「高校生」一覧 (1503件)

家庭教師のM先生

2021/10/18

俺が高校2年のとき。授業中は寝てる、塾は行かないと、あまりにも勉強やる気のない俺に、親が家庭教師をつけた。なんか普通は男の生徒には女の先生はつけないらしいけど、その先生は個人でやってたから。一応スペックは、俺。当時17歳。身長176センチ。体型普通。顔も、まぁ普通に入ると信じたい。彼女なし。非童貞。先生(M)。♀。当時20歳。身長155センチくらい。160はいってないはず。体型は、凄くスリムってわけでもないけど、ぽっちゃりってわけでもない。でも胸はEくらいあったんじゃないかな。彼氏あり。磯山はるかと乙葉を足して2で割ったような感じ。俺のひいき目かもしれんけど。と…

続きを読む

酒に酔った姉と

2021/10/17

僕はまだ高校生だったので姉には女としてすごく興味があり普段普通に会話してる時でも、ちょっと意識してましたあれは姉が飲み会かなにかで、酒に酔って帰宅した時です母が飲み薬を持って行ってあげてと言うので薬と水を持って2階の姉の部屋に行きました姉は帰ってきたままの格好でベットで寝ていました「おねぇちゃん薬を持ってきたよ・・」と肩を叩きましたがまったく反応がありませんでした下半身を見るとジーパンのボタンとファスナーが開いたままです僕はそっとチャックの部分を広げるとパンティが見えました白とピンク色のチェックでした僕はすごくドキドキしながら、少しパンティをさわった胸も姉を何度も確…

続きを読む

姉はカウンセラー 僕の属性診断

2021/10/15

郊外の私鉄駅前の商店街を俺は肩をすぼめて一人歩いていた。(………… な、何でダメだったんだ。 チクショウ………)俺は今年大学に入学した18歳。何とか滑り止めの2流私大に合格した。旅行研究会なるサークルに入りその新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。何度かデートを重ねてキスもした。そして今日、渋谷でデートをした。代々木公園でしばらく過ごしたあとラブホテルへ向かった。俺はいよいよ童貞喪…

続きを読む

キスフェチな彼女

2021/10/13

高校生の頃の話です。僕はバレーボール部に所属してましたが、どうしょうも下手だったので補欠でした。で、補欠の奴は、レギュラーのみの練習のときは、玉拾いか若しくは体育館の端っこで一人で真上にトスをし続けるという練習をさせられます。僕も玉拾い係じゃない時はいつも一人トスばかりやっていました。そして2年目になって、新入生が入ってきましたが、うまい奴はいっぱいいてあっさり下の奴に準レギュラーの地位を奪われたりしました。女子バレー部の方は、その年はいっぱい新入生が入ってきたので(僕とタメの女子は少なかった)女子チームでも一人トス練をしてる子が出てきました。そういう中で、僕と1年生の女…

続きを読む

Iカップの後輩と

2021/10/12

大学生当時の話。俺は2年生になってて、3年生が幹部のサークルなので適当にサークル行ったり、後輩と遊んだりふらふらと参加していた。ちなみにテニスサークル。そんな中、1年生のAが途中からサークルに入ってきた。Aの友達の話では、高校生の頃からずっと付き合ってきた彼氏と最近喧嘩ばかりするようになり、時間をもてあまし始めたみたいで、友達が見かねてサークルに誘ったらしい。このぐらいの年齢の子って、彼氏べったりで青春潰したりするもんだ。で、入ってきて、しばらく一緒にサークルに参加して話をするうちに、なんだかかなり仲の良い先輩後輩の仲になっていった。俺の同期が「…

