「クリトリス」一覧 (105件)

両性具有 一人二役

2018/10/23

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。「やめろ! 離せっ!!」小柄な男子は叫ぶ。しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。「本当かよ、伊藤が女だって」「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。「ふざけんな、俺は、男だっ!」小柄な男子が怒鳴る。しかし声変わりしていないような高めの声には迫力がない。「だから、そいつを今、確かめて…

続きを読む

なっちゃん05

2018/10/23

冬のあいだ、なっちゃんの部屋にはストーブが入り、そこだけは夏のように暑くなっていた。そうしないと、全裸で『遊ぶ』二人にはつらいから……。ようやく三学期が終わり、春休みになった。俺は中学二年に、なっちゃんは小6になる……。そして、いつものように俺となっちゃんはみだらな行為をしていた。「あふん………うんんん……おにいちゃん、そこ、そこがいいのぉぉぉ」このころになるとなっちゃんは積極的になり、こんなことを言うようになっていた。そして、腰を振って、俺の手に密着するようにしてくる……。「なっちゃん、そろそろ……」そういうと、なっちゃんはニコっと笑って、「うん、わたしのえっちなの、みて……

続きを読む

スナック勤めを始めた妻に起きた急激な変化

2018/10/23

私の愛する妻、24歳で結婚してもう20年、中学生の子供が2人いる。丸みを帯びた豊満な体は熟女と呼ぶに相応しく、いい感じに女らしくなった。そんな妻に、「スナックで働きたい」と言われたのは、8ヶ月前。親しいママに是非にと請われたようで、自分の年齢など考えてずっと断っていたのだが、「童顔だし、人気が出るのは間違いないわよ。私を助けると思って・・・」と言われて根負けし、私に相談したのだった。ちょうど倦怠期だった私達は、ちょっとした刺激を求めていたこともあり、つい許してしまった。「お前が他の男に取られたらどうしよう?」なんて言いながら、「少し期待もしてる」なんて軽口を言ってたと思う。妻も「給…

続きを読む

指ピストンの羞恥プレイで潮吹きするセールスレディの叔母

2018/10/23

叔母の洋子は母の従妹でバツイチの43才の中年熟女保険会社で新人教育のトレーナーや保険のセールスレディをしている保険外交員。昔から叔母の洋子さんには可愛がって貰っていて何処となく好きだった。良く自宅に遊びに来たりしていた。去年、僕は実家から出て1人暮らしをしている。両親は心配していたが離れて自由だった。叔母の洋子さんのマンションの近くだったから偶に洋子さんも食事を心配してくれ行き来していました。週末の金曜日、洋子さんから食事に誘われ保険の話しになり年齢的にも若いからと安く保険に入ったんです。洋子さんは食事をしながら飲むに従い酔ってしまい僕とエロバナになってしま…

続きを読む

貧乳と悩む妹と…

2018/10/23

あれは去年の9月最初の3連休初日、その日から親は旅行に出掛けて居なく、俺…30歳独身彼女無しのリーマンと5歳下の妹、美紗(地元でOLしている)の二人だけになった日の夜、俺はリビングのソファーでテレビを見ながらくつろいでいると妹が突然「私、豊胸手術受けようかと思うんだけど…どうかな?」と言ってきた。「はぁ~?豊胸だぁ?」「うん…」「何を突然言い出すんだ…」「だって…」と突然大粒の涙を流しながら話し始めた。聞けばちょっと前まで付き合っていた彼氏と初めてホテルに行って、妹の裸を見た途端、胸が小さいから無理と言われて別れられたと言うではないか…「そんな胸の大きさで選ぶ様な野郎は中身も空っぽ…

