「精液」一覧 (1537件)

通勤電車で

2018/06/18

毎朝満員電車で通っている高校2年生です。ほんとに痴漢するつもりはなかったんです。でも、結果は痴漢と同じなんですよね。いつものように満員電車に乗り込んであと5つ、4つと駅を過ぎるのを数えていました。女性とピッタリくっついてしまって困ったこともありますけど、しかたありません。電車の揺れに合わせて、なんとか逃げるようにしていました。ところが先日のことです。OLだと思いますが、その人の後ろにピッタリくっついてしまいました。こういうことはたまにあります。前も後も人に挟まれることもあります。ただ、この日はちょっと違いました。そのOLさんは背がぼくよりも少し高いよ…

続きを読む

空手家

2018/06/18

どうやら空手家の半分くらいはレイプ魔らしいな。俺も空手の有段者なのでレイプの一つでもしてやろうと思って山を降りて町に出かけた。しかし極上の女でないと危険を冒す価値はない。ついでにいうと空手家はほぼ全員ロリコンなので、俺も女子校生をターゲットにする。腹が減ったのでファストフードの馬糞のようなハンバーガーを食いながら店内を見渡すと世の中にはこんなに女がいたのかと思うほどよりどりみどりだ。その中でも一番可愛い娘をマークして、後をつけて店を出る。しかしなかなか一人にならない。やりたい気持ちが先走って道着のまま来てしまったので目立ってしょうがない。やっと友達と別れて一人になったと思ったら…

続きを読む

気になっていた子と同窓会で10年ぶりに再会して中出しエッチした話

2018/06/18

ちょっと前の話だけど今年のGWに、高校卒業後10年の、学年全体での同窓会がありまして俺はもう結婚もしてたし、変な期待も無く参加してみた。流石に10年も経つと、女なんて派手な化粧したり、すっかり地味なオカンになってたりで、仲良かった子達以外は誰が誰か全くわからない そんな中、昔と変わらず清楚な雰囲気の女子を発見クラスが違ったし、大人しい子だったから話もしたことなかったが、少し気になっていた子だからすぐに思い出した。話しかけてみると意外と気さくに会話が出来て、楽しいひと時に 彼女も結婚していて派遣の事務仕事なんだけど、俺と同じ水曜休みとのこと。そのうちランチでもとメアドを渡…

続きを読む

初めての中出しは彼女の両親に挨拶をした帰りだった

2018/06/18

今年の正月、俺は彼女(明子)の両親に婚約の挨拶に行った。快く受け入れられ、帰りは東北の温泉旅館で一泊する事にした。旅館に着いたのは夕方。食事を済ませ温泉にのんびり浸かり部屋に戻ると、すでに畳の上に布団が並べて敷かれていた。明子もまもなく戻り、「無事に済んでよかったね」なんて話をしばらくしていた。落ち着いたところで明子を抱きたくなった。肩を抱き寄せ、唇を重ね、舌を絡ませながら浴衣の中に手を入れ、明子の乳房を揉んだ。明子を仰向けに寝かせ浴衣の帯をスルスルと引っ張ると前が肌蹴て明子の白い肌、青い血管の浮いたふくよかな乳房が現れた。部屋が少し寒いせいか鳥肌が立ち、乳首がコリコリになって…

続きを読む

痴女に遭遇

2018/06/18

それは私が中一の春休みの頃で、私は陸上の中距離選手で休みの日も自主トレで公園を走ったり、柔軟体操したりしていました。その日は天気が良くて、会社の花見のような人達がたくさんいました。私はいつもの体操場所が取られてたので、ちょっと芝生の中に入った茂みの中の濡れていない場所を探して柔軟体操を始めました。少しすると、後ろで植木をガサガサとさせたような物音がしたので振り向くと花見中の美人なOLお姉さんが泥酔して四つん這いでフラフラしながら近寄ってきました。「あ~ら~ボクちゃん、一人で何してるのぉ~?」坊主頭を撫でられながら、急な展開に固まっていると、目の前に大きな胸の谷間が迫ってきました…

