤が早く(ダチ同誌は出勤と)一人しか居なく中々集まりが悪く仕方なく二人で歩いてナンパに出かけました。しばらく歩いていると前から女3人組、ダチが一人と顔見知りらしく5人で近くをドライブすることに。話もはずみ途中ダチとわざとツレション。誰を先に家に送るか打ち合わせ女3、男2の為相談。二人とも直ぐに一致顔見知りの女を返そう、答えは簡単、顔、年齢、スタイル決まり。その為わざと座席の位置を変更…

続きを読む

初エッチの思い出

2022/10/04

もう30年くらいになります。私には中学時代に片思いの子がいました。明美といいます。彼女は中3の春、父親の仕事の都合で九州の宮崎に転校して行ったのです。その後私は高校に入り、彼女の事もすっかり忘れていました。だから夏休みに入ってまもなく彼女から電話がかかってくるなど予想もしていなかったのです。「Tちゃん!久しぶり。今私神戸のお姉ちゃんのところに来てるの。時間があったら会わない?」私はもう驚きと緊張で汗びっしょりでした。私はすぐに次の日曜日の午後に会う約束をしました。約束の当日、待ち合わせの駅の改札口に行くと彼女は壁にもたれるようにして立っていました。胸のふくら…

続きを読む

高校三年生のまりちゃん

2022/10/03

俺、予備校教師のアルバイトをしている大学院生。茉莉ちゃんは、国立大学を目指す高三の女子。夏休みの終わりごろの個人面談の時に、志望校や受験対策の話をした最後に、「彼氏とかに夢中になっていると、最後、成績伸びないかな気をつけるんだよ」とか言ったら、「あたし、彼氏なんかいません!」「エッ?だって、茉莉ちゃん、可愛すぎるし、いつも最前列に座って俺の授業聞いてくれてる時、時々、超可愛いパンティーが見えるから、きっと彼氏いるんだろうなぁ…って…」「エッ、見えてたんですか、いやぁ、そんなの!めッちゃ恥ずかしいじゃないですか…」「ピンクだったり、藤色だったり、可愛いからいいじゃない」「…

続きを読む

島で知り合ったナースの蒼井さん

2022/10/01

読みにくい長文になってしましたがすみません、私の不倫経験をまとめてみました。文才は無いので、そこらへんは許してください。私は海産物の栄養学的な研究を普段やってて、会社の都合である日、とある島に転勤になりました。子供が田舎でのびのび育つのもいいなと思ったけど、教育はちゃんとした都市で受けさせたいという思いと、嫁が田舎嫌いなのもあり、私一人単身赴任を決めました。島にやってくる直前、趣味でやってたテニスで膝を痛めてて、定期的に整形外科に通ってたので、正直、医療レベルが下がる離島は嫌だった(後で偏見だと知る)。まぁ、来てみれば、魚はおいしい、時間外なんて無い、いや、超フレックス的で、与…

続きを読む

妻の喫煙2

2022/09/24

妻「彼と再婚なんてしません。」私「今はな。」妻「絶対にありません。」私「何でそう言い切れる、 好きになった男、それもセックスまでした男、 私と別れれば、もう何も障害は無い。 栗本にしても、奥さんと離婚ということになれば、 お互い好都合だろう。 体の愛称もいいようだしな。 儀父母さんだって、家のローンの心配をしなくていい。」妻「あの子達の父親はあなただけです、許してください。 彼とはもう会いません。」私「だから、何を許せというんだ。」妻「・・・」私「他の男を愛したお前を許せる程、包容力のある男ではない。」妻「愛してません。…

続きを読む

デジャヴ

2022/09/23

私50歳、妻の眞澄41歳の熟年夫婦です。結婚生活も30年を過ぎるとやはりマンネリ感は避けられないもので、先日金曜日の夜に刺激を求めアダルト映画を観に行く事にしました。夫婦でこんな映画を観るのは全く初めての事です。仕事帰りにススキノで待ち合わせ、軽く食事をして夜の7:30頃に映画館に入りました。薄暗い館内には人がまばらに座っており、当然ですが男性ばかり12、3人程居たでしょうか。若い大学生の若者が2人並んで観ているのを見つけ、妻に「ほら、あそこに2人若者がいるだろ、あそこに座ってちょっと様子を見てきたら…?」妻「え〜っ、嫌よ。そんなことしてもし痴漢でもしてきたら…