続きを読む

劇団の演出家さんに調教された私のエッチ体験

2018/10/23

はじめまして。劇団で役者やってる20歳の女子大生です。私の告白を聞いてください。2月にいくつかの劇団が集まるイベントがありました。私は準主役級の、わりとオイシイ役をもらっていたので、結構目立っていたんだと思います。打ち上げで隣に座った別の劇団の演出家さんが、しきりに私に話しかけてきました。「キミ、舞台で見るより太ってるね」なんて失礼なことばっかり。演出家さん―Kさんは40代の半ばで、演出や脚本で受賞歴もあり、地元では結構有名な人です。私は嬉しい半面、偉そうにしやがって!って、ちょっとムカついていたので、多少生意気な口をきいていたかもしれません。話している内にだんだん…

続きを読む

嫁が隠していた大量の性具たち

2018/10/22

玄関のドアが開く音で目が覚めた。寝ずに待っていようと思っていたのに、いつの間にか寝てしまったらしい。時計を手に取り見てみると、夜中の3時だった。意外と早かったなと思いながら、ベッドを出て嫁を出迎えようとすると、いきなり寝室のドアが開いた。「ごめんね~。寝てた?5人もいたから、ちょっと手間取っちゃったw」嫁はそう言いながらベッドに歩み寄ってくる。嫁は、28歳の専業主婦で、165cm、45kgの痩せ型だ。無駄な肉のない、スレンダーな体つきだが、男目線だと“抱き心地の悪そうな体”だ。女性目線では、こういう体が良いらしいが、もう少し肉感的で、胸も大きい方が良いんじゃないかと思う。でも…

続きを読む

不倫旅行の口実は女友達との旅行

2018/10/21

兵庫県の由紀子です。誰ともなく読んで貰ってるのかと思うと凄く大胆になってます。昨夜、主人に今週末の泊りがけの件で嘘ついちゃいました。「あなた、今週の土曜日曜なんだけど旅行に行っても良い?」「どこへ行くの?」「日本海の方へ・・」「まだカニには早いんじゃ・・」「大学の友達が、一人急に行けなくなって困ってるんだって。」「○○は?」「お母さんが見てくれるって・・」「僕も週末ゴルフだから行ってきて良いよ。」「うん。」こんな感じで、嘘ついちゃった。ごめんね、あなた・・複雑な心境でした。そして9日、10日と不倫旅行(恥ずかしいっ!)に行って来ました。土曜日に彼と新大阪駅で待ち合わ…

続きを読む

不良高校生の性のターゲットにされて

2018/10/19

今年34歳になる一児の母親です。私には誰にも言えない苦しい思い出があるんです。夫(40歳)と結婚して数年、1人の子供(男)を授かりました。夫も課長へ昇進し、生活費も十分だった事もあり、私は専業主婦をさせて頂いています。子供も小学生になり、昼間は自由な時間・・・とは言っても掃除に洗濯、主人と子供を送り出し、午前中は忙しく過ごしています。子供も習い事を始め、帰宅は5時を過ぎる日々。そんな幸せな生活が、あの出来事で一変したんです。我が家は街外れの静かな場所にありました。本道から山道を昇った所に地元の高校があり、当時は凄く荒れていると聞いていたんです。髪を金髪にしたガラの悪い高校生が…

続きを読む

妻を他人に抱かせるってドウだろう

2018/10/19

妻と私は共に29歳。妻が他の男に抱かれているところを見てみたいという欲求が、いつ頃からか生まれていた私は、手始めに性感マッサージに目をつけていた。『私以外の男とするなんてもってのほか』という妻を説得するきっかけにしたかったのだ。 妻は最初は渋ったが、普通のマッサージ(女性向けとだけ伝えて)だからといって、説得に成功した。ホームページを検索してマッサージの依頼先を見つけたのだが、そのマッサージ院は普通の出張マッサージも行なっているところでもあり、 信頼できそうだった為、そのマッサージ院に決定した。 マッサージ師には、メールで、自然な流れで性感にもっていってもらえればと伝えていた。夕食も終わ…

