最新の投稿

寝取らせて妻の潜在的淫乱な心と体を引き出す事に成功した

2021/10/14

半年程前から、私は妻に「3P やってみない?」と言い続けていました。妻は「何考えてんの」「なんで?」と聞くと「私が見ず知らずの男とHしてるところ、見たいの?」「見たい!3Pをきっかけにして、チンポコが元気になるかもしれないし、お前に対する愛情も確かめたい」「バッカじゃないの」「そーかなー」「だって、病気が怖いし、妊娠も怖いし、とにかく絶対イヤダ」と言っていました。最近の私は、年齢と疲れからか半立ちが多く、おもちゃの助けを借りてどうにか妻に満足?してもらっています。「やりたい」という性欲は強いのですが・・・。妻は不満タラタラかもしれません。妻は生チンが好きなのです。そして…

続きを読む

健康増進トレーニング

2021/10/14

会社の30才健診で、少し体脂肪多めと言われ、運動を勧められた。しばらくして健康管理センターから案内が来た。週1回、1?2時間程度、定時後に軽い運動と食事の指導をするので参加しないかとのこと。面白半分に申し込んでみた。初回、仕事の都合で、10分ほど遅れていったら…これが幸運のはじまり。健康管理センターの職員の女性の指導で、なにやら体操をしている。2人1組で、柔軟やら軽いウェイトやら。基本的には会社のオッさんどうしのペアだが、遅れて行った俺には相手がいない。指導していた女性(社内では一応課長職)が俺の顔見知りで、声をかけてくれた。「アラ、〇〇クン、一人なの?じゃあ、えーっと…

続きを読む

妻の青春

2021/10/14

妻と結婚する前、彼女と交際を始めてしばらくして、私たちはセックスをした。妻は、私と出会う以前、大学時代に交際していた男性がいたことは妻から聞いて知っていた。そして、彼の部屋に何度か遊びに行ったことがあることまでは聞いていた。妻の性器に初めて私のペニスを挿入したとき、意外なほど簡単に中まで入った。ペニスを動かしたときの膣の感触も滑らかだった。私は、ひょっとして・・という一抹の不安が頭をよぎった。妻は昔、他の男と交際していたとはいえ、体までは許していないだろうというかすかな期待を抱いていた。しかし、終わった後、妻が発した言葉に私は一瞬思考が停止した。「なんかあそこが変な感じ。久しぶり…

続きを読む

女友達との混浴で裸を見られた(CFNM)

2021/10/14

もう七年ほど前の話ですが、大学卒業の記念に温泉に行きました。男と女が3人ずつ、計6人で新潟の山奥にある秘湯へ。女の子は、けいこちゃん、みなちゃん、さちちゃん、とします。僕たちのほかに誰もいないところでしたし、みんな離れ離れになるということで最後の思い出にとみんなで混浴しました。とはいえ割とまじめなグループでしたので女の子はバスタオルを軍艦巻き、男もタオルを完全に腰に巻き、お互いどこも見せないという格好でした。4年間の思い出などを語り合ったりするだけでしたが、それはそれで楽しく過ごしました。1時間くらい入ってて、じゃあそろそろ上がろうかっていう雰囲気になったときワイワイとにぎや…

続きを読む

失禁姉 渋滞車内のおもらしに興奮

2021/10/13

「まだかな?サービスエリア…」焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」「我慢できそうにないの?志織…」母絵里が心配そうに姉に聞く。「ううん。大丈夫…」そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。母絵里は18の若さで…

続きを読む

キスフェチな彼女

2021/10/13

高校生の頃の話です。僕はバレーボール部に所属してましたが、どうしょうも下手だったので補欠でした。で、補欠の奴は、レギュラーのみの練習のときは、玉拾いか若しくは体育館の端っこで一人で真上にトスをし続けるという練習をさせられます。僕も玉拾い係じゃない時はいつも一人トスばかりやっていました。そして2年目になって、新入生が入ってきましたが、うまい奴はいっぱいいてあっさり下の奴に準レギュラーの地位を奪われたりしました。女子バレー部の方は、その年はいっぱい新入生が入ってきたので(僕とタメの女子は少なかった)女子チームでも一人トス練をしてる子が出てきました。そういう中で、僕と1年生の女…

続きを読む

やられた…。(続8)

2021/10/13

*「続きを」と書いて下さった数人の方の為に書かせて頂きます。不快に思っている方、申し訳ないのでスルーして頂ければ幸いです。*ジャンル・タイトル共にもはや内容と違いますが、続きということでとりあえずそのままにしました。2度目の出来事があってから、ユキさんと会うこともなく、先輩に会うこともなく、極普通の大学生活をしてました。そんなある日、レナから「今日暇?」というメールが突如としてきました。暇は暇だったんですが、時間はすでに23時過ぎ…。何かあったのかと思い、「暇だけど、どした?」と送ると、「今から宅飲みしようよ!」との返事。別れてから2人きりで会うことはなかったので、コレは…

