「クリトリス」一覧 (416件)

私の催眠奴隷体験

2021/10/18

私(男です)以外にも、催眠術を使って美味しい思いをしている人がいると知って、私の体験も書きたいと思います。私と催眠術の出会いは、中学2年生の時でした。クラスメートA子ちゃんの従姉のお姉さん(大学生)が、通学の為に近所に越してきたのが発端でした。お姉さんは、心理学か何かを専攻していて、中学生同士で催眠術を掛け合えばどうなるかを研究テーマに選んでいたらしいです(A子ちゃん経由で聞いたので少しあいまい)。お姉さんはまず、従妹のA子ちゃんを含め、数名の女の子に催眠術を教えていたのですが、1ヶ月経ってもマスターできたのは、A子ちゃんの他もう1人しかいませんでした。そこで、クラスメ…

続きを読む

嫁さんの友達に

2021/10/17

私は大阪に住む31才の会社員の者です。去年の事なんですが、嫁さんの友達夫婦と4人で温泉旅行に行った時の事です。うちの嫁31才・嫁の友人E31才・友人の旦那H35才との4人です。私は昔に柔道をしていたことがあり、接骨院でいろいろとマッサージやツボを教えてもらった事がありました。そのマッサージを時々嫁さんに施してあげています。室内での食事が終わり、4人で雑談をしていました。その時主婦業は大変だと言う話になり、うちの嫁さんが私のマッサージの事を話し出しました。Eは羨ましがって私にマッサージをせがんできました。私は仕方が無く、Eに下半身マッサージをすることにしました。私はいつも…

続きを読む

酒に酔った姉と

2021/10/17

僕はまだ高校生だったので姉には女としてすごく興味があり普段普通に会話してる時でも、ちょっと意識してましたあれは姉が飲み会かなにかで、酒に酔って帰宅した時です母が飲み薬を持って行ってあげてと言うので薬と水を持って2階の姉の部屋に行きました姉は帰ってきたままの格好でベットで寝ていました「おねぇちゃん薬を持ってきたよ・・」と肩を叩きましたがまったく反応がありませんでした下半身を見るとジーパンのボタンとファスナーが開いたままです僕はそっとチャックの部分を広げるとパンティが見えました白とピンク色のチェックでした僕はすごくドキドキしながら、少しパンティをさわった胸も姉を何度も確…

続きを読む

妹の友達

2021/10/16

妹の友達が遊びに来ていた。夜も遅くなったので、泊まっていく事になったのだが、俺は妹とその友達と3人で遅くまで酒を飲みながら、話していた。妹は酒に弱いので早く寝かそうと、飲ましたら、先に部屋に戻ってぐっすりと寝てしまった。俺は妹の友達に酒を飲ませながら、Hな話題を振る。「Mちゃんって、Hしたことあるの?」と聞くと、「ないですよ?」と、ろれつがあまり回っていないため、変な声で答える。「えっ、うそ?じゃ?、確かめさせてよ?」とこちらも酔った振りをして、言うと、「だめです?」とあっさり断られるが、「じゃ?、ちらっとでいいから、乳首見せてよ?。それで確かめるから?」と言うと、「ほんとにちらっと…

続きを読む

4P残業

2021/10/15

私もあります。残業中に上司たちと…っていう展開。みんなの帰った会社で40過ぎの上司と同僚の男の子、それから後輩の女の子。私はもう三十路だから、どっちかというと20台前半の後輩の方がメインだったんだけどおばさんなりに楽しんじゃいました。「ちょっと休憩しようか」いつも課長の一言を合図に始まります。私は「失礼します」とか言って席に座っている課長の前にひざまずきます。ズボンから柔らかいおちんちんを出すと少しすっぱい臭いがして、舌先でペロッと舐めるとしょっぱい味がするんです。最初のうちは、その臭いと味が苦手だったんですがだんだん慣れてしまい、それがないと物足りなくなりま…

続きを読む

寝取らせて妻の潜在的淫乱な心と体を引き出す事に成功した

2021/10/14

半年程前から、私は妻に「3P やってみない?」と言い続けていました。妻は「何考えてんの」「なんで?」と聞くと「私が見ず知らずの男とHしてるところ、見たいの?」「見たい!3Pをきっかけにして、チンポコが元気になるかもしれないし、お前に対する愛情も確かめたい」「バッカじゃないの」「そーかなー」「だって、病気が怖いし、妊娠も怖いし、とにかく絶対イヤダ」と言っていました。最近の私は、年齢と疲れからか半立ちが多く、おもちゃの助けを借りてどうにか妻に満足?してもらっています。「やりたい」という性欲は強いのですが・・・。妻は不満タラタラかもしれません。妻は生チンが好きなのです。そして…

続きを読む

失禁姉 渋滞車内のおもらしに興奮

2021/10/13

「まだかな?サービスエリア…」焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」「我慢できそうにないの?志織…」母絵里が心配そうに姉に聞く。「ううん。大丈夫…」そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。母絵里は18の若さで…

