「おもちゃ」一覧 (15件)

自慢の娘

2018/10/24

俺と妻の間には二人の娘がいます。娘が二人とも結婚したんですが子供達が巣立ってしまったこともあって、冷めた夫婦関係に終止符と打ちました家も手放して俺は、一人アパート暮らしになり、元妻は男性と暮らしていますそんなある日、次女の方から連絡があり、離婚するということなんです。次女は専業主婦だったので、職もなく生活できないだろう。小さい子供も抱えてるし。という理由で俺のアパートへこいといってやりました2部屋しかないアパートだけど、娘は了解してくれました。子供はまだ生まれて5ヶ月だし、俺の負担もけっこう大きいものとなりました。次女の裸なんか小学生の時みたことないのに、母親になったというのもある…

続きを読む

人間の女とセックスする『姦亀』[後編]

2018/10/20

僕は息を潜めてカメラを覗き込み、この異様な光景を撮り続けました。女性に抱きついている姦亀たちは、皆まるで獲物の味わうかのごとく、抱きついている女性の顔と言わず、腹、脚に至るまで体全身に長い舌を這わせ、ペロペロと舐め上げていました。それは人間の男がするような、愛撫そのものでした。学者が言うには、姦亀達にとっても雄が雌の体を舐め回すことは“求愛行動”に他ならないとの事です。おまけに発情中の姦亀の雄の唾液には、強力な催淫効果があり、その効果は人間の女性にも大きく影響してしまうとの事でした。事実、姦亀達に体を舐められている女性達は誰一人、抵抗することなく、逆に皆うっとりしたような表情で、悩ま…

続きを読む

自分の性癖をカミングアウトして嫌がりながらも感じる妻と寝取り3P

2018/10/20

俺32歳。ふつーのサラリーマン。嫁30歳。子無し、本屋でバイト。タレントでいうと、さとうたまおに似てる。出会って7年、結婚して5年の、超普通の仲良し夫婦です。ちなみに、早漏さんと貧乳さんです。嫁さんはドノーマルで、俺はSM好きのちょいSです。出会ったころは、普通のHしかしてなかったんだけど、マンネリしてきたんで、おもちゃ使ったり、外でやったり、ちょっとずつ、変態Hに慣らしていきました。で、半年ぐらい前に、たまたま出張先で入ったエロ本屋で「寝取られ」っていう世界を知ってしまい、そこからは、嫁さんとほかの男がHする妄想でオナったりするようになりました。もともと、俺の精子を嫁さん…

続きを読む

会社の営業の男性社員に犯されました

2018/10/17

営業の男性は、午後になると営業先へ出かけてしまい、私は彼が営業先から資料を持ち帰ってから、仕事に取り掛からなくてはならず、他の資料を作成しながら帰社を待っていました。16時頃に電話が入り「営業先でなかなか商談がまとまらず時間がかかってしまった。これから戻るが、申し訳無いが今日中に資料をまとめてほしいので待っていて欲しい。」という内容でした。彼は、17時頃に帰社してそれから資料作成に取り掛かりましたが通常の資料でも3時間程度かかる資料作成が、この営業先の資料は、契約内容が細かくそれ以上かかりそうでした。21時頃になると他の社員も1人帰り2人帰りで、とうとう会社にに残っているのは、私たち2人…

続きを読む

風呂場で母のアソコを見て女性器の構造を知った

2018/10/10

もう40年以上も前のこと。初めて母親の性器を見た。そして更にもっと衝撃的な姿での母親の性器を見ることになった。私は小学生の頃から、女性が前屈みになった時にお尻の間から見える女性の性器に興奮していた。最初に見たのは、祖母の性器だった。私の家は商売をやってたこともあって、小学生の頃、母親とではなく祖母と一緒にお風呂に入ることが多かった。祖母が髪を洗うときに膝をついて前屈みになり、お尻を持ち上げるとすかさず、お尻に中を覗き込んで性器とお尻の穴を見ていた。母親とも入ってはいるが、なぜかそれには全く気付かずにいた。当時、母はまだ30代後半ぐらいだった。息子から見ても綺麗で優しくて物静か…

