最新の投稿

NHヘルスでの出会い1

2022/10/02

アナニーに始まりペニバンプレイを経てやはり?どうしても本物の感覚が知りたくなってNH風俗に通う様になりますた。とある日、行きつけの店の待合室にて一緒になった30代の先客が話し掛けてきました。よく来るのか?とか誰を指名したのだとか等々…。風俗で、しかもNHヘルスみたいな所でマナー違反な奴だなと思いつつ答えたりしてました。すると先客は手帳を取出し電話番号を書くと後で電話くれないか?と。さすがに困惑して断りましたが非通知で構わないしかけてこなくても良いからと言うのでその場のがれのつもりで受け取りました。プレイを終え帰宅した所で先客からのメモを思い出し少々迷いましたが非通知なら…と思い電…

続きを読む

涙のレイプ

2022/10/02

もう3年前の話です。私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。その人は少し太っていて銀縁のメガネを掛けていてニキビの跡がとても目立つ人でした。年齢は30代位。いつも丈の短いジーパンにTシャツをきっちりしまっているスタイルで、他の従業員からは陰で「オタク」とか「引きこもり」とか呼ばれていました。そしてその人はいつも平日の3時過ぎに来店してきて漫画雑誌とお菓子を買っていきました。特に変な行動をとるわけでもなく、普通に買い物をしていくだけなので、私は特に意識してませんでした。只、買い物する時は必ず私…

続きを読む

島で知り合ったナースの蒼井さん

2022/10/01

読みにくい長文になってしましたがすみません、私の不倫経験をまとめてみました。文才は無いので、そこらへんは許してください。私は海産物の栄養学的な研究を普段やってて、会社の都合である日、とある島に転勤になりました。子供が田舎でのびのび育つのもいいなと思ったけど、教育はちゃんとした都市で受けさせたいという思いと、嫁が田舎嫌いなのもあり、私一人単身赴任を決めました。島にやってくる直前、趣味でやってたテニスで膝を痛めてて、定期的に整形外科に通ってたので、正直、医療レベルが下がる離島は嫌だった(後で偏見だと知る)。まぁ、来てみれば、魚はおいしい、時間外なんて無い、いや、超フレックス的で、与…

続きを読む

嫁取り物語

2022/10/01

高校を卒業間近のある日の午後。『あっちゃ~』って思うくらい下品なクルマが、俺ん家の駐車場に停まった。その下品なクルマの助手席には悪友が座っていて、俺を見ると気持ち悪い顔でニタニタした。運転席には下品なクルマにふさわしい女が居た。後で知ったのだが女は一歳年上で、髪がキンキン、タバコ臭い、と誠に困ったねーちゃんだった。「チ○コのデカイ童貞が居る」と聞いたねーちゃんが面白がって悪友のケツを叩き、俺の家にやって来たのだった。悪友から経緯を伝えられ、ひと言「すまん そう言う事だ」と言われて、そして、そのまま拉致られた。拉致られた先は女の家でボロいアパート2…

続きを読む

処女専用掲示板で

2022/10/01

1ヶ月位前にケータイのサイトで処女売りの掲示板を見つけどうせ冷やかしとかそんなんだろうと半信半疑で閲覧すると少し遠いが自宅からは1番近いエリアで自称15歳高校1年の亜沙美にメールするとすぐに返事が本アドで届き数回やり取りしすぐ電話はあれなので手始めに服や腕や足と写メをもらい携番を交換。電話で話すと幼さ残る可愛い声。まぢかと驚きながら金額のやり取り。亜沙美は5万希望だったらしく俺は処女だし7万位はいいかなと思ってたが5万で承諾。3日後の土曜日に会うことになったが俺は場所もよくわからなかったので近くまで行ったら電話すると言い切る。会う約束したし携番も知ってるので写メを要求すると送られてき…

