「パンティ」一覧 (638件)

嫁さんの友達に

2021/10/17

私は大阪に住む31才の会社員の者です。去年の事なんですが、嫁さんの友達夫婦と4人で温泉旅行に行った時の事です。うちの嫁31才・嫁の友人E31才・友人の旦那H35才との4人です。私は昔に柔道をしていたことがあり、接骨院でいろいろとマッサージやツボを教えてもらった事がありました。そのマッサージを時々嫁さんに施してあげています。室内での食事が終わり、4人で雑談をしていました。その時主婦業は大変だと言う話になり、うちの嫁さんが私のマッサージの事を話し出しました。Eは羨ましがって私にマッサージをせがんできました。私は仕方が無く、Eに下半身マッサージをすることにしました。私はいつも…

続きを読む

酒に酔った姉と

2021/10/17

僕はまだ高校生だったので姉には女としてすごく興味があり普段普通に会話してる時でも、ちょっと意識してましたあれは姉が飲み会かなにかで、酒に酔って帰宅した時です母が飲み薬を持って行ってあげてと言うので薬と水を持って2階の姉の部屋に行きました姉は帰ってきたままの格好でベットで寝ていました「おねぇちゃん薬を持ってきたよ・・」と肩を叩きましたがまったく反応がありませんでした下半身を見るとジーパンのボタンとファスナーが開いたままです僕はそっとチャックの部分を広げるとパンティが見えました白とピンク色のチェックでした僕はすごくドキドキしながら、少しパンティをさわった胸も姉を何度も確…

続きを読む

従姉妹と

2021/10/16

俺の初体験は、従姉妹だ。確か高校2年くらいのときだったと思う。俺が親と一緒に遊びに逝くと小さい頃からその姉ちゃんにトランプだのボードゲームをして遊んでもらっていた。そのうち俺も小学校高学年から中学・・・と性への関心は当然のごとく日増しに高まっていった。いつ頃から気が付いたのかは定かではないが、姉ちゃんの「パンチラ」をよく目にする機会が増えた。ミニスカートが好きなようでいつも可愛い柄のをつけていた記憶がある。そのまま俺の前で体操座りをしたり、何か物を取るのにかがんだりするとき前も後ろも姉ちゃんのパンティが丸見えとなる。色は白系、薄いブルー、プリント、ストライプが印象に…

続きを読む

姉はカウンセラー 僕の属性診断

2021/10/15

郊外の私鉄駅前の商店街を俺は肩をすぼめて一人歩いていた。(………… な、何でダメだったんだ。 チクショウ………)俺は今年大学に入学した18歳。何とか滑り止めの2流私大に合格した。旅行研究会なるサークルに入りその新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。何度かデートを重ねてキスもした。そして今日、渋谷でデートをした。代々木公園でしばらく過ごしたあとラブホテルへ向かった。俺はいよいよ童貞喪…

続きを読む

健康増進トレーニング

2021/10/14

会社の30才健診で、少し体脂肪多めと言われ、運動を勧められた。しばらくして健康管理センターから案内が来た。週1回、1?2時間程度、定時後に軽い運動と食事の指導をするので参加しないかとのこと。面白半分に申し込んでみた。初回、仕事の都合で、10分ほど遅れていったら…これが幸運のはじまり。健康管理センターの職員の女性の指導で、なにやら体操をしている。2人1組で、柔軟やら軽いウェイトやら。基本的には会社のオッさんどうしのペアだが、遅れて行った俺には相手がいない。指導していた女性(社内では一応課長職)が俺の顔見知りで、声をかけてくれた。「アラ、〇〇クン、一人なの?じゃあ、えーっと…

続きを読む

妻の青春

2021/10/14

妻と結婚する前、彼女と交際を始めてしばらくして、私たちはセックスをした。妻は、私と出会う以前、大学時代に交際していた男性がいたことは妻から聞いて知っていた。そして、彼の部屋に何度か遊びに行ったことがあることまでは聞いていた。妻の性器に初めて私のペニスを挿入したとき、意外なほど簡単に中まで入った。ペニスを動かしたときの膣の感触も滑らかだった。私は、ひょっとして・・という一抹の不安が頭をよぎった。妻は昔、他の男と交際していたとはいえ、体までは許していないだろうというかすかな期待を抱いていた。しかし、終わった後、妻が発した言葉に私は一瞬思考が停止した。「なんかあそこが変な感じ。久しぶり…

続きを読む

失禁姉 渋滞車内のおもらしに興奮

2021/10/13

「まだかな?サービスエリア…」焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」「我慢できそうにないの?志織…」母絵里が心配そうに姉に聞く。「ううん。大丈夫…」そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。母絵里は18の若さで…