続きを読む

美容師のマゾ女判別法 2

2018/10/09

問題は、加奈子ちゃんが、彼氏を連れてくるかどうか。「3人で飲もう!」って誘ってものの、彼氏を連れてくる可能性は十分ある。そして当日、加奈子ちゃんは一人、紺のリクルートスーツで現れた。就職活動の帰りだそうだ。飲み始めると、出るわ出るわ加奈子ちゃんの愚痴。最近、ストレスがたまっていたのか、すすめなくても自分からの飲むし、以外とお酒も強いみたい。色白の頬を赤く染めながら、「彼氏、就職してから、相手してくれないくて・・・」とか「私も就活で忙しくて」とか「出版社狙ってるけど、今のままでは厳しいとか」に始まり、「結局、私って能力ないんですよ。」とか、言い出した。ちょっと面倒臭いけど、テンショ…

続きを読む

初めての浮気はゾクゾクするほど興奮した[後編]

2018/10/07

今日、彼に会う。夫には秘密にしているこの行為。初めて出会いツーショットによるある男性との会話と、そして密会。悪いことだとは思うけど、この裏切り行為は、どうしても気持ちが高ぶってしまう。ずっと我慢していた。彼との最初の密会からもう10日は経つだろうか。電話番号を見ては、やっぱりダメと自制していた私でしたが、夫婦では味わうことのできない背徳感とあの猛烈な快感はどこまでも私を苦しめていた。専業主婦として家事を終わらせた朝の9時以降は、自分を慰める時間となった。ソファーにもたれかかり、頭の中で妄想をしてしまう私・・・。思い浮かぶのは、私の身体をいいように弄ばれてる姿・・・。足を大き…

続きを読む

16歳・Cカップ帰国子女高校生・みゆき

2018/10/06

木曜午後2時着信。(相手は公衆電話だったような)20分ほど話をして、小田急千歳船橋駅前マクドナルドで待ち合わせ。16歳都立高校1年。帰国子女(5年ほど米国・デトロイト在住)身長154センチルックスは上の中。薬師丸ひろこ似。84-57-85(推定)Cカップ(これは聞いた)電話で話をしてるときから、ちょっと言葉使いは変(乱暴というのではなく、欧米人の話す日本語特有のなまり)だったので、期待半分で待ち合わせ場所へ。彼女が近所に住んでいるらしい。マクドナルドに着くと、自動ドアに高○生が一人もたれている。しかし、待ち合わせは中で、と言っていたし、第一今までの経験上、その子はクオリティが高…

続きを読む

佳代との出来事 そしてチャカ………

2018/09/27

「こないだ時間なかったから、悪かった、今度は絶対買ってやるから」「だめ、それだけじゃ許さない。スッゴク楽しみにしてたんだから………」佳代が受話器の向こうでホントに怒っていた。「分かった2個買ってあげるから」「2個もいらない」「じゃぁな………、長いのも買ってやるから」「うん!!」佳代は絶対にスケベだった。ピンポ?ン。HTLの部屋のドアホンも普通の家のと同じだった。私はドアを開けた。受け付けのおじさんが立っていた。伏目がちに私に紙袋を渡すと、「会計はお帰りに」と一言残して去って行った。「ほれ、プレゼントだい」私は佳代に紙袋を渡した。佳代はベッドに寝転びながら私の持ってきたビ…