続きを読む

妻がAVに

2022/10/01

八代美香…36歳。A型。身長160センチB84、W60、H87妻の性格は一言で言えば、おっとり型いつも優しく微笑んでいる事から“モナリザ”というあだ名を子供達から付けられている。趣味はガーデニングとフラワーアレンジメント特技は、ピアノと書道、そして昔取った杵づかで意外にもママさんバレーのレギュラー選手である。これが私、八代一明(39)の妻、美香のプロフィールです。夫婦仲は普通でしたが、最近、妻が私の求めを拒むようになって来たのです。疲れているから…と布団を被って申し訳なさそうにやんわりと拒まれては私も怒る訳にもいかず、何度か肩透かしの目に遭っていたのでした。浮気などしている素…

続きを読む

勃起する従弟に特別サービス

2022/09/30

暇なので思い出し投下彼女と従兄弟の話彼女から聞いたんだが、大学時代に一人暮らししてる時に、近所に高校生の従兄弟がいたんだと。仲いいし、飯食べにきたり漫画読みにきたりとしてたらしい。夏とかは暑いからとトランクスいっちょで涼んだりもしてたと。俺が「なんか変な事とかなかったの?」と問い詰めたら「ちょっとだけあるけど怒らないでよ?」と聞いた話しなんだが。ある日従兄弟が髪切って欲しいと家にきたと。彼女は「いいよ」とOKして、準備すると従兄弟は服に髪が付くととれないからとトランクスいっちょに彼女は見慣れてたしそのまま髪を切り始めた。従兄弟は新聞紙ひいた床にあぐらかいて座って…

続きを読む

えりさん

2022/09/30

昔、同じ職場の♀(当時28ぐらい)と飲みに行こうかって誘われた。その時の漏れは23ぐらいで、ちょうど彼女とうまくいっていないときだったので飲みに行きたい気分だったが、1人で飲みいくととことん落ち込みそうだったので軽くいいっすよ?的な返事をした。その頃は、とにかく1人になりたくないときだったが彼女とのことを何とか修復したいと思っていたから漏れ的にはその人をどうこうしようって気持ちは全然無かったのだ。んで、その♀(仮名:えりさん)と飲みにいくことになった。別にえりさんとは何度も一緒に飲みにいったりしてたから、特別なことって感じはなかった。このえりさんって、滅茶苦茶酒好きで、その上…

続きを読む

母乳マニア

2022/09/30

毎日ネットで画像を検索する。「街撮り」「子連れ」「着衣」「ミルクタンク」「若ママ」俺と同じように若い人妻が好きな人間はいくらでもいるらしく、そのヒット数はとてつもない数字だ。公園やテーマパークで我が子に向ける優しい笑顔。「母性」を持った女性は美しい。美しいが、その美しさが「性」を感じさせる。その体は知らぬうちに盗撮され、ネット上で晒されている。俺はそんな彼女たちのいやらしい肉体、特に授乳期独特のパンパンに張った胸が大好きだ。初めて女性に性的な興奮を覚えたのは小学校低学年のころ。弟を出産後、俺の母は母乳の出がとても悪かった。知り合いから紹介されたマッサ…

続きを読む

北陸で新妻に中出し

2022/09/30

この女めぐみとは営業先の会社で知り合いました。その会社は富山にあり当然ウチの北陸支店のカバー出来る範囲なのでよく出入りしておりました。ある日僕がいつものようにその会社を訪れると、約束してたはずの担当部長がまだ帰ってませんでした。なんでも現場でトラブルがあったらしく一時間ばかり遅れるとのこと。仕方なく応接イスに座り待つ事に。珍しくその日は全員出払っていて会社のなかには僕と彼女だけに。僕が大阪から転勤でこちらに来ていることは彼女も知ってましたから色々大阪の様子なんかを聞かれました。話が盛り上がったところで担当部長も帰ってきたので彼女とはそれまで。打ち合わせが終わった…