続きを読む

大学陸上部で

2021/10/11

もう10年近く前の記憶です。大学生のとき僕は陸上部に所属していました。この大学の陸上部はレベルが高く、インターハイでも毎年入賞者を出すほどでした。当然、練習は大変きつく、上下関係もまさに体育会系そのものといった感じでした。そこでは、男子3・4年生に女子1年生が奉仕するというのが制度化していました。制度化というのは、つまり奉仕させるほうもシステム的に1年の時は上級生に奉仕させられて、同様のシステムで下の学年に同じことをさせていたということです。いつからその制度が始まったかは知りませんが、少なくとも僕が入った時には既成の制度として違和感なく行われていました。最初は、まず4月に新入生…

続きを読む

僕と太郎

2021/10/09

僕は思春期の時、異常なほど悶々としていて何時如何なる時もエロい事を考えていた。どうしても女の裸が生で見たい!胸を触ってみたい!?と、常に思いつつも、そんな女がいるわけも無く、妄想は膨らむばかりの毎日だった。自分でも素直に認める異常性欲。そしてそんな僕には小学校からの腐れ縁、親友と呼んでも過言ではない友達の太郎(仮名)がいた。太郎も僕同様の異常性欲の持ち主で、お互いがそれを認識しあったのは小学生の高学年の時だった。太郎は男3人兄弟で4コ上と6コ上の兄貴がいる末っ子だった。年の離れた男兄弟がいたせいか、女の体に詳しく、僕は太郎に色々と教わりながらエロ知識を深めていた。エロ知識が深まれ…

続きを読む

あこがれの先輩

2021/10/09

こんにちは。僕は某会社で去年春から働いています、佐藤洋一といいます。今年で24歳になります。僕の職場には、今年で31歳になる主任の女性がいて、僕は今、主にその先輩とペアを組んで仕事しています。その先輩は田中美樹さんという方で、とても優秀だけど優しい、キャリアウーマンの見本みたいな女性です。田中さんはスタイルが良くてパンツスーツ姿がとてもよく似合っていて、話し方も落ち着いていて的を射ているので、職場の皆さんにもとても人気があります。新人でまだ分からないことだらけの僕にもイヤな顔一つせずに、時には厳しく、時には優しく仕事を教えてくださるので、僕は1日でも早く一人前になれるように頑張って仕事…

続きを読む

婚約者がいるのに友達のカレと寝た

2021/10/05

友達のTちゃんと彼氏K君は付き合っていて、最近仲がうまくいっていないと聞きK君の相談に乗ってあげました。私自身も婚約者がいて、今は式の打ち合わせなど準備で忙しいのですが、平日の夜だったら時間があったので話を聞くことにしました。どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。バーのようなところでお酒も飲み、終電の時間に間に合わなくなってしまいました。タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話しているとK君が「ホテルで泊まるか・・・」「えぇっ!?私、婚約してる人いるし、K君もTちゃんがいるじゃん」と答えると「何もしないからさ」お酒に相当酔っていた私はK君に寄りかかりながら…

続きを読む

レースクィーンの姉がオナニーを!

2021/10/05

俺、現在三浪中。田舎から出てきて世田谷にある姉のマンションに居候している。ここから都心の予備校に通っているわけだ。姉の仕事はイベントコンパニオン。時には、レースクイーンにもなっている。姉は弟の俺から見てもかなりイケてる。バストはHカップ。形もよいし、何より張りがある。それよりも素敵なのはお尻から太ももへかけての豊満さだ。俺は細身の女よりムチムチの女のほうが好きなのだ。それはきっと姉の影響だと思う。姉は仕事が無い日は家のリビングでストレッチやらバレエやらの練習をしている。その格好がまた俺を刺激する。時にスケスケのキャミソールにパンティのままで、とか。また、超ハイレグ…

続きを読む

女子部屋侵入

2021/10/01

高校の時、俺は英語部に入っていた。別に英語が得意でも好きでもなかったのだが、当時20代半ばのえらい美人のグラマーの先生が顧問だと知って、はっきり言ってスケベ心だけで入部したのだ。その部は、美人の顧問にもかかわらずとてもこじんまりしていて、3年間で部員が10人を越えた時はなかったぐらいとてもマイナーで目立たない存在だった。活動も地味で、1冊の英文の小説をみんなで読んで要約したり、日本の短編小説をみんなで分担して英訳したりといったものなのだが、そんなに真剣ではなく部室で雑談という日も多かった。でも、美人の顧問の先生とは週に2,3回は会話できたし(活動日は基本的に月水金)、部員もほと…

続きを読む

寝てれば何も怖くない

2021/09/28

俺は一度、覗きを通り越し侵入した事が一度あるぞ。お気に入りの女子中の家は春先から晩秋まで1週間に3日は覗きに行った。もちろん浴室がターゲット、たまにトイレも。窓は閉まってるので、音だけ聞いてはオナおかずしてた。2ヶ月くらいで誰が何時に風呂にはいるかだいたいわかつてきた。8時前後は親爺、9時?11時は娘と姉、深夜12時?2時は母親だ。俺の出動は9時からの2時間。ある日誰も入ってない時に窓を小刻みに上下に振動させてみた。なんとロックがはずれて開いた。まじ、これで拝める。高鳴る心臓を押えきれずにいると、風呂の電気がついた。娘たちはほとんど夏場はシャワー、そっと…

