超厳しいエリート女上司が夜はただの淫乱痴女だった

2018/01/14

入社して3年。
正月明け。
俺、営業部の平社員。
佐藤友美(仮名)課長。
部の営業成績のあまりの悪さに業を煮やした社長が連れてきたエリート上司。
紺色のスーツに縁無しメガネ。
髪は後で結び、化粧は派手じゃない。
天海祐希を彷彿とさせるその容姿と言動は、周囲を恐怖に陥れた。
キャリア。
有名大学を卒業後、語学留学。
経済学を学び博士号。
めちゃくちゃキツい。
年下の俺には容赦なく命令。
失敗すればイヤミたっぷりの説教。
鬱っぽい。
課長「後藤君(俺)!あなた、また間違えてる、しっかしりて頂戴!」
いきなり怒鳴り調子。
こんなヤツの歓迎会など誰も行きたくないし、やりたくもない。
俺も行きたくない派で、なるべくなら触らぬ神に祟り無しという意見。
営業会議。
佐藤課長は個人攻撃を始めるが、俺だけ、どー考えても他の同僚より酷い。
それに、仕事のこと言われるなら能力だから仕方が無いが、人格否定まで始まる。
営業本部会議。
受注量減少で責められる同僚達。
しかし俺は大口を一件受注。
得意顔。
しかし・・・。
課長「後藤君!新規じゃないのね?ダメね!ダメ!」
おぃ!新規だろうが無かろうが売り上げアップには繋がってるはずだぞ!
吐き捨てるように言われトボトボ帰宅。
課長との各人員個人面談。
課長「何か営業部に問題ありますか?あったら言いなさい!」
ふてくされ度マックスパワーだったので・・・。
俺「あっても言いません」
課長「そういう態度は後々自分の身に降りかかってくるわよ!」
俺「はぁ、すみません」
課長「好きにしなさい!知りませんから!」
で、やっと開放。
後の同僚はとばっちりを受けたのか一時間以上出てこない。
社長より「歓迎会をやってあげなさい」との通達。
いきなり名指しで「後藤君が幹事で」。
逆らえん。
回覧を回す。
課長、ちゃっかり参加の印・・・。
しかし部内は参加5人。
少な!
土曜日の出社は月二回。
他の人達、みんな風邪。
うそだろ!
仕事も終わりに近くなると・・・。
課長「後藤君!あなたこの書類まったく見当はずれの事してるじゃないの!」
お怒りのご様子。
俺「いえ、それは、客先の都合で見積範囲が変更になった為ですが・・・」
課長「そう、ならいいわ、しっかりやってちょうだい!」
謝らねぇのかよコイツ!
この時点で、会社辞めようかなぁとの考えが頭を巡る。
まぁ歓迎会終ってから考えればいいやと。
「では皆さん行きま~す」と先に会場へ。
きたねぇ居酒屋。
いつものおやじ。
馬鹿な店員。
まずい摘み。
司会、俺。
俺「新たに赴任されました佐藤課長の歓迎会を執り行いたいと思いま~す」
シーン。
おぃ!もっと盛り上がれよ野郎共!
俺「それでは課長より赴任のご挨拶をどぞー」
シーン。
おぃ!なんか言えよ!
俺「え~っと」
てんぱる俺。
課長「この度赴任しました佐藤です。これからもキツいかもしれません。脱落するものも居るかもしれませんが、私について来れない人は辞めて下さい。先に言っておきますので、よろしくお願いします」
俺「・・・」
同僚一同「・・・」
課長「・・・」
おやじ「・・・」
店員「なにしやしょ?」
馬鹿!
10秒程経過後・・・。
俺「まぁ乾杯しましょ~ね、では係長よろしくぅ~」
係長「乾杯・・・」
寂しく言うなよ!
もっと『かんぱ~い(雰囲気ほんわか)』じゃないの?
仕方ない、飲むか。
シーン。
何か話せよお前ら!
箸の音しか聞こえねぇじゃねぇか!
俺「課長、どぞ」
・・・と、ビールを。
課長「いいです!自分で飲みますから!」
おー怖い。
俺「そ、そうですか・・・」
無音時間長すぎる。
俺には耐えられんよ。
俺「あのさぁ、この間さ、◯◯株式会社の△△っているじゃん?」
シーン。
反応しろ!ってーの!
俺「あいつさ、カツラっぽくない?ププッ」
シーン。
笑ってんの俺だけかよ!
俺「でさ、あいつさ、いつも威張ってるじゃん?でも社長の前だとさ、後藤さんとか呼ぶんだぜ~ププっ」
シーン。
お前ら裏切り者!
課長「他社の担当者の悪口を言うのは良くないと思いますけど?」
俺「ごめんなさい・・・」
皆「・・・」
おやじ「???」
シーン。
店員「なにしやしょ?」
ばかやろう!
一時間で終る歓迎会って何?
なんか様子がおかしいぞ課長。
とりあえず店出た瞬間に同僚達はすぐさま帰宅!
早すぎる!
会計係の俺、玄関に向ってる課長。
なんかフラフラしてる。
俺「課長、大丈夫ですか?」