続きを読む

思い出したら眠れない・・・

2021/10/11

おはようございます。埼玉に住んでいるのですが。昨日、帰りの途中の電車で痴漢されてしまって思い出したら眠れなくなってしまい、ふとんから出てきました。気付いたらもう朝方だし…。昨日されたことを書きます。そのとき私は学校の帰りで疲れていて、電車のドアに身をまかせるような感じで立ってました。混んでいるの何時もの事でした。でも気付いたらお尻のところに違和感を感じたんです。ギュウギュウだったので、はじめはカバンがあたってるだけかなって思っていたんですがだんだん当たっているのが少しずつ動いて、お尻をなでられているんだとわかりました…。凄く嫌だったのに怖くて声もあげられなくて、しかも壁に押…

続きを読む

僕と太郎

2021/10/09

僕は思春期の時、異常なほど悶々としていて何時如何なる時もエロい事を考えていた。どうしても女の裸が生で見たい!胸を触ってみたい!?と、常に思いつつも、そんな女がいるわけも無く、妄想は膨らむばかりの毎日だった。自分でも素直に認める異常性欲。そしてそんな僕には小学校からの腐れ縁、親友と呼んでも過言ではない友達の太郎(仮名)がいた。太郎も僕同様の異常性欲の持ち主で、お互いがそれを認識しあったのは小学生の高学年の時だった。太郎は男3人兄弟で4コ上と6コ上の兄貴がいる末っ子だった。年の離れた男兄弟がいたせいか、女の体に詳しく、僕は太郎に色々と教わりながらエロ知識を深めていた。エロ知識が深まれ…

続きを読む

犯された便器恵理

2021/10/06

あの日は暖かかったので、私は我慢できずにお気に入りの公衆便所に出かけました。そこは公園の公衆便所で、公衆便器は黄色く汚れがこびりつき、床にまで小便の汚れが染み付いた私のいちばん好きな便所でした。便所に入るとあまりの愛おしさに小便器にキスをしました、「私のいとしい便器・・・」舌を使い舐めるうちに体が熱くなり、我慢できなくなり服を脱ぎ、下着はつけてこなかったので、すでに全裸ですそのまま小便器に抱きつき、優しく愛撫しました、丹念に全体をなで、舌でなぞり、そして小便器の中に顔をうずめて、奥の穴の中まで舐めまわしました。私の体は熱くてどうしようもなくなり、マンコをこすりつけながら、小便器…

続きを読む

絶品!音真似

2021/10/03

私は大学院生で、中高生相手の家庭教師のアルバイトをしています。今日お話ししたいのは、高校受験を控えた中学生との事です。夏休みを迎えた受験生は、遊びに行く事も惜しみ勉強をします。もちろん家族旅行にも参加する事無く・・。ある日、携帯にN君の母親から連絡がきました。「実は来週のお勉強なんですが、家族旅行に行くことになりまして・・・」「あ、そうですか。ではまた日を改めて伺いますので・・・」と言い終わらないうちに「いえいえ、息子は大事な時期なので一人で残るって言うんです。お願いできますでしょうか」「あ・・分かりました。ではお気をつけて行ってらしてください。」そうかぁ、誰も居ないのか…

続きを読む

絶対服従

2021/10/02

これは月に二回ほど妻が単独男性に言う言葉だ。私達夫婦は三年くらい前から見知らぬ男性をホテルに招き、私が見ている前で妻を犯してもらうという行為を繰り返している。数えてみれば妻が跨がった男性は八十人近い。かなりM気質の彼女は私の言う事には絶対服従である、しかしその中でも一度だけ「それは…ちょっと」と躊躇したことがある。だが、困惑する妻の言葉は一切無視して私の命令は実際に行われた。その内容とは「中〇生の男の子を逆ナンしてホテルに連れ込み犯してもらえ」というものだった。計画実行当日、「お前自信が犯されたいと思うような男の子を連れて来なさい」と言い、予めとっておいたホテルの一…

続きを読む

担任が私の部屋へ来て

2021/10/01

私は中学2年生の女の子です。自分で言うのもなんですが体はもう大人の女になっています。よく、学校の男子からもスタイル良いから興奮するって言われて、その時にはなによお。ってごまかしています。でも、本当は襲ってほしい。体を見せたいし、触ってもらいたいんです。いつも痴漢に襲われることを夢見てオナニーしてます。この前、私が悪いことをして自宅謹慎になっていたとき担任の先生が家に様子を見に来ました。本当はどっさりある、罰の宿題をやらなくてはいけなかったのに手を付けていませんでした。はっきり言って、その先生はちょっと気持ち悪い系のおっさんってかんじです。でも、痴漢願望が…

続きを読む

千裕先輩2

2021/09/30

まず、人物の紹介をします。俺はやすゆき。大学2年生。陽子:俺の彼女。同い年。同じ高校で高3のときに付き合った。短大生。裕樹:俺と同じ高校でめちゃ仲が良くて、しょっちゅう一緒に遊んでいる。 現在は大学生で俺とは別の大学に通う。千裕先輩:1つ上で俺と同じ大学に通う。いつも千裕さんと呼んでいる。 同じ高校で、同じ剣道部に所属していて特別かわいい訳ではないが 部活のヒロインで憧れていた。裕樹の彼女。沖縄から帰った次の日、俺は千裕さんの家に呼ばれた。裕樹や陽子には内緒だという。俺は千裕さんが警察に言うのでは?という不安な気持ちと、千裕さんが俺と付き合ってくれる…

