最新の投稿

マッサージの先生にクリを摘まれただけでイッてしまった

2017/04/06

結婚して丸3年経っても子供が出来ないので、私は婦人科、主人は泌尿器科で診てもらうことにしました。その結果、主人の精子の数が平均より少ないことが分かりました。でも妊娠が不可能なほどでもなかったので、主人は精子を増やす薬やホルモン注射や、ビタミンCの補給等を受けていました。その間、私も定期的に不妊外来に通ったのですが、1年経っても妊娠の兆候は顕れませんでした。もう諦めの境地になりかけていた時、通っていた病院への通り道にあった、マッサージの看板がふと目にとまりました。ストレスに依るものなのか、肩と首筋が凝っていたので、何気なくそこに入っていきました。予約も何もしていませんでしたが、約1時間弱待たさ…

続きを読む

妻と行ったカップル喫茶で念願かなった寝取られ体験談です

2017/04/06

結婚11年目の38才夫婦ですが、私も妻が他人に・・・凄く興味があり、妻にもカップル喫茶へ何度と誘いましたが、かわされ続けていました。しかしチャンスは巡ってくる物で、二人で飲みにいった時に、妻は気分良くかなり飲んでいたのでカップル喫茶に誘うと、「お金が勿体無いけど・・・」と言っていましたが、酔った勢いもあり、二人してカップル喫茶へ。私自身も初めてで二人案内されるがままにレースのカーテンで仕切られたソファに。二人ともかなり緊張していたのでその場でまたお酒を一気飲み。しばらくすると私の肩に男性の手が触れて、私が振り返ると男性の下半身に少し太った女性がいて、男性のモノを音を立てて舐…

続きを読む

大学時代ダチに彼女を生で寝取られたので、逆にそのダチの彼女を寝取った話

2017/04/06

大学時代の寝取られ話を。2年になったばかりの5月の連休に、奈々の別荘に4人で行った。奈々の彼氏の尾崎は二人きりで行きたかったらしかったが、奈々はどうしてもみんなで行きたいと言い張った。尾崎は嫉妬深い男で、奈々が他の男と話をしているだけで機嫌が悪くなるような奴だった。器の小ささもあるのだろうが、二人があまりに釣り合いがとれていなかったことも尾崎の嫉妬の原因だったのかもしれない。清楚な顔立ちの奈々はそれだけで十分に美人だったが、柔和で上品な雰囲気のおかげで、さらに魅力を感じさせる女の子だった。不細工で下品な尾崎のどこが良くて付き合っているのか、周囲の誰もが理解に苦しんでい…

続きを読む

制服姿で兄の部屋でAV鑑賞

2017/04/06

俺が高1、妹が小6になってからは、ほんとにエロい話になるような事はほとんどなかった。ただまぁ、今思えばスキンシップは少し多い方だったかもしれない。俺がソファを占領するように寝てると、容赦なく腹の上に座ってきたり、文句を言いつつ放置してると、調子にのってそのまま抱きつくように寝転がってきたり。妹がカーペットでごろごろしてるときは、こっちも仕返しとばかりに、お尻を枕の替わりにしたり、そのままお尻をがぶがぶ甘噛みしてみたり、(この辺でようやく「なにすんーww」という抗議があがってくる)お尻を庇うように仰向けになったところで、Tシャツまくって、お腹に唇おしあてて「ブー!」って強く行き吹きかけ…

続きを読む

バーベキューに一緒に行った女友達とセックスして気づかされたコト・・・

2017/04/05

あれは数年前、私が大学を卒業した年の9月の出来事です。私や同期の友人達は仕事にも慣れ始め、遊びにも余裕が出てきた頃。中古ながら4WDの車を買った友人からバーベキューに誘われました。特に彼女もいなかった私は暇を持て余しており、快くその誘いに乗りました。参加者は私と大学時代の友人と同じく女友達の「実夏」、それに実夏の幼馴染の女の子の計4人です。朝9時に友人宅で待ち合わせして出発です。車中、あらためて自己紹介。3人はもう教えることがない程よく知り合った仲ですが、私は実夏が連れてきた新顔の女の子に興味心身。友人もそうであったと思います。女の子の名前は、ミホちゃん。サバサバとした…

続きを読む

彼氏持ちの同僚の巨乳OLに抜かずの4連中出し!