課長「気にしないで!一人で帰れますから!」
顔が青いよ?
それになんか気持ち悪そうだし。
「さよなら」と言いつつ、ちょいと後をつけてみる。
店と店の間に消えたぞ!
なに?どれどれ?
吐いてんじゃん!
これはチャンスタ~イム。
俺「課長、大丈夫ですか!」
課長「来ないで!大丈夫だから!来ないで!」
俺「失礼ですが家は◯◯方面ですよね、タクシー乗りますか?」
何も答えないので、タクシー停めて、とりあえずその方面へ。
タクシーの中、肩に頭乗っけて寝てる課長。
へぇ~、こんな可愛い一面もあるのね。
課長「あっ!この交差点の角でいいです」
起きてんじゃねぇか!
課長「あなたも降りなさいよ」
えっ?俺も?
小さいアパート。
部屋は綺麗で整理整頓が出来てる。
最近買ったのか、デカい液晶TVにHDレコーダー。
ベッドが1つにクローゼットと並ぶ。
俺「課長、もう大丈夫ですね、それではお疲れ様でした」
帰ろうっと。
帰りに風俗でも行きたい気分。
課長「上がれば?」
えっ?ヤダよ・・・。
課長「コーヒーでも飲む?」
俺「えぇあぁ、いただきます」
再びテンパる俺。
コーヒー飲みながら雑談しているとだんだんと態度が変わってくる。
こんな課長なんで雑談と言ってもそっけない話ばっかり、「寒いですね」とか、「部屋、綺麗ですね」とか。
課長「いつも酷く言うのは許してね、あれはあれで皆には結構効くのよ」
俺、餌食?
俺「えぇ・・・そうですか・・」
課長「もう少し飲む?」
俺「いえ、課長具合悪いみたいなんでいいです」
課長「そう?私は酔いが醒めたから飲むわ」
なんか妙に色っぽくなってねぇか?
俺「あぁ課長が飲むなら、俺も頂きます」
課長「何にする?ウィスキーがいい?」
俺「はい」
再び飲み始めるが、会社の態度との違いに驚きまくる俺。
白いブラウスに薄っすら空けるブラ。
なんか・・・エロ!
課長「会社だとね、気を張っちゃうからね~」
おぃ!『ね~』ってなんだよ!聞いたこと無い口調だぞ!
課長「後藤君も頑張ってよぉ~、期待してるんだから」
えっ?俺に期待?
人格否定しといて期待とは?
課長「この間の大口契約は上手くいったわね~、ホッとしたわ」
なぬ?
しばらく口調の変わった課長と飲む。
酔いが回ってる課長。
課長「さて、寝ようかしら」
俺「あっ、じゃぁ帰ります。ご馳走様でした(ペコリ)」
玄関まで歩いて行こうとすると、後ろにいる課長がまたフラフラしてる。
見送りのつもりで玄関まで歩こうとしてるんだが、もつれた足じゃ前に進めない。
グラスを持ったまま前に倒れ掛かる、あぶねぇ。
片膝ついたところでなんとか肩を掴んで止めた。
おぉ!こんな近くで課長見たの初めてだな。
課長「ふふっ、早いわね」
なに笑ってやがる!
俺「危なかったですよ課長!」
課長「・・・」
目が潤んでる。
なんかイヤなこと言ったかな?
なんかボソボソと小声で言ってる。
聞き取ろうと耳を近づける。
なのになんで耳をパクッっと噛みやがりますか?
課長「ふふっ」
怖い!いつものあんたと違う!
俺「えっ、あっ、ちょ」
テンパリまくりの俺。
向き直ったところでキス。
むぬぅ。
課長「こういうのってイケナイコトだわ~」
なら辞めろ!
でも最初のキスでもう充填100%状態ギンギンです。
はぁはぁ言いながらフローリングでもぞもぞ。
触ると体温が感じられる薄いブラウスはエロい!
課長「抱き合うって気持ちいいわね、そう思わない?」
俺「えぇ」
テンパリまくり!
課長「行きましょうよ」
ベッドへ促され、そそくさとベッドへ。
覆いかぶさる課長。
俺「あの、ちょ!課長!待ってくださいよ」
この時点でまだ騙されてるかと思ってて微妙な抵抗。
課長「もう待てないの」
あま~い。
ズボンの上から股間を優しく撫でるようにしてくる。
課長「洋服皺になっちゃうわよ、こっちに貸しなさい」
ズボンとシャツはあっという間に脱がされてパンツ一枚。
課長「ふ~ん、後藤君?どうする?」
『します!はめます!』と言いたいところだが、なかなか言い出せない。
パンツ一枚のまま寝転ぶ、その上にブラウスの課長。
胸に顔を埋めると「ふぅ~ん」と甘い声。
これ、本気に責めていいのかな?とまだ躊躇。
すると・・・。
課長「後藤君、遠慮してるぅ?」
いえ、ちょっとテンパッてます。
やっと手を動かしだす俺。
紺色のスカートのホックを外し、片手でするりと滑らせる。
腰を浮かせて脱がせやすいようにしてるのがいじらしい。
パンストはガ…

他のサイトのエッチな体験談もどうぞ