最新の投稿

泥酔した知人の奥さんにこっそり中出し2連発

2017/06/30

やっちゃいけない事をやってしまいました。普段からこういうサイトを見てはオナニーばかりの毎日でした。まさか自分がここに書かれているような事をするとは思いもしませんでした。うまく文面に書けませんがお許しを。学生時代からの友人と久しぶりに会いまして、知人宅にて酒を酌み交わし昔話で盛り上がり、奥さんも子供を寝かしつけ、二人の会話に入ってきて談笑。次の日が休日だったので深夜一時過ぎまで飲み、私もいつも以上に飲んでしまい足元がフラフラ。知人もトイレに行って寝室に行ったきり爆睡。奥さんもかなり酔っ払っていて、私に旦那の愚痴を言う始末。私はかなり泥酔状態だったので、奥さんの話に適当に相槌を打っていました。…

続きを読む

ハリケンブルー痴漢(1)

2017/06/30

その日も、ターミナル駅は混雑していた。スーツ姿のサラリーマンに杖をついたお年寄り、ヘッドフォンからシャカシャカと雑音を振り撒いている若者。ちょうどラッシュの時間帯にぶつかったらしく、構内の通路はたくさんの人、人、人で溢れ、それぞれ忙しげに先を急いでいる。一見して、特に珍しくもない日常的な光景。だがその中には、行き交う人々の僅かな隙間をすり抜けるように疾駆する蒼い影の存在があった。常人の目には残像すら映らぬほどの速度で移動する蒼い影は、さながら吹き抜ける一陣の風のようであった。(――逃げられた……?)しばらくして蒼い影は突然歩みを止めると、人々の前に姿を現した。人混みの中から突如現われた影の存在…

続きを読む

妻がパワハラで鬱に・・・療養をかね温泉旅行に行ったら寝取られた・・・

2017/06/30

保険関係の仕事をしていた妻が、1年前に主任に出世して変わりました。上司は営業成績の低迷を妻に押し付け、口答えすればパワハラ。その内にセクハラも受ける様になり、やがて出来る筈も無い数字を求められ、妻も嫌々部下達に成績向上を求めた所、部下達(仲間)に嫌われていった様でした。そんな生活に妻の体は悲鳴を上げ、遂には軽い鬱症状になってしまったんです。病院で診察すると、環境を変える事を勧められ、妻は退職をする事になったんです。これで明るい姿が見られると思っていましたが、妻は家に引きこもる様になり、夫婦の会話も少なくなっていったんです。そんな時、実家の両親から「2人で湯治…

続きを読む

ブサイクな黒髪Fカップの社長令嬢とうかつにもセックス

2017/06/30

2年前位のことなんだが、うかつにも親友の(元)彼女とやってしまいました。性欲に負けてorzしばらくマジへこみしたが。相手は親友Sの元カノの名前は梓サン(仮)俺の1コ上。当時23歳。Sとは幼なじみで兄弟のように育ったんだが、つくる彼女はいつもちょいブス系。S本人はカワイイというんだが…俺は正直心の中では「ないわ」って思ってた。(というのはSは結構モテてたので「もっと選べるだろ」と。) そしてやはり梓さんも初対面のとき正直「ないわ」と思った。BSですね。ちなみに梓さんのスペックはFカップの社長令嬢。もちろんお嬢様だから黒髪。乳輪が大きくて色が薄かった。FだけどポチャFな…

続きを読む

アイドル美奈子の受難(4)

2017/06/30

3人の指と舌が美奈子の体中を這い回る。耳、首筋、鎖骨、脇の下、乳房、乳首、ヘソ、恥丘、股の内側・・・全身をくまなく愛撫され、唇をかみしめながら目覚めようとする性感に耐える美奈子。(だめ、これ以上感じて乱れたら…いやらしい女の子になっちゃう…)と心の中で唱えながら、必死にこらえていた。コーディネーターが唇を重ね、舌をからませる。ネチョッ、クチョッ…〈んんぐっ…ふぅ、む、んん…〉タバコ臭さの残る舌が美奈子の舌に絡みつく。美奈子の理性は徐々に崩れはじめ、もはや抵抗することなど考えなくなっていた。〈んん…くっ、んんー…んぁ…〉鼻から軽い喘ぎが漏れ、淫裂からジュワッと愛液がにじみ出す。「ほうら、美奈子ち…

