義母は5年ぶりのセックスの相手に娘の夫を選んだ

2018/02/17

結婚して3年になります。
妻の家が5年前に父親が他界してから母子家庭で一緒に生活して欲しいと言われ、新婚当初から同居しています。
義母は淳子と言い、会社で営業をしています。
嫁は看護士で私とはなかなか同じ休みにはなりません。
義母は表で仕事をしているせいもあって、実年齢よりもかなり若く見えます。
40半ばを超えていますが、30代でも充分に通用します。
黒木瞳似の綺麗な人です。
妻には申し訳なく思っていますが、同居後半年も経たないうちに義母との関係が続いています。
私だけが休みとか、妻が夜勤でいない晩は私がよほどの用事が無いとき以外は、どちらかがギブアップするまでしています。
ほとんど私が先にダウンしてしまいますが・・・・。
きっかけは妻が夜勤でいない週末でした。
2人で食事に出かける約束だったのですが、妻の同僚が急用で交代で勤務する事になり流れてしまった日です。
偶然にもその日は残業も無く、私の仲の良い同僚も用事があって早めに帰宅しました。
義母には食事に行くことは言っておきましたが、流れたことは連絡していなかったので私が帰ってきたことに少し驚いていました。
もちろん義母は夕食の準備はしていません。
わざわざ作ってもらうのも悪いし、いつもいろいろ世話をかけているので
「お義母さん、俺の食事付き合いませんか?近所の居酒屋ですけど?」
と誘うと
「あら?嬉しいわ。○○さんに誘ってもらうなんて愛美(妻)に悪いけど」
と笑っていました。
近所の居酒屋は妻と義母が私と同居する以前から知っている所で、店の人たちとも知り合いのようでした。
週末で結構混み合っていたので、とりあえず食事とほんの1~2杯飲んで帰りました。
私も義母も飲む方なので少し不満が残り、家で飲み直すことにしました。
1時間も飲んだ頃、妻から電話があり、明日の帰りが昼近くなってしまうとの事でした。
「お義母さん、愛美明日帰ってくるのが遅くなるみたいですよ」
と言うと
「じゃぁあ、明日はゆっくり寝てられるわね。」
と笑っていました。
それからもしばらく飲み続け、そろそろ日付が変わりそうな頃
「いい時間ですね。僕はお風呂に入って寝ます。」
と言って席を立ちました。
「あら?ホントいい時間ね。お風呂かぁ・・・私もまだなのよね。そうだ!!一緒に入っちゃいましょう。」
義母は少し酔っていたのか冗談とも本気とも判らないような、とても大胆な事を言い出しました。
「お義母さん、からかわないでくださいよ。」
私はコップと空いている皿をキッチンに片付けて風呂場に向かいました。
身体を洗い湯船に浸かりながらボォーっとしていると脱衣所に人影が見えました。
洗面所でもあるので義母が歯でも磨きに来たものと思っていました。
すると、急にドアが開き裸の義母が入ってきたのです。
「お義母さん!!」
私は驚いて大きな声を出してしまいました。
「一緒に入りましょう。って言ったじゃない。」
義母はそう言ってシャワーを浴び始めました。
「今出ますから。」
私は湯船から出ようとしましたが、それを制止して義母も湯船に入ってきました。
それほど小さくはないのですが、大人が2人入るには手狭な空間で私と義母は密着してしまいました。
「どう?私の身体。綺麗でしょー」
私は何も言えず、ただ目の前にある義母の身体を見つめていました。
確かに年の割りに張りもあり綺麗なプロポーションです。
胸は妻よりも大きいくらいです。
「ねぇ、触って。」
義母は私の手を自分の胸に導きました。
見た目以上に弾力があって触り応えのいい胸です。
私は不覚にもその行為で身体が反応してしまいました。
義母もそれがわかったようで、いっそう身体を密着させて反応したモノを触ってきます。
反応したモノは一段と大きくなってしまいました。
「○○さん。抱きたい?・・・抱いて。」
義母は私に唇を重ね舌を絡ませてきました。
私が理性を保てなくなるのに時間はかかりませんでした。
「お義母さん・・・」
「ダメ。淳子って呼んで。」
私は頷くだけです。
私たちは風呂から上がり、身体を拭く時間も惜しむように義母のベットになだれ込みました。
唇を貪りながら義母の秘所に手を伸ばすと明らかに風呂の水分とは違うものが溢れてきていました。
「淳子・・・さん。」
「呼び捨てで呼んで・・・」
「淳子・・・」
私は義母に言われたように呼び捨てで呼ぶようにしました。
指を少し動かすだけでも身体をよじるように反応をします。
妻よりは幾分緩いだろう場所に指を滑り込ませると
「あっ、、」
声を出して私にしがみついてきます。
初めは優しくだんだんと激しく指を動かすとその動きに同調するように声も大きくなっていきました。
義母は息遣いも荒くなりながら
「舌で・・・」
と頼みました。
私は電気の光々と点いた中、義母の足を大きく広げて秘所に顔を近づけました。
そこはもうドロドロな状態です。
そこは既に充血して褐色になり蜂蜜を塗った様にいやらしく光っていました。
薄めの陰毛の間を指で開き、一番感じる場所に舌を這わせました。
「い、いいわ!!」
私は義母のソコを丁寧になめ続けました。
クリはもちろん肛門にまで舌を這わせました。
調子に乗った私は
「凄いぞ、淳子!!こんなになって。」
私は指で蜜のようなすくい義母に見えるようにすると息も絶え絶えに
「5年ぶりだから・・・抱かれるのは・・・。」
旦那さん(義父)が亡くなってからしばらくぶりの事だったようです。
「もう我慢できない。来て○○さん。」
私は一気に挿入しました。
「いい!!」
義母は私に抱きついてきます。
私が腰を振るたび
「あっ、いい、気持ちいい・・・」
と声を上げました。
途中挿入したままクリを弄ると
「ダメ!!そんなことしたらイッちゃう・・・」
私は声を無視して続けると
「あ、あ、ああぁぁぁぁぁ・・・・」
義母は昇天してしまい、私は締め付けられるのを感じました。
妻以上に感じやすく締め付けは強いようです。
それから義母は逝きつづけ、私もそろそろ限界が近づくのが判りました。
「イクよ。淳子。」
私はギリギリまで我慢をして抜こうとすると足を絡めつけて拒みました。
「一緒に逝きたい・・・」
私は
「妊娠」
が頭をよぎりました。
「大丈夫だから、中で終わって。お願い。」
私は義母の言葉を信じてもっと激しく動き、義母の中で果てました。
私は気疲れもあって、そのまま義母に被さる様に倒れこみ唇を重ねました。
義母は余韻を楽しむかのように私に足を絡めつけたままです。
ヒクヒクと締め付けるような感じがいまだにしました。
少し息が整うと
「前に愛美に頼んでピルをもらってきてもらったの。
万が一何かがあったときに困ったりするのも嫌だから。