続きを読む

仕事帰りの夜の公園でオナニーしました

2018/10/19

たまたま仕事が遅くなって、時間的には22時とか23時くらいだったかな。駅から家まで自転車で10分くらいなんだけど、途中に小さな公園がある。砂場とちょっとした遊具があるような小さな公園。街灯の下に小屋(公園によくある、屋根と椅子とテーブルみたいなのがあるところ)があって、周りには桜の木やら花がうえてある感じのところ。気温も暖かくなってきて、だんだんとムラムラしてくる季節。電車を降りて春の夜の匂いを嗅ぐととても気持ちがいい。すこし青臭い植物の匂いに、なんとなくムラムラする。明日休みだし予定もないし、帰っても一人だしとかって考えてたら、なんだか虚しくなってきて自分を慰めたくなっちゃって…

続きを読む

結婚のお祝い会で西東○香さんと車内セックス

2018/10/18

会社の同期の西東○香さん(仮名)が結婚することになり、お祝いの会がもうけられた。西東○香さんは結構飲まされていて、帰りの方角が同じだったので先輩の女性と西東さんを車に2人乗せて、夜中に僕が送って(僕はウーロン茶しか飲んでいなかったので)帰ることになった。先輩の女性を自宅付近の公園に降ろし西東さんと二人に。ハザードをつけて停車し、音楽を消してゆっくり話す。「久々にたくさん飲んだわー。何かスッキリした。Pくんと同期で入社してもう7年くらいねー。○月に結婚して子供ができたら彼は仕事をやめて家事・育児に専念してっ、て言われてるのよねー」「へえ、もったいない。西東さんは仕事、完璧にできるから、…

続きを読む

奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした

2018/10/17

あまりエロい話ではないのですが、僕達夫婦にとっては刺激的な経験をしたので、とりとめもなく書いてみます。僕は、27歳でデザイン関係の仕事をしてて、スマホがらみの商品が結構ヒットしてる、そこそこ勢いのある会社で頑張ってます。嫁は22歳で、パン屋さんでパートをしてます。パン屋で働く彼女に、僕が一目惚れをして、半ばストーカー化しながら、かなり頑張った結果、何とか付き合うことが出来ました。付き合いだした時、嫁はまだ20歳の大学生で、驚くほどすれていない女の子でした。小柄でおっとりとした感じの嫁(いつもユキと呼んでいるので今後そう書きます)は、僕の好みそのものの顔をしていて、今でも見飽きることは…

続きを読む

パチンコ負けたけど中出しできたしOK

2018/10/16

先日の日曜日のことです。バイトのない日は朝からパチンコに行っています。今日の勝負台は人気機種シリーズの新台です。爆裂機ですが、ハマるとかなり怖い台です。その日も開店前から並んで台を確保して、最初2万円ほど投入しましたが当たり来ず。さらに追加で1万円札を投入。すでに左隣の台に座っているおっさんは確変を引き7連チャンで6箱積んでいます。右隣は珍しくミニスカートのちょっとお水っぽいお姉さんが座っていましたが、左手の薬指に指輪をしていたのできっと人妻さんでしょう!?俺と同じくまだ当たりはない。それにしても、ミニスカートから伸びた細い脚にそそられる。追加で投入した1万円も5千円ほど消えてちょうどそ…

続きを読む

知り合った風俗嬢を口説き落とし調教するのが好き

2018/10/16

デリヘル嬢で知り合った風俗嬢を口説き落とし調教するのが好きなんですその時何人かいた調教中の女性の1人に、奈帆という30歳の人妻デリヘル嬢がいました。いつもは絶対に三十路など呼ばないのですが、店長から「今日入店した娘ですが、絶対に後悔させません。れいじさんの好みなのは確実ですから!」と強く押されたので三十路のデリ嬢を渋々呼んだのが始まりでした。確かに呼んでみると、肌の白さが際立つ色白の美人でした。スレンダーなスタイルもさる事ながら、特筆すべきは容姿の若さです。目尻にも皺がなく、染みもありませんでした。髪の艶も肌の張りも20代前半のようです。いつも私が犯してい…