続きを読む

下着泥の隣の息子にぴらぁっとした嫁

2018/09/26

嫁の舞とは倦怠期を迎えている感じでした。まだ29歳で、145cmと小柄なわりには巨乳の嫁は、某クッキングアイドルに似た可愛らしい顔立ちをしています。そんな申し分ない相手であっても、結婚して月日がたつと、セックスの回数も激減してしまうのは仕方ないことなのかも知れません。でも、そんな倦怠期もいきなり終わりました。元々は、嫁の下着を盗んだ下着泥棒だった圭くん。そしてまだ高校生の彼と嫁は、今お互いに全裸で一つになっています。『あなた♡ 中に出されちゃった♡』嫁は、私を挑発するように笑みを浮かべて言いました。何も言えずに固まる私に、『まだ圭くんのカチカチなのϖ…

続きを読む

ただ一つのことのために全てを晒した妻

2018/09/25

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、私も専務などと煽てら…

続きを読む

三十路の独身先輩女性2人と3人でHした話

2018/09/19

まずは登場人物紹介。『俺』→高卒で新入社員。『古瀬サン』→確か当時34歳でアネゴ肌のキャリアウーマン。仕事は出来るが、外見は下の上ぐらい。細身だけどお世辞でも綺麗とは言えない。独身で彼氏なしみたい。『高島サン』→たしか古瀬サンの1つ下で33歳。でも古瀬サンとは10年以上の付き合いで仲良し。スタイル普通。顔は古瀬サンと同様で決して美人とは言えない。当然独身。入社して3週間ぐらい経ち歓迎会をしてもらった。俺が配属になった部署に男の新入社員が配属になるのは6年振りみたいでした。しかも男の社員の人は全員30歳以上。一次会は居酒屋で15人ぐらい参加してくれて、二次会はカラオケ…

続きを読む

熟妻が輪姦された話

2018/09/17

私38歳、妻35歳(B88W62H92)、2人の子供がいます。最近起きた話をします。私の家は町外れの集落にあり、妻とは社内恋愛で、今も2人で働いています。会社まで車で通勤しているのですが、途中人気の無い山道を通ります。その途中には材木工場(小さい工場)があり通りからは、駐車場しか見えません。ある日、会社から帰宅途中に、ふと駐車場を見ると1台の見覚えのある車を見つけました。近くに行き確認すると、やはり妻の車でした。しかし妻は居ません。ちょっと気になり、工場の方へ行ってみると事務所らしきプレハブ小屋(2階)があり、そっと中を覗くと中には、全裸の妻が四つん這いで550過ぎの男性の物を…

続きを読む

ソファに押し倒され、課長が私の体の上に...

2018/08/14

この前の日曜日、課長から「急ぎでワープロを頼みたい」と電話で呼び出され、昼から出勤しました。9時過ぎまでかかってやっと終わらせ、帰ろうと廊下へ出た時、いきなり背後から羽交い絞めにされました。びっくりして思わず悲鳴を上げましたが、他に誰もおらず、そのまま引きずられるようにして応接室まで連れて行かれました。ソファに押し倒され、課長が私の体の上に馬乗りになってきました。怖くてポロポロ泣きながら必死で抵抗していると、課長は私の両手首をつかみ万歳させた状態でおもちゃの手錠をかけました。起き上がることすらできず、されるがままになるしかありませんでした。課長は私のTシャツを捲り上げ背…

続きを読む

勢いで寝ている女のコに抱きついたらチン蹴りされた

2017/10/17

飲み会の帰りに俺とK弥と女友達のY美はアパートの方向が一緒だからタクシーで帰ったでK弥が「もう少し飲まないか」と聞いたらY美が「ウチで飲んでく?」とうれしい言葉アパート着いてからウイスキー飲んだりして仕事の話やエロ話で盛り上がった1時間半も飲んだ時K弥のケータイが鳴って彼女からだから帰ると言い出したY美の部屋で飲むのは何回かあったから俺は後少し飲んでから帰る積もりだった、それから2人で飲んでいる内に強烈な眠気が襲ってきてごろりと横になった横になったらY美が「こら!ここで寝るな」なんて言うけどボヤッとして「ごめん少しだけだから」と言ってる内に寝てしまったんだなしばらく経っ…

続きを読む