2017/04/05

同僚の小百合(24歳)に中出ししました。イベントの準備の為に小さな作業小屋で木材を探していた時のことです。小百合は顔がMEGUMIに似て、乳も同じくらい大きな、男から見て非常に魅惑の先輩でしたので、二人きりになったら絶対犯してやろうと考えていました。チャンスはいきなりやってきました。他に小屋で作業をしていた仲間は、「急ぎの仕事があるから」と言って早い時間に会社に戻りました。いきなり二人だけになったので俺は小百合の身体にギラギラ視線を送りながら勃起状態でいました。どうせ会社を辞めるつもりだったので、無理やり犯して逃げてもいいやと思うのと、ここ2週間射精していないのとで、もう理性を保つ術はあり…

続きを読む

旦那とはつまらないセックスをしてるという幼なじみとの不倫セックス

2017/04/05

GW中、家の手伝いで買い物に行ったら偶然帰省していた裏のY子と合った。幼馴染みで仲良かったが嫁いで行った以来連絡も取らず実に八年振りの再会だった。「久し振り~。帰ってきていたんだ。久し振りだし話さない?」と茶店に誘った。色々会話をしていたらふと思った。「子供は?いないの?」「なかなか出来ないの。旦那出張が多いし、それに・・・」と途中で言葉を濁したので直感で欲求不満だなと思った。いきなりその部分を突いて警戒されたらせっかくのチャンスがダメになると考え、昔話から気をほぐしながらゆっくりと攻め、夜飲みに行く約束まで辿り着いた。夜になり近くのコンビニで待ち合わせをして出かけた。「車じゃ…

続きを読む

友達の嫁さんの、巨乳に目がくらんで…

2017/04/05

友達の剛の嫁さんの亜美(27歳)が以前から気になっていて、家族のお出かけに付いていく機会があった。小さい子供(コウタくん)がいるけれども、あいかわらずの巨乳で目のやり場に困るくらいだった。今は髪が伸びて色っぽい感じになっている。色白で結構美人な方だと思う。最近は少しやせてさらにキレイさアップ。子供がいるように見えないくらいカワイイ感じ。剛(旦那)のこととか育児の役割分担の不満とか聞いてほしい、と言われて一緒に飲みに行くことに。亜美には、姉妹がおりみんな結婚している。その姉の家で夜に飲むという設定で亜美は家を抜け出すことにした。居酒屋で一緒に二人で飲み、いろいろな不満を聞かされた。あ…

続きを読む

妻のフェロモンで成り立つペンション経営(1)

2017/04/05

夫婦共に36才、子供1人の家族。 私達は某避暑地でペンションを経営している。 約2年前に都会での暮らしに嫌気をさし、ストレスが原因で病んでいた私を見て妻が提案してきた。そして、大自然の中でのペンション経営…決して楽な生活ではないが妻と子供と三人で細々としている。春先から夏にかけてのSeason…私達夫婦は大忙しだ。 一番の稼ぎ時なので疲れた!等とは言ってられない。そう、このSeasonにこの一年間の私達の生活がかかっているのだから……。 両方の親から金を借り、それだけでは当然足りる訳も無く…銀行からも融資を受けている。 本当にギリギリの生活だ。 それでも妻は愚痴を一言も言わずに黙々…

続きを読む

妻のフェロモンで成り立つペンション経営(2)

2017/04/05

案の定…次日もそして次日も妻は求めてきた。 …が、結果はやはり同じで私の肉棒は使い物にはならなかった。 そんな私に妻は「どうして?」「何故?」の繰り返しで……終いには「あたし…もう魅力ない?」「他に好きな人が出来たの?」等と言ってくる始末。 だが、己の身体の変化を妻にどうしても正直に話せない私がいた。「疲れてるせいだよ!」 「俺がお前以外を好きになる訳ないだろ!」等と言ってはその場を凌いでいた。 しかし、こうなると自然に妻との会話が少なくなり始め、この日を境に妻は私を求めなくなった。 私は 『このままでは…マズイ…』 と夫婦の危機を感じたが、結局は何も出来ないまま時間だけ…