続きを読む

レイププロポーズという新しい求愛行動

2018/10/16

僕は先程まで、妻と子作りをしていた。外科医の仕事が落ち着いてきた妻の排卵日だったのだ。僕は妻にタップリと全身舐めのあとクンニをかけた。執拗なクリトリス攻撃で妻はオーガズムに達した。妻はオーガズムに達すると全身がしびれて動けなくなる。セックスにはまるで自信のない僕だが妻さえ悦ばさせられれば良いと思っている。デスクを高校の教卓に見立ててその上に彼女を運ぶと、妻に2人の初体験のレイプポーズをとらせた。そして愛の誓いの言葉とプロポーズの言葉を繰り返して子供を作っていいかと聞いた。妻は大きく頷いた。僕はペニスを初体験レイプの時の様にバックから彼女に挿入すると、あの時の様にあっという間に…

続きを読む

なっちゃん04

2018/10/15

11月になっていた。なっちゃんとの『遊び』はもう数え切れないくらいしていた。クリトリスを触るようになってからなっちゃんはより敏感に、より激しく感じ始めていた。小5でこんなに感じるんだろうか、と思うのだけど、目の前のなっちゃんは体を震わせながら「気持ちいいの……」とせつない目をして言う。このころはこんな感じで『遊び』をしていた。?なっちゃんを背後から抱きしめて胸を揉む。?なっちゃんの服を脱がせる。?なっちゃんの胸と乳首を両手と口で愛撫する。?あそこがじゅうぶんに濡れたら指でクリトリスを刺激?そのうち俺がズボンに射精して終了「ねえ……おにいちゃん……」一戦終わったあと、のような雰…

続きを読む

なっちゃん03

2018/10/15

なっちゃんの家に俺は通うようになった。毎日じゃなくて、月水金の3日間。午後4時半になっちゃんの家に行く。うちの夕食が7時からだったのでその時間までに戻ればいい。なっちゃんのお母さんは4時に家を出るので二人きりだ。でも、さすがに正面玄関から頻繁に出入りしているところを近所の人に見られたら、噂がたつかもしれない。妹に見られたりしたら最悪だ。俺はなっちゃん家の裏口から出入りすることにした。理由を言うとなっちゃんも同意した。二回目のとき。「なっちゃんは、俺に……こんなことされていいの?」「うん……気持ちいいんだもん……」「いや、その、だったら俺じゃなくても……」「……おにいちゃん…

続きを読む

夫とその友達にはめられて[前編]

2018/10/15

私(真知子)は44歳の主婦です。主人は46歳で会社に勤めています。この春、娘が一人暮らしを始めたので主人と二人だけの暮らしになりました。夫婦の営みは月に2~3度はありますが、44歳の熟れた身体はもっと激しい刺激を求めていたのかもしれません。最近、セックスの最中に主人から、「3Pしてみないか?」「浮気してみろよ」と何度も言われ、「そんな事出来ない」と言い続けてきた私です。でも、家事も済んで時間ができると、主人の言葉を思い出し妄想してしまうのでした。私は我慢できずに寝室に行き、カーテンを閉めて全裸になります。そしてクローゼットに隠してある、通販で買ったバイブを手にするのです。バイブ…

続きを読む

職場の可愛い系バツイチみどりさん(前編)

2018/10/14

俺の職場に年の割に可愛いバツイチさんがいる。まあ女の年はよくわからんが40前後か?その人はパートさんで午後2時には仕事が終わる。俺の勤めてるのは食品流通の会社でメーカーと小売店の中継役みたいなもんだ。去年の夏、会社の飲み会でビアガーデンに行くことになった。毎年恒例なんだけど、俺は下戸だから飲み会みたいな集まりは面倒だしいつも断ってたんだが、そのパートさんが飲み会名簿に「参加」でチェック入れてたので、数年ぶりに俺も参加してみた。そのパートさんはみどりって名前にしとこう。背も低くスレンダーなところが可愛さに拍車をかけている。みどりさん達を含むパートさんは普段はほとんどすっぴんで勤務して…

続きを読む