続きを読む

友のトモと共に2

2022/09/29

今回はその後、一度だけトモと会った時の話。オレは成人後に地元で就職した。人づてに聞いたところトモは東京で1人暮らしをしているらしかった。思い切ってトモの実家に電話して彼女のことを聞くと「年末に帰省する」とのことだった。彼女の親に東京での連絡先を聞いて連絡してみた。電話口のトモとはあの頃と同じように普通に話すことができ年末に地元で会う約束をした。年末に地元に帰ってきたトモを駅まで迎えに行った。会ったのは学生のとき以来だが少し大人びた以外あの頃とは変わらないトモがいた。世間話をするうちに「今、付き合っているヤツがいること」「そいつと結婚を考えていること」そん…

続きを読む

友のトモと共に1

2022/09/29

中学生の時、同級生でトモという女がいた。色黒で背が小さく正直「カワイイ部類」の女子ではなかったが明るい性格の為男子からはほどほど人気があった。ある時、友達から「トモは岸のことを好きみたいだぞ」と聞かされた。当時、結構女子から人気があり、何度か同級生から告白をされたが特に決まった誰かと付き合ってはいなかった。その話を聞いたときも「アイツから告白されれば友達に自慢が出来る」くらいにしか考えていなかった。数日後、近所の公園にトモを呼び出した。「好きだって聞いたんだけどホント?」と聞くとトモは恥ずかしそうに頷いた。最初はなんとも思っていなかったがトモがモジモジと恥ずかし…

続きを読む

屋外フェラと本番

2022/09/29

彼女は、結構前で悪いけどエンクミにかなり似ている感じ、胸はBカップ。超ツンデレ。付き合う前はろくに話もしてくれなかったけど、付き合い始めたころからどんどんデレデレし始めていた。前の体験談でも述べていたようにフェラとかかなり苦手だったんだけど、少しずつ教えていったらびっくりするくらい上手に。(後で話を聞くとどうやら女友達にも教えてもらっていたらしい。)彼女は、看護学校の学生で、寮に住んでいた。門限は21:00だったかで、その時間ぎりぎりまで寮の外とかでぶらついたり、近くのファミレスでおしゃべりしたりしたものだった。まだ学生で、しかも付き合ってそんなに長くないこともあり、結…

続きを読む

隣の奥さんが・・・。

2022/09/29

はじめまして。21歳の学生です。お隣の人妻と不倫関係になった時の経緯を書きたいと思います。最初は汚い話ですが読んで頂けたら嬉しいです。夏の夜中、マンションのドアチャイムが鳴りました。「オートロックなのに誰だ?」と思いながら出てみると、そこに立っていたのは隣の奥さん44歳の熟女ですが、年の割りに若く見え、家族は旦那さんと小○生の男の子、幼○園の女の子の4人暮らしいつもは挨拶する程度ですが、気が強いらしくベランダに居ると旦那との夫婦喧嘩や子供達を叱る声が良く聞こえてきます。顔は野○聖子にちょっと似てるw主婦なので色気の無いラフな格好しかしていませんが肉付きの良い尻と…

続きを読む

水泳部の罰ゲーム

2022/09/28

俺が中学2年の時の話。水泳部だった俺は夏休みになると学校のプールへ練習に行った。水泳部といっても俺の学校の水泳部ははっきりってお遊びみたいな感じで顧問の先生も元水泳部とかそんなんじゃなく、運動ができない普通のオッサンが名義だけ顧問ってだけでぜんぜん力が入っていなかった。部員も俺が入ったときは先輩が何人かいたけど辞めたり卒業したりで、実質的に活動しているのは男子は俺一人、あとは女子で部長のりな先輩(3年)とみどり(2年)がひとりずつって感じだ。ちょうどそのとき俺の学校には教育実習に来ている女の先生がいた。実はこの先生、以前はこの学校の水泳部でかなり活躍したらしかった。で、夏休みは…

