「セクハラ」一覧 (307件)

セクハラに気づかない無防備妻 その1

2020/02/24

私には結婚して4年目になる妻がいます。妻は30歳をまじかに控えていますが、見た目は20代前半でとても落ち着いていて、魅力的です。なにより胸が大きいのが一番の魅力で学生時代から変わらずEカップあるそうです。そんな妻なのですが、一つだけ欠点があります。自分の身体に対して全くの無防備なのです。周囲の男の目を全く気にしません。また、そのせいで信じられないようなトラブルを引き起こします。今でも妻の無防備さにイラついてしまいますが、同時に非常に興奮している自分がいることも事実です。前述の通り、見た目は若いので男の視線をよく集めます(妻の行動などのせいでよってくるのがほとんどですが)。最近…

続きを読む

女の子みんなからセクハラ

2020/02/15

私の会社は男3人女8人の11人です、化粧品会社の小さな営業所です。今年の春に慰安旅行があり女性1人が欠席して10人で石川県の加賀温泉へ行き、夜は宴会でした。宴会はそれなりに盛り上がりましたが、私はお酒が弱いのでフラフラになってしまいました。宴会が終わりお開きになり女性組は2組に分かれ一組はホテル内のカラオケへもう一組は自分達の部屋で2次会をやっていました。男性2人(所長と部長)は仲居さんから紹介されたいかがわしそうな所へタクシーで行ってしまいましたので男部屋で私一人で休んでいました、しばらく休んで温泉に入りに行き部屋へ戻る途中に同じように温泉からか部屋に帰る途中の女子社員グループと一緒…

続きを読む

淫乱妻

2020/02/08

私の妻を紹介します。妻は36歳で、女ざかりの一番きれいなころだと思います。身長は165センチの体重58kgで、少し大柄ですが太ってはおらず、巨乳のほうです。ウエストも細めでヒップは大きめと、めりはりのある体型です。音で表現すると「ボン・キュッ・ボン」でしょうか。顔もまあまあ良いので、繁華街に買い物に行くと、おじさま風の中年男性や重役風の初老の紳士から良くナンパされると自慢げに言っています。結婚して12年経ちます。子供は9歳の女の子で、あまり手がかからなくなってきました。文句の付けどころのない妻で、夫婦仲も良い方なのですが、夜の夫婦生活はめっきり回数が減って、年に数回程度になって…

続きを読む

私の妻は元風俗嬢です

2020/02/06

私(まさき) 36歳 180cm 75kg ふつーのサラリーマン妻(ゆうこ) 27歳 160cm B95 W64 H85 Gカップ 乙葉みたいな感じ結婚4年です。出会いのきっかけは、道端でした。道でオロオロしている女性を発見し、「どうしました??落し物ですか?」と聞いたところ、「コンタクト落としてしまって・・・」一緒に探す。でも見つかるわけ無いよ~しかも超ド近眼らしく、メガネも持ち合わせていないようで、しかたなくメガネ屋まで案内することに。「じゃ僕はここで・・」というと、「お礼にお茶でもおごりますよ!待っててくれませんか?」と言う。けっこうカワイイ感じで「ラッキー!」と…

続きを読む

彼女とのエッチが興奮する方法

2020/02/03

私の彼女は看護師です。もう8年ほど勤めているのかな。友達の紹介で私と彼女は出会いました。付き合って4ヶ月で結婚が決まり、はたから見ると、相性抜群間違いなしです。しかし、SEXのほうは中々うまくイキませんw二、三回エッチして、ようやくイケるようになったものの、外見がモデルみたい(決して自慢ではありませんが)で、締まりも抜群ですが、私は小さくて可愛らしい子が好みなので、どうもその自己観念から抜け出せずにいました。ある日、この不調をから脱出すべく、思い切ってSEXの挿入中に彼女の過去の男性遍歴を質問しました。すると、興奮するネタが色々あったのです。「Sちゃん。いつも病院でえっちな目で見…

