出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

会社の上司に犯されて・・・でも、すごく感じちゃったんです(ノД`)

2017/10/04

16才も年が離れた人とやったことをたまに思い出してます。
前に勤めていた会社での社員旅行の出来事です。
私がまだ社員2年目の時、
高卒だったのでちょうど20歳になったころです。
うちの会社は女子社員が少ないのに、
何班かに分かれて旅行のスケジュールが組まれていて、
私が入った班は私とひとつ後輩のK子の二人だけでした。
旅館での夕食は大広間での宴会で、
それがお開きになると
何組かのグループでそれぞれの部屋で集まって飲みなおし、
私たちの部屋は女子の部屋ってことで、
飲みなおしの部屋にはつかわれませんでした。
部屋での飲み会は出入りが激しく、
みんな他の部屋を行ったりきたり。


出入りが落ち着いたころには話が社内恋愛の話になり、
誰と誰がつきあっているとかで盛り上がりました。
当然私とK子も彼氏はいるのか?初エッチはいつだ?とか聞かれました。
私は社内ではてきぱき仕事をするタイプで、
はっきり物を言うし、たぶんお堅い人だと思われていたと思います。
K子は服装もしぐさもかわいらしくて、
社内でもいじられキャラなタイプ。
私が「えっと、それは秘密です」
とかつまんない返事ばかりしていたから
しだいにK子への質問ばかりになりました。
私はよくもこんな上手に受け答えするな~
キャバ嬢ってこんな感じなのかなー?
とか考えながら、黙ってビールばかり飲んでいました。
もともとお酒が強いほうではなかったし、
周りの人もそれを知っていたので大丈夫だったけど、
酔ったとかごまかして自分の部屋へ戻りました。
部屋へ戻ると、ダウンライトだけがついていて、
さっきまでのうるさい話し声もなく、
しーんとした雰囲気に気持ち良くなり、
しばらく椅子に座ってビールを飲んでいました。
そうしたら突然ガチャッとドアが開き、
林さんが立っていました。
「あ、ごめん、ここはお前たちの部屋か!」と言い、
「え?一人で飲んでるの?なーに、さみしいじゃなーい」
などと続けて勝手に部屋へ入ってきました。
この林さんは私の直属の上司の同期の人で
エロでセクハラオヤジで有名。
でも私の上司が私を娘のようにかわいがっていると知っているから、
体を触ったり変なことを言ったりセクハラはしてこなかった。
前回の旅行は、林さんが私に近付かないように
私の上司がガードしてくれていました。
でも今回は別の班になってしまい、
林さんはバスでも大広間の宴会でも気がつくとそばに来ていました。
なんか嫌な予感がして、
「だめですよ、林さん、ここは男子禁制です」
と言って追い出そうとしました。
林さんは「いいじゃんいいじゃん、K子ちゃんは他の部屋でしょ?一緒に飲もうよ」
と言って布団のすぐそばに座ってビールを開けました。
私はダメとか言いながら電気をつけたり、
灰皿を持って行ったり座布団を出したりと
無意識に世話をやいてしまいました。
まーK子も帰ってくるし、
まさかこんな場所で変なことしないでしょうとか思いました。
後からすごい油断したと後悔しました。
少し話していたら、林さんはビールをこぼしてしまった。
私はあわててタオルを取って畳を拭きました。
林さんは「ごめんごめん、お!A子の脚がみえたぞ!」
と言って浴衣がめくれて見えた私の脚を覗き込みました。
「うわっ!見た?最悪。
まったくうちの課長がいないとエロおやじ全開ですね」
と言って浴衣を直したら、
林さんがさわさわと足首のほうから触ってきました。
「おまえの脚ってきれいだよなぁ~…」
と言ってきました。
私は「えーそんなことないですよ、うちにはもっと細い人がいるでしょ」
と言い手を払いました。
林さんはあきらめずにまた脚を触って
さっきよりも早く膝上まで手を伸ばしてきました。
「いや、そうじゃないんだよ、細くなく太くなく、形がいいんだよ。曲がってないまっすぐな脚でさぁ」
と続けて、さりげなく浴衣をめくってきました。
このままじゃやばい、
と思ったその時にまたドアがガチャ!と音を立て、
「あれ~?ねぇ開かないよ~」
とK子の声がしました。
ドアには鍵がかかってました。
外から男の声で「A子は他の部屋にいるんだよ、探しにいこう」
と聞こえて足音が去っていきました。
ええ?!なんで?鍵はかけてないよ!
と思ってドアのほうへ行こうと立とうとした瞬間、
ぐっと手を引かれ、布団に倒れてしまいました。
すかさず林さんは私に覆いかぶさり、
キスをしてきました。
離れようと思ってもすごい力で、
両手で私の顔を押えているので横にも向けない。