続きを読む

姉が着てくれたスクール水着

2021/10/13

俺にはスクール水着萌えの性癖がある。ついに俺は、隣に住む女子中学生麻衣ちゃんのスクール水着を盗んでしまった。やっきになって俺は部屋に戻ろうとした。そこを姉に見つかってしまったのだ。「ちょっとォ、○○、何?それェ?」「な、何でもないよっ」慌てて隠したが間に合わなかった。「ヤダッ、それってスクール水着じゃないッ。 どうしたのよ!アンタ、そんなもの」俺は正直に、隣の洗濯物から盗んだこと、そして実は、もとはと言えば姉の中学高校時代のスクール水着姿が好きで好きで仕様が無かったこと、そして初めての射精も姉のスクール水着の写真を見ながらしてしまったことを告白した。「お、お姉ちゃ…

続きを読む

出張先での出来事

2021/10/12

もう時効だと思うのでカキコさせてもらいます。正確には職場といえるかどうか。出張先での出来事。うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。会社も気を使うのだと思います。しかしその時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張だった。俺32歳既婚M25歳独身♀。俺とMは中途入社組で妙に馬が合い、何人かの仲間でよく飲みに行く仲だった。時にはY談もしたが、それは仲間内でのこと。Mにも彼氏がいたし、恋愛感情などはなかった。まあ美人だし好みといえば好みなのだが出張先で一日目の仕事がおわり、一緒にホテルのレストランで食事をしてるときいつものようにY談に…

続きを読む

M学園ご一行様

2021/10/12

初めて投稿します。30代の女です。これは何年か前、私が勤める保養施設で起きた出来事です。施設が特定されると何かと差し障りがあるので、一部わざと省略したり事実を変えて書いてあります。辻褄が合わない箇所もあるかと思いますが、その辺はご容赦ください。その施設は最初、リゾートホテルとして建設が決まったんですが、資金繰りに窮した業者が撤退。周囲に民家もない辺鄙な所でしたから、そもそもリゾート客を当て込むのが無理だったんでしょう。その後、持ち主を転々として、今はある民間団体が運営しています。お世辞にも立派とは言えませんが、宿泊は可能。小さいながら屋外プールや…

続きを読む

Iカップの後輩と

2021/10/12

大学生当時の話。俺は2年生になってて、3年生が幹部のサークルなので適当にサークル行ったり、後輩と遊んだりふらふらと参加していた。ちなみにテニスサークル。そんな中、1年生のAが途中からサークルに入ってきた。Aの友達の話では、高校生の頃からずっと付き合ってきた彼氏と最近喧嘩ばかりするようになり、時間をもてあまし始めたみたいで、友達が見かねてサークルに誘ったらしい。このぐらいの年齢の子って、彼氏べったりで青春潰したりするもんだ。で、入ってきて、しばらく一緒にサークルに参加して話をするうちに、なんだかかなり仲の良い先輩後輩の仲になっていった。俺の同期が「…

続きを読む

受付嬢F

2021/10/12

明日休みで酒に酔ってるんで勢いで昔の話を。25のとき、当時いた会社で受付嬢と関係を持ったことがある。彼女は21歳で短大卒業後ウチの会社に入ってきた1年目の子。身長150cm、体重が50k中半のちょっとぽっちゃりした感じ。顔は・・・宮崎あおいを不細工にして太らせた感じの子。自分は技術の待機班として1人でいたんだが、受付の子である彼女(Fちゃん)が何故か夜遅くまでいた。俺「ずいぶん遅くまでいるね。乙カレ」Fちゃん「あ、Kさん(俺ね)、待機ご苦労さまです」俺「おう、さすがに朝までいるのはきついよ。朝まで一緒にいてくれる??w」って、冗談半分で言ったら、Fちゃん「いいですよー…

続きを読む

子供の時の遊び

2021/10/11

子供のころの話。小さい頃にやった遊びって、いろいろあるけど、一時期「あなめ」っていう特殊なルールがあった。「あなめ将棋」とか「あなめかくれんぼ」とかいうふうに遊びの頭にあなめって付けるんだけど、誰が考えたのかとかはもう覚えてない。ルールは簡単で、負けたひとは、勝ったひとのちんこか尻をなめる、というもの。具体的に言うと、口をつければそれでOKで、べろってなめるときもあれば、口を付けるだけのときもある。女の子が入ってる場合はまんこなんだけどさ。当時はそれがどういうことか、全然知らなかったから、男女関係なく、きったねーっていいながら相手のちんことかまんこにキスしてた。…

続きを読む

思い出したら眠れない・・・

2021/10/11

おはようございます。埼玉に住んでいるのですが。昨日、帰りの途中の電車で痴漢されてしまって思い出したら眠れなくなってしまい、ふとんから出てきました。気付いたらもう朝方だし…。昨日されたことを書きます。そのとき私は学校の帰りで疲れていて、電車のドアに身をまかせるような感じで立ってました。混んでいるの何時もの事でした。でも気付いたらお尻のところに違和感を感じたんです。ギュウギュウだったので、はじめはカバンがあたってるだけかなって思っていたんですがだんだん当たっているのが少しずつ動いて、お尻をなでられているんだとわかりました…。凄く嫌だったのに怖くて声もあげられなくて、しかも壁に押…