続きを読む

若女将になった妻

2020/01/30

5年前に妻と結婚しました。職場で知り合い、意気投合し1年付き会った後にゴールインでした。私32歳、妻27歳の時です。私達は、ごく自然に子作りをしていたのですが、2年経っても出来ず、病院で調べて貰った所、妻の卵子が子供が出来にくいと言われました。全く可能性が無い訳では無さそうですが、妻はショックを受けていました。私は”2人で一生幸せに暮らせればいいんだよ!全く可能性が無い訳じゃ無いし、気楽に行こう!”と励ましました。そんな事もありましたが妻も吹っ切れた様で、仲良く暮らしていました。結婚4年目のある日、私の実家から”お父さんが倒れた!”と連絡が入りました。病院に行くと、お父さんがベ…

続きを読む

裏 続無防備妻

2020/01/23

人間的羞恥心というものに昔から欠陥があるらしく、裸を見られても恥ずかしいと思わないし、胸やお尻をさわられてもちょっとふれた程度にしか感じない信じられない体質の女性だ。それ以外は頭もそれなりに良く普通の生活もでき、ごく普通の女性だが、羞恥心という部分だけは知的障害者レベルらしい。以前こっそり相談しに行った医者の話では何千人の一の確率でたまにそういう人がでてきてしまうと言われた。医者からは「こういった病気は一生治らないが、一般的な判断もでき普通に生活できるから、当然施設等に入院させることも難しいし、とりあえず旦那さんが気をつけて見ててあげるしかない」と言われひどく落ち込んだ時もありました。…

続きを読む

妻の治療

2020/01/12

私40歳妻38歳そろそろ倦怠期で夜の夫婦生活も月1回有るか無いか位です。妻は腰痛持ちですので余りSEXは好きでは無いみたいです。妻とのSEXの内容は何時も直ぐ挿入して出して終わりみたいなパターンでした。それに私も早漏気味ですし妻を満足させていないと思います。私にテクニックが無いのが悪いのでしょうね…話は変わりますが、私の古い友人にKという鍼灸院を経営してる男がいましてアンマ師をしているそうです。以前一緒にお酒を飲んだ時「俺は人体の色んなツボを知っているので」「女性の股のツボさえ触らしてくれればどんな女でも逝かせる事が出来る」Kは自慢げに話していました。Kに妻の腰痛の事を話すと…

続きを読む

姉ちゃんのエッチ

2019/12/12

私が小学校低学年の頃に家のトイレに入っていたら、電球が切れてしまったので、そのことを叫びました。そしたら3学年上の姉ちゃんが懐中電灯を持ってきて、明るくしてくれました。姉ちゃんは凄く美人なので、私は姉ちゃんのことが女の子として大好きでした。その大好きな姉ちゃんに助けてもらえて「ありがとう。」と言いながらほっとしていました。ところが、姉ちゃんは思いもよらないことをしてきました。懐中電灯の光を私のおちんちんに当てて照らしてきたのです。姉ちゃんは私のおちんちんを照らしながら目を思い切り見開いてジーッと凝視してきました。私はどうすることもできずに姉ちゃんにおちんちんを見られるがままでした…

続きを読む

大柄な奥さん

2019/11/28

去年の夏、俺は新入社員だったんだが、先輩(♂)の家で夕食をご馳走になったときの話だ。家に呼ばれたのは俺ともう1人、同期の女子社員C。Cはいかにも「ギャル」な可愛い子で、細身の体をくねらせながら「もう、飲めませぇ〜ん」なんてシナを作るタイプだ。正直、俺の好みじゃないんだが、先輩はお気に入りらしい。その子だけ招待するのは不自然なんで、ついでに俺も呼んだんじゃないか…と、今でも思ってる。まあ、俺は飲めれば満足なんで図々しくお邪魔したが、初めてお目に掛かった先輩の奥さんを見て、正直びっくりした。「先輩より9歳下」とは聞いてたが、こんなに美人とは。奥さんは美由紀さんといって、32〜33歳く…