続きを読む

体の相性が抜群で、四十路男と五十路熟女の熟年カップルなのに、何回も勃起出来るんです

2018/06/18

私の彼女は五十路の保険外交員で保険レディという仕事をしている私は45歳の独身会社員この保険レディをしている恵津子と付き合って一年になる。彼女も独身で、着物の着付けの資格を持っているので休日にアルバイトをしている。そんな訳で月に二、三回しか会えない。もう五十路の彼女だが結婚せず、仕事をバリバリしてきた女性なのにでおばさん臭くなく、見た目は、40代前半にしか見えず若々しい子供を生んでないから身体もお腹に少し贅肉が有るがお尻も張りが有って大きく胸もDカップで軟らかく垂れていないナイスバディな熟女。セックスの相性も良く満たされたセックスをしている。しかし、三月、…

続きを読む

媚薬を盛って彼女とその先輩と三人でセックスした話

2018/06/17

彼女(28歳/ひとり暮らし)の部屋に行った。ちょっと遅いクリスマス。白ワインと缶チューハイを購入、途中エロ店でよく売っている女性用液体媚薬を購入。狂ったようにヤリまくる予定だった。TV見ながら飯食ってると、彼女の会社の元先輩A子(既婚/38歳)から彼女の携帯にTEL。どうやら彼女がひとりだと思ってワインを持って部屋に来るという。「彼氏が来てるけどいい?」と遠回しに断るつもりが、相手がすんなりOK。約20分後、A子が部屋に到着。自分はA子とは面識が全くなかった。ワインを開けて三人で乾杯。ここで悪知恵が働いた。二人が世間話で盛り上がってるとき、自分は台所へ行き白ワ…

続きを読む

私のロッカーは精液臭がします

2018/06/17

セクハラかいたずらかわかりませんが、私はお父さんのコネで会社の受付嬢をさしてもらってる24歳です。会社には女子と男子とに分かれたロッカールームがあります。きれい好きな私なので、ロッカーの中もいつもきれいにしときたいのですができません。というかきれいにしてても次の日の朝に開けてみると、いつも荒らされているのです。鍵をかけてるのに・社長に言いましたが取り合ってくれずもう諦めてます。他の人のロッカーは、女性ですのでイイ匂いもするし整理されているのに私のだけ・・私のロッカーの中を開けると精液の強いにおいがします。散らかってるし、だから制服もどうしても精液のにおいがついてしまい…

続きを読む

寿退社した童顔のあの子が忘れられなくて自宅を訪ねたら彼女一人だった

2018/06/17

寿退社したリエという、年(29歳)の割に童顔で可愛い子に前々から憧れていた。1年ぐらい会えなくて妄想ばかり膨らみ、我慢ができなくなったので、ご主人がいない事を祈って、たまたま近くに寄ったフリをしてマンションのベルを押すことにした。ラッキーだった。土曜だったが、ご主人は仕事が忙しいらしく、ほとんど土日のどちらかは仕事に出ているとの事で、その日はリエ一人だった。会社にいた頃は特に仲が良かったわけではない。飲み会でしゃべったり、年に数回時間潰しのパチンコに2人で行った事がある程度だった。少し肉付きのよい、タイトスカートのスーツが良く似合う、D~Eカップ(?)の体型は変わっていなかったので…

続きを読む

中野さん(初フェラ編)

2018/06/17

夏も本格的に入りあっという間に1学期が終わって夏休みになった。7月も終わり8月になると、俺達は毎日のように互いの家を行き来しながら夏休みを楽しんでいた。Hは週に2回程度だった。ところが夏休みの後半くらいからか中野さんが生理期間に入ったらしい。もちろんHはお預け。しょうがないとは思ったが、毎週のようにやってた俺にとってはやっぱ溜まるもんだった。この日から夜はエロ本やAVに世話になるようになったが、やっぱ物足りない。そして夏休みも終わりに近付いていた。その日も中野さんを自宅へ呼びいつものように遊んでいた。Hはなしでね。するとマズい事に俺のベッドの引きだしに隠してあったAVを中野さん…