続きを読む

愛ちゃん痴漢

2021/09/27

毎日の事とはいえ、うんざりするのも無理はない。疲れて座りたくとも、座るどころか、一度乗車したら、足を曲げることも出来ず、目的地まで直立不動のままマネキンの様に立っているしかないほどの満員電車だ。そのサラリーマンも毎日面倒な上司と生意気な部下に挟まれ、鬱々とした気分で満員電車に乗っていた。「はぁ…溜め息しかでねぇ。揚げ足取りだけは一人前のバカ上司、口だけの生意気な後輩」などと考えていたら、自分の胸部に柔らかい長い黒髪をたたえた女性の頭部が当たっているのに気がついた。その女性は小柄で華奢な作りの体に似合わず豊満なバストだった。疲れきっているらしく女性自身も気づかぬまま、サラリーマン…

続きを読む

添乗員さんと

2021/09/26

僕が過ちを犯した話です。当時僕は大学生で21歳で二つ下の恭子という彼女がいました。僕は恭子のことが大好きで、学校を卒業して仕事に就いたら結婚も考えてました。夏休みを利用して旅行へ行こうということになり、海はよく一緒に行っていたので、今回は北陸へ観光へ行くことにしました。3泊4日の旅で、北陸は初めてだったので、添乗員さんが付いてくれるプランにしました。参加者は思ったより多く、1台のバスが満席でした。バスガイドさんはいませんでしたが、その代わりに添乗員さんが一人、旅を案内してくれるそうです。添乗員さんは奈津子さんと言って30前後で特別綺麗とかではないけど、や…

続きを読む

家庭教師

2021/09/26

家庭教師をしているNの話で、教え子は中学校2年生の真美ちゃん。小岩に住んでるちょっとマセた中学2年生。胸はあまり無いのだが、髪の毛が長くて優香に似たかわいい+美人な、将来有望な女の子。最近の悩みはおっぱいが大きくならないことらしく、勉強の合間合間にその事を相談され、Nも困り気味だった。Nはどちらかというと不真面目な男で、そこらじゅうでコンパやっては女を食ったり、逃げられたりの繰り返し。元々女の子が好きなもんだから、当然中2とは言え、かわいい女の子には体が反応する。Nも最初は遠慮して(というか当たり前だけど)椅子を隣に並べて色々と教えていたんだけど、そのうち真美ちゃんを自分のももの上…

続きを読む

お互いなめあわないと

2021/09/25

結婚して6年、子供はいません。結婚する前は自分で言うのもなんですが、かなりの性豪でした。一晩で2回、3回は当たり前で、付き合っていた彼女達もSEX好きな子が多く、いろいろなプレイをしてきました。ところが不思議な物で結婚相手はあまりSEXが好きではなく、夫婦でありながらフェラもあまりしてもらえない始末。でもいちゃいちゃはしたがる女性です。月に1回か2回のSEXも、あくまでノーマルなプレイのみ、体位も正上位のみと僕としては大変不満なSEXです。いつも翌日オナニーをするか、風俗に行く始末でした。我が家にはよく一緒に食事をしたり、遊びに行ったりする同僚夫婦がいます。ここの奥さんがまたエロい。シ…

続きを読む

身体検査の思い出

2021/09/24

身体検査に関しては私も思い出がある。それは今から約30年前の事。中2の夏、私は都会のマンモス校から、田舎の学校に転校した。そこは1学年1クラスしかない小さな学校だった。時は流れ中3の春。いつものように、教室での朝礼が終わった。担任「じゃあ前から言ってたように、今日の午前中は身体検査をやります。 みんな服脱いだら、まずは家庭科室に行って身長からね。」そう言うと、担任の先生は教室を出て行った。すると、いきなり教室内で男女の大移動が始まり、自分が座る窓際の席の方に男子が、反対の廊下側に女子が集まった。“なんだ?なんだ?”なぜ男女がいきなり教室内で真っ二つに分か…

続きを読む

姉貴とランジェリーショップへ

2021/09/23

姉貴のパンティ・ブラつけて、鏡見てうっとりしてたとこ、姉貴に見つかった。絶頂を迎えてた俺は見つかった瞬間、イッチまった。「やだ、○○。私のパンティ汚して・・・それ、あげるから代わりに新しいの買ってよ」という話になり、姉と一緒にランジェリーショップへ。いきつけの店らしく、店員のかた(30過ぎくらいか)と楽しそうに話してるうちに俺のところに2人が来た。店員さんに「駄目じゃない。お姉さんのにそんなことしちゃ・・・」えーっ、姉貴しゃべったのかよ!それから店員さんに「こっちいらっしゃい」と言われ試着ルームへ。「○○くんには、こんなの似合うかな?」といって、いきなり店員さんは穿いてた…

続きを読む