続きを読む

姉は大学の女子柔道部員、

2019/11/07

二人で住むアパートには仲間の部員が良く飲みにくる溜まり場になっていました。いつものようにコンビニで買った焼酎、ビールを飲んで酔っぱらうと姉の先輩達に囲まれて俺も飲まされてしまいます。女子柔道部員など普段からモテるわけも無く、餓えた野獣です。王様ゲームで標的にされ、姉とキスさせられ、先輩達とキスも当然、乳首舐め、チンポ触られたり、セクハラ行為は毎回エスカレートして行きました。先輩達は俺が童貞と知ると無理矢理全裸にされ、勃起したチンポを手コキしたり、しゃぶったり、玩具にされました。姉は先輩に強制され、最後に俺のチンポをしゃぶらされ、頭を上下に押さえ込まれて、先っぽから喉の奥までしゃぶらさ…

続きを読む

古本屋

2019/10/26

結婚2年目の27才の主婦です。まだ子供がいないので、2ヶ月ほど前から古本屋さんで午前10時?夕方4時までパートしてます。店主の53才のオジサンと私の二人だけで、このオジサンとエッチな関係になっています。もともと露出趣味でエッチ大好きな私。オジサンのセクハラ行為は私を淫らにさせました。それにオジサンたら、やたら性欲強くてイヤらしさ最高なんです。店には9時に着くように行き、開店前にセックス。立ちバックでイヤらしくチンポ嵌められます。お昼は順番にとるはずだったんですが、それほど客がくる事もないので、札を出して一時間半くらい店を閉めて、出前をとってくれたお昼ご飯パパッと食べてまたセック…

続きを読む

人妻の加奈さんと期間限定の恋人になった

2019/09/17

俺は22歳の大学生で、留年しながら遊んでばかりいた。運良くそれなりにイケメンに生まれてきたので、コンパやナンパで、女には不自由せずに面白可笑しく過ごしていた。ただ、セックスの相性が良いと思うことはあっても、惚れるという気持ちになったことはなく、まともに女性と恋人関係になったことはなかった。適当に楽しく刹那的に過ごしていたが、俺のバイト先の小洒落たカフェ(夜は食事も出来る)に、加奈さんが新しく入ってきてから、ちょっと俺自身変化があった。加奈さんは28歳だ。28歳と聞いたときは、本当に驚いた。俺とタメか年下くらいに見えた、、、それくらい若い見た目で、アラサーには全然見えなかった。童顔…

続きを読む

俺だけのかあちゃん

2019/09/13

俺の母ちゃんは38で、スーパーでパートしてる。親父は単身赴任で、もう二年ぐらい別居状態。母ちゃんは10代で結婚して俺を産んだせいか、なんか教養が無いっつうか貧乏臭くて残念な感じ。見た目は普通のオバサン。特別にスタイルが良いとかそういうのは無し。飯は美味いけどな。その日は大学の講義サボって部屋で寝てたんだ。なんかドタバタしてたから部屋を出て下へ降りたの。そしたら、玄関の横の部屋で母ちゃんが知らねぇオッサンに組み敷かれてるんだ。オッサンはズボンとパンツ下ろして汚いケツが見えてて、母ちゃんの白い太股とふくらはぎが抱えられて天井向いてた。オッサンが動くたびに母ちゃんの足がぶらぶら揺…

続きを読む

俺の大学時代の話なんだけど、所謂ツーリングサークルに入ってた。

2019/09/11

自転車で旅とかする奴ね。自転車といっても良いやつになれば100万以上とかかける場合もあるので(無論通常はもっと安い)馬鹿に出来ない。まあうちはのんびりサークルだったので皆安いやつ乗ってたけど。週末になると箱根まで走ったり、長期休暇はキャンプ道具抱えて遠くに行ったりって活動。やってる事は男臭いんだけどのんびりサークルで週末はキャンプ!みたいな謳い文句は女の子には魅力的らしくって結構人数は多いサークルだった。男女比も男7:女3と俺のいたような大学にしては悪くなかった。メンバーも軽くスポーツしたいみたいな女の子が多いから意外と可愛い子もいたわけだ。しかもキャンプで雑魚寝とかも多いから以…