続きを読む

タイヤのパンクで困ってた女の子がしてくれたお礼

2018/06/16

中出ししてきました。一昨日、友達の家から自宅へと車を走らせていると、路肩に車を停めて困った顔した女の子が一人・・・。路肩に車を停め、「どうしたの?」と聞くと、「パンクしちゃったんです」との事。タイヤ交換なら朝飯前なので交換してあげる。すると彼女が、「今は急いでるので、後でゆっくりお礼したいので連絡先を教えてください」と言ってきた。俺はどうせお礼なんて無いだろうと思いながらも、携帯番号を教えてその場を立ち去った。金曜の夕方、仕事が終わる頃に知らない番号で携帯が鳴った。電話に出てみるとこの前の彼女だった。彼女の名前は『玲子(仮名)』、26歳。「この前のお礼がしたいので食事でも?」と…

続きを読む

若い頃本気になった人妻と再会したら、指輪がありませんでした

2018/06/16

半官半民の職場に就職したばかりの23歳の頃、隣の建物にいるアルバイトの奥さんに恋をして、大真面目に口説いた事があります。美貌の奥さんは絹代さんと言って当時29歳、慎み深い上品な女性でした。何とか飲みに逝く機会を作りました。「今時、絹代って名前、古臭いわよね。」「いいえ、素敵です。綺麗な絹代さんにお似合いですよ。俺、好きになっちゃいますよ。」「私、旦那と子供いるのよ。こんなおばちゃんじゃなくて、若い子口説きなさい。」なんて言っていましたが、真剣に口説いたら、「1回だけよ。誰にも言っちゃダメよ。」と言って、ラブホに入りました。細身だと思っていましたが、実際の裸体はメリハリがある良…

続きを読む

セレブ向け離婚経験者のお見合いパーティで恋をした。

2018/06/16

私はバツ一の45歳。子供は二人いて、20歳の娘と18歳の息子がいます。そしてある×一同士の離婚経験者のお見合いパーティに行きました。彼女とそこで知り合ったのです。当然彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。40代の男性と40以上の女性が12吊で集まってお見合いパーティーをしたのです。全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。六本木のイタリア料理店で日曜日のお昼に集まりました。セレブな奥様の主催で、彼女の知り合いばかりが集まってのお見合いでした。一番若くて41歳、女性は40歳から50歳までの6人でした。最初は抽選…

続きを読む

オチンチン挿れるとキュっと膣を締め付けてくれる五十路熟女

2018/06/16

36歳の会社員です。僕には年上の可愛い人がいます。ちいちゃんといいます。ちいちゃんは今年58歳です。もちろん旦那さんもいます。彼女とは行き付けのスナックで出会いました。いつもお友達と一緒に来て、楽しく話しをする間柄でした。ある日、いつものように一緒に飲んで一緒に駅へ向かって歩いている時、途中の道に新しいラブホテルが開店していました。インテリアデザイナーである彼女はそれをみて「凄い外装ね、内装は一体どんななってるのかしら?」と言いました。僕は冗談で「なんなら入ってみます?」と笑いながら言うと、彼女が僕の手を掴み、ぎゅっと握りました。そして二人で入りました。中に入ると…

続きを読む

頭の中が真っ白に弾けた初めてのアナルセックス

2018/06/16

アナルセックス(以下AF)を経験したいと思っていた私は、どうせならAF経験者に手取り足取り教わった方がいいと思って、コミュニティサイトの書き込みをチェックしていました。それで、AFについて書き込みをしていたKさんという男性に、メールを送ってみたのだ。返信からは知性が感じられて、AFについても丁寧にレクチャーしてくれた。AFは避妊の必要がないので、中出しだと思っている人が多いが、精液によってお腹を壊したりするとか、不衛生なままアナルに挿入すると、男性側が病気になる危険性もあるので注意が必要だとか。初心者とのAFは拡張を念入りにしないと痛みを伴うし、快楽にも個人差があって、回数を重ねて徐々…