続きを読む

屈辱の覗き体験談

2021/10/10

高3の初夏、掃除当番を押しつけられゴミ捨てに行こうとしていた時の話。焼却炉は校舎から少し離れた運動部の部室の裏にあった。この日は天気も悪く、部活をしている人たちもいなかった記憶がある。雨がしとしと降り続く音だけが響く活気の無いグラウンド。そんな中うめき声のような声が響いてきた。バスケ部の部室は少し窓が開いていて、どうやらそこから聞こえてくる気がした。その当時いじめが流行っていたので、誰か殴られているんじゃないかという捕らえ方しか当時の自分は出来なかった。そしてその窓をこっそり覗いてみると隣のクラスの京子(仮名)と同じクラスでバスケ部の川口(仮名)がヤっていた。…

続きを読む

可愛い鍵っ子との半同棲生活

2021/10/08

大学2年の時の話。一人暮らしのアパートに帰って来ると、アパートの入り口のところで高校生くらいのすごく可愛い子が地面を見つめてうろうろ探し物をしている。可愛いなぁと思いつつ、もう夜で辺りは真っ暗になっていて、見つかるんだろうか?とも思った。勇気を出して何か落としました?と声をかけて見ると、携帯電話をこのあたりで落としたとの事。「その携帯にかけてみれば?」と言ったが、お金を持ってなくて電話をかけられないという。なので、部屋に戻って、懐中電灯を持ってきてあげた。でついでに俺の携帯を差し出して、「こっからかけていいよ。」と渡してあげた。その子は「本当にありがとうございます!」と…

続きを読む

姉にしてやれなかったことPART1

2021/10/02

隣の部屋から笛の音色がする。姉が下手な笛で『翼をください』を繰り返し吹いていた。姉の部屋に入り俺「姉ちゃん、もう遅いし、笛吹くのやめたら?」そう言うと、姉「もうちこっとぉ」床に座っていた姉は、笛を口にくわえ上目使いで謝ってきた。数分後、笛の音色は途絶えて、俺も、いつの間にか寝ていた。次の日、学校へ行き、朝のホームルームが終わると、突然姉が俺の教室へ入ってきた。姉「ごめ?ん。笛家に忘れて来たから、貸してよぉ」クラスの数人がこちらを見て、クスクス笑っている。俺「な、なんでだよ。いやだよ。」恥ずかしくて逃げたかった。姉「今日、笛のテストなのぉ。おねがしいしますなのぉ。」おね…

続きを読む

絶対服従

2021/10/02

これは月に二回ほど妻が単独男性に言う言葉だ。私達夫婦は三年くらい前から見知らぬ男性をホテルに招き、私が見ている前で妻を犯してもらうという行為を繰り返している。数えてみれば妻が跨がった男性は八十人近い。かなりM気質の彼女は私の言う事には絶対服従である、しかしその中でも一度だけ「それは…ちょっと」と躊躇したことがある。だが、困惑する妻の言葉は一切無視して私の命令は実際に行われた。その内容とは「中〇生の男の子を逆ナンしてホテルに連れ込み犯してもらえ」というものだった。計画実行当日、「お前自信が犯されたいと思うような男の子を連れて来なさい」と言い、予めとっておいたホテルの一…

続きを読む

女子部屋侵入

2021/10/01

高校の時、俺は英語部に入っていた。別に英語が得意でも好きでもなかったのだが、当時20代半ばのえらい美人のグラマーの先生が顧問だと知って、はっきり言ってスケベ心だけで入部したのだ。その部は、美人の顧問にもかかわらずとてもこじんまりしていて、3年間で部員が10人を越えた時はなかったぐらいとてもマイナーで目立たない存在だった。活動も地味で、1冊の英文の小説をみんなで読んで要約したり、日本の短編小説をみんなで分担して英訳したりといったものなのだが、そんなに真剣ではなく部室で雑談という日も多かった。でも、美人の顧問の先生とは週に2,3回は会話できたし(活動日は基本的に月水金)、部員もほと…