続きを読む

女友達が急変してエロくなった

2022/09/21

居酒屋に女友達とのみに行ったときの話しだ。酔いも進み「そろそろ帰ろっか・・・」と△△は言った。おれは彼女を家まで送ってあげる事にした。別れ際、何の前触れもなく急にキスをされた突然の事だった・・・。オレはただ呆然と立ち尽くすだけで何も言えなかった。そのあとオレは何食わぬ顔で帰ろうとしたが女友達は「家に上がってお茶でもどう?」と言うではないかちなみに、その女の家に上がった事は過去一回も無かった。オレは考えた・・・そして女の言葉に釣られて家に上がりこんだ。家に上がると、一目見て「女の子っぽい部屋だなぁ」と思った。が、大量の洗濯物がたたまれもせず床に放置されているではないか…

続きを読む

部下のお見合い3

2022/09/20

の続きベッドでぐったりとしているミキを少しやすませる。その間、優しく髪の毛を撫でていた。ミキがキスをせがんできた。私はミキを受け入れ、唇をあわせた後に舌を忍び込ませた。ミキは私の舌を思いっきり吸い、そしてミキの舌を絡ませる。私たちは深いキスを求め合った。私はミキを抱き起こし、後ろから抱きしめ耳たぶにキスをした。「あん・・・」ミキは身を捩りながら喜びを表した。そして、その手は背後の肉棒を撫でている。器用にチャックを降ろし、パンツの上から輪郭をなぞるように形を確かめていた。私はスカートのフックを外し、ファスナーを少しずつ降ろし始め…

続きを読む

部下のお見合い2

2022/09/20

の続き「今から逢えますか?」家族団らんの時間帯にミキからのメールは珍しい。いや、初めてだと思う。私はもちろんミキを迎えに行くことにした。「おう、どうだった?」「うぅ~ん、どうってこと無いって感じ」「何だそりゃ・・・」二人はシートベルトを締め、再びホテルを目指す。「あのね・・・また逢うことになったの。」「それは先方が気に入ったと言うことか?」「どうかなぁ?・・・わからないや。」私はお見合いの経験が無いから、TVでのイメージしかない。後は。。。若い二人で・・・とか言いながら、庭園を散歩するあれだ。「今はね、そんな感じじゃ無…

続きを読む

部下のお見合い1

2022/09/20

その日、私は久しぶりの休日を自宅でのんびりと過ごしていた。「今から2時間しか時間がないけど、逢える?」ミキから連絡が来た。特に予定も無いので、お茶でも飲みに行こうかな。いつもの待ち合わせの場所に行くと、普段よりオシャレをしたミキが待っていた。「待った?」「もぉ??、遅い!」私は予期せぬミキの言葉に驚いた。約束の場所までは、20分以上かかる。でも、10分少々で走り抜けたので、早いねぇ?と言う言葉を期待していたのだ。きょとんとしている私をせかすように、ミキは車に乗り込んだ。「お茶でも飲むか?」「運転手さん、○○ホテルへ・・・急いで!」…

続きを読む

親友の彼女のGカップおっぱい

2022/09/20

大学生のとき、自分の彼女と親友と親友の彼女と温泉に一泊旅行にいった。親友の彼女とは初めて会ったのだが、これがめちゃめちゃ可愛くて、しかもかなりの巨乳。おっぱいフェチの自分としては、かなりのストライクゾーンで、行きの電車の中でもちょっと前かがみになったときに覗く胸元に目が釘付けになった。夜、温泉宿で、お酒を飲みながら、4人でトランプをしていた時の話。全員浴衣を着ていたのだが、親友の彼女は下に白のTシャツを着ており、正直、自分は浴衣がはだけて、胸元が見れるのではないかと期待していただけに少々残念な思いで遊んでいた。そのうち、だいぶ酔いも廻ってきて、ただトランプをやるだけ…

続きを読む

爆乳熟女2

2022/09/17

続編京子さんとのその後、とは言え初体験のことは飛ばして、さらにその後を書こうと思います(衝撃度で言うと、前回掲載した話の方が僕にとっては強いので)。彼女との関係は週1くらいのペースでありましたが、恥じらいがあったのはごく最初の数ヶ月でその後、見るみるうちに性的に貪欲になりました。年齢的なことに加え、結婚していた時期の後半から既にそういうことがなかったからというのはもちろんあるのですが、一番の理由は僕の女性趣向そのものにありました。京子さんにとって、コンプレックスの塊でしかなかった自分の身体を、どんな女性よりも好むという年下の男(僕)が現れたからです。ある種フリークスと言…