続きを読む

陸上部で

2017/06/30

同じ陸上部のT子とは小学校の時からずっと仲良し。遊ぶのもいつも一緒だし、いろいろ相談にものってくれるし、私を気持ちよくもしてくれるし…。優しくてキレイなT子がいれば彼氏なんて必要ないって感じ。今年の春休みに陸上部の合宿がありました。練習は厳しかったけど、T子と一緒だったらそんなに辛いとは思わない。もちろんT子とわたしは同じ部屋で、夜はおしゃべりしながら練習でパンパンに張った脚をお互いにマッサージしあったりしてました。その日もT子がわたしの脚を揉んでくれていたら、しばらくして彼女が「成美の脚ってほんとにキレイだね。マジで頬擦りしたくなる」とニヤニヤしながら言いました。…

続きを読む

可愛くてヤリマンで巨乳な女の子との気まずいセックス

2017/06/30

まずはスペックから。名前を仮にAとしときます。大学4年生で身長は180ぐらいで顔も悪くない(と思う)今までの経験人数は3人でどれも元カノ。身長が高い割りにアソコが小さいのがコンプレックスで、元カノに「意外とかわいいんだねw」って言われたことも。だからあんまりセックスは上手い方じゃないんだけど、その代わり手マンとか前戯はがんばってきた。 元カノを中でイカせたことはないんだけど、なんとか前戯で満足させてた感じ。今回話すのは、大学のゼミの3年生ユイカとの体験談。うちのゼミは3,4年生が一緒にやってて、ゼミ生は全部で20人ぐらい。ユイカとは4月の配属のときに出会った。と言っても、…

続きを読む

ハンヴァーグ

2017/06/30

私は35才で会社員、彼(40才)は主人の×1で主人の同僚です。時折家にも来る事があり私は本当に主人の同僚としかしていませんでした。それは2ヶ月前のことです。どうやら主人が浮気をしているらしくその方に恥ずかしながらも相談しました。彼の離婚の原因は奥様の浮気でしたから私の気持ちが理解してくれると思ったからです。とても親身な相談に乗ってくれました。主人とは数ヶ月、夜の営みはなくいわゆる「レス」状態。比較的時間に余裕のある彼は私の「相談」との口実に快く遭ってくれました。私の中では既に彼に対する想いが膨らんできていたのでしょうね。彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになっていました。そんな…

続きを読む

アイドル美奈子の受難(3)

2017/06/30

「はぐぅぅ…あぁぁ…んくっ…」ペニスの侵入とともに激しい快感にみまわれる美奈子。これまでの長時間の愛撫に、美奈子の体はすぐにも昇りつめそうなほど敏感になっていた。ズップ、ズブッ、ズチュッ、ズチュッ毛を剃られた下腹部が結合部分を露わにし、カメラのレンズがそこに近づく。ペニスを引き抜くたびに陰唇がめくれあがり、愛液がこすれて泡立つ。普段のグラビア撮影では想像もつかない淫らな美奈子の姿をレンズが執ように襲う。カシャッ、カシャッ、カシャッ「うぁぁ…あっ、いや、撮らないで。あぁ、んん…」本来は好きな男と2人だけでするはずの行為を3人の男と。しかも写真まで撮られて…。それは、(このまま死んでしまいたい)と…

続きを読む

焦るな、俺・・・恥ずかしすぎた初体験!

2017/06/30

俺 :社会人19歳。彼女:大学生19歳。付き合って半年ぐらいの時に初めて彼女の家に泊まりに行った時。遠距離だから普段はネットで話すぐらいだったし、女性と付き合うのって初めてだったのもあってめっちゃ緊張してる俺。何故か対面で座ってぎこちなく話とかするも、お互い口下手ですぐに話題が尽きて、時々目を合わせたりして沈黙。とにかく何か話題振るためにあれこれ考え込んでたら、彼女が軽く身を乗り出してきて俺の手を握る。「まだ握ったこと無かったから」って彼女に言われて、それまでに2、3回会ってたけど手も繋いでなかった事に初めて気付く。「そういえばそうだね」とか返しながら勇気を出して、初めて彼女を抱…

続きを読む

普通、写真撮らせるかなあ?