続きを読む

痴漢に中出しされたのに、思い出すとアソコが疼く

2018/06/15

私は九州の田舎に住んでいる高校一年です。この前あった信じられない出来事を告白させてください。私の住んでいる所はとても田舎で、二両編成の鈍行列車が一時間に一本通っている程度で、満員電車なんて乗った事もなければ、痴漢なんて縁がない所でした。しかし、2日前でした。私は寝坊してしまい、8時過ぎに電車に乗り込み、誰も居ない車両に1人でボックス席に乗っていました。学校までは片道45分。前日の夜更かしがたたり、乗り込んで5分も経たないうちに眠ってしまいました。しばらくして、体に違和感を感じました。もぞもぞと体を何かが這うような感覚がし、半分だけ目が覚めてきたのですが、次の瞬間、乳首に湿った生…

続きを読む

盗撮マニアだった義妹の旦那

2018/06/15

俺の妻の妹、つまり義理の妹の旦那が盗撮マニアだった。気付いたのは今年の正月。嫁さんの実家に帰省したんだが、夜、若い親族連中だけで集まって、近所の義妹の家で飲むことになった。実家より新しいし、リビングが広くて居心地が良いからな。なんせ実家の方は年寄り連中が集まってたし。で、その飲み会が盛り上がって朝方4時すぎまで飲んでた。俺は結構酒に強い方で、みんなが眠ってしまった後もちびちびと一人で飲んでた。そんな時に、ふと目に入ったリビングに置いてあるPCを何の気なしに触ってみた。ハメ撮りでもないかと、ファイル検索で適当に拡張子を入れてPC内を検索したところ、隠しフォルダに怪しげな動画ファイ…

続きを読む

復讐された男(2)

2018/06/15

「やめっ・・・やめて!やめて・・・」苦痛の中で何とか言葉を紡ぐ悠一だったが、その言葉が聞き入られるのは30秒ほどたってからだった。美紀がペニスバンドを放すと、「ほら、ちゃんとぬるぬるにしておかないと、余計痛い目みるの。わかった?」と言いながら、また悠一の前に立ち、ペニスバンドを悠一の顔の前で振った。「はやくやんなさいよ。またグリグリしてほしいわけ?」理恵子が悠一の前髪をつかんで、無理やり顔を上げさせながら言った。悠一は、苦痛から逃れたくて頭がいっぱいになり、口が半開きになっていた。チャンスとばかりに、そこへそのまま美紀はペニスバンドを押し込んだ。そのまま腰をつかって悠一の口…

続きを読む

女にとって安牌だった俺が社会人になってようやく初体験

2018/06/15

初体験が超遅くて恥ずかしいが、俺は社会人になるまで童貞だった女友達は結構いたが、女の子にしてみれば安全牌扱いだったのかもしれない。仲は良かったが、所詮友達止まりだった。高校は田舎だったから、どんなに進んでる奴でもキスぐらいなもんだった。大学は女子が圧倒的に少なく、出会いが無かった。バイト先では良い感じになった女の子に告白したがフラれた。そんな訳で俺の初体験は社会人になってから。会社の職員旅行の時だった。学生の時の様に女子社員とは友達として仲良くやってた。その中でも1人の女の子と、とても仲良くなった。一緒にお昼を食べたり、帰りにお茶して帰る仲だった。でも決して付き合ってる…

続きを読む

エロい下着で友達とカラオケに行った嫁が、他人の精液を溜めて帰ってきた

2018/06/15

俺の妻は、とても可愛くて近所でも評判の清楚な女性で有名だ。そんな俺の妻が、一週間後の金曜日に昔からの女友達とカラオケに行く約束をしたと言われた。その友達は、俺も知っている人で結婚もしている。たまにはいいかな、と思いその時は了承した。そして、その日の夜が来た。妻は、いつも穿いているミニスカートよりもさらに短いスカートを穿いて、中には、ベージュのパンストに薄いピンク色のTバックのパンティーを穿いていた。「それ、短すぎないか?ちょっと動いたら中が見えそうだぞ。真由美さんとカラオケ行くだけだろう?なんか不自然だな。」俺は、麻美の格好に少し嫉妬した。「そうかな?でも、可愛いで…

続きを読む