声を出そうとすれば口が開いて舌が入ってくると思い
「んー!んー!!」と言うしかできなかった。
私が力いっぱい抵抗してるのに、
びくともしない男の力に怖くなってきました。
林さんの手が胸の方へいき、
片方の胸を揉まれました。
それで手が顔から離れたのですっと横を向き
「やだー!」と声を出しました。
その大きい声で林さんはぱっと離れ「ああ、ごめんごめん」と言いました。
私が仰向けで、林さんは四つん這いの形でいたので、
そのまま後ろのほうに下がっていきました。
でもそこには、暴れて立膝になって
浴衣がはだけた私の両足がありました。
はっ!また!と思って体を起こしたのと同時に
林さんは私の足を両脇に抱え、
私の両足の間に林さんは座るような形になりました。
足を少し引かれたので、
その反動で私はまたパタンと布団に仰向けになってしまいました。
私は腹筋がなくてその体勢から起き上がれない。
横を向いても駄目。
私がじたばたしている間、
林さんは脚を触り続け、
舐めたりキスをしたりしていました。
ちらちらと私のパンツを見て、
ぎりぎりのところまで手を持ってくるけどパンツには触らない。
「A子の脚ってホントいいな~、いつも制服の脚を見てたんだよ、お前きれいだって言われない?」
とかなんとかベラベラしゃべりながら触ってる。
私はだんだん気持ちよくなってきて
濡れてきているのがわかりました。
こんな明るい部屋で何をされてしまうんだろう…
と考えていて、顔が赤くなってきて、
恥ずかしくて両手で顔を覆ったら涙目になってきました。
「もー、やめてください…やだ、や、ダメー…」
と弱々しい声で言いました。
林さんはすっと力を抜いて
「ごめん、泣くなよー俺が悪かった」
といい浴衣を直して私から離れました。
私はすぐに起きて浴衣を直して、
タバコを吸ってた林さんのほうを向いて正座をしました。
職場で泣いたことなんかないのに。
泣くなよとか言われ、
職場の人にあんな姿をみせるなんてとムカムカしてきました。
それで、すっと深呼吸をしていつもの平静を取り戻して
(内心はまだドキドキしてました)
「林さん、鍵かけたでしょ」と聞くと、
「えっ??えー?」ととぼけてこっちをみました。
そしてニヤニヤ笑いながら
「いやさ、癖だよクセ、A子ホントごめんな~」と言いました。
「もうあんなことはしないでください。もう部屋を出てってください」
と言うと、林さんは
「えーだってさ、A子かわいいんだもん、俺は新入社員のころから狙ってたんだよ」
私は「だって林さん!結婚したばかりでしょ!奥さんもうすぐ子供だって生まれるのに!」そうしたら林さんは「それだよ!それ!」
と言ってまたわたしの膝に手を乗せてきました。
私は手を払ったのですがしつこく膝に手を乗せてきて
だんだん太ももをさすりはじめました。
林さんは「だってさ、かみさん実家帰っちゃうし、俺さみしいんだもん。ね!ね!一回やらせて!」
とすばやく私の横に座って肩を抱き、
キスをしてこようとしました。
私は「ひや!」と言って逃げようとしたら
二人で倒れてしまいました。
さっき暴れて、また倒れて、お酒も回っていたし、
眠いし、私はだんだん疲れてきました。
面倒になってきて、
ちょっと触らせて部屋を追い出せばいいかなーなんて気が起きてきました。
でも口では「だめです。
奥さんに悪いでしょ、ダメですよ!」
と言っていました。
林さんはさっきより抵抗しない私の体をやさしくなで始めました。
浴衣の上から脚を触ってきて、
一往復くらいで浴衣をめくり、直に触ってきました。
倒れた反動で林さんの右手が私の背中にあって、私の右腕をつかんでいました。
左腕は林さんの体に押さえつけられて自由にならない。
動くのは肘から先だけ。
倒れる瞬間に両手を胸の前に持って行ったのでそのかたちのまま。
林さんは太ももの内側を触りながら「ねぇ、A子って処女?」と聞いてきました。
「違いますよ。
彼氏いないけど」と余計なひと言を言ってしまいました。
「じゃーしばらくやってないんだ。
たまってない?こういうの気持いい?」
と言ってキスをしてこようとしました。
私は横を向いて「いやです」と言ったら耳にキスをしてきました。
私は耳が敏感で、唇が触れた瞬間に「はんっ」
と声を漏らし、背中をそってしまいました。
「あれ?ここ気持ちいいの?」とニヤニヤしながら耳を舐めてきました。
「んっっ、イヤッ…違う、…そんな…こと、ない!」
とうまくしゃべれなくて、
でも感じていると気がつかれたくなくて、
目をぐっ…

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

他のサイトのエッチな体験談もどうぞ