2017/06/30

同じ大学の友人で金持ちの息子Aが、ウチの大学の女に金払ってデジカメでパンチラ写真を撮らせてもらったので見せてもらった。そこには10数人の女の子のパンチラやブラチラが写っていた。ほとんど知らない女の子だったけど、背景が学校の敷地内なので凄く興奮した。100枚近くの画像を良く見ると、同じ学科のMちゃんとR子ちゃんもいた。2人は最初は顔を隠していたが、最後のほうは笑顔で大股開きしたり、手ブラ・逆さ撮りなどもしていた。Aに聞くと、Hなしなら余裕でしてくれるよとのこと。先週の金曜に、他の学科にいる俺の彼女K美(Aは俺の彼女とは知らない)と彼女の友達のS子がAと話しながら10号館(大学の敷…

続きを読む

前の職場で先輩だった人妻から久しぶりの連絡が!最後まで搾り取ってくれましたwww

2017/06/30

約10年ぶりに知り合いの女性から電話があった。前の職場の先輩で、当時2つ上の24歳。とても綺麗な人だったが、その時の同じ職場の上司とできちゃった結婚をして退職してしまった。私も転職をした事もあってその後はほぼ音信不通だったが、共通の友人を通じて、彼女が離婚した事は知っていた。電話で10年分の思い出話をしているうちに、今度飲みに行こうという流れに。私は遠くに住んでいたが、丁度法事で地元に帰る為、その時にと約束。そして当日、彼女は待ち合わせ場所にやってきた。さすがに10年経つと、お互い年を取っていた。しかしプロポーションは変わらず、相変わらず綺麗だった。一軒目…

続きを読む

熟女医は最高な女体でした

2017/06/30

独身で東京にいるときに、胃のうしろあたりに痛みを感じ、病院に検査に行きました。通された診察室は、暗室になっており、年は40才過ぎといった感じの色っぽい女医さんが、ほっそりした脚を組んで椅子に座っていました。計器類の明かりだけが薄く照らす程度の密室で、熟女医と二人きりで症状などの話をしていると「それじゃあ、検査するからそこのベッドに上半身裸になって寝て」と促され、Tシャツを脱いでベッドに上がりました。すると彼女がバイブレータのようなものを手にこちらに近づいて来て「超音波で一応内臓を全部診るから、ズボンをもう少し下げて」と言われ、ヘソ下までズボンをずり下ろし…

続きを読む

実は彼氏がいた童顔の女の子と一度きりのエッチ

2017/06/30

童顔でいかにも処女っぽい感じの新入社員チサト。顔はちょっと松嶋菜々子似だ。ある日、俺はドライブに誘ってみた。彼女は暇だからOKだと言う。彼女のアパートの近くで待ち合わせをしてドライブ。そして夜景スポットの空港近くに車を止めて、おしゃべりを続けた。俺は頼りになる相談相手という感じで聞き役に徹する。いつの間にか時間は深夜の二時になっていた。チサトは「コウジさん(俺)遅くなっちゃったけど、大丈夫ですか?」と聞いてきた。「うん、何だかキツいよね。明日も早いし、少し休んだほうがいいかも」と俺。「なんもしないから、ちょっと休もうよ」とラブホに入った。ラブホに入っても偽善者の俺。俺…

続きを読む

ニューハーフとのSEXから男同士のホモエッチに進化した瞬間

2017/06/30

バイセクシャルな俺のゲイデビュー話を投稿します恋愛対象は女性で男性とはSEXだけの対象というバイ・セクシャルなんです大学に入学した1年目の夏休み、友達とT国へ海外旅行しに行った。お互いに彼女(しかも初彼女)もいたのだが、おセックス覚えたての俺たちは、とにかくいろいろなセックスをしてみたくて…要するに観光ついでの売春メインの旅行だったのだ。何せ日本の風俗では、10万円あったって遊べるのは5〜6回、しかも挿入無し。でも、アチラでは旅行ついでに毎晩遊んだってオツリがくるってもの。えぇ、10代だったのに鬼畜野郎ですね。ファッキンジャップと言われても言い訳できませんよ。 …