続きを読む

千裕先輩1

2021/09/30

昨年の夏休みの話です。まず、人物の紹介をします。俺はやすゆき。大学2年生。陽子:俺の彼女。同い年。同じ高校で高3のときに付き合った。短大生。裕樹:俺と同じ高校でめちゃ仲が良くて、しょっちゅう一緒に遊んでいる。 現在は大学生で俺とは別の大学に通う。千裕先輩:1つ上で俺と同じ大学に通う。いつも千裕さんと呼んでいる。 同じ高校で、同じ剣道部に所属していて特別かわいい訳ではないが 部活のヒロインで憧れていた。裕樹の彼女。俺達4人は仲が良く、4人で遊びに行くことがしょっちゅうあった。4人でスキーに行ったり、温泉に行ったりもした。大学1年の夏休みに千裕さんの提…

続きを読む

夏美と健

2021/09/29

僕には高校の卒業式に自分が告白して、付き合うことになった、夏美という彼女がいた。夏美は身長155センチくらいの小柄な子で、顔自体はずば抜けて可愛いわけじゃないと思う。しかし彼女は控え目な性格で、かつ健気な子だったので、『可愛らしい』という言葉がぴったりな子で、高校の時も男子からけっこう人気があり、特に女子から「なっちゃん可愛いね?」と可愛がられていた。そんな彼女に1年の時から持ち続けた思いを告白して、付き合い始めてから、2年以上たっても、まだHはしたことがなかった。夏美はそういうことは苦手そうな性格だったし、自分も体を目的としてると思われたくないうえ、純粋な彼女(よく言い過ぎか…

続きを読む

添乗員さんと

2021/09/26

僕が過ちを犯した話です。当時僕は大学生で21歳で二つ下の恭子という彼女がいました。僕は恭子のことが大好きで、学校を卒業して仕事に就いたら結婚も考えてました。夏休みを利用して旅行へ行こうということになり、海はよく一緒に行っていたので、今回は北陸へ観光へ行くことにしました。3泊4日の旅で、北陸は初めてだったので、添乗員さんが付いてくれるプランにしました。参加者は思ったより多く、1台のバスが満席でした。バスガイドさんはいませんでしたが、その代わりに添乗員さんが一人、旅を案内してくれるそうです。添乗員さんは奈津子さんと言って30前後で特別綺麗とかではないけど、や…

続きを読む

家庭教師

2021/09/26

家庭教師をしているNの話で、教え子は中学校2年生の真美ちゃん。小岩に住んでるちょっとマセた中学2年生。胸はあまり無いのだが、髪の毛が長くて優香に似たかわいい+美人な、将来有望な女の子。最近の悩みはおっぱいが大きくならないことらしく、勉強の合間合間にその事を相談され、Nも困り気味だった。Nはどちらかというと不真面目な男で、そこらじゅうでコンパやっては女を食ったり、逃げられたりの繰り返し。元々女の子が好きなもんだから、当然中2とは言え、かわいい女の子には体が反応する。Nも最初は遠慮して(というか当たり前だけど)椅子を隣に並べて色々と教えていたんだけど、そのうち真美ちゃんを自分のももの上…

続きを読む

お互いなめあわないと

2021/09/25

結婚して6年、子供はいません。結婚する前は自分で言うのもなんですが、かなりの性豪でした。一晩で2回、3回は当たり前で、付き合っていた彼女達もSEX好きな子が多く、いろいろなプレイをしてきました。ところが不思議な物で結婚相手はあまりSEXが好きではなく、夫婦でありながらフェラもあまりしてもらえない始末。でもいちゃいちゃはしたがる女性です。月に1回か2回のSEXも、あくまでノーマルなプレイのみ、体位も正上位のみと僕としては大変不満なSEXです。いつも翌日オナニーをするか、風俗に行く始末でした。我が家にはよく一緒に食事をしたり、遊びに行ったりする同僚夫婦がいます。ここの奥さんがまたエロい。シ…

続きを読む

佳子?空前絶後の名器のオンナ

2021/09/25

あれは26,7の頃だったか。仕事にもヨユーで慣れ、合コン三昧の日々を過ごしていた。そんな酒池肉林の中で出会った女。それが佳子だった。見た感じでは身長155センチほど、鈴木杏(杏樹ではない)に似てややぽっちゃりのビミョーなルックスだったが、合コンの席で甲斐甲斐しく世話を焼いていたので気に入った。あと、Fカップの巨乳ももちろん気に入った。オレは合コンで電話番号を交換して、ちまちまと連絡を取り合って後日デートなんてまどろっこしいことはしない。普段は一次会の最中で獲物を見定め、とっととフケる。「オレんちで飲みなおそう」そう佳子に耳打ちすると、多少戸惑いを見せたものの黙ってオレに付いて…

続きを読む