続きを読む

爆乳熟女1

2022/09/17

今の僕の好みを決定付けた初体験の女性とのことをお話します。なお、爆乳や熟女が嫌いな方はスルー願います学生の頃、バイト先のスーパーで働いていた女性で、名前は京子さんといい、年齢はその当時30代後半ぐらい、他のおばちゃん達の噂話ではバツイチとのことでした。体形はプランパー気味で中背、整った目鼻立ちと白い肌、そして僕にとっては何よりもとてつもなく突き出したおっぱいが印象的な女性で、最初に気付いた時は森川まりこを(古るぅ)見たときばりの、衝撃でした。Bachelarを愛読していた僕にとっては身近でそんな巨大なおっぱいの持ち主はおらず、レジ打ちをしている京子さんの姿を目に焼き付けてはトイ…

続きを読む

嫁実家で起きたこと

2022/09/16

去年の夏休み、嫁の実家に行った時の話だ。嫁実家には義父母と義兄一家(義兄とその嫁&子供2人)が住んでて、そこに俺たち夫婦(子供1人)と義妹夫婦(子供なし)が帰省したわけ。一応、嫁実家に義理は欠かさないし、義父母には外孫も可愛いんだろう。年1?2回しか顔を出さないが、歓迎してもらえる。義妹だが、たまたまうちの近くに嫁いで来たんで(実家からは遠いが)、よく姉妹2人で出掛けるし、たまに2家族で集まって食事することもある。年も近いし(俺31、嫁32、義妹28、義妹夫35)、気の張らない付き合い。ちなみに義妹は俺より年下だが、「リョウ君(仮名)」とタメ口を聞く。まあ、その方がこっち…

続きを読む

すっちーとの体験談

2022/09/15

僕が小学校6年生のときでした。いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。母が正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。また奥さんはもと国際線のスチュワーデスでものすごくきれいな32歳くらいかな、松嶋ななこのような背が高くて目が…

続きを読む

私の初体験

2022/09/14

私は今年18歳になる高校3年です。今悩みと言うか不安があって誰にも相談できなくて困ってます。私は中学から好きな人がいて玲君と言うのですが追いかけて同じ高校に進みました。1年の時一緒のクラスでテンションも上がり幸せでした。こんな私でも好きになってくれる人はいて何人にも告白されたことはあるんですがやっぱりあきらめられなきて本当に好きで好きでたまらなくて毎日1人で妄想してオナニーしてました。入学して2週間あの悪夢が訪れました。その日私は友達と帰る予定だったので友達を待ってました。その時教室に体操着を忘れ取りに戻りました。すると玲君の体操服とタオルが机に置きっぱなしになっていました。…

続きを読む

少年患者 その後

2022/09/13

その後一週間して大輝君が検査しにやって来ました。私は外来担当では無いので会いに行くことはできません。始めから会えない事はわかっていたのであきらめていてその日も普通に仕事をしていたら医師と看護士長の二人が私の所に来て「斎藤さんちょっといいかしら?」「はい。何でしょうか?」「斎藤さん大輝君覚えてるでしょ?」「わかりますが大輝君が何か?」「今日大輝君が検査で来たんだけど大輝君のお母さんが仕事に行っちゃって大輝君が帰れないのよ。大輝君もお母さんからは帰りはバスかタクシーで帰りなさいって言われたらしいんだけど危ないでしょ。病院の送迎バスも夕方まで無いし。だから担当だったあなたに大…

続きを読む

忘れられないの?♪

2022/09/12

大学時代、初めて付き合ったとドライブに行った帰り、トイレに行きたくなったので「トイレ貸してね」と彼の家のトイレを借りた。「何か飲んでく?」と彼に飲み物を勧められたのでビールを一杯。彼はマジ友だったので、今までもそんなことなかったのに。。。彼がいきなり「エッチしたくなっちゃった。どうしよ」って。「どうすると言われても・・・」私は戸惑いました。彼のエッチモードがトップギアに入ってしまっていたらしくソファーにあっという間に押し倒されてしまいました。「ぇえ?っちょっとちょっと」と思っている内に私の唇を強引にふさぎ情熱的に舌を絡めてきます。「キスだけで感じる」ってこういうことかぁ・…

続きを読む

俺は叔母との初体験がやっぱり忘れられないね

2022/09/11

俺は叔母との初体験がやっぱり忘れられないね。叔母は母の弟の嫁で、漏れとは血のつながり無し。小三の時に初めて見た時から「綺麗な人だな」ってマセて思ったものだった。子供心にも「一緒に風呂入るのかな・・」とドキドキしたんだけど、それは実現しなかった・・。で、中学時代からオナニーするようになったんだけど、同級生よりも、叔母のまだ見ぬムチっとした裸身を想像してよくシコシコしてたくらいだよ。それくらい魅力的だった。高一の正月に遊びに行った時、トイレしに洗面所に行くと洗濯篭に叔母のパンティがあり、こっそり拾い上げて臭いを嗅ぎ妙に興奮してしまった。叔母のアソコの匂いを思いがけず…

続きを読む