続きを読む

ビデオ

2021/09/28

俺も一つ。エロは少な目かな…ごめん。今から20年近く前の事だから曖昧な所も有ります。俺 T、相手 S(スタイル良し、Dカプ、足綺麗、でも顔はニキビ多し、良く言えば山口智子を巨乳にした感じ)出会いはバイト先。高2に上がってスグ、俺はレンタルビデオ屋でバイトを始めた。当時は同じクラスの女子に恋をしていた。それを店のお姉さんに相談して、夏休みにクラスの子に告白。断られて傷心(大した事無い)の時、Sは友達二人とバイトとして店に来た。長くなるな…こりゃ。で、俺のツレ(クラスメイトで同じバイト先、俺が振られたのは知ってる)と相談相手のバイト姉さんから俺が振られているので恋愛の話をしないように…

続きを読む

卒業する先輩達との王様ゲーム

2021/09/27

あれは、俺が高校2年生の時の春。(ちなみに今24歳)憧れだった先輩達が巣立っていく季節。先輩達の中にもの凄いかわいい集団がいた。実は、その集団とは1年生の時に関わりがあって集団VS集団で高校生にしてはけっこうなカラミをしてました。(これは王様ゲームじゃないので後ほど…)その中でカップルが5組誕生してました笑(正式に付き合っていないのも含めて)でも、カップル達は次第に別れていって完全に消滅。それに伴って段々その集団とは疎遠に…仲良かった俺も既にあんまり連絡とっていなかったんです。(廊下ですれ違ったときにヨッって挨拶してた程度。)本当に仲がよくってまた集…

続きを読む

窓際、机の下

2021/09/12

もう、10年以上前の話。。。その日の授業は午前で終わり、午後からの部活も、休部のところが多く、12時過ぎの校内は閑散としていた。冬服のセーラを着た彼女と、日差しがあたたかな窓際。僕は午後の部活のため、弁当を食べている。彼女は、僕の部活が終わるまでの2時間、教室で本を読んで待っていてくれるって。赤くて薄いスカーフ。厚手で手触りが落ち着くセーラ服の彼女を眺めながら、教室で二人きり、窓際にピッタリ寄せた机1つを挟んで、向かい合いながら、ご飯を口に運ぶ。学校の机は小さいから、彼女のそろえた両膝は、僕の両太股の間に当たっている。話題も途切れたから、別に意味もなく、彼女の太股を抱きしめるように…

続きを読む

教え子の乳首拝見

2021/09/09

当時私は、近所にあった個人経営の塾で、講師のアルバイトをしていました。個人経営といっても、2階建ての建物に教室が3つ事務室が1つあって、それなりの規模でした。対象生徒は小学校4~6年生と中学生です。面白いことに、この塾の生徒の男女比は1:9くらいで女子が多かったのです。これは塾の経営者が女の子ばっかり集めていたわけではなく(笑)友達に誘われたとか、友達に紹介されたとかでだんだん女子が多くなってしまったそうです。女子生徒が多くなればなるほど男子生徒が入塾しにくくなり、ますます女の子ばかりになるわけです。こんな環境のなかで、氷魚は中学生の数学を担当していました。やっぱりみんな数学嫌い…

続きを読む

愛しい姉貴

2021/09/09

俺が姉貴への「恋心」を自覚したのは、高1のときだった。姉貴は当時大学1年。高校まで女子校だったせいか、家に男を連れ込むことはもちろん、彼氏の存在すら感じさせない人だった。それが大学に入って交際相手ができたらしく、休日には「いかにもデート」という感じでお洒落して出掛けたり、男が運転する車で深夜に帰宅したこともあった。弟の俺から見ても結構な美人(鶴田真由系)だし、スタイルも性格も良かったから、かなりモテたはず。週末にボーイフレンドと出歩くのも、ごく普通の大学生活といえばそうだ。しかし、俺は不満だった。小さい頃から仲が良くて、夕食後はいつも2人、ソファに並んで座りテレビを観るのが日課だ…

