女友達に挿入の仕方を伝授してもらった

2017/10/27

なにかヤバイモノであることはすぐにわかったので、
俺はそれをポケットに突っ込むと校庭には出ずに、
『ウンコ男』といわれるのを覚悟してトイレの個室に入った。
改めて見るとカラフルな面に○す○す2000とかかれていた。
裏返すとオッパイのようなお椀をひっくり返した形のが
円筒形のものに被さるような図、男性側の文字。
なんとなく以前見たような記憶が・・・
確か低学年のころ弟ができてしばらくしてからだったと思う、
ゴミ箱の横に似たような形の(ただし中身はカラ)袋が落ちていたので
俺はお菓子だと思って拾い、母親に欲しいとねだった事があった。
「からい、辛い。これは子供が食べるお菓子じゃないのよ!」
母親は慌てて袋をひったくったので、子供心に印象に残っていた。
今、じっくりと観察して、目的には確信は持てなかったけど、
少なくとも使用方法は想像できた。

手触りは袋の外からでもクニュクニュ、ニュルニュルしている。
すぐにHな想像が膨らんでちんちんマックス状態になった。
俺はズボンとパンツを下げると
袋を開けて裏の図をみながらマックスに嵌めようとした
半分くらいのところで輪ゴム部分が引っかかって下りなくなった、
でもニュルニュルの感触が気持ちよくてしごくようにすると、
すぐに乾いて引っ掛り抜けてくちゃくちゃになってしまった。
俺はどうしていいかわからなくて大胆にもその場にそれを捨てたまま
個室から逃げるように出た。
校庭に出るとまた昌美が寄ってきた。
昌美「何か、わかった?」
俺「なにかって・・まぁ、あれなんていうの?」
昌美「ばか、スキンていうんだよ。それよか、ちゃんと使えよ」

俺「・・・・・・え・・・いや」
昌美「なんだよ、ちゃんと使わないとダメだからね、わかってんの?」
俺「だって・・・もうないよ」
昌美「え?もうないの??・・・・・・・・えぇ!いましてきたの」
昌美の大声に近くの低学年の子らが驚いて振り向いた。
俺「ん?してきたって・・ば、ばかちがうちがう、つけるの試したらくちゃくちゃになっただけ・・」
昌美「なんだよ、無駄遣いなの?付け方知らないの吉田君」
俺「知るかよ」
昌美「もう、しょうがないなぁ・・・今日塾だよね?」
俺「そうだけど・・」
昌美「じゃ、あたしもピアノだからもう一個あげるよ、持ってってあげる」

昌美のピアノ教室は塾と同じビルにあった。
放課後、美紀はわざわざ遠回りして俺と一緒に帰り、
橋の下に隠れてキスだけをして別れた。
自転車で少し早めに塾にいくと、階段の踊り場に昌美が待っていた。
俺がだまって手を出すと、「ちょっと」といってどんどん階段を上ってゆく。
結局五階(ピアノ教室)も通り過ぎて屋上に出てしまった。
そして給水塔の裏に回りこんだ。
昌美「一人でできんの?」
俺「なにが」
昌美「ちゃんと付けれるのかって」
俺「さぁ・・・・」
昌美「あと二つしかないんだ、失敗してももうないよ」
俺「うん・・・」
昌美「・・・・・・・・しょうがないなぁ、今練習する?」

俺「練習って・・・」
昌美「教えたげるからズボン下ろして」
俺「・・・・・・・・・・・・・・・・な」
昌美「早く。時間ないよ」
俺はなおもしばらくもじもじしていたが、
これが大事なことだと、
美紀とHなことをするために必要だと自分に言い聞かせて、
おずおずとちんちんを出した。やっぱマックス。
昌美「へぇ、結構亀頭でてんじゃん、おとなじゃん」
俺は恥ずかしさを我慢しながら「なんでそんな詳しいんだよ、
兄貴のエロ本ばっか見てんじゃねぇよ」
昌美「ばか、本だけじゃないよ、ちゃんと経験したもんねぇ~」
俺「は?なにが・・・」
昌美「聞いてないの?あたしもう処女じゃないかんね」

俺「!?」ドッキーンとした。
セックス、処女、童貞という言葉は知らないわけではなかったが、
辞書で調べたことがある程度で俺にとっては全然現実味が無いものだった。
妊娠とかについても卵子と精子の受精という理科の授業のような感覚で、
性交、射精などはつい2、3日前まではまったく別の世界だった。
それが目の前にセックスを経験した人物、しかも同級生が存在している。
急に昌美が随分年上のお姉さんのように感じて
なんとなく逆らえないような気持ちになった。
頭の中でHな想像がぐるぐる回り始めた、
マックスはますますマックスになった。
「いい、やったげるから。ちゃんと見といてよ」
案山子のように突っ立っているおれに、昌美がじれたように言った。

ひとつスキンを取り出すと中身をだして「いい?」
といいながら両手でいったん亀頭に乗せるようにして,
左手で軽く棒の部分を握って固定し、
右手を百合の花を逆さにしたような形にしながら
先端から根元にクルクルとスキンを被せだした。
体がゾワゾワして鳥肌が立つのを必死で我慢しながら、
昌美の手の動きをじっと見つめていた。
スムースに被せ終わると「どう?わかった」と昌美は俺を見上げた。
俺「うん、まぁ・・・、これってさぁSEXのときに使うんだよな?」
昌美「はぁ?そんなのも知らないのかよ、信じらんないね」
俺「・・・・・・・・・・・・・・・・」
昌美「もしかして、Hのヤリ方も知らないんだろ?情けねぇ~」
俺「お前知ってる・・・じゃねぇ、知ってたのかよ!」
昌美「女の子はいいんだよ、男子がリードするだろ普通」
そういわれて俺はふと昌美のお相手が気になった。

俺「なぁ、相手だれなん?いつ・・・・」
昌美「あ、そっか、美紀に聞いてないんだよね?最初は兄ちゃんのクラブの
いっこ先輩、夏休みの初め」
昌美の言葉にひっかかって俺は突っ込んでしまった。
俺「『最初は』??」
昌美はちょっとシマッタという…

他のサイトのエッチな体験談もどうぞ