続きを読む

妻のフェロモンで成り立つペンション経営(4)

2017/04/05

突然、正治さんが己の股間にある巨大化したモノを握り、妻に見せた。 正治さんの勃起した肉棒を見て口ではその様に驚き嫌がる風に言ってはいたが…妻の目は正治さんのモノを反らす事なく見ていた。 段々と…牝の表情に変化している妻。私は迷った‥このまま2人の成り行きを見守る可きか否か………と、その時だった。「どうかなぁ?…和也君と比べて?」正治さんが妻に私のモノと比べる質問を言ったのだ。 正治さんの勃起したモノは私に比べて長さ的にはあまり変わりはないが少し太い感じがした。 私は男として‥妻が何と答えるのか?気になり、このまま様子を伺う事にした。「…わかんないよぉ~…」 「…ほらっ…よく見て…

続きを読む

妻のフェロモンで成り立つペンション経営(5)

2017/04/05

「…ンッンンッ…アァッアァッ…アァァンッ…」こんなプレイを喜び喘いでいる妻の姿を見て『あ、あの優樹菜(妻)が…』と信じられなかった。正治さんはこの妻の淫乱さに益々調子付き、更に妻の乳首を引っ張り、そして捻った。「…アァッ!痛っ!」さすがに苦痛の声を上げる妻。 苦痛を訴えた妻に正治さんは妻の乳首を離した。そしてそのまま妻の足首を掴み‥すかさず腰を前後に大きく振り始めた。「…アッアッアッ…アァッアァッアァッ…」苦痛の表情から一転、気持ち良さそうな表情を見せる妻。「…アンッアンッ…イィッイィ~ッ…もっとぉもっとぉ~っ……」更に歓喜し、正治さんに要求する妻。 すると正治さんが妻の要求に…

続きを読む

妻のフェロモンで成り立つペンション経営(6)

2017/04/05

「‥動くな!」妻が動こうとしたので私は制止させた。 私はこの滴り落ちている精子を見て 『妻は俺の女だ!私だけが中出し出きる存在なのだ!』 と自分勝手に自負し満足感を味わっていた。 妻に中出しする事で…私は正治さんに対抗したつもりだったのだろうと思う。私は妻のおまんこからまだ残っている精子を指で掬い取り、そのまま妻の口元へ持っていった。「舐めろ!」 「……ペロペロペロ……チュッ…チュパチュパ…」素直に妻が口を開け、指を舐め始めた。 次第に私の指を肉棒の様にフェラチオし始め、私の指に舌を絡ませ…頬をへこませながら吸っている。 妻の貪欲な性欲…淫らな姿に再び驚かされた。 私は堪…

続きを読む

「降参?いいよ。いっちゃえよ!」妻のお姉さんとの浮気体験談

2017/04/05

つい先日、妻の姉の優子さん(仮名)の家でたまたま二人きりになる機会がありました。優子さんは俺より7歳上で身長150-102-64-93のキョンキョン(小泉今日子)激似で嫁より可愛い!・・・ゴロゴロしているとテレビの横のゲーム機が目に入った。優子「あ、それね?、ゲーム機買っちゃったんだ。私とやってみない?」ゲームに全く疎い私だが、対戦できるというのでマリオカートに初チャレンジ。初めての俺は、最初の数回優子さんに負けるものの、要領をつかんだ4回目以降は勝ち続けた。初心者にゲームで負けることはプライドが許さないのか、何度も何度も勝てない勝負を挑んでくる。きっと彼女の中で譲れ…

続きを読む

意地悪で男子達の目の前でアソコを御開帳させられ

2017/04/05

私は29歳のOLです。性格はMそのもので、特に言葉攻めに弱く、恥ずかしいことを強要されたり、いじめられることにとても感じてしまいます。体もかなり敏感で、はっきり言って淫乱な女です。あるとき、私と大好きな彼氏と3人の男の子の友だちとの5人で彼氏の家での飲み会をしました。その日、私はかなり酔っていて、みんなの前でパンツをチラ見せたりしてふざけていました。何回もチラチラ脚を広げてるうちに、みんなの目が真剣になってきて、突然彼氏に「もっと恥ずかしいことしてやる」と言われました。彼氏に後ろから脚を抱きかかえられながら、腰を前に突きだして、3人に向かって脚をめいっぱい左右に広げ…