続きを読む

喫茶店2

2021/09/08

次の日、俺は今だスッキリしない気持ちのまま、店での仕事に勤しんでいた。智美さんの様子は特に変わった事はなかった。しかし、何かが変だった。俺が意識しすぎていただけだったのかもしれないが、いつもの笑顔がどこか嘘っぽく見えた。夕方になり、フラリと東条さんと宮岸さんがやってきた。俺はすぐ席に駆け寄り、「この前はごちそうさまでした」と、東条さんにお礼を言いにいった。東条さんはいつもの色っぽい笑顔で、「何かしまってるの?僕は私の料理を食べたんだから、もう他人じゃないのよ?」と冗談を言った。すると智美さんが奥からコーヒーを持ってやってきた。テーブルにコーヒーを置き、なぜか店のドアの札を「準備…

続きを読む

喫茶店1

2021/09/08

専門学生の時、市内に出てきて一人暮しをしていた。最初は貯金を食いつぶしてたけど、金は使えばなくなるもので、バイトでもしないと生活ができない状態になり、俺は職探しを始めた。いざ動き出してみたものの、なかなか思うようなバイトが見つからず、ある休日の日、金もないので自宅周辺をワケもなく散歩していた。そんな時、ある喫茶店を見つけた。ちょうど時間は昼頃になっていて、俺の腹も鳴り始めていた。財布を覗くと、千円札が一枚と小銭がチラホラ…。少し迷ったが、俺はなぜか惹かれる雰囲気があるその喫茶店へと足を踏み入れた。中は俺好みの、こじんまりしたあまり広くない感じだった。カウンターが一つあり、テーブル…

続きを読む

ふてぶてしい寝取り

2021/09/06

もうかれこれ十数年前。同じ職場にその女は私の部下として入ってきた。外見は観月ありさと常盤貴子を足した様な感じ。髪は肩より少し長く、身長は167,8cmくらい。出るとこは出て、締まるところは締まってると言う体型だった。胸はFカップだった。職場はホテルだったので、部下と言っても、直属の部下ではないのだが近いセクションだったので、毎日の様に顔は合わせていた。ある日、彼女が早番で、私が遅番の日があった。私が、仕事の準備を始めていると、丁度彼女が帰るところだった。「○○さん、今からですか?お疲れ様です。」と彼女から声を掛けてきた。準備をしながら、彼女をボックス席に誘い、色々と話してい…

続きを読む

幼馴染のエミとの初体験

2021/09/02

えーと、ちゃんとまとまってないんだけど・・・・今月の3.4.5日の連休はうちの親が年に一度の組合の旅行で珍しく家には俺一人だった。俺の予定は3日が部活で4.5日は学校の体育館が使えないので久しぶりの休みになった。で、エミの親は「うちに泊まりに来い」って言ってくれたんだけど、自宅の方が気を使わなくて済むので飯だけ食わせてもらうことになってた。3日の夕方、部活が終わって家に着くと「今帰った」とエミにメール。すると「7時位には来て」って返信が。エミの家に行くと、おじさん、おばさん、アユミちゃんもいて、ワイワイやりながら晩飯をよばれた。エミ父 「マサキ明日と明後日何もないんだろ?一緒に釣り…

続きを読む

美術部の先輩

2021/09/02

高校生の頃、美術部の先輩が好きだった。先輩(仮にMさんとしよう)は俺の一つ上で、身長は165くらい、ルーシー・リューを優しくした感じで、胸が大きいのを気にしてた。俺(仮にYとする)は身長175、体重57、顔は普通だと思うが、今思うとビン底メガネのダサ坊だった。先輩は誰に対してもはっきり物を言う人で、そのせいで年上には嫌われてたしクラスでも浮いてたけど、俺ら後輩にとってはものすごく頼りになる存在だった。姉貴肌というのかすごく面倒見がよくて、俺ともう一人の女子(Rとしよう)とが、後輩の中でも特に一の子分・二の子分みたいな感じだった。俺らが入部して以来、三人で沢山馬鹿なことやって遊んだ。俺はそ…

続きを読む