続きを読む

フェラテクが抜群だった未成年のオッパブ娘

2017/06/30

1年ほど前、俺は色々と付き合いが増え始め、繁華街へ飲みに行く機会も増えていた。なぜかおっぱい好きがやたらと多く、オッパブに行く事が毎回の締めみたいな時期でもあった。ちなみみにオレは足フェチなので、オッパブに行ってもキャバクラのようにずっと話してるだけで、他の連れがおっぱいにしゃぶりつく様を見て笑っていた。そんなある日、また仲間内で飲んでから行ったいつものオッパブで、ユウキという女がついた。ユウキはとてもニコニコしていた。ユウキ「初めまして!今日だけ体験入店なんです」俺「そうなんだ、いくつなの?」ユウキ「20歳です。お兄さんは?」俺「22だよ、年近いな・・・」小さい街の繁華街、年が近…

続きを読む

アイドル美奈子の受難(2)

2017/06/30

「あぁぁぁ…いやぁぁぁ!!んんぁぁ…はぅっ…」後戻りできない快感の波が美奈子の体に押し寄せていた。アンダーショーツをはいているにもかかわらず、美奈子の秘部から愛液がにじみ出し、ビキニに恥ずかしいシミをつけ始めていた。「ほうら、美奈子ちゃんのアソコがグチュグチュに濡れてきたぞ…感じやすいんだなぁ」「あぁぁん…やだ、やだぁ…」美奈子は自分でも股間にヌルッとした感触を自覚していた。「そろそろ美奈子ちゃんの濡れたおまんこをじっくり見せてもらおうか」カメラマンはビキニのウエスト部分を掴むと、勢い良く腰からそれを引き抜いた。「あぁっ、だめ!いや!脱がさないで!!あぁ…」美奈子の哀願も叶わず、ムッチリとした…

続きを読む

(続)仮名・はなださんのアパートで…

2017/06/30

「私、ずっと!!はなださんのことが好きでした!!」私は、はなださんに告白をした。はなださんは、身動き一つしない。私は、背中をクンクンしながら待っていた。「俺もくどうのことが!!」と言って、ガバァッと来てくれるのを待っていた。「俺もくどう、好きだよ」と、突然返事が聞こえた。「本当ですかー!?」私は思わず、大喜びで聞き返した。「本当だよ」と言われて私は、「きゃー、両思いですね!じゃあ、さっそく!」と言って、はなださんのジャージを脱がせる。…はずだった。「え!?さっそくって、何?ちょっ、冷蔵庫にしまうの途中だよ」「あっ、そうですね」私は惜しみつつも背中から離れて、はなださんの…

続きを読む

もう何も見たくも考えたくもない[後編]

2017/06/30

自分の布団の上で今日あったことを思い返し、友人にメールで自慢する。もちろん早漏であった事などは伏せ、とにかくその身体を欲しいがままにしたこと、そして次はお泊り出来ることなどを誇張を含めながら報告した。そして、戦利品であるチサトの下着でも写メで送ってやろうか、と思ったとき、重大な事実に気が付いた。(・・・鞄をチサトの家に忘れてきている)ケータイはズボンのポケットに入れていたものの、鞄を丸ごと忘れてくるとは何たる失態。何が問題かといえば、そう、あの鞄の中にはチサトの下着が入っているではないか!今日のヘタレっぷりだけでも幻滅されたはずなのに、さらに下着を盗もうとしたとあっては本気で嫌われ…

続きを読む

給湯室でいきなり後輩に抱きつかれて

2017/06/30

何年か前だけど、会社でのこと。その時仕事が忙しくて、男はわりと泊まりも多かったし、女も21時、22時ってことも珍しくなかった。自分(♀)は最終調整する段階の仕事なので、どうしてもしわ寄せが来ていっつも終電。つか、夜のうちに仕上げて、翌朝からの作業をスムーズにさせるみたいになってた。その日、23時になるまで残ってたのは自分、後輩27歳男、24歳男。あとは全員帰宅。自分は一応、終電で帰る予定だった。27歳が24歳に「コンビニで何か買ってこいよー」と言い出して、じゃあってことで私がお金を出した。「ちょっと休憩してコーヒー淹れようかー」と声を掛けて、給湯室でコーヒーの準備してたら、いき…

続きを読む