続きを読む

生のオチンチンが爆発する快感に目覚めてしまった

2017/04/05

私、派遣で仕事をしているOLです。本当はエッチが大好きで、彼氏とももう2年付き合ってるけど、一度も生でエッチした事なかったんです。彼氏はいつもエッチの時、「貴子、今日は生でいいだろ?」って聞いてくるけど、「駄目だよ、ちゃんと付けてして」っていつもゴム付。でもこの前、友人と飲んだ時、下ネタ話で、「中出しエッチが凄く気持ちよかった」って話を聞いて、私も安全日に一度経験してみようかなーって。その日の夜に彼氏に電話。「今度、エッチする時、生でもいいよ。そのかわり安全日だよ」「えっ!マジ?」「今生理終わって5日くらいだから、2週間後くらいならいいよ」「じゃー俺、その時まで溜めとくから、貴子の中に出…

続きを読む

母親を陵辱する悪魔の住む公園

2017/04/05

娘の美恋と近所の公園で遊んでいました。周りには、私と同年代(25歳前後)のママ友達も大勢いました。そんな中、今日も屈強な大男がやってきました。彼は悪魔です。彼が来ると、その体臭ですぐにわかります。まるで獣のような匂いです。身なりはいつもTシャツにジャージ。身長は165CMの私が、遥かに見上げる位の大きさです。身体もがっしりとしています。平日の公園には不釣り合いな男です。そんな悪魔の彼の狙いは、公園で子供たちを遊ばせる若い母親の私達でした。目的は私達を陵辱する事。彼は、かなりの人数の若い母親達の身体を陵辱している様です。私もその一人です。初…

続きを読む

若妻に電マ責めでガチイキ

2017/04/05

20代の若妻とメールしているうちに逢うことになりました平日の昼間がいいといわれましたがなかなか時間がとれず一週間後やっと、会ってみてビックリこんな綺麗な人がと思うくらいの人でした胸が大きく開いたワンピで目のやりどころに困っているとお酒飲もうといってきたので(昼間から)近くの居酒屋で話をしましたなんでも旦那が糖尿でHのほうが無いなしく欲求不満だとか、サイトで相手を見つけたかったとの事内心ラッキーと思いましたがわたしも年ですし(48歳)お酒が入るとなかなかそのことをいうと「私ががんばるから」話が旨すぎると思い何でおじさんがいいのとたずねると 「40代過ぎは安心できる」そこ…

続きを読む

膝枕して耳掃除してくれる可愛い妹に萌えエッチ

2017/04/05

両親が法事で一泊の予定で出掛けた日の夜、当時、三歳下の高校二年の妹と二人だけで宅配ピザを夕食に食べた後リビングのソファーでくつろいでいた時だった。突然、妹が「お兄ちゃん、耳掃除かヘソのゴマ取らさせて!」と、耳かきと綿棒を持って近付いてきた。俺は「はぁ〜?何言ってるの?」「だから!」「だから、じゃなくて、何を突然言い出すん?」今までそんなことした事なかった妹が突然変な事を言い出して正直驚いた。「いいから!やらせて♪」と、今まで見た事の無い満面な笑顔を振り撒いて言ってきた。俺もそんなにやりたいならと、ちょっと不安もあったが、「痛くするなよ!」と言うと「大丈夫!で、どっち?」と聞いてくるので、…

続きを読む

北川景子似のフロント美女とH

2017/04/05

私の仕事はちょくちょく出張があります。一時期工場と会社の往復で朝晩関係無しの日々でした。会社は都内にあるんですけど、工場は某県にあります。新幹線で2時間弱といった場所で日帰りも可能なんですけど、たまに遅くなり泊まりになる事もありました。いつもは駅前のホテルに泊まるんですけど、疲れて駅前に戻るのもしんどいので、工場と液の中間地点ぐらいにあるホテルに宿泊したんです。でもそこは宿泊客はほとんどおらず、少し不気味で怖い館内でした。そこまで寂れてる訳ではないんですけど、あまりにも人っけが無くガランとしたホテル内って意外と怖いもんなんです。でも救いは朝に会うフロントの女の子。…

続きを読む