続きを読む

俺が再就職した工務店の社長は、年齢の割りに押しが強くていかにも好色そうな禿男だ。

2019/08/26

こういう男に妻がどうにかされてしまうことを想像して楽しんでいた。いや、実際にどうにかされた妻を見てみたいとさえ思うようになった。社長はY談が大好きで、酒が入ると俄然エロ自慢をする。愛人もいるらしいが、「人妻」が一番燃えるんだとか言っていた。相当アコギなこともしてきたらしい。そんな社長におれは女房のことを吹聴した。どんなことをしたら悦ぶとか、どんな声で喘ぐとか、たわいもない話だが、社長はすぐに食いついてきた。夏休みにとった水着の写真があるというと、見せろ見せろとしつこく要求する。しまいには俺の胸ポケットに万札をねじ込んできやがった。妻も30半ばでしっかり肉付きも良くなってはいる…

続きを読む

慰安旅行がこわい その1

2019/08/19

先月やっと地元で就職できたんだけど、ここ、男は俺(19)と社長(65)の2人だけ。あとは奥さんとパートのおばちゃん達8人なんだけど、もーすぐ会社の慰安旅行ってのがあるわけ。昨日、俺が入社するのと入れ替わりに辞めた人が店に遊びに来て、後で一緒に飲みに行ったんだけど、その人が言うには、この会社の慰安旅行ってのは、パートのおばちゃん達の「性のはけ口」として企画されているらしい。もちろん、相手をするのは唯一の若い男の俺らしい。そーいえば、最近、おばちゃん達の俺を見る目が・・・。会話もいやらし事へーきで言うし・・・。ああああぁぁぁ、鬱だああぁぁ!こんばんは。今、仕事が終わって帰ってきたとこ…

続きを読む

セルフフォトグラファー

2019/08/09

きっかけ 赤い光の中……現像液にまみれ醜悪でいやらしい怪物が浮かび上がりました。最初これが自分の身体の一部と思えず小さな叫び声を上げてしまいました。自分の身体から切り離された写真の中に息づくこの淫靡な生物……。手早くドライヤーを当てて生乾きのまま裁ちばさみでバラバラにし、ネガも細かく裁断しました。帰る道すがら焼却炉へ投げ込んで逃げるようにそこを離れました。 私は彩。彩という時は父が付けました。17才の高校生です。父がカメラマンだったこともあり、写真が大好きな私は高校入学と同時に写真部へ入部しました。たった一人の女子部員でした。先日進級に伴い、前の部長が私にその役を引き継いで卒業してゆき…

続きを読む

社員旅行で部長にやられた由紀子

2019/07/31

おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。当然彼女はチヤホヤされた。競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。ただ、一つだけ由紀子には心配な事があった。というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。本人も「飲むとHな気分になる」と言っていた。初め…

続きを読む

雀荘の豊満な身体の奥さんと

2019/07/10

ある地方都市で大学生だったころの話です。浪人時代を東京で過ごし、すっかり麻雀にはまってしまいました。大学生活をすることになっても、すぐに雀荘を探し、授業が終わると、毎日のように通っていました。そこは平日は1卓、土日でも2卓回れば良いくらいのとても小さな雀荘でした。年配のお客さんばっかりで、ただ1人若かった私は常連客の皆さんにずいぶんかわいがってもらいました。40代くらいのご夫婦が経営されていたのですが、旦那さん(マスターと呼ばれていました)はひどい腰痛持ちで留守のことも多く、そんな時は奥さんが1人で留守番をしていました。麻雀はできない人で、ゲーム代を集めたり、飲み物を出したり位でし…

続きを読む