続きを読む

虐められ続けた男の復讐。

2021/10/11

携帯とかポケベルさへ無かった時代のお話です。中学校で虐められてるクラスメートの女をちょっと庇ったらそれから俺への虐めが始まり、二年間虐められ続けた。特に女チームからの虐めが酷くて、「死ね」とかそんなのは当たり前の様に教科書に書かれてたし、給食なんてゴミ入り。いつもの様に上履き、外履きはゴミ箱の中。キモイ扱いの二年間。10人くらいに引きずりまわされて女子トイレに閉じ込められたりとそれなりに辛い二年間だった。その女リーダーは由美子と言って、親がPTAだか町会長だか知らんけど、地元では名の知れた名士。チクっても良いけど、うちの親いくらでも口止めできるしぃ?と言うのが彼女の特…

続きを読む

大学陸上部で

2021/10/11

もう10年近く前の記憶です。大学生のとき僕は陸上部に所属していました。この大学の陸上部はレベルが高く、インターハイでも毎年入賞者を出すほどでした。当然、練習は大変きつく、上下関係もまさに体育会系そのものといった感じでした。そこでは、男子3・4年生に女子1年生が奉仕するというのが制度化していました。制度化というのは、つまり奉仕させるほうもシステム的に1年の時は上級生に奉仕させられて、同様のシステムで下の学年に同じことをさせていたということです。いつからその制度が始まったかは知りませんが、少なくとも僕が入った時には既成の制度として違和感なく行われていました。最初は、まず4月に新入生…

続きを読む

近所の奥さんの手コキ

2021/10/10

女友達じゃないけど、近所の奥さんに手コキしてもらった事はあるよその奥さんは30代後半でちょっと松下由樹ににてる。乳はそんなに大きくないけど。その時、俺はジョギングの帰りで、たまたま犬の散歩をしてた知り合いの近所の奥さんと遭遇して、ついでだからその散歩に付き合った。途中、いつもの散歩のルートらしく駐車場に入った。2,3分ぐらいそこでなんだかんだしゃべっていた中、急に俺は小便がしたくなってしまった。まだ家までは10分ぐらいあるしもう漏れそう。俺は意を決して、奥さんに「ちょっと立ちションしてもいい?」といった。すると、「いいわよ。おばさん見ないから」といって後ろ向き、俺はその場でチンポ…

続きを読む

夏の海はキケンがいっぱい 目隠しモノ当てゲーム

2021/10/10

「ねえ!○○ッ。 頼みががあるんだけど…」3歳年上の姉からの頼みごとを受けた。姉は今年商社へ入社したピチピチのOLだ。愛くるしい顔立ちと、スレンダーなボディで社内でも結構評判だ。その会社で夏季研修があり、今年は千葉の海へ行くらしい。その研修の最終日に余興の催しがあり毎年変わったゲームが行われるそうだ。「それでサ、頼みって言うのはネ ○○にそのゲームに協力してもらおうと思って…」「何なんだよ。俺だってヒマじゃないんだし」「でね、○○。 そのゲームに優勝したらさ、 豪華商品を貰えるんだって。何だと思う?」「知らないヨ。そんなこと。 俺、夏はバイトで忙しいんだから…

続きを読む

実践練習

2021/10/10

27才一つ下の婚約者と童貞と処女で初めてのセックスをした。彼女が痛がって困ったが、血も出たので処女膜が完全に受け入れ体勢になったら大丈夫だ、良くなるからとお互い我慢して半年経った。セックスがお互い苦痛になってきた。彼女からの提案で、初めて風俗童貞を破って教えてもらいに行くことにした。童貞ではないが、風俗童貞だという事情を話した。逝くことより、セックスすることより、彼女を痛くさせないやり方を教えてくれと頼んだ。多分30才前後の年上のお姉さんだったが、顔は十人並みだけどスタイルが良かった。「奥さんに悪いからスキンつけますね、もうギンギンだから十分だし」と少しフェラしてすぐ装着。「素…

続きを読む

屈辱の覗き体験談

2021/10/10

高3の初夏、掃除当番を押しつけられゴミ捨てに行こうとしていた時の話。焼却炉は校舎から少し離れた運動部の部室の裏にあった。この日は天気も悪く、部活をしている人たちもいなかった記憶がある。雨がしとしと降り続く音だけが響く活気の無いグラウンド。そんな中うめき声のような声が響いてきた。バスケ部の部室は少し窓が開いていて、どうやらそこから聞こえてくる気がした。その当時いじめが流行っていたので、誰か殴られているんじゃないかという捕らえ方しか当時の自分は出来なかった。そしてその窓をこっそり覗いてみると隣のクラスの京子(仮名)と同じクラスでバスケ部の川口(仮名)がヤっていた。…

続きを読む