「僕。とですか?」
義母は少し笑ったような顔をしました。
「愛美が○○さんを連れて来て結婚するって聞いたときに同居を頼んだのは私なの。あの娘には悪いと思ったけど・・・」
それ以上は言ってくれませんでした。
義母はそれを話すと足を緩めました。
私が身体を起こして後始末のティッシュに手を伸ばすと
「そのでままいて。」
と言って今まで義母の中に入っていたモノを口に含みました。
それはきれいにしているというより、もう一回する為の行為でした。
私は5分とかからず復帰してしまいました。
絶妙なテクニックです。
「今度は私が上になるから。」
そう言って私を寝かせ、義母が上になりました。
一回終わっているのと私の出したものが潤滑剤のような感じになってさっきのよりも何倍も時間がかかります。
義母は一人で腰を振って感じています。
私も義母の動きに合わせ、時折突き上げたり、クリを弄ったりしました。
その日は結局朝まで4回して最後は挿入したまま義母と寝てしまい、妻からの電話で起こされました。
義母は私が電話をしている最中も口に含んでいました。
途中、電話を代わり今度は私が義母を後ろから抱きながら秘所を弄びました。
電話を切った後、もう一度したのは言うまでもありません。
妻が帰ってきて私の顔を見ると
「何か疲れてない?」
と言ってきましたが、私は何事もなかったように
「遅くまでお義母さんと飲んでたから。」
と言うと疑う事無くベッドに行って寝てしまいました。
その後、私と義母は妻の目を盗んでセックスをやりまくっています。
妻にはばれないように注意もしているし、妻のリクエストにも応えるようにしています。
体力的にはかなり厳しいのですが・・・。
義母は若干Mっ気があるようで、責められる事で快感を得ているみたいです。

他のサイトのエッチな体験談もどうぞ