続きを読む

本当の自分

2022/09/28

以前、出会い系サイトを頻繁に利用していた。特においしい思いをした事はほとんどなかった。1度だけ40歳の人妻とセフレ関係になった事はあったが、相手がマジになってしまい、勝手に旦那と別れると言ってきた。外見少し太目のおばちゃん、155cm、65kg、小学生の息子2人付き、財産無し、しかも思い込みが激しく、少し精神が病んでる感じ。セックスだけの関係ならまだしも、付き合うとか結婚は完全にあり得ない。なにより、俺は既婚者。家庭は大事にしている。旦那と別れるというメールがきた時に、速効でメールを着信拒否にした。普段メールだけのやり取りだったので、簡単に逃げられると思っていたが、自分のアドレ…

続きを読む

童貞を捨てるチャンスが・・・

2022/09/28

これは僕(弘)が20歳のときの話です。大学のサークルで仲良くなったグループで男3人、女3人でリゾートホテルに泊まったときの話です。リゾートホテルで楽しい一時を済ませ、お風呂の後、浴衣姿で夕食を食べた後にホテル内のバーに行こうという話になりました。ところが女の子の一人の紗代ちゃんが見たいテレビがあるから部屋に戻ると言い、部屋に戻ってしまいました。僕もそんなにお酒が好きなわけではないし、十分楽しんだことと、遊び疲れたこともあり、同じく部屋で休むことにして仲間から離れました。結局僕と紗代ちゃんを除いた4人で飲みに行きました。僕は部屋に戻ったはいいけど、あまりの静け…

続きを読む

嫁さんとの話その5

2022/09/28

嫁さんとの話嫁さんとの話その2嫁さんとの話その3嫁さんとの話その4入学して嫁と僕が一番に喜んだのは、僕達のクラスが同じになった事だった。これで嫁と同じクラスになるのは小学1年生から7年連続という事になるクラス分けの票をみた嫁が僕の方をみて皆にわからないように口だけ(やったー)と動かす。人見知りの嫁にしてみれば一番の不安要素だったらしいクラスでの自己紹介がすんだらクラスの係り委員選びになる僕と嫁は真っ先に図書委員に立候補してあっさり決まった。最初から嫁としめし合わせていたからだ嫁は気が弱いので何か頼まれると基本断れないなので最初からコッチで立候補してしまうつもりだった。…

続きを読む

嫁さんとの話その4

2022/09/27

嫁さんとの話嫁さんとの話その2嫁さんとの話その3温泉旅行は楽しかった、結局嫁とお風呂に入ったのは一回だけだったがそれでも一緒に布団を並べて隣同士で夜遅くまで2人でおきて薄明かりの下で色んな話をした。いつの間にか転がって2人でくっついて寝てたので親達に冷やかされた。しかし、旅行から帰って来てからの僕はあの時見た嫁の裸が忘れられなくてもう一度みたいなと考えるようになっていた。嫁と2人で居てもつい嫁の裸を想像してしまう抑えられない衝動が定期的に襲ってくる2人っきりで部屋に居ると嫁を思わず押し倒してしまいたくなるじゃれ付いてもみあってる時にそのまま嫁を裸にしてしまいたくなる…

続きを読む

嫁さんとの話その3

2022/09/27

嫁さんとの話嫁さんとの話その2山歩きでの事があってから嫁さんは勿論お父さんも前より断然僕を信頼してくれるようになった。前は夕食前には嫁の家を後にしていたのが帰り際何時もより早くお父さんが帰ると「いいからご飯食べていきなさい」と引きとめられたりした。「ふ?んふんふー♪」山歩きから数日、何時ものように昼前に嫁の家に行き嫁の部屋で宿題と勉強を2人で片付けていると嫁が鼻歌を歌を歌いだした。「どうした?」「なにが?」「なんかやたら機嫌がいいな」「そうかな?」「うん」「だって楽しいからw」「勉強が?」「うーん色々w」「?」嫁の部屋の中央に置かれた小さめのコタツテーブ…

続きを読む